Skip to main content

Save the Date - Camy's Patreon launch

My Patreon will launch in 2 weeks! I took all the results of the poll and I have hopefully created fun and appealing tiers. About my Patreon: I'm trying something new for the next 6-7 months. If it works, I'll continue, but if I end up not liking it, I'll stop it in September or October. I will be starting a monthly subscription membership on a new Patreon account. I will be posting the chapters of my current book ( Lady Wynwood’s Spies, volume 7 ) so you can read ahead of when the ebook will be edited and published. My current plan is to post 1-2 chapters weekly. One reason I’m switching things up is that I want to get closer to my readers and build a tighter, more intimate community with you. You can comment on each chapter of my book, give a reaction, ask a question, or even correct mistakes. My books will become a dialogue with you. If you subscribe to my Patreon, you'll be charged monthly and have access to all the benefits for the tier you subscribe to. Th

ひとり寿司第35章パート2

「ひとり寿司」をブログに連載します!

ひとり寿司

寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***

**********

レックスは、携帯のフリップを開けた「ヘーイ、リチャード」

「どうだった?」

「何がよ」冷蔵庫がブンブン言う音は数秒やんだ。レックスがバシッと叩くと、また始まった。

「オリバーとのディナーだよ」

「何で知ってるの?」

「あいつが言ってた」

「あなたから聞いたの? いつから私の恋愛生活に興味が出てきたのよ」

「別に……ちょっと興味があっただけ」

レックスはお尻に手を当て、リチャードの純粋ぶった顔を想像しながら、冷蔵庫をじっと見た。「今まで『ちょっと興味』があったことなんて、ないじゃない」

「気にするな。じゃあ、また」(カチャッ)

レックスは、電話をかけた。

「ハロー?」

「レックスよ。ちょっと乗せてってもらいたいんだけど」

「今?」

「ひま?」

ビーナスはため息をついた。「まあね。三〇分待ってて」

**********

「あれ、来客みたいね」レックスは、兄に割り当てられた二つの駐車スペースの一つに停められた、りんご飴のように赤い三菱の方を見ながら車の窓ガラスを叩いた。

「窓ガラスに指紋をつけないでよ」ビーナスは、来客用のスペースに車を停めた。

車から出て、レックスは一歩ずつゆっくり、リチャードのアパートまでの階段を昇った。階段の昇降が多く、いい方の膝も痛み始めた。(最高)

ビーナスはドアベルを鳴らした。「今日は割と暇なんだけど、仕事を抜け出す価値のあることなんでしょうね」

「土曜日なのに仕事なの?」

「あのさ——スタートアップ(新会社)なの。毎週土曜日は出勤日よ」

「だけど、今日は暇だったの?」

「忙しくない日は、事務所のドアを閉めて、デスクで寝るの」

ドアがサッと開くと、モデルのような、身長一七〇センチぐらいの痩せたアジア系の女の子がいた。「何か用?」

「メイリン?」レックスは信じられなかった。「ここで何してるの?」リチャードがこの頭のおかしい小娘と別れてから数ヶ月、ここにその本人がいる。

「あんたの兄貴に頼まれてさ」濃いアイメークをした目が、その肩越しに居間の方を指した。「私の方が大事。あんたは後でまた来な」

レックスは閉まりかけたドアを手で叩いた。「私は妹なの。やれるもんなら、止めてみれば」ビーナスと二人だったら、精神異常者でもやっつけられる。

「レックスだったら、いないって言ってくれ」リチャードの声は隣人が聞こえるぐらい大きく響いた。

ビーナスは目を閉じ、頭を振った。「あんたたち、本当に兄妹?」

「ほらごらん、あんたとは話したくないそうよ!」メイリンの声は、タカの甲高い鳴き声みたいに大きくなった。マニキュアをつけた爪で、香港直送のファッションブラウスの深く切れ込んだネックラインをいじっている。「帰って!」

メイリンの金切り声を聞いて、リチャードの隣人が、頭を出してのぞいた。

レックスは近くに寄りかかかった。「開けないんだったら、あんたの赤いコンバーチブルをキーでひっかくわよ」

メイリンはその赤い唇をおにぎりのように大きく開けて、ハッと息を呑んだ。「マイ・ベイビー!」

ビーナスが車のキーを取り出し、ゆらゆらさせた。

メイリンはドアをバンと開けた。

「ごきげんよう」レックスは大股でリチャードの居間に入り、コーヒーテーブルに足を放り上げた。

「和平条約を結びに来たんじゃないから」

「何だって——? 最悪だな」

レックスはビーナスの方を向いた。「ほら、窮地に立たされてるのが分かってるみたいよ」

「まさか」リチャードはソファのクッションに沈み込んだ。

「じゃあ、この質問は簡単だわ。あの男の行列は一体、何? 本当にあなたの友達?」

メイリンの目が大きくなった。「リチャー! 何か秘密ある?」

「レックス、お前バカか。そうだ、あいつらは僕の友達だ」

「じゃあ、『こどもの日』の夕食にいたあの人は、何て名前?」

リチャードは三回まばたきした。「ええと……マーシャル?」

レックスも覚えていない。「叔父さんのバースデーパーティの時のは?」

今度は、七回まばたきした。「カール?」

「ブーッ。やっぱりね」

「いちいち誰を連れてったかなんて、覚えてないよ」

「じゃあ、何で、私がオリバーとデートしたことに興味があるの?」

「別にないよ。いい気になるな」リチャードはリモコンをつかみ、テレビの音量を上げた。

レックスはそれを引ったくって、テレビを消した。「ねえ、メイリン。リチャードが六歳で私が五歳だった時のこと、聞いた?」

「おい、おい、おい!」リチャードは、魔法のつえでメイリンの耳をふさぎ、レックスの口を閉じさせようと、腕を振り回した。

(は! できるもんなら、やってみろ)

レックスをにらむリチャードの目は、恐怖のしぶきの中で萎えていった。「やめろ」

「賭ける?」

「分かった、外で話そう」

「いやよ! ドアの外に締め出すつもりでしょ」

爪をじっと見ていたビーナスが顔を上げた。「そうなったら、近所の人が聞こえるように大声で叫べばいいわ」

ゴルフで日焼けしたリチャードは、青白くなった。

レックスはソファの肘掛けに座り、足をぶらぶらさせている。「言って」

「お前のボーイフレンドを見つけたら、車を買ってくれるって、ばあさんに言われたんだ」

「えーっ?」女三人は同時に悲鳴を上げた。

「おばあちゃんから賄賂をもらったってわけね?」レックスはソファから飛び降りた。「驚くことじゃないわ」

「リチャード、あなたの自己防衛本能には、相変わらずびっくりさせられるわ」ビーナスは彼をあざ笑った。

「あんたのアキュラ、まだ三年」メイリンは唇をつねり、腕を組んだ。「それに、私とよりを戻さない」彼女にプライムホイール(プライム社製高性能ロードバイク車輪)を与えないのは国家犯罪であるかのような言い方だ。

リチャードの目は横にそれたが、誰の顔もまっすぐ見ていなかった

レックスは動いて彼の前に立った。「オリバーのこと、どれぐらい知ってるの?」

「よくは……知らない」

「じゃあ、斧を持った殺人鬼と私を引き合わせる可能性もあったわけね。お兄ちゃん、大好き」

「おい、叔父さんの家で会わせた、ダサ男と比べたらマシだっただろ」リチャードはむっつりした。

「リチャード、何て脳みそがないの」ビーナスはドアの方へ動いた。「レックス、行こう。こんな奴はメイリンに任せとけばいい」

メイリンは笑って、指を鳴らした。

「勘弁しろよ、レックス。助けになりたかっただけなんだ」メイリンの荒れた顔を慎重に見ながら、リチャードの絶望的な目はレックスに懇願していた。

「最悪のデート相手を見つける、っていう助け? 私って本当に愛されてるのね」

「男を探してるようなことを、遠回しに言ってたじゃないか。それに、ばあさんもお前にデート相手が必要だと思ってる。誰かに引き合わせようとして、どこが悪いんだよ」絶望的な笑顔を見せた。

レックスがにらむと、その顔から笑顔が消えていった。「リチャード、いい人を選ぶこともできたんじゃない?」

「選んだよ。エイデンは? オリバーは? 楽しかったんだろ?」

レックスはビーナスを追ってドアの外に出た。確かに、一つ彼に借りができた。

「そうよ、リチャード」ドアノブをつかんだ。「あなたはその気がなかったのかもしれないけど、オリバーはいい人だったわ」ドアをバタンと閉めた。

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

Bethany House Publishers Cover Survey Invitation

Captain's Log, Supplemental I just got this from Bethany House Publishers: Hello Reader, We at Bethany House Publishers appreciate our readers opinions about the books we publish. Occasionally, we seek your input about upcoming products. Currently, we are conducting a survey about the cover image for an upcoming novel. For your time, we are offering a giveaway in conjunction with this survey. You will be able to choose from ten recent Bethany House novels, and there will be ten winners. Winners will be notified within two weeks. Click here to take the survey, which should take about 10 minutes to complete. Thank you for your participation, and feel free to forward this email on to your friends or link the survey on your website. The survey will be available through Monday, September 17. Thanks for your time and your opinions. We value your feedback. Sincerely, Jim Hart Internet Marketing Manager Bethany House Publishers

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Save the Date - Camy's Patreon launch

My Patreon will launch in 2 weeks! I took all the results of the poll and I have hopefully created fun and appealing tiers. About my Patreon: I'm trying something new for the next 6-7 months. If it works, I'll continue, but if I end up not liking it, I'll stop it in September or October. I will be starting a monthly subscription membership on a new Patreon account. I will be posting the chapters of my current book ( Lady Wynwood’s Spies, volume 7 ) so you can read ahead of when the ebook will be edited and published. My current plan is to post 1-2 chapters weekly. One reason I’m switching things up is that I want to get closer to my readers and build a tighter, more intimate community with you. You can comment on each chapter of my book, give a reaction, ask a question, or even correct mistakes. My books will become a dialogue with you. If you subscribe to my Patreon, you'll be charged monthly and have access to all the benefits for the tier you subscribe to. Th

What are you reading? A Thousand Li

At the moment, I’m reading the Chinese fantasy series, A Thousand Li by Tao Wong, set in a version of historical China. It’s what’s called a “Cultivation” novel where the character does some woo-woo stuff and moves energy around in his body and eventually is able to do some cool magic. I didn’t expect to like this series so much! The first book is a little weaker compared to the next several volumes, but it’s still very enjoyable, and I was hooked pretty easily. I’m listening to it on audiobook, and the narrator, Travis Baldree, is AMAZING! He does the Chinese names really well, and the different voices are fantastic. What are you reading today?

What are you crafting today?

I’m not making anything special, just a ribbed top to match my ribbed skirt. It’s based off of a vintage pattern from the 1940s, but altered for my size. What are you making today? Post a comment!

Earthquake in San Jose

Captain's Log, Supplemental Some of you might have heard about the 5.2 earthquake in San Jose last night. Just to let you know, we’re okay. The house started shaking, and after 17 years in California, I know by now to run for a doorway. The shaking was over in a few seconds. No big deal. Not even a broken plate or glass. A couple CDs fell off my shelf, nothing else. Even before the shaking completely stopped, I’m standing in the doorway to my office like a good Californian, and I see Captain Caffeine walk into the foyer! “What are you doing? You’re supposed to be under a desk!” “Uh ... I was keeping the cabinets from falling.” (Translation: he was holding the cabinets closed so the glasses wouldn’t rain on the kitchen floor, which in hindsight was thoughtful of him, but I’d rather have glass over the floor instead of a ceiling tile falling on his head!) My friend Dineen lives closer to the epicenter, so I called to see how she was. Everything was fine at her house. “In fact,” she s

Irrational loves

Captain's Log, Stardate 10.09.2007 Today I went to lunch with my friend Dineen, and afterwards, we headed into Borders just to browse. Borders has this section full of cute little notebooks. Small ones, big ones, colored paper ones, you name it. They also have pens and wallets and zippered bags and iPod cases. I must have spent at least thirty minutes just going ga-ga over the stupid little notebooks! What is it with notebooks and me? I can count the number of them that I’ve actually filled on the fingers of one hand. I have them all over the house, most with only a page or two written on, and an entire BOX of new ones in my closet. And I keep coveting more! This thing with notebooks is completely irrational. I cannot understand it, and I cannot stop it. I also cannot seem to fill them with any speed. And considering how much I like to talk, that’s pathetic. I should at least be able to spout nothings enough to fill a few. But when I open it to write inside, a part of my brain sud

New contest!

I haven’t had a contest since October! Here’s new one just in time for Christmas. I’m picking 3 winners to each be able to choose 10 books from my Christian book list! And yes, that list includes my books! 1) You get one entry into the contest when you sign up for my email newsletter at http://www.camytang.com/ . If you already belong to my email newsletter, let me know! 2) You get a second entry into the contest if you Like my Facebook page: https://www.facebook.com/CamyTangAuthor . If you already Like my Facebook page, let me know! 3) You get a third entry into the contest if you join my Goodreads group: http://www.goodreads.com/group/show/49078 . If you already belong to my Goodreads group, let me know! 4) You get a fourth entry into the contest if you follow me on Twitter: http://www.twitter.com/camytang . If you already follow me on Twitter, let me know! 5) You get extra entries into the contest if you get someone else to join my email newsletter. Just email camy {at] c

Follow Camy on Amazon

Follow my Camy Tang author profile on Amazon! You’ll get an email from Amazon whenever I have a new ebook release and occasionally when Amazon decides to run a special on one of them. Click here to go to my Camy Tang page on Amazon , then click on the Follow button.

Grace Livingston Hill romances free to read online

I wanted to update my old post on Grace Livingston Hill romances because now there are tons more options for you to be able to read her books for free online! I’m a huge Grace Livingston Hill fan. Granted, not all her books resonate with me, but there are a few that I absolutely love, like The Enchanted Barn and Crimson Roses . And the best part is that she wrote over 100 books and I haven’t yet read them all! When I have time, I like to dive into a new GLH novel. I like the fact that most of them are romances, and I especially appreciate that they all have strong Christian themes. Occasionally the Christian content is a little heavy-handed for my taste, but it’s so interesting to see what the Christian faith was like in the early part of the 20th century. These books are often Cinderella-type stories or A Little Princess (Frances Hodgson Burnett) type stories, which I love. And the best part is that they’re all set in the early 1900s, so the time period is absolutely fasci