Skip to main content

Posts

Showing posts from March, 2023

Sweet Romance Reads: How do you celebrate accomplishments?

I’m at the Sweet Romance Reads blog and Facebook group talking about finishing my book and posting a poll about how you usually celebrate accomplishments. Check out the blog or Facebook group to weigh in!

Extended excerpt - Lady Wynwood's Spies, volume 6: Martyr

My newest book, Lady Wynwood’s Spies, volume 6: Martyr , releases on April 26th! To celebrate, I decided to post an extended excerpt. I can only post less than 10% (because of Amazon’s policies) so the excerpt ends in the middle of chapter three. Here’s the back cover description: A Christian Historical Adventure set in Regency England with slow-burn romance and a supernatural twist Part six in an epic-length serial novel Lady Wynwood has discovered the gardening notebooks belonging to Bianca Jadis, the deceased mistress of the late Lord Wynwood and a former member of the treasonous group, the Citadel. However, the team is dismayed to discover that parts of the notebooks have been written in some sort of code. Mr. Sol Drydale has kept hidden the fact that the notebooks have been found because he is unable to fully trust his superior officers at the Ramparts, the secret branch of the Alien Office. After all, when one of his own was kidnapped, the men who should have assisted

Lady Wynwood’s Spies, volume 6: Martyr - Prologue

I’m posting an excerpt of Lady Wynwood’s Spies, volume 6: Martyr ! A Christian Historical Adventure set in Regency England with slow-burn romance and a supernatural twist Part six in an epic-length serial novel Lady Wynwood has discovered the gardening notebooks belonging to Bianca Jadis, the deceased mistress of the late Lord Wynwood and a former member of the treasonous group, the Citadel. However, the team is dismayed to discover that parts of the notebooks have been written in some sort of code. Mr. Sol Drydale has kept hidden the fact that the notebooks have been found because he is unable to fully trust his superior officers at the Ramparts, the secret branch of the Alien Office. After all, when one of his own was kidnapped, the men who should have assisted him had seemed more interested in obtaining the Root potion that gives men supernatural strength. But then two Ramparts agents bring information about an opportunity to capture the poisoner Apothecary Jack, one of th

ひとり寿司第31章パート4

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** ********** 全て、彼女の背中のせいだった。 レックスは痛みを感じるたびに、いつも以上に怒鳴った。女子らが出ていった後、バッグを持ってジムから出ようと歩いているレックスを、ヴィンスが脇に引っ張った。「今日もまた厳しかったね」 分かっていたが、認めたくなかった。彼の手を振り払った。一体いつになったら、このヒントを理解して、さわるのをやめてくれるのだろうか?「プレイオフまで、あと数週間だからよ」 「いや、違うね。プレイオフじゃない。何か君に問題があるみたいだ」 「一体何な

What are you crafting today?

What are you crafting today? I’m working on yet another pair of socks, even though I have tons. I find myself making socks often because I like to read on my propped-up iPad while also knitting something easy enough that I don't need to look at it very often (such as stockinette stitch). Have you made anything fun today? Post pictures!

What are you reading today?

What are you reading today? I’m reading the latest volume in the Japanese light novel series (translated into English), Infinite Dendrogram by Sakon Kaidou . It’s a LitRPG or Gamelit series, and if you enjoyed Sword Art Online, you might like this series. The story is about a college student in a full-dive virtual reality role-playing game, and there’s nothing deadly about the game itself, but it soon becomes obvious that the game world is not what it seems. The hero is just an overall nice guy, which makes me root for him. What are you reading?

Camille Elliot's March newsletter

My Camille Elliot (Christian Regency Romantic Suspense) newsletter went out last week, but in case you missed it, the link is below. In my newsletter this month, I posted a link to a knitting pattern for the muffatees/arm warmers worn by my character Phoebe in Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer as well as a blog post for the cover character for Lady Wynwood’s Spies, volume 2: Berserker . I also posted an update on my health and my next upcoming release. Click here to read my Camille Elliot newsletter for March.

ひとり寿司第31章パート3

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** ********** 「ダメだ、早すぎる」エイデンは別のエクササイズボールをつかんで彼女の横に寝転がり、ボールの上に足を置いた。「僕の真似して」 ブリッジのエクササイズ——肩を床につけたまま、床から体を持ち上げた。彼女は彼の真似をした。できる限りゆっくり降りてくる。ハムストリング筋が燃えている。 「いいよ」十五回の一セット目、彼がペースを決めた。それが終わると、彼女は息苦しいのに、彼は汗もかいていない。 すぐに彼はまた位置についた。「行くよ?」 彼女は位置について、うなずいた

Excerpt of The Wedding Kimono

I posted an excerpt of my Christian contemporary romance novella, The Wedding Kimono , on the Sweet Romance Reads blog. Click here to read the extended excerpt. Already one of my newsletter subscribers? Click here to get The Wedding Kimono free!

What I’m writing in The Year of the Dog

This month, I have decided to focus more on my Christian Contemporary Romantic Suspense novel, Year of the Dog , so I’ve been spending more time working on it. It’s actually an old manuscript that I submitted to Zondervan but it was never bought, and I’m rewriting/revising it as a (second) prequel novel to my Warubozu Spa Chronicles series set in Hawaii. Here’s a little bit of what I just rewrote/edited. This morning, her mom was about to tackle the attic when Marisol put her foot down. “Mom, I have to go to work. I can’t spend the whole day helping you clean the house.” “You have plenty of time. What can you possibly do all day now that you quit your job?” “Oh, I dunno. Renovate my new facility?” “You’re only going to have dogs there. How much renovation do you really need?” “It would be nice if the roof didn’t leak and the windows opened and shut. Oh, and I kind of need a floor.”  I guess Marisol’s relationship with her mother isn’t getting better anytime soon …

Happy St. Patrick’s Day!

Happy St. Patrick’s Day! In honor of the holiday, I tinted my hibiscus Bible verse image green. :) The verse today was suggested by Laura Ann Grymes, Isaiah 41:10. I absolutely love this verse too, because even when my IBS is bad, it reminds me that God is in control and I feel strengthened and encouraged just from reading the verse.

ひとり寿司第31章パート2

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** ********** 「ハーイ、お父さん——わっ! おしゃれ!」レックスは、ハワード叔父さんのアパートの入り口に立っている父を見た。「夕食に出かけるの?」 父は赤くなった。「違う、違うよ。洗濯をしてるんだ」 「そうか、じゃあ、入っていい?」 「ああ……もちろんだ」買い物袋を持つ彼女が中に入れるよう、父は、一歩横にずれた。 そして、重心を一方の足から他方の足に移した。「ハワード叔父さんはボウリングに行ってる」 「うん、聞いた」買い物袋を床に下ろし、膝をさすった。ああ、痛か

Phoebe’s Muffatees knitting pattern

In Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer , Phoebe wears a pair of lace muffatees, or gauntlets/arm-warmers that hide a rather deadly surprise. :) I actually got the idea of having her wear muffatees because I saw a lace manchette pattern in Miss Watts’ Ladies’ Knitting and Netting Book , published in 1840, page 20. However, after doing some research, I found that they were called muffatees in the Regency era, and the term manchette did not arise until a few years later. They were essentially arm-warmers worn under those long sleeves on day dresses, which were usually made of muslin too thin to be very warm. I decided to knit Phoebe’s muffatees using a Leaf Pattern originally suggested for a purse in Mrs. Gaugain’s book, The Lady’s Assistant, volume 1, 5th edition published in 1842, pages 234-237. I think there was an error and row 36 in the original pattern was duplicated erroneously, so I have adjusted the pattern. The original manchette pattern called for “fine” needles a

Camy Tang's March newsletter

My Camy Tang (Christian Contemporary Romantic Suspense) newsletter went out last week, but in case you missed it, the link is below. In my newsletter this month, there’s a sale on my ebooks, a sale on my brand-new AI-narrated audiobooks, and the link to chapter 10 of my Humorous Christian Romantic Suspense serial novel, Year of the Dog . Click here to read my Camy Tang newsletter for March.

ひとり寿司第31章パート1

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** 31 レックスは、請求書の海の中で溺れ死にそうだった。 正確には、医療費。医療休暇中、少しは給料をもらっていたが、MRIの請求額を見たら、泣きたくなった。あと一週間で仕事に復帰する——給料が出たら、多分払えるだろう。 携帯が鳴った。「ハロー?」 「チェスターだ」 「ああ、どうしたの?」 「お前、医療休暇中なんだろ。だから言っとこうと思って——今日SPZが給与カットを発表したんだ」 「ええっ?」 「レイオフ(一時的解雇)する代わりに、全員の給料を一〇パーセント減らし

What are you crafting today?

Those of you who have read Lady Wynwood’s Spies, volume 5: Prisoner , first of all THANK YOU! And secondly, you might recognize this scarf since it held a rather important key in the book. I’m knitting Michael’s gray and brown scarf that he hands to Phoebe outside the Ramparts. Once it’s done I’ll be able to post the pattern! What are you crafting today?

March ebook sale

I’m participating in a Smashwords sale this week, and I’ve dropped the prices of Unshakeable Pursuit , Weddings and Wasabi , and The Spinster’s Christmas ebooks so you can get them for free. They are free on Smashwords, Kobo, Barnes and Noble, and Google Play, and I’m trying to get the prices lowered on Apple Books and Amazon, but I have no control over Amazon so the price might not drop until the end of the week. The sale lasts from March 5 until March 11. Enjoy the books!

Happy Girl’s Day!

My grandmother used to always make me bright pink chi chi dango mochi every Girl’s Day, and when she could no longer make it, my mom would make it for me. These days, the local mochi shop in San Jose has lots of different flavors of chi chi dango every weekend, but somehow I remember my grandma’s mochi tasting much better. :) Happy Girl’s Day!

ひとり寿司第30章

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** 30 エイデンは、ここまで退屈したことがない。聖書朗読は永遠に続いた。「詩篇」の章全体を読む必要があるのだろうか? ワーシップソングもそうだ。繰り返しが多く、テンポは遅い。 そこで、レックスを見た。その顔には、彼が見たことがないような静けさが見えた。平安と安心が。 不快なことに気づいた。彼が音楽を嘲笑っている一方、彼女はそれによって心の荷を降ろしているように見えたのだ。最後に彼が心の荷を降ろしたのはいつだっただろうか? いや、誰に対しても、荷を降ろしたことは一度もない。そのよう

Year of the Dog serial novel, chapter 10

I’m posting a Humorous Christian Romantic Suspense serial novel here on my blog! Year of the Dog is a (second) prequel to my Warubozu Spa Chronicles series. Year of the Dog serial novel by Camy Tang Mari Mutou, a professional dog trainer, is having a bad year. While renovating her new dog kenneling and training facility, she needs to move in with her disapproving family, who have always made her feel inadequate—according to them, a job requiring her to be covered in dog hair and slobber is an embarrassment to the family. She convinces her ex-boyfriend to take her dog for a few months … but discovers that his brother is the irate security expert whose car she accidentally rear-ended a few weeks earlier. Ashwin Keitou has enough problems. His aunt has just shown up on his doorstep, expecting to move in with him, and he can’t say no because he owes her everything—after his mother walked out on them, Auntie Nell took in Ashwin and his brother and raised them in a loving Chris

AI-narrated audiobooks

Google allowed me to create audiobooks with an AI narrator for free of my titles available on the Google Play store, so I decided to give it a try. Right now, Necessary Proof , Unshakeable Pursuit , Weddings and Wasabi , The Spinster’s Christmas , and my devotional Who I Want to Be are all available as AI-narrated audiobooks. From now until March 11, 2023, Necessary Proof digitally-narrated audiobook is free! Pick up you free copy and let me know how the audiobook sounds. If you hear anything weird, feel free to email me and let me know the exact time where you heard it, and I’ll try to have Google correct it.