Skip to main content

Posts

Showing posts from February, 2023

Camille Elliot's February newsletter

My Camille Elliot (Christian Regency Romantic Suspense) newsletter went out last week, but in case you missed it, the link is below. In my newsletter this month, I posted a link to a recipe for Sol’s favorite seed cakes from Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer as well as a blog post for the cover character for that book. I also posted information about a new tier on my Patreon. Click here to read my Camille Elliot newsletter for February.

ひとり寿司第29章パート3

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** スピーカーの音は爆発音のように大きく、レックスのジューッという頭痛もこの音に合わせて爆発した。早く話し終わってくれたらいいのに。 「今日の礼拝に来てくれてありがとう。神様の恵みがありますように」 (やっとだ) アイクは、礼拝堂の後ろにあるソーシャルホールにレックスをエスコートした。そこには、明らかに独身者グループが集まっていた。若者たちは空いている小さいスペースに入っていった。そのうちの数人は確かに若かった。この子たちは何歳ぐらいなんだろう? レックスは突然、自分がかなり年上である

Romans 15:13

This verse was recommended by a member of my Facebook Group . I love how this verse not only reminds me to trust God, but also to be positive despite the things causing me stress in my life and to not let things get me down. How has this verse spoken to you?

ひとり寿司第29章パート2

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** ********** 「何でだよ?」エイデンは、力んで二頭筋カールをもう一セット繰り返した。 「俺はお前の召使いじゃないぞ。自分で教会に来い」スペンサーは、バーベル三頭筋プレスのエクササイズのためベンチに乗った。 「だけど、君はどうせ行くんだろ。ちょっと見ててくれ、って頼んでるだけで、ボディーガードになれとは頼んでない」エイデンはフリーウエイトをおいた。 「じゃあ何で、自分で来ないんだ?」 「彼女に見られたら、どうなるんだよ」 「メガチャーチ(大規模のプロテスタント教会)

Rich Seed Cake recipe w/ sourdough discard

When I first wrote the prologue scene between Laura and Sol in Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer , I threw in that bit about Sol’s favorite seed cakes just on a whim. I had looked up different pastries in an old 1800 cookbook and chose those at random. However, I got a lot of mileage out of those seed cakes. Sol mentioned his fondness for seed cakes in The Gentleman Thief , and the seed cakes showed up again for a team meeting in Lady Wynwood’s Spies, volume 3: Aggressor . I found a Regency-era recipe for Pound Seed Cakes , which I thought were exactly like the cakes that Laura’s cook makes for the team meeting in book 3 of my series. But I also wanted to find a recipe that was unusual enough that my character Sol would consider it his favorite, and so I tried the Rich Seed Cake recipe from the same book. The recipe is on page 114 of a book published in 1800, The Complete Confectioner; or, Housekeeper’s Guide by Mrs. H. Glass and Maria Wilson. If you click on the link, you

Camy Tang's February newsletter

My Camy Tang (Christian Contemporary Romantic Suspense) newsletter went out last week, but in case you missed it, you can click on the link below to read it. This month, I posted about a “blog post extra” for the first book in my Sonoma series, Deadly Intent . Click here to read my February Camy Tang newsletter

ひとり寿司第29章パート1

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** 29 それは、本当に良い考えだったのだろうか? 違う、どうしてだろう? しかし、もしかしたら何とかなるかもしれない。彼女は違った。聞いてみることに、何の害があるだろう? 彼女をデートに誘うつもりなら、急がなくては。残っているのはレッグプレスだけ。煮え切らない時間が長すぎた。マシーンに座っている彼女は、何を見るというわけでもなく、大きな窓から外を見ていた。チャンスは今だ。「それでレックス——」 「どんなところで女の子に会うの?」レックスは振り向いて、エイデンを見た。 彼は瞬

What are you crafting today?

I’m still working on the arm-warmers (called muffatees or manchettes in the Regency and Victorian eras) that are featured in my books, Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer and Lady Wynwood’s Spies, volume 5: Prisoner . They’re almost done! I should be able to post the pattern soon. They’re based off of a manchette pattern and a lace pattern found in two antique knitting books published not many years after the Regency period. Are you crafting anything today?

Follow Camy on BookBub

Follow my author profile on BookBub! You’ll get an email from BookBub whenever I have a new ebook release and when my books are ever featured there. Click here to go to my Camille Elliot page on BookBub.

A new tier in my Patreon

I started my Patreon for my fans and for people who didn’t want to buy my books on Kindle. My patrons get each new ebook 2-3 weeks early for only $3 (which is usually the newsletter-only price), and they only get charged when I release a book, not every month. At the moment, I’m releasing my Christian historical romantic suspense series, Lady Wynwood’s Spies. But after I finish that series, I’ll be releasing my Christian contemporary romantic suspense series, the Warubozu Spa Chronicles, and those in my Patreon will be able to get those books early, too. I just added a new $1.00 tier for fans who would prefer to read my books in Kindle Unlimited or buy the Kindle ebook, but just want to support me. Click here to read more about my Patreon. Thank you so much for reading my books!

ひとり寿司第28章パート2

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** キッチンテーブルの上にごちゃごちゃと置かれている食べ物を見つけた。フルーツが入ったお皿は、すでに子供たちがめちゃくちゃにしていたが、新鮮なマグロの刺身は、巻き寿司の隣にきれいに並んでいた。天ぷら鍋から取り出したばかりのもち粉チキンは、まだ湯気が立っていて、祖母の自家製たくあんが、その隣の小皿に置かれている。 「わあ、叔母さんか誰かが、エビの天ぷら作ったんだわ」トリッシュはエビの天ぷらを紙皿に取った。 レックスはお皿をつかんだ。ここに来た唯一の理由。祖母ですら、美味しい日本食を食べていると

Year of the Dog serial novel, chapter 9

I’m posting a Humorous Christian Romantic Suspense serial novel here on my blog! Year of the Dog is a (second) prequel to my Warubozu Spa Chronicles series. Year of the Dog serial novel by Camy Tang Mari Mutou, a professional dog trainer, is having a bad year. While renovating her new dog kenneling and training facility, she needs to move in with her disapproving family, who have always made her feel inadequate—according to them, a job requiring her to be covered in dog hair and slobber is an embarrassment to the family. She convinces her ex-boyfriend to take her dog for a few months … but discovers that his brother is the irate security expert whose car she accidentally rear-ended a few weeks earlier. Ashwin Keitou has enough problems. His aunt has just shown up on his doorstep, expecting to move in with him, and he can’t say no because he owes her everything—after his mother walked out on them, Auntie Nell took in Ashwin and his brother and raised them in a loving Chris