Skip to main content

Posts

Showing posts from November, 2022

Camy Tang's November newsletter

My Camy Tang (Christian Contemporary Romantic Suspense) newsletter went out this week, but in case you missed it, the link is below. In my newsletter this month, there’s an update on my personal life and publishing schedule, and I also linked to a blog post about what the TV show Supernatural has to do with GONE MISSING, the 6th book in my Sonoma series Click here to read my Camy Tang newsletter for November. I also forgot to post the link for the October newsletter, so you can click here to read it.

Year of the Dog serial novel, chapter 7

I’m posting a Humorous Christian Romantic Suspense serial novel here on my blog! Year of the Dog is a (second) prequel to my Warubozu Spa Chronicles series. Year of the Dog serial novel by Camy Tang Marisol Mutou, a professional dog trainer, is having a bad year. While renovating her new dog kenneling and training facility, she needs to move in with her disapproving family, who have always made her feel inadequate—according to them, a job requiring her to be covered in dog hair and slobber is an embarrassment to the family. She convinces her ex-boyfriend to take her dog for a few months … but discovers that his brother is the irate security expert whose car she accidentally rear-ended a few weeks earlier. Ashwin Keitou has enough problems. His aunt has just shown up on his doorstep, expecting to move in with him, and he can’t say no because he owes her everything—after his mother walked out on them, Aunt Nell took in Ashwin and his brother and raised them in a loving Chri

Happy Thanksgiving!

Camille Elliot's November newsletter

My Camille Elliot (Christian Regency Romantic Suspense) newsletter went out this week, but in case you missed it, the link is below. In my newsletter this month, there’s an update on my personal life and publishing schedule, and I also announced the release of my new book, Lady Wynwood’s Spies 4: Betrayer ! Click here to read my Camille Elliot newsletter for November. I also forgot to post the link for the October newsletter, so you can click here to read it.

ひとり寿司第25章パート1

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** 25 「ミミに聞いてみよう」 「ええっ?」ベッドに横になりながら、レックスは痛む背中の後ろに置いてある枕を動かす手を止めた。「冗談だよね?」 ビーナスは携帯を出した。「あの子、何年か前に車の事故に遭った時の傷痕、全然ないよね。火傷がひどかったじゃない、あの時。あなたの水膨れをどうしたらいいか、聞いてみよう」 あのいとことは、クラスタシアン・レストランでゲス野郎のジョージを盗まれて以来、会ってなかった。 「だけど、ミミよ。あなたも好きじゃないと思ったけど」 「他にいい考え、

Join Camy's Patreon!

At the moment, I’m releasing all my books in Kindle Unlimited, which requires my books to be exclusive to Amazon. However, I wanted to accommodate readers who prefer other ebook distributors and also reward my fans who might like my books a little ahead of schedule. ​So I started a Patreon where patrons will get BookFunnel links to download my latest ebooks about 2-3 weeks ahead of the release date. The ebook files are DRM-free and BookFunnel is great about helping you to load it onto your ebook reader or phone/tablet or computer. My Patreon is “per creation,” which means you won’t be charged every month. You will only be charged when I’ve posted a new book. For example, if I post a book on April 15th, you’ll be charged on May 1st. But if I don’t post a book in May, you won’t be charged on June 1st at all. This is because with my health problems, and since some of my books are over 100,000 words each, I’m not able to write a book a month, and I certainly don’t want to charge my

ひとり寿司第24章パート2

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** ********** どうして月曜日はもっと早く来ないのだろう。 バイコディンが完全に切れてしまった後、骨にしみる痛みが戻ってきた。最悪の週末だった。 月曜日の朝、ビーナスの運転で医者に行った。レックスは待合室の椅子にゆっくり座った。 隣に座っていた女性は、レックスの顔を見てびっくりした様子だった。二日間シーツを噛み、CPMマシーンの動きとともにズキズキする膝を抱えながら、枕に汗を浸み込ませた後、レックスは電子レンジで温められた死神のように見えたのだろう。 「レックス・坂井さ

How can I pray for you?

Photo credit: lalalime.blogspot.com 日本語訳は下をご覧ください。 I got hit by a really bad IBS flare-up just when I had been starting to feel better! I’ve been trying to finish book 5 in my Regency series, Lady Wynwood’s Spies , but I’ve been feeling so sick lately that I haven’t been able to get as much done as I’d like. Please continue to pray for my health! When I’m feeling well, I’m so excited to write my series, but when I’m feeling poorly, I don’t get much writing done at all. Lord, thank You for always being with us through all our struggles and trials. Please grant us Your peace so that we can act according to Your will and please You in all we do. Amen How can I pray for you today? Please leave me your prayer requests! Prayer requests can sometimes be private things, so to keep your privacy, I’ve made a form you can fill out that will keep your requests just between you and me. Also please be sure to fill out the form again to update me if you sent me a prayer request in the

ひとり寿司第24章パート1

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** 24 トイレに行きたい。 手術台の上で何時間寝ていたのか知らないが、レックスは天井を見つめ、すっかり目が覚めていた。寝袋の中で寝そべっているビーナスの小さいいびきは、CPMマシーンが足を曲げ伸ばしするリズミカルな機械音と呼応しているようだ。 かわいそうなビーナス。あのネズミのことについて尋ねる余裕もなく(あの後、まだ見かけていない)、レックスのために全てを整えた後、疲れ果てて倒れ込んだ。今、彼女を起こすことはできない。 マシーンが足を曲げると、頭がかべにぶつかった。ベッドのバカ。