Skip to main content

Posts

Showing posts from May, 2023

Lady Wynwood #7 early release Kickstarter

I worked on my first Kickstarter and it got approved! It’s for the Special Edition Hardcover of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and the release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. I contacted my graphic designer about the Special Edition Hardcover of vol. 1: Archer—it’s going to be SO beautiful! The Kickstarter focuses on the Special Edition Hardcover, but it’ll also include vol. 7: Spinster so that it’ll sort of be like a launch day for vol. 7, too. A third special thing that’ll be in the Kickstarter is Special Edition Paperbacks of all the books in the series. They won’t be available in stores, just in the Kickstarter (and later, from my website, and also in my Patreon book box tiers if I decide to do them). The Kickstarter is not live yet, but you can follow it to be alerted when it has launched. (You may need to create a free Kickstarter account.) Follow Camy’s Kickstarter

ひとり寿司第36章パート1

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** 36 誰かと結婚するとしたら、きっと駆け落ちだ。 クスクス笑うマリコのブライズメイドの後をついて、レックスはよろめきながらパゴダブリッジ・レストランに入った。泣きわめくティキの隣で四時間立ちっぱなし——マリコはレックスを列の最後に入れてくれたから、ありがたい——抜歯と同じぐらい喜ばしい経験だった。ノボケインなしで。 (ウェディングそのものは一時間だけ。よかった)リハーサルも終わり、あとはオリバーを見つけ、四時間ぶりに椅子に座って、祖母のおごりで高価なリハーサルディナー(結婚式リハーサ

Follow Camy on Amazon

Follow my Camille Elliot author page on Amazon! You’ll get an email from Amazon whenever I have a new ebook release and occasionally when Amazon decides to run a special on one of them. Click here to go to my Camille Elliot page on Amazon.

Have a relaxing Memorial Day

Enjoy the holiday today.

Quiz from Lady Wynwood's Spies #6 - question 4

The latest volume in my Christian Regency epic serial novel just released, so I thought I’d post a few of my favorite passages from Lady Wynwood’s Spies, volume 6: Martyr . The laughter died as abruptly as it had started. “Don’t worry, you’ll be suffering even more soon.” The muscles in Jack’s neck drew taut, and he bared his teeth at Michael. “In fact, I want to see you all suffer.” “Why?” Michael asked. “Because you wronged me simply by being born,” he said, spit flying from between his gritted teeth. “And I want you to feel my pain.” QUIZ: Where are Michael and Jack in this scene, in the gentleman’s club or Stapytton House? EXTRA CREDIT: When did Michael first see Jack (in the flesh) without his makeup? I actually wrote this scene back when I was still outlining the entire series, before I’d finished book 2—I stuck the lines of dialogue in my outlining notes. I was just waiting to be able to put them in the book. Start the series with Lady Wynwood’s Spies, volume 1: A

ひとり寿司第35章パート2

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** ********** レックスは、携帯のフリップを開けた「ヘーイ、リチャード」 「どうだった?」 「何がよ」冷蔵庫がブンブン言う音は数秒やんだ。レックスがバシッと叩くと、また始まった。 「オリバーとのディナーだよ」 「何で知ってるの?」 「あいつが言ってた」 「あなたから聞いたの? いつから私の恋愛生活に興味が出てきたのよ」 「別に……ちょっと興味があっただけ」 レックスはお尻に手を当て、リチャードの純粋ぶった顔を想像しながら、冷蔵庫をじっと見た。「今まで『

Some Like It Clean! Ebook sale

For the month of May, I’ve got three books in Some Like It Clean! , a sweet romance ebook sale— Weddings and Wasabi, Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer (writing as Camille Elliot), and The Spinster’s Christmas (Camille Elliot). My books are 99¢ each (but not all the books in the sale are the same price). Those of you who already own those three books might like to browse the other titles to see if there’s anything that looks good! Some Like It Clean! Ebook sale

Laura’s Apricot Shell Shawl knitting pattern

I usually have a knitting project in mind when I write it into one of my books, but Laura’s apricot-colored shawl just kind of appeared upon the page as I was writing the first scene of Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer , and it surprised even me. I immediately went to my yarn stash to find a yarn for it, and I searched through my antique knitting books to find some stitch patterns. I made her an elegant wool shawl she could wear at home. The shawl ended up tagging along with Laura into the next book, Lady Wynwood’s Spies, volume 5: Prisoner , where it imparts some comfort to her in her trying circumstances. The two stitch patterns are both from the same book, The Lady’s Assistant, volume 2 by Mrs. Jane Gaugain, published in 1842 . A couple excessively clever and creative knitters might have knit these patterns in the Regency era, but they would have only passed them around by word of mouth or scribbled “recipes” to friends or family, and it wouldn’t have been widely use

Quiz from Lady Wynwood's Spies #6 - question 3

The latest volume in my Christian Regency epic serial novel just released, so I thought I’d post a few of my favorite passages from Lady Wynwood’s Spies, volume 6: Martyr . Keriah began making her way forward, but the men only grudgingly allowed her to pass. They were perhaps disgruntled that she was given a reprieve whilst they were forced to continue to wait for further orders. After a man tried to trip her, she repaid him with the edge of her boot heel stomped hard on his toes. He yelped and hopped away from her. “I beg your pardon, it is so dark,” she said. “I am certain I would avoid you if I could see properly.” After that, the men parted before her like the Red Sea parted for the Israelites. For them, it had been the power of God. For Keriah, it was the power of a very sharp edge to her boot heel and a thorough knowledge of the most sensitive bones in a man’s foot. QUIZ: In this scene, was Keriah in an alley or at the backdoor of the club? EXTRA CREDIT: Who gave Keri

ひとり寿司第35章パート1

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** 35 レックスは永遠に続くような階段を見上げた。「四階?」 「そう」 「で、エレベータないの?」 「ない」 「オリバー」レックスは彼の方を向いた。「膝は良くなってきてるけど、階段を昇る時は、まだすごく痛いの」 浅黒い皮膚と対照的な明るく白い歯を輝かせて、オリバーは顔をゆがめた。「引っ越すまでにはもっとよくなってるんじゃない?」 「さあ。理学療法は頑張ってるんだけど」(嘘つき。ここ数回のセッションはキャンセルしたくせに。臆病者) 「そっちの方は上手くいってる?」コン

Happy Mother’s Day!

What are you making today?

I really should be working on Michael’s scarf, but instead I’m working on the colorful scarf my character Keriah wears in Lady Wynwood’s Spies, volume 6: Martyr. I named the pattern Keriah’s Rosebud Scarf because the repeating lace pattern looks like a rosebud and leaf. I’ll post the pattern on my blog as soon as I finish knitting and blocking it. What are you making today?

Quiz from Lady Wynwood's Spies #6 - question 2

The latest volume in my Christian Regency epic serial novel just released, so I thought I’d post a few of my favorite passages from Lady Wynwood’s Spies, volume 6: Martyr . As soon as Michael saw the club manager disappear down the corridor leading to the back of the club, he extricated himself from the crowd of young bucks watching the tense, high stakes whist game with fascination. As a disguise, he had once again adopted Sir Cecil Belmoore’s face, which looked as though he were perpetually smelling someone else’s flatulence. It had been amusing when Mr. Drydale had taken quite a while to notice that Michael was standing only a few feet away from him. QUIZ: Which club are they at, The Smoke Domino or Oliver Troy’s? EXTRA CREDIT: In what book did Michael first see Sir Cecil Belmoore? Ahhhh, Sir Cecil. He’s such a ridiculous character I keep mentioning him in the series. Start the series with Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer ! A Christian Historical Adventure set in

What I'm writing in Lady Wynwood's Spies 7

Volume 6 in my Lady Wynwood’s Spies series just released and have started work on volume 7. Here’s the opening paragraphs: Mr. Norton was glad to duck into his club, The Runny Knees, in order to escape the sudden spring downpour. He shook droplets of water from his beaver hat as he handed it to the doorman along with his gloves. “Shall I take your scarf for you also, sir?” the man asked. “Yes, of course.” Norton was reluctant to part with it. As he passed it to Mr. Perkins, he found that he could not resist touching the soft length of knitted wool. He had worn it despite the fact that London was becoming uncomfortably hot in the early part of June and gentlemen rarely wore such simple accessories that marred the elegant harmony of their fashionable ensembles. *** You can bet I’ll be knitting Norton’s scarf! Unfortunately I’m still working on Michael’s scarf (from volumes 4 and 5) AND Keriah’s scarf (from volume 6), so it might be a while before I can post pictures. I admit the

ひとり寿司第34章パート2

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** ビーナスはポンコツ車の中にレックスを落ちつかせた。数回キーを回したら、やっとエンジンがかかり、二人はジェニファーの両親の家を後にした。 レックスは、ヒビの入ったダッシュボートを見ていた。もう泣いていないのに、まだ顔に涙の跡がついている。もう何も感じなかった。 ボンネットの下で何かが爆発した。 いや、小さい爆発。ブーン! という音が車に衝撃を与えたが、火の玉に呑み込まれてはいない。灰色の洪水のように、煙がボンネットの下から流れ出してきた。ビーナスは車を路肩に停めた。 レックスとビ

Hebrews 13:6

Dear Lord, Your help is stronger than anything on earth, greater than anything we can imagine. Thank You that we can call upon You to help us and that You will hear us and answer us in power and might and glory. With You beside us, we are comforted and protected. You cast out all our fear. You are truly an amazing God. Amen

Year of the Dog serial novel, chapter 12

I’m posting a Humorous Christian Romantic Suspense serial novel here on my blog! Year of the Dog is a (second) prequel to my Warubozu Spa Chronicles series. Year of the Dog serial novel by Camy Tang Mari Mutou, a professional dog trainer, is having a bad year. While renovating her new dog kenneling and training facility, she needs to move in with her disapproving family, who have always made her feel inadequate—according to them, a job requiring her to be covered in dog hair and slobber is an embarrassment to the family. She convinces her ex-boyfriend to take her dog for a few months … but discovers that his brother is the irate security expert whose car she accidentally rear-ended a few weeks earlier. Ashwin Keitou has enough problems. His aunt has just shown up on his doorstep, expecting to move in with him, and he can’t say no because he owes her everything—after his mother walked out on them, Auntie Nell took in Ashwin and his brother and raised them in a loving Chri

Sweet Romance Reads Spring Cafe Facebook party is today!

Join our Facebook group for fun and prizes!

Quiz from Lady Wynwood's Spies #6 - question 1

The latest volume in my Christian Regency epic serial novel just released, so I thought I’d post a few of my favorite passages from Lady Wynwood’s Spies, volume 6: Martyr . “This is a gross insult!” Mr. Uppleby roared from inside his office, nearly making the door vibrate with his volume. With more courage (or perhaps less of a sense of self-preservation) than Sol or Mr. Coulton-Jones, Mr. Kyleston knocked firmly on the door and entered even before anyone answered. QUIZ: Was this before or after they meet Mr. Norton? EXTRA CREDIT: When was the first time Mr. Kyleston was mentioned in the series? I actually quite like Mr. Kyleston. I think that if he doesn’t appear later in the series, maybe I’ll write a short story of his own. :) Start the series with Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer ! A Christian Historical Adventure set in Regency England with slow-burn romance and a supernatural twist Part one in an epic-length serial novel She met him again by shooting him

ひとり寿司第34章パート1

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** 34 「ヘーイ、レックス、友達の——」 「今はやめて、リッチ」レックスは、ドアを押えてくれているリチャードと、その痩せた男「友達」を過ぎ、足を踏み鳴らして祖母の部屋の前まで行った。 「おいおい」リチャードは、彼女が過ぎていく前に腕をさっとつかんだ。 「おばあちゃんに挨拶しなきゃ」 「ジェンのお母さんと話してる。待ってくれるよ。それで、紹介するよ——」 「こんにちは」レックスは手を出した。ミスター・スキニーは、ベタベタした手でその手を握った。 「レックスです。リチャード