Monday, August 02, 2021

Get Christian Contemporary Romance ebooks Becoming Princess Olivia & Ask you Later FREE!


If you PREORDER my Christian Contemporary Romance anthology, Save the Date, you’re eligible to join this limited-run Save the Date newsletter and get a FREE ebook every month!

Each month, we’ll give away an ebook from one of the authors in the anthology. Once you join the newsletter, you’ll get an ebook free every month until the anthology releases!

This month, there are TWO free books!
The first free book is Ask you Later by Jan Thompson!

He lives and breathes expressive art.
She has no time for his type of fluff.


A struggling artist tries to get his recycled mixed-media art pieces displayed at a local art gallery now run by the owner’s daughter who has zero appreciation for his folk art.

Sophie’s Sentiments…

A freelance technical writer who writes obscure user guides that nobody reads and engineering manuals for little-used heavy machinery, Sophie Kowalski’s career is filled with black ink on white paper, legalese and technical stuff that few people care about—except for proofreaders and publishers.

When her dad has a nasty fall outside his art gallery and breaks his leg in several places, Sophie is forced to run Simon’s Gallery for a couple of months while Dad recovers from his unfortunate accident.

The first thing Sophie does is remove what she considers “junk art” in the art gallery and cancel several exhibitions by lesser-known artists, replacing them with more famous works that showcase clean lines and minimalism…

Leon’s Legacy…

A poor and struggling mixed-media local artist, Leonardo “Leon” Watts thinks he has finally turned a corner in his career when Simon Kowalski of the reputable Simon’s Gallery on River Street decides to display his recycled sculptures that showcase everyday life.

That is, before Simon tumbles on the cobblestones, ends up in the hospital, and takes two months off to recover. Standing in Leon’s way is Simon’s daughter, Sophie, now running the gallery however she wants and in whichever way she pleases.

She says that Leon’s displays are “garbage” and shouldn’t see the light of day. Well, technically, he only uses discarded materials he finds in junkyards and recycling centers…

Still, who is she to judge his art?

When Leon decides to educate that unimaginative Sophie on the value of his brand of everyman artwork, he gets more than he is prepared to handle, as his heart begins to express itself in unexpected ways…

The second free book is Becoming Princess Olivia by Lisa Prysock!

Miss Olivia Jane Kennedy is something of a child prodigy when she becomes a published author earlier than anyone could have expected. She also finds herself with a broken heart by the time she’s nineteen. When an opportunity arises to study abroad in England at The London Writing Academy on scholarship, she takes the chance, hoping a change of scenery will do her some good. “Ollie,” as her kid sister, Kendra, has nicknamed her, takes up residence in a Victorian terrace flat on a scenic street in Chelsea.

Four years later, she's a successful writer, age twenty-three, and about to graduate, but maybe dreams only come true for the characters she writes about in her Christian historical romance novels, her “Beloved Britannia” series.

When the handsome twenty-eight-year-old, His Royal Highness Prince Stephen, asks to share her London cab to throw the paparazzi off, the country girl who grew up on a quiet farm in Minnesota is in for the ride of her life! The Prince is everything she could have hoped for and so much more, but falling in love means risking her once broken heart on high stakes far beyond her wildest dreams.

Want these ebooks for free? Preorder Save the Date and then join this limited-run Save the Date newsletter!

Thursday, July 29, 2021

ひとり寿司第2章パート1




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***




祖母は、レッドエッグアンドジンジャー・パーティの最中に「豊胸手術」と大声で言っただけではなかった。

長く苦しい一瞬だった。レックスの鼓動は止まり、その後、ナスカー・レースのようなスピードで再び打ち始めた。振動するハンドルにしがみついているように、手が震え、こわばった。だが、祖母を操縦するのはどうしても無理。情けない。

レックスは深く息を吸い、戦闘のために身を固めた。「おばあちゃん、そのことは、また今度話そう」

祖母の目が鋭くキラッと光った。「どうして? そんな塩のシェーカーみたいなんじゃ、男の子が寄りつかないのは当然よ」

塩のシェーカー???

祖母は、「レックスのおばあちゃんが何でも直してあげる」という表情をしていた。その眼差しが下の方で止まった。「サイズは? Aカップかしら? 大丈夫よ、友達のミセス・チャングを知ってる? あの人の二回目のご主人は……」

(おばあちゃん、外に出ましょう。今すぐ)レックスは、祖母の体を取り押さえて運び出し、そこで絞め殺すという素敵な白昼夢をもてあそんだ。

現実に戻り——祖母を乱暴に扱うなんて不可能だ。一見、デリケートに見える老婦人なのだから。

応援が要る。祖母が怒鳴っているので、レックスのいとこ達が寄ってくるはず。騎兵隊はどこにいるのか?

いたいた、いくつかテーブルをはさんだところでしゃべっている。レックスが瀕死の危機にさらされているというのに。トリッシュの体はレックスの方を向いていたが、隣のテーブルにいる男の子に気のある素ぶりで横目を流している。レックスは手をあげて振った。

「手を振り回すのをやめて、レックス。ちゃんと聞きなさい。ミセス・チャングがご主人を連れて来てるはずだから」

「だけど私のドレスが……」かたまりかけているソースが胸骨の上で不気味な弧を描いていた。

「今ここで診察するわけじゃないのよ」祖母の理性的な口調は、コールでアイラインを描いた頑固な目つきに隠された、残忍で精神異常者のような心と正反対だ。

レックスはやけくそになって、トリッシュの方を見ながら両腕を高く上げて振った瞬間——少なくとも、このタイトなワンピースを着ながらできる限り高く——椅子から立ち上がろうとした中年男性のあごを引っぱたいてしまった。「きゃっ、ごめんなさい」

ついに、トリッシュがこっちを見た。

やっと! レックスは目を大きく開き、祖母の方に頭を振りながら、「助けて!」とメッセージを送った。

トリッシュの表情は数ミリ秒のうちに好奇心から恐怖へと変わっていった。ビーナスとジェニファーを軽くつつき、ぎゅうぎゅう詰めの椅子に体当たりしそうになりながら、必死でいとこの方へ行こうとした。ビーナスはもっと上品についていった。ジェニファーは叉焼包のように目を大きくして、影のようにビーナスの後を追った。

「おばあちゃん!」トリッシュは高い声で嬉しそうなふりをした。

祖母はトリッシュをにらんだ。「何よ?」

言葉に詰まり、元気一杯のトリッシュは一瞬にして凍りついた。「あの……」

まずい。先月、いとこのベビーシャワーにパンクロックのミュージシャンを連れてきて、そのへそピアスで二歳児を遊ばせたトリッシュのことを、明らかに祖母はまだ赦していないようだった。

「こんにちは、おばあちゃん」イライラしてにらむ祖母とトリッシュの間に、ビーナスが割って入った。「ちょっとレックスに話があるんだけど」

「ダメよ、私が今、話してるの。何でそんなにせっかちなの? 来なさい、レックス。ミスター・チャングのところへ行くわよ」

「おばあちゃん、豊胸手術なんてしたくないの」歯を食いしばりながらささやくのはむずかしい。

心配そうなトリッシュの目は、デフコン5の防衛準備状態に入ったかのような恐れに変わっていった。ビーナスは目をグルッと回している。ジェニファーの顔は青白くなった。

祖母の目は、中国の大包丁のように冷たくなった。「話にならないわね。アイロン台みたいに平らな女と誰が付き合いたい、って言うのかしら」

「おばあちゃん!」トリッシュの高い声が、食事の騒音を突き刺した。

「おばあちゃん、お願いがあるの」ジェニファーの柔らかな声が防火用毛布のように緊張をほぐした。

「車の中に色見本があるんだけど、お母さんがキッチンのカーテンを何色にするか決められないのね」

祖母のブルドッグのような表情は、ミス・マープルのスイートなうわべのように溶けていった。「もちろんいいわよ、喜んで」

レックスは信じられないというように、混雑を通り抜けてドアの方へ祖母を連れて行くジェニファーを見た。祖母は少し足を引きずっている——そうだった、さっきもお尻の右側をかばっていた。

「何も言わないで」ビーナスはジェニファーを追おうと振り返りながら、レックスの肩を軽く突いた。「駐車場に行ったら、おばあちゃんとの対決から逃げるんじゃないわよ」

「そうよ、おばあちゃんは忘れてないわ」トリッシュは手錠をかけるようにレックスの腕をつかんで引っ張り、ビーナスの後を追った。

レックスは、ジロジロ見ている親類や家族ぐるみの友人を通り過ぎて、テーブルの間をくねりながら、マリー・アントワネットになったような気がしていた。ギロチンと、完璧に筋が通らない祖母とは、類似点があり過ぎた。

ジェニファーの車の前で、いとこ達に合流した。

「ごめんなさい、おばあちゃん」ジェニファーは、トランク中を探し回るのをやめ、背筋を伸ばした。

「会社に色見本を忘れたみたい。パーティに間に合うように急いでたから」

おっと、ジェニファーはそんなことを言うべきではなかった。目を細め、レックスに鋭い表情を向けた祖母は、ジェニファーの手を軽く叩いた。「一応あなたは時間通りに来たものね」

もうやめて。「ごめんね、おばあちゃん。さっきも言ったけど、バレーボールをしてたのよ——」

「あなたはバレーボールに使う時間が多すぎるわ。メイ叔母さんが言ってたわよ。バレーボールで頭を打たれ過ぎたからボーイフレンドができないんだって」

(自分へのリマインダー:メイ叔母さんに口輪をはめること)

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

キャミーのニュースレター

私のEメールニュースレターにサインアップしてください。ウェルカムメールが2, 3回送られた後、1ヶ月に1回のペースでメールが届きます。時々日本語ではないメールが届くと思いますが、お許しください。

“配信を確認してください。” のメールを送ります。 メッセージの中にある確認リンクをクリックして、あなた本人であるかどうかを確かめて下さい。大変申し訳ありませんが、“配信の確認をしてください。” のメールは英語になります。

* が必要です。

メールの配信を中止されたい方は、メールの下にある「購読中止」リンクを使うか、camy@camytang.comまでメールをください。

個人情報保護方針: 私はあなたの個人情報を尊重しています。Eメールアドレスを含めた個人情報は、第三者に開示・提供しません。

マーケティングプラットフォームにメールチンプを使っています。下をクリックして購読することにより、あなたの情報がメールチンプに送られて処理されることを了承します。メールチンプによるプライバシー保護の実践についての詳細は、こちらです。

Wednesday, July 28, 2021

Interview with Kari Trumbo Part 2

Today is part 2 of my interview with Contemporary Romance author Kari Trumbo! (Part one is here.)

Kari’s bio:

Kari Trumbo is a bestselling author of Christian and sweet romance, she also writes women’s fiction under the name Teri Blake. As Teri, she reached the USA Today bestseller list with her book The Rosewood Diary.

She writes swoony heroes and places that become characters with historical detail and heart. She’s a stay-at-home mom to four vibrant children. When she isn’t writing, or editing, she pretends to keep up with them.

Kari loves reading, listening to contemporary Christian music, singing when no one’s listening, and curling up near the wood stove when winter hits. She makes her home in central Minnesota, land of frigid toes and mosquitoes the size of compact cars, with her husband of over twenty years. They have two daughters, two sons, one cat, and one hungry wood stove.

Camy here: Kari is one of the twelve authors participating with me in the Christian Contemporary Romance anthology, Save the Date, which releases September 15.

Kari will be on my blog three times! Twice for a two-part interview (part one is here), and then I’ll post an excerpt of her book, Better Than First.

I’ll also post a special knitting pattern for a drawstring purse that Kari’s heroine uses in her novella, January Hope, in the Save the Date anthology!

And here, he’s me and Kari (second time around)!

Camy: What was the funnest part of writing January Hope?

Kari: For me, it was picking the characters and choosing how they would interact, then realizing that I couldn’t fit all of that into the word count constraints of the collection. Because of that, I’ll be releasing it as a full novel in January of 2022 (a time slip novel).

Camy: That’s so awesome! I’ll be doing the same thing—I’ll be releasing The Wedding Kimono as an extended novella later next year since I had to cut more than 10,000 words for the collection, and it’s the first book in a new contemporary romantic suspense series set in Hawaii. :)

What's your favorite scene from January Hope?

Kari: Absolutely when she gets behind the wheel for the first time. Cleo has had some hurts and she’s terrified to drive. Writing the scene where she begins to overcome her biggest fear was really beautiful.

Camy: That sounds so powerful! I can’t wait to read it!

Do you have a special verse specifically to inspire your writing?

Kari: I don’t, but I do have a “life” verse, one that I go to all the time. Romans 8:38-39 For I am persuaded that neither death, nor life, nor angels, nor principalities, nor powers, nor things present, nor things to come, nor height, nor depth, nor any creature, shall be able to separate from the love of God, which is in Christ Jesus our Lord.



Camy: That’s a great verse!

What's your next novel to be released?

Kari: My next release is Tidewater Summer, under my Teri Blake pen name. It’s a women’s fiction novel set in the beautiful Outer Banks about sisters coming together to heal from the wounds of divorce.

Camy: That sounds like it’ll be so good!

Okay, last question is a bit silly. You know (or maybe you don't know) how much I LOVE FOOD. One of my favorite restaurants is this Vietnamese sandwich shop that makes a pork and pate sandwich with cilantro on fresh-baked baguettes (dreamy sigh). What's your favorite ethnic food to eat and why?

Kari: Well, in rural Minnesota, we are never sure if what we are eating is a genuine ethnic food or something people made up to seem ethnic. But my favorite (probably) Mexican dish is the Jalisco at a local restaurant. It’s got seasoned rice, onions, green peppers, cubed beef, and shrimp, served in a skillet with tortillas. Yum!

Camy: That sounds mouthwatering!!!

Next week, I’ll post an excerpt of Kari’s book, Better Than First, and also a knitting pattern of the cute lace drawstring bag used by Kari’s heroine in her novella January Hope in the Save the Date anthology!

Preorder Save the Date for only 99 cents! Releases September 15th!

Tuesday, July 27, 2021

Interview with Kari Trumbo part 1

Today I’m very excited to interview Contemporary Romance author Kari Trumbo!

Kari’s bio:

Kari Trumbo is a bestselling author of Christian and sweet romance, she also writes women’s fiction under the name Teri Blake. As Teri, she reached the USA Today bestseller list with her book The Rosewood Diary.

She writes swoony heroes and places that become characters with historical detail and heart. She’s a stay-at-home mom to four vibrant children. When she isn’t writing, or editing, she pretends to keep up with them.

Kari loves reading, listening to contemporary Christian music, singing when no one’s listening, and curling up near the wood stove when winter hits. She makes her home in central Minnesota, land of frigid toes and mosquitoes the size of compact cars, with her husband of over twenty years. They have two daughters, two sons, one cat, and one hungry wood stove.

Camy here: Kari is one of the twelve authors participating with me in the Christian Contemporary Romance anthology, Save the Date, which releases September 15.

Kari will be on my blog three times! Twice for a two-part interview (part two is here), and then I’ll post an excerpt of her book, Better Than First.

I’ll also post a special knitting pattern for a drawstring purse that Kari’s heroine uses in her novella, January Hope, in the Save the Date anthology!

And here, he’s me and Kari!

Camy: What is your most memorable moment as a writer?

Kari: Honestly, It’s a tossup between the first time I pushed the publish button (I’m mostly independently published at this time) and when I hit the USA Today bestseller list with my Teri Blake name. Both were walking on the clouds moments.

Camy: I can totally relate! I remember that feeling when I hit the USA Today bestseller list with my Camille Elliot name!

Finish this line: Writing a novel is …

Kari: … a passion. If that passion and desire are not there, you probably won’t complete one. They are like a marathon, you have to be dedicated to write a full novel.

Camy: totally agree with that!

What's your best writing strength?

Kari: Editing. I love it. I love the re-read step and I love the first reactions of my editors. Sometimes, it’s a random comment/reaction that they made that makes me change something in my story. I love that I can “mean” something, but in writing it didn’t come across as I wanted and their reaction helps me to fix and clarify. Words are powerful, use wisely.

Camy: UGH I wish I was better at editing! I tend to be kind of sloppy at it. :(

Most writers struggle with insecurity. How do you retain your confidence as a writer?

Kari: Chocolate. LOL Well, that’s part of my tool kit. I also have verses that I read when I’m sure that I’ve never written a word that makes a lick of difference, and a playlist of songs made to build me up (Can you say, Overcomer by, Mandisa?).



Camy: I love that song! (Kari sent me a verse image for James 1:12, but since I wasn’t sure if I could use it legally, I made my own verse image. It’s a great verse!)

What's the biggest risk you've ever taken as a writer?

Kari: Taking on a new pen name. I knew it was a risk. I would lose a few readers who think it’s dishonest (which is why I have been completely open about it, we even share a website). But women’s fiction is very different from romance, even romantic women’s fiction won’t satisfy a real romance reader. This way, it’s easy for any reader to tell the difference.

Camy: Wow I can totally relate to that! I decided to take my Camille Elliot pen name since I was also writing a wildly different genre (historical romance).

I’ll be back tomorrow with the second part of Kari’s interview. She’ll be talking more about her book, January Hope, which is one of the books in our Christian Wedding Romance anthology, Save the Date.

Preorder Save the Date for only 99 cents! Releases September 15th!

Thursday, July 22, 2021

ひとり寿司第1章パート2




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


彼女らのテーブルは、使われていない椅子を積んである隅に押し込まれていた——このレストランにもっと椅子が入るとでも言うのか。「レックス、こっち、こっち!」トリッシュが挙げた手を激しく振ったので、レックスはその手が飛んでくるような気がした。ビーナスはトリッシュの隣で、いつものように華やかにくつろぎ、だるそうにしている一方、ジェニファーは反対側に静かに腰かけ、まっすぐな長髪をいじっていた。彼女らのどちらの側にも……

「ねえ、私の席はどこ?」

ビーナスの大きいアーモンド色の目は心から詫びているように見えた。「ごめんね。ジェンの隣の席を確保してたんだけど……」太った叔母の椅子の背の方を指さした。「その椅子をどかさなくちゃいけなくて、そうこうしているうちに、なくなっちゃったの」

「裏切り者。テーブルの下に一人押し込んだら?」

ビーナスがずる賢くニヤッとした。「あなたなら、ちょうどそこにぴったり入れるわよ、レックス」

トリッシュはビーナスの腕を叩いた。「もうちょっと親切にできない?」

他のいとこ達が怪訝そうにこちらを見ているが、それはよくあることだ。この四人は学生時代に同じコンドミニアムに住んでいた時から仲良くなったのだが、そろってクリスチャンになって以来、さらに親しくなった。彼女らの弱み、欠点、信仰を理解する者は、他に誰もいなかった。

レックスはすわる場所を探さなくてはならない。少なくともこの拷問のようなパーティに来たんだから、高価で高カロリー、高コレステロールの食べ物をがっつり食べなくては。

黒髪の頭、白髪の頭、染めた頭、おにぎりを逆さにしたようなヘアスタイルの子供の頭、ハイライトを入れたり、変わった色に染めたティーンエイジャーの頭の海を、レックスはざっと見渡した。

あそこだ。一つ席が空いているテーブルがある。いとこのボビーとその妻、義母、彼らのひな鳥たちがいる。六人——数えてみた。五才に満たない小さい子供が六人だ。

レックスは子供が苦手というわけではなく、逆に、好きだった。女子バレーボールチームのコーチも楽しかった。だけど、ここにいるのはボビーの子供。九一一番の交換手はこの子達の名前を覚えていた。地元の警察官は電話が鳴ると、誰がその家に出動するかを決めるために、くじを引くのだった。

しかし、ボビーの家族と一緒にすわるのは、それほど悪くないかもしれない。子供は大人より食べる量が少ないから、レックスの食べる分が増えるということだ。

「こんにちは、ボビー。ここ空いてる?」

「空いてるよ、どうぞ」丸顔のボビーは、空いている席を指してうなずいた。

レックスは、心配そうにしている彼の妻に微笑んだ。断続的に高い音を発する乳児と格闘している。「その子は……」(まずい、墓穴を掘ってしまった。何でもいいから名前、名前——)「ええと……カイル?」

赤ん坊がタコのように体をくねらせながら床にうつ伏せにならないよう悪戦苦闘しながら、追い詰められた母親の笑顔は苦笑いと混じり合っていた。「そう、カイリー。大きくなったでしょう?」息子の一人がフォークを持ち上げた。

「ダメよ、いい子だから食べ物を置いてね——!」

揚げ物がミサイルのようにテーブルのこちら側へ飛んだ。野菜とベタベタするソースが弧を描いている。時速百二○キロで飛んでくるバレーボールから顔を守ったことはあるが、飛んでくる複数の食べ物から素早く身をかわしたことはない。レモン味の刻んだレタスは手で避けたが、ソースに浸かった鶏の唐揚げミサイルは、胸に命中した。

ゲッ! でも洗濯できるから不幸中の幸いだ——いや違う、これは普通の綿のドレスじゃない。新品のシルクのドレスだった。値札を見たときは息が止まりそうだったが、ウエストは実際くびれているように見える。「ドライクリーニングのみ」のタグがついたドレスだった。

「大変! レックス、ごめんなさい。悪い子ね。あなたがやったことを見なさい」ボビーの妻は、赤ん坊をつかんだまま、テーブルの向こう側から体を傾けてナプキンを差し出しているが、赤ん坊の足は大皿の焼きそばを引きずっていた。

レックスの隣に座っていた男の子が笑いながら叫んだ。噛んでいる途中のニンニクソース入りチンゲン菜で口の中をいっぱいにしていなければよかったのだが——

胃から逆流したチンゲン菜がレックスの胸に降ってきて、お皿のサニーレモンチキンがべチャッとなっている。子供は彼女のドレスの上にできた模様を指さして、フェルメールを世に送り出したかのような歓声をあげた。

「こら! 失礼だろ」ボビーは息子達をにらんだが、塩コショウ味のエビを口に放り込むのはやめなかった。

レックスは汚れをゴシゴシこすった。ポリエステルのナプキンでは、どうしてもソースのベタベタがドレスから落ちず、粘液のように青いシルクにくっついた。ムカムカしてきて、胃がグルグル鳴った。アスリートである彼女の体の他の部分は強いのに、どうして胃は弱いのだろうか?

汚れを落とさなくては。レックスがやっとの思いで椅子から立ち上がると、後ろに座っていた年配の男性にぶつかった。「ごめんなさい」激しい動きのため吐き気がひどくなったが、すぐにおさまった気がした。(バカじゃないの。しっかりしないと)しかし、彼女の過敏な胃は、頭との連絡が取れなくなっていた。

(息を吸って。吐いて。違う、鼻からじゃなくて。あの男の子の鼻から垂れている鼻水は見ちゃだめ。よだれを垂らしている赤ちゃんからも目をそらして)

外の空気を吸わなくては。今、帰ったら失礼だと言われても構わない。

「いたいた、レックス」

祖母はレストランのはしっこまで来て一体何をしているのか? ここは安全地帯のはずだ。「もっと重要な」家族のメンバーが座っている向こう側から、わざわざこっちまで来たのは何故だろう。

「何てこと! 何が起こったの?」

「ボビーの子供達の隣に座ったのよ」

粉おしろいをはたいた祖母の顔にシワがよった。「さあ、一緒にトイレに行きましょう」キラキラした目が、またレックスの汚れたドレスの前へとそれていき、祖母は息を呑んだ。

大変だ、他に何があるのだろう? 「何なの?」

「いい服は絶対に着ないものね。いつも黒くて醜いのばかり」

「前にも話したでしょ——」

「あなた、胸がないのね。気がつかなかったわ。どうりで男が寄りつかないはず」

開いた口が塞がらない。レックスは、無理やりコホッと咳を出すまで、胸の中で息が詰まった。「おばあちゃん!」

くるっと回る複数の頭が、目の片隅に入った。祖母の声は、サッカーのワールドカップの解説者よりも通りがいい。

祖母は前かがみになって、レックスの胸元をのぞいた。レックスは飛びのいたが、後ろに椅子があるのであまり遠くまで動けない。

祖母は恐ろしく興奮した顔つきで姿勢を正した。「どうするべきか分かったわ」

(やれやれ、今こそウェイターが、お盆でおばあちゃんの頭を叩き割るときだ)

祖母は上機嫌で手を叩いた。「そうね、それがいい。あなたの豊胸手術の費用は私が持ちます」

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

キャミーのニュースレター

私のEメールニュースレターにサインアップしてください。ウェルカムメールが2, 3回送られた後、1ヶ月に1回のペースでメールが届きます。時々日本語ではないメールが届くと思いますが、お許しください。

“配信を確認してください。” のメールを送ります。 メッセージの中にある確認リンクをクリックして、あなた本人であるかどうかを確かめて下さい。大変申し訳ありませんが、“配信の確認をしてください。” のメールは英語になります。

* が必要です。

メールの配信を中止されたい方は、メールの下にある「購読中止」リンクを使うか、camy@camytang.comまでメールをください。

個人情報保護方針: 私はあなたの個人情報を尊重しています。Eメールアドレスを含めた個人情報は、第三者に開示・提供しません。

マーケティングプラットフォームにメールチンプを使っています。下をクリックして購読することにより、あなたの情報がメールチンプに送られて処理されることを了承します。メールチンプによるプライバシー保護の実践についての詳細は、こちらです。

Thursday, July 15, 2021

ひとり寿司第1章パート1




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳





食べて帰る。することはこれだけだった。

遅れたことを理由に祖母に殺されなければ、の話だが。

レックス・坂井は中華料理店の戸口をさっと通過し、人々の会話、赤ちゃんの泣き声、香水と古いごま油が混じったにおいの中にとけ込んだ。敷居でつまずいて、足首をひねりそうになった。この忌々しいパンプス。ハイヒールは苦手だ。

いとこのチェスターは、開いた戸口に隣接する壁に押しつけられた小さいテーブルの後ろでくつろいでいた。

「ああ、チェスター」

「遅いじゃないか。ばあさんが機嫌を損ねるぞ。ここにサインしてくれ」チェスターは、周囲にのり付けされた、ピンク色のレースがやけに目立つゲストブックを指さした。

「これはどうすればいい?」レックスは、ベビー用品店の箱をテーブルに置いた。

チェスターはその箱をつかんでラベルをつけ、慣れた手つきで後ろにポンと投げた。フリルの付いた受付のテーブルの上から見えなくなって欲しいかのように。

レックスには彼の気持ちがよく分かった。いとこ達の多くが子供を持つようになり、中には日本人と中国人のハーフもいる。だから少々退屈でも、いとこ達の多くは中国の伝統的なレッドエッグアンドジンジャーのように盛大なパーティを開いて、生まれた子を「お披露目」していた。家族の大多数は日系アメリカ人なのだが。

レックスはかがんで、ゲストブックに自分の名前を書いた。新しいタイトなドレスは腹筋の辺りまで切れ込みが入っていて、布地は背筋を横切るようにピンと張っていた。トリッシュに説得されて買ったこの流行りのドレスは、レックスのスポーティなシルエットをいくらか曲線的に見せたが、コルセットを付けているようで動くのがむずかしい。前から持っているルースフィットのドレスを着ればよかった。「料理はどう?」こんなに騒々しい集まりの中で唯一価値のあること。ビーチの方がよかったな、とレックスは思った。

「まだ出てこないんだ」

「なーんだ。おばあちゃんの機嫌がまた悪くなるわね」

チェスターは顔をしかめ、真っ赤なカーテンがかかった壁と、巨大な金色のドラゴンの壁掛けがある広間の隅を指さした。「あそこにいるよ」

「サンキュー」そう、チェスターはよく分かっていた。レックスと同じだ。パーティに着いたらすぐ、祖母が自分に気づく前に挨拶に行くこと——そうしなければ祖母は機嫌を損ね、レックスの名前はクリスマスが終わるまで「無視リスト」に貼られるだろう。

レックスは振り向き、そして立ち止まった。かわいそうなチェスター。あのつまらないテーブルの後ろで、体だけ大きい彼は、ポツリと取り残されていた。いとこ達の中では、レックスに対していつも笑顔を向け、冗談を言うのが彼だった。

「座りたいんじゃない? 少しの間、私がここでテーブルの番をしてもいいわよ。何か食べ物を持ってくるのを忘れないでね」彼にウィンクした。

チェスターは歯を見せて一瞬ニヤッと笑い、顔の周りの疲れジワが普通の笑いジワまで広がった。「嬉しいけど、俺のことは心配するな」

「本当に大丈夫?」

「ああ、妹が何か持ってきてくれるよ——子供達はみんな、あいつのテーブルにいるから、俺の分も十分にある。だけどレックス、その気配りが嬉しいね」

「私にも同じようにしてくれるじゃない」

丸テーブルの間を小刻みに進んでいくうちに、レックスは椅子から突き出た金属製の脚につま先をぶつけてしまった。大人数の親戚一同を収容するため、レストランの中はテトリスのゲームのように椅子とテーブルで一杯になっていた。一旦みんなが腰かければ、箸のように細い人でもその隙間を通れない。それに、レックスは体脂肪十八%のアスリートで、箸のように細くはなかった。

中国人のウェイターは、まさにこの時を選んで食事を運び始めた。

黒いパンツと白いボタンダウンのシャツを身につけ、大きな丸皿を頭の上まで持ち上げて、キッチンに入る戸口を隠す派手な間仕切りの後ろから列を成している。レックスが叔父と叔母の間の一〇センチの隙間を押し分けようともがいているというのに、どうやったらそんなことができるのか、彼らは混雑した中をするすると通り抜けていく。レックスが逃げられないことが分かっているかのように、ウェイター達はワシのように襲いかかってきた。

レックスは、豚トロと親指サイズのタコの蒸し煮をのせたお皿を持った痩せたウェイターをかわした。別のウェイターは、大皿で彼女の目をえぐるところだった。レックスは、かがんで椅子を突き出し、叔父と叔母らの冷たい視線を浴びた。

そうして、テーブルの海からドラゴンの壁掛け近くの広い空間へと追い立てられた。流砂から脱出したような気分だった。祖母は恐ろしい金色のドラゴンの前に立って、パーティの主役である新しい孫娘を抱き揺らしていた——変だ、お尻の右側をかばっているように見える。赤ん坊の顔は、壁にかかった布地のように赤くほてっていた。三○センチ先に見えるドラゴンの狂ったような緑の目が怖かったのだろうか。

「こんにちは、おばあちゃん」

「まあレックス。ちょっと遅かったわね」

本心——もちろん正当な言い訳があるんでしょうね。

レックスは嘘をつこうかとも思ったが……。身を守るために嘘をつくべきなのだろうか。それはさておき、祖母の目は狙撃者よりも鋭かった。「ごめんなさい。グラスバレーボールをやってたら、時間を忘れちゃって」

注意深くラインを入れた赤い唇がへの字になった。「あなた、スポーツのしすぎじゃない? そんなにいつも汗をかいてたら、男が寄りつかないわ」

今も汗をかいているのだろうか? 車から出る前に、フルーティなボディースプレーを振っておいて助かった。

「かわいいドレスだわ、レックス」

どうしたらそんな風にできるのだろう? たくさん孫がいるのに、祖母は必ず服装に目を留めた。レックスはと言えば、自分は裸じゃないことだけは分かっている。「ありがとう、トリッシュが選んでくれたのよ」

「いとこの結婚式で着てた、ダラダラしたみっともないのよりずっといいわ」

レックスは歯を食いしばった。(祖母を敬いなさい。水玉模様のビキニで祖母の前に出るような話題に口をはさんじゃダメ)

「ところでレックス、今日はとてもお嬢様っぽくていいわね。友達の息子さんなんだけど、会ってもらえないかしら」

(ああ、まただ)「英語は話せる?」

祖母はすっくと立ったが、それでもレックスの方が祖母を見下ろしているのが少し滑稽だった。「もちろんよ」

「ちゃんと仕事をしてる人?」

「してるわよ。レックス、その態度は——」

「クリスチャン?」

「それが何だっていうの?」

レックスは素直に目を大きく開けた。「宗教の違いから離婚することは多いのよ」

「結婚しろ、とは言ってない。会って欲しいだけよ」

(嘘だ)「心配してくれるのはありがたいけど、自分の相手は自分で見つけます」レックスは歯にナイフの刃が入っているように笑った。祖母がこのように押しつけがましく言う時、レックスは他のいとこ達より肝がすわっている。

「心配してるんじゃないの。だけどデートにも行かないから——」

(その話はやめて)「この子がチェスターの姪?」ピルズベリー・ドゥボーイのような赤ちゃんのお腹をくすぐりながら、レックスの声は一オクターブ上がった。赤ん坊が声を上げた。

「あらぁ、何て可愛いの。それに大きいわ、楽しそうね。おばあちゃんがあなたを見せびらかしてるのね。写真と同じぐらい可愛いわ。レッドエッグアンドジンジャー・パーティは楽しい? じゃ、おばあちゃん、席に戻るわ。またね」

祖母に一言も返す隙を与えず、レックスは大勢の親類の中へと去っていった。第一段階完了。祖母は交戦状態に入っていたが、「デート」や「結婚」のようなしつこい言葉のために空気がよどむ前に、退陣が始まった。

次は親友であるいとこ達を探す時間だ——トリッシュ、ビーナス、ジェニファーが、彼女の席を確保してくれていた。レックスは、物理的に祖母から最も離れた、独身のいとこ達みんなが座っている後ろの方に向かった。

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

キャミーのニュースレター

私のEメールニュースレターにサインアップしてください。ウェルカムメールが2, 3回送られた後、1ヶ月に1回のペースでメールが届きます。時々日本語ではないメールが届くと思いますが、お許しください。

“配信を確認してください。” のメールを送ります。 メッセージの中にある確認リンクをクリックして、あなた本人であるかどうかを確かめて下さい。大変申し訳ありませんが、“配信の確認をしてください。” のメールは英語になります。

* が必要です。

メールの配信を中止されたい方は、メールの下にある「購読中止」リンクを使うか、camy@camytang.comまでメールをください。

個人情報保護方針: 私はあなたの個人情報を尊重しています。Eメールアドレスを含めた個人情報は、第三者に開示・提供しません。

マーケティングプラットフォームにメールチンプを使っています。下をクリックして購読することにより、あなたの情報がメールチンプに送られて処理されることを了承します。メールチンプによるプライバシー保護の実践についての詳細は、こちらです。

Read Japanese Sushi for One ひとり寿司を読む


I will be blogging the entirety of the Japanese version of Sushi for One on my blog! If you know any Japanese women who enjoy reading romance fiction, please do let them know about my blog!

Since I’m still learning Japanese, some of the text might be broken up abruptly, so please forgive me. I will post links to each of the parts here as they are posted on my blog.

I hope you enjoy the Japanese version of Sushi for One!

「ひとり寿司」をブログに連載します!

私は日本語の学習者なので、文章が途中で切れているようなところがあったらごめんなさい。

印刷物とイーブックにはふりがなが振ってありますが、ブログに掲載するものはふりがながありません。

各回のストーリーのリンクをブログに載せる予定です。

「ひとり寿司」をお楽しみに!

ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

第1章
パート1

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

キャミーのニュースレター

私のEメールニュースレターにサインアップしてください。ウェルカムメールが2, 3回送られた後、1ヶ月に1回のペースでメールが届きます。時々日本語ではないメールが届くと思いますが、お許しください。

“配信を確認してください。” のメールを送ります。 メッセージの中にある確認リンクをクリックして、あなた本人であるかどうかを確かめて下さい。大変申し訳ありませんが、“配信の確認をしてください。” のメールは英語になります。

* が必要です。

メールの配信を中止されたい方は、メールの下にある「購読中止」リンクを使うか、camy@camytang.comまでメールをください。

個人情報保護方針: 私はあなたの個人情報を尊重しています。Eメールアドレスを含めた個人情報は、第三者に開示・提供しません。

マーケティングプラットフォームにメールチンプを使っています。下をクリックして購読することにより、あなたの情報がメールチンプに送られて処理されることを了承します。メールチンプによるプライバシー保護の実践についての詳細は、こちらです。

Tuesday, July 13, 2021

Japanese language learning process in more detail

I blogged a few weeks ago that I’ve jumped back into my Japanese language learning after being lazy and letting it slide. I’ve been keeping my Japanese language study habit for about a month now, and I wanted to blog about my process in more detail.

One thing I had noticed about my Japanese is that I tended not to do it if I left it to do at the end of the day. I realized that it was just like my exercise—if I didn’t do it first thing in the morning, it never got done. So I started doing my Japanese right after my exercise in the morning. I treated it like one of my “frogs,” as I read about in the book Eat That Frog!: 21 Great Ways to Stop Procrastinating and Get More Done in Less Time.

The book is based off of a Mark Twain quote: “Eat a live frog first thing in the morning and nothing worse will happen to you the rest of the day.” It suggests doing your “frogs”—your important things that you’re likely to procrastinate doing—first thing in the morning in order to get it done, and it talks about how you can discipline yourself to do it.

I’m terrible at forming good habits. I have to really work at it. So I defined my four “frogs”—exercise, home chores, Japanese language, my daily Bible reading. Then I started doing my “frogs” right when I work up. 

My Japanese language study became part of that frog-eating routine. It suddenly became much easier to make sure I do my Japanese language study each day, and I’ve been extremely consistent.

My Japanese language learning process:

Not sure if this will be useful to someone, but here’s what I did when I first started learning Japanese (again).

I took Japanese classes in high school and one year in college, so I wasn’t starting from zero, but I had forgotten a lot. So I had gotten the Genki I: An Integrated Course in Elementary Japanese and Genki II Japanese language learning textbooks, which were more current than the books I had used in college, and went through them. (A free alternative is the Tae Kim Grammar Guide website.)

I started WaniKani.com at the same time to learn my kanji. It’s a paid subscription website, but the first 3 levels are free, which is one school years’ worth of kanji. WaniKani is actually quite fun for me, but the problem with WaniKani is that you don’t have control over the timing of when you study kanji or vocabulary. You’re stuck studying it in the order of the website software. Since I was adding kanji and vocabulary from my Genki textbooks, I wanted to be able to study them with flashcards.

When I was in college, we didn’t have smartphones (OH THE HORROR) or the plethora of useful phone and desktop apps, so I was really glad to find the Anki flashcards app (it’s free for the desktop, but the mobile app costs money). What’s more, there were tons of user-made flashcard decks so I didn’t have to make them myself.

For kanji, I used the All in One Kanji deck, and for vocabulary, I used this Core 10k deck. When I came across a kanji or word in Genki, I’d tag them in the deck (usually with the Genki lesson number) and then create a Custom Study deck to learn only the cards I’d tagged. I also created another Custom Study deck to review only the cards with those tags.

That way I could study only the cards I wanted to study. For that reason, I ended up using Anki more than WaniKani, but I kept my WaniKani subscription because I used their mnemonics stories to learn the kanji and vocabulary, and edited the cards to add my mnemonics hints.

(Other Japanese users have mentioned that they use Kitsun.io, which is an SRS website so you can study flashcards just like Anki. I never used it since I already had been using Anki by the time I found out about it, but it has a very nice interface and also various community decks, which include kanji and a 10k vocabulary deck called “10k - Kitsun optimized” (you can search for 10k in the Community decks). Unfortunately it’s a subscription service while the desktop version of Anki is free.)

I also found kanji meaning mnemonics hints at Kanji Koohi. You have to sign up for an account, but it’s free to join. The study method on that website is the Heisig method, but I chose not to use it because it focuses solely on kanji meanings and you don’t learn the kanji readings.

As a supplement to the Genki textbooks, I was fortunate to also find a website to allow flashcard study of grammar points, Bunpro.jp. Like WaniKani, it costs money to subscribe, but you get the first 30-days free after you create your account, and since the website is still growing, they’re offering a 40% discount, but they’ll increase the price as they add more content. At the moment, the beginner levels are pretty much complete (JLPT 5 and 4) and they’re adding content to the higher levels.

Bunpro has each grammar point as a flashcard where you type in the answer to complete the Japanese sentence. Each grammar point has several flashcard sentences so you don’t just end up memorizing the particular sentence. Each grammar point lists website articles where you can read more about it, and it also references popular Japanese textbooks, including Genki and Tae Kim’s Grammar Guide.

However, 18 months ago I slacked off on my Japanese study when I started having IBS issues, so about a month ago I picked it up again. I had a ton of flashcard reviews backed up, but in the book Atomic Habits: An Easy & Proven Way to Build Good Habits & Break Bad Ones, the author talks about how habits are more likely to stick if you can make it easy, so at first, I limited myself to the bare minimum for my language learning. In Anki, I made Custom Study decks of kanji to review cards by grade level, so I wouldn’t be overwhelmed and so that I would be able to review the cards I missed in a timely interval. So I first reviewed all the grade 1 kanji until they were done, then grade 2, etc. I only did about 30 cards a day at first. It was an easy, doable number of cards to review and it made it easy to stick to the habit.

I also went back to WaniKani and started doing those reviews, too, even though many of them were duplicates of what I was reviewing in Anki. But WaniKani also tests on vocabulary, and a part of me just really wants to finish all the WaniKani levels eventually, since I’ve paid for the subscription service. As with Anki, I limited myself to 30 cards a day at first, since I had hundreds of WaniKani reviews in my queue.

For Bunpro, I reset all my JLPT levels back to zero and started over again, learning only 5 grammar points a day so my reviews were low in number and so that I could really be sure I learned each grammar point completely, including some of the nuances I had missed the first time (I’d often forget if I needed to add a particle or not). When the grammar points get harder, I’ll reduce it to 2 grammar points a day, which was recommended by a user on the WaniKani forum boards who used Bunpro to study for the JPLT N3 and N2 tests.

One thing I also started doing, which I hadn’t done before, was read the forum boards at WaniKani and Bunpro. The Atomic Habits book recommended gathering around yourself people who share your interest so that i’ll help you stick with your habit, so reading and participating in the forums is an easy way to do that.

In reading the forums, I found a really intriguing study method that I started doing. Basically, when learning and reviewing kanji with his Anki flashcards app, this user would also write each kanji 10 times, and as he wrote each one, would repeat out loud the readings (kun-yomi and on-yomi) and the meaning.

It was to see if there was an alternative to using mnemonics to learn kanji, and to also learn the readings in a way that helped the brain recognize the sounds. He also discovered that he could better see pattens in kanji with the same kun-yomi readings, which helped him learn new kanji with the same reading but a nuanced meaning, which I thought was fascinating.

I decided to try this, since the user said that he learned the kanji much better this way and didn’t forget them as quickly. I printed out 1.3cm genko youshi graph paper, which is paper especially for grade school children to practice writing kanji. I used a fountain pen since I was going to be writing a lot, and I tend to press more lightly when using a fountain pen, so it’s easier on my hands.

In Anki, for each kanji I reviewed, I wrote it out on the genko youshi 10 times, and each time I recited out loud the readings and meaning. For the All in One Kanji deck, you can download and install a font to have the cards display the stroke order, but I tend to refer to the Jisho.org website. The stroke diagrams there are actually much easier to follow.

I discovered that I pay more attention to the radicals when writing out each kanji, and it really helped especially when there were two kanji with similar radicals and only a slight difference between them. I’ve also started learning the correct stroke order, which makes it easier to look up kanji in Jisho.org by writing it if I need to.

Also, I’m spending more time per kanji since I’m writing it out and repeating the readings. I still also use my mnemonics stories to help me remember them, but I’ve found that the number of cards I miss each day has gone WAY down. When I study a card this way, I remember it much, much better.

The tradeoff is that I don’t study as many kanji flashcards as I used to in the same amount of time. But since I have fewer missed kanji, I also have fewer cards to review each day than I would just reviewing the flashcards normally.

One other tip I learned from the Bunpro forums is to use the Anki Custom Study option to review missed cards at the end of every day. I created a Custom Study deck that lets me review the cards I missed in the last day or two, and I review them quickly just before bed (actually, on my phone while I’m in bed and before I lie down). It’s usually only about 10 kanji each night, sometimes less.

The book Atomic Habits also suggests a reward system to make a habit more enjoyable, and I also read in a forum board that in addition to studying grammar and vocabulary, it’s good to expose yourself to more difficult media to expose yourself to the language more.

So I went looking on Bookwalker.jp and discovered that they have lots of free sample books in Japanese. They’re only the first couple chapters of different light novels and manga, but I was able to get these samples for the genres of books I’m most interested in, shoujo fantasy/pseudo-historical romances. My aim is to read a large volume of content, and it might as well be my favorite genres and tropes rather than things I don’t particularly enjoy, such as graded readers.

I don’t understand absolutely everything I read, but that’s okay since I’m going for exposure to as much printed material as possible. I did find that after just an hour, the reading became much easier and I started remembering vocabulary I saw a few times. The manga is easier to read than the light novels, but since my goal is to read light novels eventually, I spent time on both.

I also began adding about 5 minutes of more in-depth translation of a sentence or two of a light novel I have been dying to be able to read, Migawari Hakushaku no Bouken 身代わり伯爵の冒険, or The Adventures of the Substitute Count. It’s a pseudo-European historical romantic comedy and it looks really cute, although I’ve only read the scanlated manga version, and the light novel is not translated into English. (I bought the ebook at Bookwalker.jp, where it’s very inexpensive.)

I tag the vocabulary and kanji in Anki with a “Migawari” tag, and I have Custom Study decks to learn/review the kanji and words I read in Migawari. I don’t understand everything since the grammar is still beyond my level half the time, but with the help of Deepl.com machine translation, I get the general gist of the text, which is fantastic! I can finally read this book I’ve been wanting to read for years! I’m also learning new kanji and vocabulary specific to the book, so it’ll slowly be easier to read as I continue.

Since I started, I’ve increased my Japanese language time from 30 minutes to 1 hour, then 1.5 hours. Sometimes I’ll go up to 2 hours, but that’s only if I’m feeling motivated.

In Anki, I’ve finished reviewing all the kanji for grades 1-3, and I’ve also reviewed kanji from higher grades that were in the Migawari book. I’m starting on the kanji for grade 4 next.

I have also finished all the reviews that had piled up in WaniKani and I started doing the lessons again, at first only 5  day, but then I increased it to 10, then 15, and now 20. I’m about to unlock the next level.

In Bunpro, I’m still only learning 5 grammar points a day so that the number of reviews I have is low and so that I can be sure to really learn each grammar point. I’m about to finish JLPT 5 and start JLPT 4.

So far, I’m only reviewing the grammar I learned in Genki I and II. When I get to JLPT 3 in Bunpro, I’ll have to start using a textbook again. I bought An Integrated Approach to Intermediate Japanese (2 CD-ROM), Revised Edition, which is supposed to be a good book to use after you finish Genki II. (When I bought it, I also bought the book that’s usually recommended for after AIAIJ, which is Tobira.)

This is my current Japanese language learning routine. I probably could cut out the WaniKani reviews since it’s not absolutely necessary, although I still do use the website to add mnemonics stories to my Anki deck. But the stubborn completionism part of me wants to complete the WaniKani levels, especially since I’ve already paid for the subscription. Plus the extra/duplicate reviews help me remember the kanji better.

So why am I learning Japanese? Originally it was to read Japanese light novels that haven’t been translated into English, but lately I’ve been wondering if I’ll get proficient enough to be able to translate my blog posts and newsletters into Japanese. It would be really neat. Also, as more of my books get translated into Japanese, I’ll get more website visitors who only speak Japanese, so it would be nice if they could read my blog posts and newsletters.

I don’t know for sure if I’ll get to that point, because learning new things is hard for me now that I’m past 40. But I’m going to give it my best shot! I hope this blog post helps someone also thinking of learning Japanese.