Skip to main content

Posts

Lady Wynwood #7 early release Kickstarter

I worked on my first Kickstarter and it got approved! It’s for the Special Edition Hardcover of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and the release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. I contacted my graphic designer about the Special Edition Hardcover of vol. 1: Archer—it’s going to be SO beautiful! The Kickstarter focuses on the Special Edition Hardcover, but it’ll also include vol. 7: Spinster so that it’ll sort of be like a launch day for vol. 7, too. A third special thing that’ll be in the Kickstarter is Special Edition Paperbacks of all the books in the series. They won’t be available in stores, just in the Kickstarter (and later, from my website, and also in my Patreon book box tiers if I decide to do them). The Kickstarter is not live yet, but you can follow it to be alerted when it has launched. (You may need to create a free Kickstarter account.) Follow Camy’s Kickstarter
Recent posts

「戌年」連載小説 第11章

キャミー・タング著「戌年」連載小説 プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。 犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。 アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか? しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。 アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。 マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか? 過去に発表されたパートへのリンクはこちら。 *** 第11章 - タビー猫、黒猫、灰色と茶色の縞猫 彼女の母親は何かを摂取したに違いない。何を摂取したかはわからないが、代謝が急激に上がり、まるで神経質なリスのようになった。マリには、過去数日間に母親が家全体を掃除させた理由

What's a Kickstarter and what will I get from it?

I’m hoping to do a Kickstarter in late July or early August, and I thought I’d post this to answer a few questions you might have about it. What’s a Kickstarter and why’s Camy doing one? My Kickstarter is a crowdfunding campaign to fund the production of a Special Edition hardcover with dust jacket of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer. Depending on how this Kickstarter goes, eventually I would like to do Special Edition hardcovers of the other books in the series. For all you avid fans of the series, this Kickstarter will also offer an early release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. However, the main focus of this campaign is the Special Edition hardcover of book 1. Kickstarter isn’t a shopping website, but I admit I kind of feel like I’m shopping when I back a campaign for books or items that look fantastic! Why Kickstarter: Kickstarter enables me to produce the kinds of gorgeous special editions that I love and offer them to you, my readers, so you can

Camille's Writing Progress

Join my newsletter to get regular updates in your inbox!

Last chance for Camy’s Patreon bonuses

Thank you to everyone who subscribed to my Patreon! I hope you enjoyed the chapters of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster  that I posted the last few weeks. (For those who missed the announcement, I now have a subscription on Patreon where you can read the chapters of my next book ahead of the ebook publication. In order for you to get a taste of my Patreon, I’ve posted the Prologue and Chapter 1 of Lady Wynwood's Spies, volume 7: Spinster  for my newsletter subscribers to read for free.) Roundup of what happened on Patreon: Last week, I posted a bonus extras post about Easter Eggs from Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer  and volume 7: Spinster . Be sure to chime in if you watched Fullmetal Alchemist or any other anime! I also recorded a video —which was super scary, let me tell you, because I had NO clue what I was doing! Check it out, and at the very least, you'll have a good laugh. This week is your last chance to subscribe and receive “Bidding on Tr

Interview with Fantasy author Willamette Sutta

Adamant in Dust by Willamette Sutta Stones of power and one princess to save them all. The Far Stone Endurant is broken, and a prophecy foretells doom… She should have been the chosen princess to deliver them. But Pergi can’t love Prince Teyrnon, and that's a deal-breaker. Pergi has prepared all her life to become the ruler that her father wants. Without sons, he knows she could only retain the throne if she marries the neighboring prince, combining their kingdoms. Yet the same prophecy that calls for the reunification also warns that they must join by love. Supplanted by her younger sister in this sentiment, Pergi waits with ill grace for Sadira to marry Teyrnon and steal her birthright. No one expects that Sadira would do a runner on her wedding day. What starts as an impromptu rescue of the wayward bride leads to a desperate struggle against a deadly foe. The dark lord Malchor ensnares Sadira in his opening bid to gain all the Far Stones of power. With them, he wi

Join Camy's brand-new Patreon!

My Patreon is now live! Thank you so much to those of you who have followed and subscribed to my Patreon! I hope you're enjoying Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster so far. For those who missed the announcement, I now have a subscription on Patreon where you can read chapters of my next book ahead of the ebook publication. You can subscribe to the tiers and receive more benefits in each higher tier. I put together a very PINK comparison chart so you can see the benefits available. Patreon is also a bit like a Facebook group in that you can comment on my chapters and my posts. Feel free to post reactions or ask questions, although I reserve the right to decline to answer if it would be a spoiler. :) To celebrate the launch, I’m offering something special. All patrons will receive “Bidding on Treason,” an exclusive, limited-availability short story starring Lena, whom you met in The Gentleman Thief , and who appears in Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster . However,

「戌年」連載小説 第10章

キャミー・タング著「戌年」連載小説 プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。 犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。 アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか? しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。 アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。 マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか? 過去に発表されたパートへのリンクはこちら。 *** 第10章 - 赤いブーゲンビリアの低木 「マリ、ごめんなさい。」 マリは、答え機でラナの後悔に満ちた声を聞いて、犬の餌の袋を落としそうになった。 「あなたのこの犬の施設の計画に、私が最も支援的ではなかったことを知っ