Skip to main content

Lady Wynwood #7 early release Kickstarter

I worked on my first Kickstarter and it got approved! It’s for the Special Edition Hardcover of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and the release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. I contacted my graphic designer about the Special Edition Hardcover of vol. 1: Archer—it’s going to be SO beautiful! The Kickstarter focuses on the Special Edition Hardcover, but it’ll also include vol. 7: Spinster so that it’ll sort of be like a launch day for vol. 7, too. A third special thing that’ll be in the Kickstarter is Special Edition Paperbacks of all the books in the series. They won’t be available in stores, just in the Kickstarter (and later, from my website, and also in my Patreon book box tiers if I decide to do them). The Kickstarter is not live yet, but you can follow it to be alerted when it has launched. (You may need to create a free Kickstarter account.) Follow Camy’s Kickstarter

ひとり寿司第3章パート1




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***




トリッシュはイライラした。彼女を落ち着かせようと、レックスはトリッシュの脇に手を回した。レックスにとってもミミはお気に入りではなかったが、二人の間に入って猫のけんかをやめさせる気分ではなかった。

「ずっとそこにいたの?」トリッシュの声は、ほとんどうなり声に近い。

ミミは、軽率そうな素ぶりで細い肩をあげた。「おばあちゃんがここまで引きずられてきてる時に『私もいます』って発表する暇はないでしょ」

「おばあちゃんを完全に避けたかっただけなんじゃないの」かすかなあざけりを帯びたビーナスの唇が曲がった。

「当たり。気が狂って、あんな最終通告を出されるぐらいならね」ミミは、小さい手でレストランの方向を指した。そしてその手を止め、目を細くして、凝った装飾が施されたドアを見つめている。「私も自分を守らなきゃ」

何故か、不吉な予感がする言い方だ。

ミミは、二二歳という妬ましいほど元気な一四四センチの小さい体を揺らしながら、さっそうと歩いていった。

(待って)レックスは心の中で自分をひっぱたいた。「三○歳は年増じゃない、おばあちゃんが何と言っても」

ビーナスがその繊細な眉をつり上げた。「どうでもいいけど、マリコが結婚したら、いとこの中ではあなたが一番年上の独身女性よ」

内輪の肩書きは、OSFC(Oldest Single Female Cousin)=「いとこの中で一番年上の独身女性」。(万歳!)

「今頃なんだっていうのよ? いつも誰かの粗探しをする人だけど、ここまでひどくなかったわ」

トリッシュが手を上に放り上げた。「マリコが七年間OSFCだったからよ。おばあちゃんは、婚約するまでマリコのことで小言を言ってたじゃない」

ビーナスが鼻先で笑った。「どうしてそんなに早く結婚すると思う?」

レックスは頭をかいた。「妊娠したんじゃなかった?」

トリッシュとビーナスがうなるような音を立てた。ジェニファーはその笑顔がV字形になるまで唇を噛んだ。

ビーナスは、そのうんざりするほど綺麗な目に思慮深い光を浮かべて、レックスを見つめた。「どうして豊胸手術をする、って言わなかったの? そうすれば、おばあちゃんはあの最終通告のことを忘れるかもしれないわ」

「絶対いやよ! みんなに言いふらされるわ」

ジェニファーの眉にシワがよった。「だけど……他の人にどう思われてるかなんて、あなた、気にしたことなかったじゃない」

「胸元を見つめられたこともないわ」

ビーナスが細い肩をあげた。「ちょっとパッドを入れるのがそんなに悪い?」

「うるさい、D75」レックスは、にらんでいる。

ビーナスは鼻先で笑った。「いつもD75だったわけじゃないわ」

「そうそう、突然、ゴージャスな女に花咲いたからって、一緒にいて楽しい人になるわけじゃないし」

ジェニファーは息を呑んだが、ビーナスとトリッシュはただ笑った。

「じゃあ、私の言うことを聞いたら?」ビーナスの完全に楕円形の顔が、静かな理性を放っていた。「太りすぎてたから、胸囲なんて気にならなかったのよ。あの胃腸ウィルスは最高だったわ。おかげでD75におさまった時には、自分に自信が持てるようになったもの」

レックスが、まだトレーニングブラを卒業していなかったことを思えば、あまり参考にならない。「二五歳の時にあなたが減量したことと、私が三○で手術をすることは同じじゃないわ」腕を組んだ。「それに、豊胸手術は協定違反よ」

ビーナスも腕を組んだ。「それは違う」

「OSFCっていうタイトルが当てはまるようになったとき、マリコみたいにやけくそになって行動しない、って誓ったじゃない。マリコはやけくそだった。豊胸手術もそうよ、違う?」

「ちょっと待って」ジェニファーがみんなの顔をチラッと見た。「恋愛生活のことは神様に任せる、って誓ったよね」

レックスは少し考えた。「ああ……それもあった」だけど、それはもう守っているのではなかったか? 神様が完璧な男性を送ってくれるまで、ただぼんやりと待つことには何の問題もない。誰かと親密な関係になるなんて、考えるだけで少し怖かった。八年経った後でも。いつかは立ち直るだろうが、その時が来るまで、デートなんてしなくていい。

今日までは……。

「独身は恥ずかしいことじゃないって、はっきりさせたよね?」ジェニファーは深く息を吸って、大胆に言った。「私たちには、結婚や子供より大事なことがあるの」

「それだったら……」レックスは顔をしかめた。「おばあちゃんの最終通告は協定違反だわ。私の女子バレーチームを裏切ることはできない——プレイオフに出られるチャンスもあるの。四ヶ月で独身をやめなきゃいけないんだったら、ただぼんやり待ち続けて、私の恋愛生活を神様に託すことなんて、ちょっとできないわ」

ジェニファーは眉にシワを寄せ、口を開いたが、ビーナスが割り込んだ。「どうしたのよ、私たちはあなたのことが分かってる。おばあちゃんの要求に黙って降参しないよね?」

「だけど……」レックスは石を蹴った。「他にチームのスポンサーになってくれる人がいないか、考えてるの」

「そうよ、おばあちゃんの最終通告を避けて通る道があるかも」

「それに、レックスだけじゃないのよ」ジェニファーがみんなを見回した。「私たちの協定を再確認したほうがいいわ。今みたいにおばあちゃんがしつこい時は、特にね」

レックスはうなずいた。「私たちはおばあちゃんに遊ばれるバービー人形じゃない」

ジェニファーの目が固い決意で光った。「私たちは、恋愛生活を神様に託します」

「それから、OSFCになっておばあちゃんに攻撃されるからと言って、やけくそになってデートをしないことを約束します」ビーナスはそのスレンダーな腰に手をおいた。

レックスにとっては可能なことだった——やけくそになってデートに走るなんて、そもそもしない。勇気を奮い起こさないと、デートなんて無理だ、絶対。

「協定?」ビーナスは手のひらを上にして手を突き出した。

「協定よ」レックスはその手を上から押さえた。ジェニファーはその上に自分の手を置いた。

「トリッシュ?」ビーナスが眉を吊り上げた。

「はいはい、分かったわ」トリッシュが加わった。

そうして彼女らは別れた。

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

Join Camy's brand-new Patreon!

My Patreon is now live! Thank you so much to those of you who have followed and subscribed to my Patreon! I hope you're enjoying Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster so far. For those who missed the announcement, I now have a subscription on Patreon where you can read chapters of my next book ahead of the ebook publication. You can subscribe to the tiers and receive more benefits in each higher tier. I put together a very PINK comparison chart so you can see the benefits available. Patreon is also a bit like a Facebook group in that you can comment on my chapters and my posts. Feel free to post reactions or ask questions, although I reserve the right to decline to answer if it would be a spoiler. :) To celebrate the launch, I’m offering something special. All patrons will receive “Bidding on Treason,” an exclusive, limited-availability short story starring Lena, whom you met in The Gentleman Thief , and who appears in Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster . However,

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th

Toilet seat cover

Captain’s Log, Supplemental Update August 2008: I wrote up the pattern for this with "improvements"! Here's the link to my No Cold Bums toilet seat cover ! Okay, remember a few days ago I was complaining about the cold toilet seat in my bathroom? Well, I decided to knit a seat cover. Not a lid cover, but a seat cover. I went online and couldn’t find anything for the seat, just one pattern for the lid by Feminitz.com . However, I took her pattern for the inside edge of the lid cover and modified it to make a seat cover. Here it is! It’s really ugly stitch-wise because originally I made it too small and had to extend it a couple inches on each side. I figured I’d be the one staring at it, so who cared if the extension wasn’t perfectly invisible? I used acrylic yarn since, well, that’s what I had, and also because it’s easy to wash. I’ll probably have to wash this cover every week or so, but it’s easy to take off—I made ties which you can see near the back of the seat. And

Lady Wynwood #7 early release Kickstarter

I worked on my first Kickstarter and it got approved! It’s for the Special Edition Hardcover of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and the release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. I contacted my graphic designer about the Special Edition Hardcover of vol. 1: Archer—it’s going to be SO beautiful! The Kickstarter focuses on the Special Edition Hardcover, but it’ll also include vol. 7: Spinster so that it’ll sort of be like a launch day for vol. 7, too. A third special thing that’ll be in the Kickstarter is Special Edition Paperbacks of all the books in the series. They won’t be available in stores, just in the Kickstarter (and later, from my website, and also in my Patreon book box tiers if I decide to do them). The Kickstarter is not live yet, but you can follow it to be alerted when it has launched. (You may need to create a free Kickstarter account.) Follow Camy’s Kickstarter

「戌年」連載小説 第10章

キャミー・タング著「戌年」連載小説 プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。 犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。 アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか? しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。 アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。 マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか? 過去に発表されたパートへのリンクはこちら。 *** 第10章 - 赤いブーゲンビリアの低木 「マリ、ごめんなさい。」 マリは、答え機でラナの後悔に満ちた声を聞いて、犬の餌の袋を落としそうになった。 「あなたのこの犬の施設の計画に、私が最も支援的ではなかったことを知っ

Mansfield Park on Masterpiece

Captain's Log, Supplemental Okay, I was going to hold this for next week but I can’t hold the frustration in any longer. I finally saw Mansfield Park on Masterpiece Classic and it’s horrid (to channel Jane Austen). The story moves WAY too fast. The different issues dealt with in the book speed by so fast, I wonder than anyone who hasn’t read Mansfield Park can even understand what’s going on. The characters themselves are completely changed. Fanny is lively and girlish instead of timid and demure. And I agree with Kaye and Ruth , what’s with the hair down on her shoulders? How could the hair and makeup department let her get away with looking like a hoyden? I also agree with Kaye about Fanny’s heaving bosoms throughout the movie—so out of character for a “poor relation” to have such low-cut gowns. I do have to say one thing—I really enjoyed the moment Edmund tells Fanny that Mary Crawford is the only woman he could want for a wife—Billie Piper’s look is so exactly what I’d expec

Frogs

I know I blogged about this on my Writing Diary Blog , but I don’t think I blogged about this here. I read a few writing and productivity books, and I’ve been trying to form better daily habits. The problem is that my self-discipline is very bad. As in, embarrassingly bad. One of my goals has been to form a better writing habit. Since I’m a full-time writer, I already write every day, but I think there are things I can do to tweak my schedule so that I can be able to focus better when I write. I tend to get distracted by the thought of things I need to do that day which I haven’t done yet. I don’t know why my brain is like this, but I haven’t been able to break this tendency. So for example, while I’m writing, I’ll suddenly think about the fact that today’s the day when I need to change the bathroom towels, or mop the kitchen floor, or change the bedsheets. It’ll distract me for a few moments before I tell myself I’ll do it later and I need to focus on writing now. Then a few

A List of my Free Blog Reads

Curious about what my writing is like? Here’s a list of all my free books and the free short stories, novellas, and novels that you can read here on my blog. I’ll update this post as I add more free reads. Christian Humorous Romantic Suspense: Year of the Dog (Warubozu Spa Chronicles series, Prequel novel) (Currently being posted monthly on my blog as a serial novel) Marisol Mutou, a professional dog trainer, finally has a chance to buy a facility for her business, but her world is upended when she must move in with her disapproving family, who have always made her feel inadequate. When she stumbles upon a three-year-old missing persons case, security expert Ashwin Keitou, whose car she accidentally rear-ended a few weeks earlier, is tasked with protecting her. However, danger begins to circle around them from people who want the past to remain there. Can they shed light on the secrets moving in the shadows? Christian Romantic Suspense: Necessary Proof (Sonoma series #4.1, n

8 random things

Captain’s Log, Supplemental Missy Tippens , Nancy Brandt , AND Susan Meissner tagged me this week! Update: I also got tagged by Trish Perry and Rachelle Gardner ! That's FIVE! Heather and I are seeing who can get the most tags! LOL Update: Deborah Vogts just tagged me! That’s SIX! Update: Eileen tagged me! That’s SEVEN! Update: P.S. McManus and LaShaunda tagged me! That’s NINE! Update: Robin Lee Hatcher tagged me! That's TEN! Here are the rules: 1. Each player starts with eight random facts/habits about themselves. 2. People who are tagged need to write their own blog about their eight things and post these rules. 3. At the end of your blog, you need to choose eight people to get tagged and list their names. 4. Don't forget to leave them a comment telling them they're tagged, and to read your blog. 8 random facts/habits about me ... 1) I knit to write. My mom had taught me knitting when I was younger, but I picked it up again completely randomly one day. The