Skip to main content

Posts

ひとり寿司第22章パート5

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** 「あなたのお父さん、いつボックススプリング(ベッドのばね)とマットレスを持ってくるの?」 「三時まで用事がある、って言ってたから、うちに帰って荷物を取って、四時ごろかな」 「用事って、どんなこと?」 レックスは肩をすくめた。「聞かなかった。話したくないみたいだったし」 ビーナスは腰に手をおいた。 「あなたたち親子って、コミュニケーション不足よね。今までどうやって物事をやり終えてきたんだか」 「ちょっと、ちょっと。兄一人とシングルファーザーの家で育ったのよ。朝起きた時におは
Recent posts

How can I pray for you?

Photo credit: lalalime.blogspot.com 日本語訳は下をご覧ください。 Just when I was feeling better, I had another bad IBS flare up! I had a really wretched 2 weeks in September, but I’m finally starting to feel better. Despite the lost two weeks, I got right back to work and now I'm getting close to finishing book 5 in my Regency series. Please continue to pray that my health will be stable so that I can write without getting derailed by my IBS like I was last month. Lord, thank You for all You give to us. You remind us in little ways each day that You are watching over us and that You love us. Help us to have humble hearts that submit to Your will for us, because we know that You love us fiercely and only want what’s best for us. In Jesus’s name, Amen. How can I pray for you today? Please leave me your prayer requests! Prayer requests can sometimes be private things, so to keep your privacy, I’ve made a form you can fill out that will keep your requests just between you and me. Also

Last day of the Clean Romance Sales Event

Today is the last day of the Clean Romance Sales Event. Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and Lady Wynwood’s Spies, volume 2: Berserker are both only 99 cents! There are lots of other clean/sweet or Christian romance books on sale from other authors, too, so be sure to check it out. Click here to get Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and Lady Wynwood’s Spies, volume 2: Berserker for only 99 cents each! Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer Part one in a Christian Regency Romantic Adventure epic serial novel with a supernatural twist She met him again by shooting him. After four seasons and unmarried because she is taller than most of her dance partners, Miss Phoebe Sauber receives the shocking news that she is being callously banished from her father’s estate because he is remarrying. Feeling betrayed by her father and by God, and wanting to escape her family’s presence, she attends an archery tournament with her friends. But her perfect aim fails her, and

ひとり寿司第22章パート4

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** ********** (「さようなら」を言う時が来た) レックスは、古いオーク製のドアに付けられた変なドアノッカーの形、歪んだ窓、たるんだ屋根の輪郭を目に焼き付けた。大学生の時に三人のいとこと一緒に住んだ貸家と、ほんの少しの間、一人だけで住んだコンドミニアム——そこでの暗い記憶——を除けば、この家だけだった。母はここで亡くなった。もう一度、母をそこに置き去りにするような気がした。 ビーナスがトランクをバタンと閉めた。「これで全部?」 「うん、お父さんが収納ユニットを買って、残

Camy Tang's September newsletter

My Camy Tang (Christian Contemporary Romantic Suspense) newsletter went out last week, but in case you missed it, you can click on the link below to read it. This month in my newsletter, I posted a link to a blog post about the hero and heroine of my Christian Romantic Suspense, Stalker in the Shadows . I also posted the link to the Clean Romance Sales Event promo this month, where the first book books of my Lady Wynwood’s Spies series are only 99 cents each, if you like Christian Historical Romance. Lastly, I posted chapter 4 of my Christian Humorous Romantic Suspense serial novel, Year of the Dog and gave an update on how my writing is going and what’s coming next. Click here to read my Camy Tang newsletter for this month.

Year of the Dog serial novel, chapter 5

I’m posting a Humorous Christian Romantic Suspense serial novel here on my blog! Year of the Dog is a (second) prequel to my Warubozu Spa Chronicles series. Year of the Dog serial novel by Camy Tang Marisol Mutou, a professional dog trainer, is having a bad year. While renovating her new dog kenneling and training facility, she needs to move in with her disapproving family, who have always made her feel inadequate—according to them, a job requiring her to be covered in dog hair and slobber is an embarrassment to the family. She convinces her ex-boyfriend to take her dog for a few months … but discovers that his brother is the irate security expert whose car she accidentally rear-ended a few weeks earlier. Ashwin Keitou has enough problems. His aunt has just shown up on his doorstep, expecting to move in with him, and he can’t say no because he owes her everything—after his mother walked out on them, Aunt Nell took in Ashwin and his brother and raised them in a loving Christ

I joined Sweet Romance Reads!

I just joined Sweet Romance Reads, a group of authors who all write sweet romances in a variety of sub-genres. I’m friends with several of the authors from my days writing for Harlequin/Love Inspired, so it’s nice to be able to join their group. If you’re on Facebook, this is their Facebook page , and this is their Facebook group . I posted my introductory post yesterday on the Sweet Romance Reads blog (Blogger), where I listed three strange things about me. Click here to read the post, and tell me three strange things about you!