Skip to main content

Lady Wynwood #7 early release Kickstarter

I worked on my first Kickstarter and it got approved! It’s for the Special Edition Hardcover of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and the release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. I contacted my graphic designer about the Special Edition Hardcover of vol. 1: Archer—it’s going to be SO beautiful! The Kickstarter focuses on the Special Edition Hardcover, but it’ll also include vol. 7: Spinster so that it’ll sort of be like a launch day for vol. 7, too. A third special thing that’ll be in the Kickstarter is Special Edition Paperbacks of all the books in the series. They won’t be available in stores, just in the Kickstarter (and later, from my website, and also in my Patreon book box tiers if I decide to do them). The Kickstarter is not live yet, but you can follow it to be alerted when it has launched. (You may need to create a free Kickstarter account.) Follow Camy’s Kickstarter

ひとり寿司第28章パート2




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


キッチンテーブルの上にごちゃごちゃと置かれている食べ物を見つけた。フルーツが入ったお皿は、すでに子供たちがめちゃくちゃにしていたが、新鮮なマグロの刺身は、巻き寿司の隣にきれいに並んでいた。天ぷら鍋から取り出したばかりのもち粉チキンは、まだ湯気が立っていて、祖母の自家製たくあんが、その隣の小皿に置かれている。

「わあ、叔母さんか誰かが、エビの天ぷら作ったんだわ」トリッシュはエビの天ぷらを紙皿に取った。

レックスはお皿をつかんだ。ここに来た唯一の理由。祖母ですら、美味しい日本食を食べているときは文句を言わない。

「ヘーイ、レックス」リチャードの陽気な声が聞こえると、レックスの肩は硬くなり、あごはこわばった。

そうだ、用心深くなって正解——後ろにいる痩せた背の低いアジア系の男は、食べ物をじろじろ見ていた。

「レックス、紹介するよ。僕の友達の……」

食いしん坊は返事をしなかった。リチャードは肘で彼をつついた。

「はいはい」食いしん坊は、目を上げて彼女を見ようともしない。「食べてもいい?」

「エペソ」のリストに加えること:(礼儀正しいこと)

食いしん坊は、ブルドーザーで進んでいくように、白いご飯で作ったおにぎりとスパム入りのおにぎり、いなり寿司を片付けていく。邪魔をしないよう、レックスは横にどいた。もちろん、将来のボーイフレンドには食事を楽しんで欲しいが、適切なマナーがないのは問題外だ。

「リチャード、どこでこんな人たちと知り合いになるの?」レックスはわざと大きい声で言った。あの食いしん坊は気づきもしない。

リチャードは早口で言った。「そいつらは僕の友達——」

「ヘーえ、友達って、何回会えば友達になるの? アパートの中で一番よく使う場所はキッチンだ、って言うのと同じね」

「おい、僕だって時々は料理するぞ」

「三回のうるう年に一回だけでしょ。何? このデートゲームで拒否された人たちのパレードは」

リチャードの「無邪気な」顔を見ると、いつも疑いがあおりたてられる。彼は肩をすくめた。「言ってる意味が分からないな」

「もうやめて。一体おばあちゃんに何て言われたのよ」

リチャードは偉そうに、ムースで固めた髪の毛をなでた。「お前と違って、僕は祖父母といい関係を保ってるからね」

レックスは鼻先で笑った。

「おしとやかね」

「レックス、イナワラさんの甥っ子さんに会いにいらっしゃい」背が高く青白い日本人の男の子を後ろに従えて、祖母がキッチンに入ってきた。

トリッシュは、ステーキを口にくわえた犬より早く、キッチンから出て行った。食いしん坊も、差し迫った紛争を察知したのか、彼女についてその危険区域から出て行った。

「レックス、こちらはデレック」祖母は、感じが良く、虫も殺さぬ顔つきで、彼の腕を引っ張り、前に突き出した。

レックスは歯ぎしりした。彼の叔母さんがちょっと気に入らないのだが、会うだけだったら害はない。もしかしたらいい人かも——

彼が近づいて来ると、その臭いに襲われ、吐きそうになった。リチャードですら、咳払いをして一歩下がった。祖母は嗅覚をなくしてしまったに違いない。この男はすごく臭い。

「くっさー! あなた、最後にシャワーに入ったのはいつなの?」レックスは、ミスター悪臭をさえぎろうと腕を伸ばした。

「何のこと?」脇の下の臭いをそっと嗅いだ。

彼が突然動いたので、また臭気の波に押しつぶされた。「ウガッ、朝ごはんが食べられなくなっちゃう。おばあちゃん、今度は最低でも、清潔な人にしてくれる?」

怒りに満ちたうなり声が、戸口からキッチンの方へ響いている。祖母の友人で、ミスター悪臭の叔母が——そこに立っていた。青くなり、震えている。ミスター悪臭の叔母は、レックスのスポーツに対する興味は女性らしくないとか、いつも意地の悪いことを言うので、レックスは別に動揺もしなかった。

「いらっしゃい、デレック。帰るわよ」ミスター悪臭の叔母は、方向転換して出ていった。

ミスター悪臭は、くるりと回ってついていったが、その動きのために、体臭が染み込んだ微風がレックスの方に流れてきた。彼女はお腹を押さえ、リチャードは咳き込んだ。

「どこが悪いって言うのかしら?」祖母のうめき声は、怒鳴るより大きく響き渡った。

「あの……」リチャードの目は、火花が散りそうににらむ祖母から、犠牲者のレックスへとそれていった。大股で一歩後退し、部屋から逃げた。臆病者。

「おばあちゃん、お友達の息子をけしかけないでくれる? 一体何人いるの?」

「あの子たちのどこが悪いの? あなたは先のことを考えていない。それが問題なのよ」

「あの子たちは、大学の試合のチケットが欲しいから、私を追いかけてるだけなのよ。それって、先を考えてることになる?」

「それはね、彼らがあなたと同じぐらいスポーツが好きだって意味なの。付き合ってみれば、もっとよく分かるわ」

「私のダサ男メーターにひっかからない人には、まだ会ってないわ」

「その偏見をなくさなきゃ」祖母の頬は、化粧の下で赤くなってきた。

「どんだけ偏見をなくせばいいの?」レックスは誰もいない戸口と、出て行ったばかりのミスター悪臭を指で差した。

「何でそこまで選り好みをするのか」祖母はレックスの胸に指を突き出した。

「アメリカ人じゃなきゃいけない、クリスチャンじゃなきゃいけない——」

「やめて、また同じことを言わせないで。信仰は私にとって大事なの」

「どうしてクリスチャンじゃないといけないのかしら? あなたと子供を養っていけるなら、問題ないんじゃないの?」

祖母の話は後継ぎにまで飛んでしまった。「そうよ、それが問題なの。これはね、完全に個人的な問題よ」

祖母は手ぶりを添えて話し始めた。「私が知ってるクリスチャンの男の子は、つまらない子ばかりよ。あなたは絶対そういう子たちと付き合いたいと思わないわ」

レックスは、これに対して何と言えばいいのだろうか? 確かに、脈が腕からロケットのように急上昇するようなクリスチャンの男の子に会ったことはない。しかし、それを祖母に知らせるつもりはない。「このことについては意見を変えないわ。クリスチャンじゃなきゃダメなの」

「理不尽ね」パーマをかけ、染めた祖母の髪の毛から湯気が上がってくるのが見えそうだった。

「私が理不尽?」レックスは両手を放り出した。

祖母は唇を閉じ、目は黒い炎で光っていた。「私はね、あなたの助けになりたいの」

「おばあちゃん、私の恋愛生活は、私の問題よ」

「いいわ」祖母は上品に曲がり、戸口へ歩いていった。「素晴らしいクリスチャンの男の子が見つかるといいわね」ドラキュラのような暗い表情をレックスに向けて、敷居に立った。「私が言ったことは変わりません。マリコの結婚式までにクリスチャンのボーイフレンドがいなかったら、翌日からあなたの女子チームへの資金は切ります」

「あの子たちは、ただの女の子——」

「それから、私を騙そうとしないでね。ボーイフレンドかどうかは、見たら分かります」祖母は出ていった。なかったものと言えば、黒いマントのようなものがドラマチックにヒラヒラしなかったことだ。

レックスは、キッチンのカウンターにもたれかかった。腕を固く組み、手の震えをしずめた。何故、祖母にやり込められなくてはならないのだろう? 今となっては、ボーイフレンドのふりをして欲しい、とエイデンに頼むこともできない——クリスチャンではないことを公言しているから。

いずれにしても、彼のことを考えるべきではない。彼を好きになれば、状況はもっと複雑になるだろう。宗教の違いは——彼女の信仰と、彼の無信仰——親密な関係を揺るがすのがおちだ。彼の石けん、モミ、ジャコウのにおいと魔法の手が、彼女の判断力を曇らせていた。

また振り出しに戻ってしまった。

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

「戌年」連載小説 第10章

キャミー・タング著「戌年」連載小説 プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。 犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。 アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか? しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。 アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。 マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか? 過去に発表されたパートへのリンクはこちら。 *** 第10章 - 赤いブーゲンビリアの低木 「マリ、ごめんなさい。」 マリは、答え機でラナの後悔に満ちた声を聞いて、犬の餌の袋を落としそうになった。 「あなたのこの犬の施設の計画に、私が最も支援的ではなかったことを知っ

Psalm 139:14

Dear God, Thank You for the comfort and joy this verse brings! You created me personally and made me exactly how I am. You have made me beautiful and wonderful, and my soul longs for you. Amen 親愛なる神よ、 この聖句がもたらす慰めと喜びに感謝します!あなたは私を個人的に創造し、私のありのままの姿を造ってくださいました。あなたは私を美しく、素晴らしいものとしてくださり、私の魂はあなたを待ち望んでいます。 アーメン

Lady Wynwood #7 early release Kickstarter

I worked on my first Kickstarter and it got approved! It’s for the Special Edition Hardcover of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and the release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. I contacted my graphic designer about the Special Edition Hardcover of vol. 1: Archer—it’s going to be SO beautiful! The Kickstarter focuses on the Special Edition Hardcover, but it’ll also include vol. 7: Spinster so that it’ll sort of be like a launch day for vol. 7, too. A third special thing that’ll be in the Kickstarter is Special Edition Paperbacks of all the books in the series. They won’t be available in stores, just in the Kickstarter (and later, from my website, and also in my Patreon book box tiers if I decide to do them). The Kickstarter is not live yet, but you can follow it to be alerted when it has launched. (You may need to create a free Kickstarter account.) Follow Camy’s Kickstarter

Join Camy's brand-new Patreon!

My Patreon is now live! Thank you so much to those of you who have followed and subscribed to my Patreon! I hope you're enjoying Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster so far. For those who missed the announcement, I now have a subscription on Patreon where you can read chapters of my next book ahead of the ebook publication. You can subscribe to the tiers and receive more benefits in each higher tier. I put together a very PINK comparison chart so you can see the benefits available. Patreon is also a bit like a Facebook group in that you can comment on my chapters and my posts. Feel free to post reactions or ask questions, although I reserve the right to decline to answer if it would be a spoiler. :) To celebrate the launch, I’m offering something special. All patrons will receive “Bidding on Treason,” an exclusive, limited-availability short story starring Lena, whom you met in The Gentleman Thief , and who appears in Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster . However,

Toilet seat cover

Captain’s Log, Supplemental Update August 2008: I wrote up the pattern for this with "improvements"! Here's the link to my No Cold Bums toilet seat cover ! Okay, remember a few days ago I was complaining about the cold toilet seat in my bathroom? Well, I decided to knit a seat cover. Not a lid cover, but a seat cover. I went online and couldn’t find anything for the seat, just one pattern for the lid by Feminitz.com . However, I took her pattern for the inside edge of the lid cover and modified it to make a seat cover. Here it is! It’s really ugly stitch-wise because originally I made it too small and had to extend it a couple inches on each side. I figured I’d be the one staring at it, so who cared if the extension wasn’t perfectly invisible? I used acrylic yarn since, well, that’s what I had, and also because it’s easy to wash. I’ll probably have to wash this cover every week or so, but it’s easy to take off—I made ties which you can see near the back of the seat. And

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th

Keriah's Narrow Crescent Scarf

In my series Lady Wynwood’s Spies, my character Keriah is more emotional than her friend Phoebe, and so when writing about her in Lady Wynwood’s Spies, volume 6: Martyr , naturally I described her scarf as having more lively colors than the greens and blues that Phoebe favors. I didn’t really have a particular yarn colorway in mind when I wrote the scene, but when looking through my stash to knit her scarf, I found the Carnival colorway in Knit Picks Chroma Twist Fingering, and it was absolutely perfect for her. Chroma Twist Fingering is discontinued, but you could knit this in Chroma Fingering or any other color-transitional yarn. In the Regency era, a tri-color 3-ply yarn like Chroma Twist Fingering would probably not have been sold in shops, but it also may not have been completely unheard of. It is made by simply dying the wool rather than the finished yarn, and then the dyed wool would be split into 3 parts and each part spun into a single ply, before all three plies

A List of my Free Blog Reads

Curious about what my writing is like? Here’s a list of all my free books and the free short stories, novellas, and novels that you can read here on my blog. I’ll update this post as I add more free reads. Christian Humorous Romantic Suspense: Year of the Dog (Warubozu Spa Chronicles series, Prequel novel) (Currently being posted monthly on my blog as a serial novel) Marisol Mutou, a professional dog trainer, finally has a chance to buy a facility for her business, but her world is upended when she must move in with her disapproving family, who have always made her feel inadequate. When she stumbles upon a three-year-old missing persons case, security expert Ashwin Keitou, whose car she accidentally rear-ended a few weeks earlier, is tasked with protecting her. However, danger begins to circle around them from people who want the past to remain there. Can they shed light on the secrets moving in the shadows? Christian Romantic Suspense: Necessary Proof (Sonoma series #4.1, n

Camy’s new Patreon is live!

My Patreon is now live and you can subscribe to my tiers! Each tier gives you benefits every month, such as: Early access to the rough draft chapters of my next book so you can read ahead of the ebook publication Early access to the rough draft chapters of my next book so you can read ahead of the ebook publication A complimentary .epub copy of the ebook when it's completed and before it's published on Amazon Early access to bonus extras about my books and cover reveals Your name in the acknowledgments section of my books Audiobooks (for now, AI-narrated but with human narration coming soon, and early subscribers will help choose the voice actor) Curated Book Boxes with Special Editions of my paperbacks Zoom calls The chance to choose the name and description of a character in a short story Here’s a look at the benefits in the different tiers: Patreon is also a bit like a Facebook group in that you can comment on my chapters and my posts. Feel free to post reacti