Skip to main content

Posts

Showing posts from August, 2021

ひとり寿司第3章パート3

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** ********** 「いいゲームだったわ、みんな」レックスは、ぼろ勝ちしたばかりのチームの最後の選手の手をたたき、コートの外に出た。 ジムバッグを取りに来る、別のコートの選手をよけながら、やっと自分のバッグの隣のスペースを確保した。首を伸ばしてキンムンを探しながら、靴紐を引っ張った。 彼のチームは、遠い方のコートでまだプレイ中だった。 レフリーがさっと笛を外した。「ラストポイント!」耳をつんざくような笛の音でサーブの合図を出した。 後衛センターのキンムンは、腕の中に落ちたよ

April’s Newsboy Hat knitting pattern w/ @KnitPicks Dishie

Chautona Havig is one of the twelve authors participating with me in the Christian Contemporary Romance anthology, Save the Date , which releases September 15. Chautona’s novella in the anthology is titled Adoring April . In celebration, I wrote a knitting pattern for the Newsboy Hat used by Chautona’s heroine, April! (In case you missed it, here are the links for my interview with Chautona part 1 and part 2 , and an excerpt of one of Chautona’s other books, Blessing Bentley .) Chautona’s heroine April wears a casual blue cotton Newsboy Cap. I knit it with Knit Picks Dishie, which is a sturdy cotton yarn. I specifically designed this to only use one ball of Dishie. The hat is knit in the round, making the lace part of the crown very easy. I have charted the pattern below. Just double click on the chart to see the larger version, which you can right-click to save on your computer. The pattern for the crown is a combination of the pattern Figure 47 Block for Counterpane in

Interview with Chautona Havig part 2

Today is part of my interview with Contemporary Romance author Chautona Havig ! ( Part one is here. ) Chautona’s bio: Chautona Havig lives in an oxymoron, escapes into imaginary worlds that look startlingly similar to ours and writes the stories that emerge. An irrepressible optimist, Chautona sees everything through a kaleidoscope of It’s a Wonderful Life sprinkled with fairy tales. Find her at chautona.com and say howdy—if you can remember how to spell her name. Camy here: Chautona is one of the twelve authors participating with me in the Christian Contemporary Romance anthology, Save the Date , which releases September 15. Chautona will be on my blog three times! Twice for a two-part interview, and an excerpt of her book, Blessing Bentley . Tomorrow I’ll also post a special knitting pattern for the Newsboy Cap that Chautona’s heroine April uses in her novella, Adoring April , in the Save the Date anthology! And here, he’s me and Chautona! Camy: What was the funnest

ひとり寿司第3章パート2

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** トリッシュはさっさと背を向けたが、ジェニファーは、その優しい笑顔を正義の純潔で輝かせている。 レックスはチラッと見た。ジェニファーを見ていると、いつも自分は良くないクリスチャンであるような気がする。「うちに帰るね。掃除をしなきゃ——大変、バッグを中に忘れたわ」唇を固く閉じた。心の中では、レストランの中に戻ったら、胸の谷間がないと言って祖母にこき下ろされているのを聞いた人たち全員と対面するという考えに、縮み上がっていた。 「私もよ。一緒に行くわ」トリッシュの表情は、同情で輝いていた。レック

Excerpt -BLESSING BENTLEY (Christian Contemporary Romance)

Today, I’m posting an excerpt from Chautona Havig’s Christian Contemporary Romance, Blessing Bentley , book 1 in the Marriages of Conviction series. Here’s the back cover description: Bentley Girard's about to propose... to a guy she doesn't even love. Not THAT way anyway. After studying everything the Bible has to say about marriage, she's decided she wants in. Now. So who's going to take her up on that offer? And just why did no one reminded her that those vows include that little word, "love?" I interviewed Chautona in a two part interview— part 1 is here and part 2 is coming next week. I’ll also post a special knitting pattern for a drawstring purse that Chautona’s heroine April uses in her novella, Adoring April , in the Save the Date anthology! Excerpt: (Note from Chautona: I cut from the middle of the chapter, but you’ll get up to speed mid-excerpt) Bentley pulled her purse from the bottom drawer of her desk. “I’ll do that. Thank you

Interview with Chautona Havig part 1

Today I’m very excited to interview Contemporary Romance author Chautona Havig ! Chautona’s bio: Chautona Havig lives in an oxymoron, escapes into imaginary worlds that look startlingly similar to ours and writes the stories that emerge. An irrepressible optimist, Chautona sees everything through a kaleidoscope of It’s a Wonderful Life sprinkled with fairy tales. Find her at chautona.com and say howdy—if you can remember how to spell her name. Camy here: Chautona is one of the twelve authors participating with me in the Christian Contemporary Romance anthology, Save the Date , which releases September 15. Chautona will be on my blog three times! Twice for a two-part interview, and I’ll post an excerpt of her book, Blessing Bentley . I’ll also post a special knitting pattern for a drawstring purse that Chautona’s heroine April uses in her novella, Adoring April , in the Save the Date anthology! And here, he’s me and Chautona! Camy: Are there any symbols or themes in Bl

Frogs

I know I blogged about this on my Writing Diary Blog , but I don’t think I blogged about this here. I read a few writing and productivity books, and I’ve been trying to form better daily habits. The problem is that my self-discipline is very bad. As in, embarrassingly bad. One of my goals has been to form a better writing habit. Since I’m a full-time writer, I already write every day, but I think there are things I can do to tweak my schedule so that I can be able to focus better when I write. I tend to get distracted by the thought of things I need to do that day which I haven’t done yet. I don’t know why my brain is like this, but I haven’t been able to break this tendency. So for example, while I’m writing, I’ll suddenly think about the fact that today’s the day when I need to change the bathroom towels, or mop the kitchen floor, or change the bedsheets. It’ll distract me for a few moments before I tell myself I’ll do it later and I need to focus on writing now. Then a few

Slow Down Saturday - Psalm 46:10

The weather here in California has been really nice lately, although it does get a bit hot in the early afternoon. I recently started exercising again, now that my IBS is doing a little better, and I’ve been enjoying running outside in the early morning when it’s still cool. I’m listening to an audiobook, What I Talk about When I Talk about Running: A Memoir by Haruki Murakami. The author is a very famous writer in Japan who has won tons of awards, although to be honest I haven’t read his fiction since the more literary style of his books aren’t to my taste. But I bought the audiobook since it was about two subjects I wanted to hear, writing and running. The author apparently has been running for decades, and has run numerous marathons and even an ultra-marathon. His training methods aren’t as scientific as what I followed when I trained for the Honolulu Marathon, but his discipline is no joke. I liked the way he compared and contrasted his writing with his running. One thing t

Join Camy's Street Team for Save the Date!

Would you like to help promote my upcoming Christian Contemporary Romance anthology, Save the Date ? I’m planning a blog/Facebook/Instagram tour for the week of OCTOBER 10-17, 2021, which is the week that Save the Date releases. If you post about Save the Date during that week, you will get a free, Advance Release copy of my ebook, The Wedding Kimono ! Plus you’ll get two versions, the shorter abridged version that appears in Save the Date , and the extended version (about 10,000 words longer) which will not be released until late next year (2022). All you have to do is post on your blog/Facebook page/Instagram page about Save the Date DURING THE WEEK OF OCTOBER 10-17. I’ll give you a link to a Google Drive folder with several graphics you can choose from if you’d like to use that. Also you MUST INCLUDE A LINK where people can buy the book, either to Amazon or to the page on my website for The Wedding Kimono . You absolutely do not need to spam your friends about this boo

ひとり寿司第3章パート1

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** 3 トリッシュはイライラした。彼女を落ち着かせようと、レックスはトリッシュの脇に手を回した。レックスにとってもミミはお気に入りではなかったが、二人の間に入って猫のけんかをやめさせる気分ではなかった。 「ずっとそこにいたの?」トリッシュの声は、ほとんどうなり声に近い。 ミミは、軽率そうな素ぶりで細い肩をあげた。「おばあちゃんがここまで引きずられてきてる時に『私もいます』って発表する暇はないでしょ」 「おばあちゃんを完全に避けたかっただけなんじゃないの」かすかなあざけりを帯びたビーナ

Excerpt - The Rancher’s Convenient Pregnant Bride (Christian Contemporary Romance)

Today, I’m posting an excerpt from Shoshanna Gabriel’s Christian Contemporary Romance, The Rancher’s Convenient Pregnant Bride , book 3 in the Bear Creek Saddle Series. Here’s the back cover description: The handsome rancher has an offer for a modern marriage-of-convenience she just can’t refuse…for her baby’s sake. Eric Hunt, a handsome young rancher in the small mountain town of Bear Creek Saddle, Idaho, learns he can’t have children of his own. His desperate prayers to God for healing are answered with a crystal-clear vision: a beautiful woman with warm brown eyes — his future wife? — and she’s holding a baby. But how…and who? Across the country, Lindsay Moore’s glamorous Manhattan lifestyle is ripped out from under her when she falls victim to an investment scam, loses her job as an executive at the bank…and finds out she’s pregnant by a man who wants nothing to do with her, or her baby. Abandoned and heartbroken, Lindsay is done with love. When Lindsay’s sister asks her