Skip to main content

ひとり寿司第25章パート1




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


25



「ミミに聞いてみよう」

「ええっ?」ベッドに横になりながら、レックスは痛む背中の後ろに置いてある枕を動かす手を止めた。「冗談だよね?」

ビーナスは携帯を出した。「あの子、何年か前に車の事故に遭った時の傷痕、全然ないよね。火傷がひどかったじゃない、あの時。あなたの水膨れをどうしたらいいか、聞いてみよう」

あのいとことは、クラスタシアン・レストランでゲス野郎のジョージを盗まれて以来、会ってなかった。

「だけど、ミミよ。あなたも好きじゃないと思ったけど」

「他にいい考え、ある?」

レックスはまたCPMマシーンを始動させ、徐々にひいてきた水膨れから波のように打ち寄せる痛みのために、顔をしかめた。「ないかもね」

ビーナスは電話をかけた。初めは少しとげとげしい話し方だったが、うまくいった。「ミミ、これから来るって」

「どうせ、私がひどい状態なのを見て、ほくそ笑むために来るんでしょ。期待しないことにする」

「スープを温めるわ。あなた、三日も食べてないでしょ」

レックスは枕にもたれた。CPMマシーンは左足ではなく、右足だけを動かしている——だから、仕事のために悪くなった脊椎の下の方がさらにひどくなった。

携帯が鳴った。「リチャード、何の用?」

「お気に入りのお兄さんに向かって、その言い方はないだろ」

「切るから——」

「待った、待った。行ってもいいか?」

警笛が鳴った。「何で? 病人のうちなんて来たことないでしょ」

「実は、友達と——」

「友達って? リチャード、私ね、手術したのよ」体を伸ばして、背中の痛みを和らげようとした。

「大丈夫か? 出血は?」

「三日間ゲロってる」

「ああ」間が空いた。「だけど、やっぱり連れていってもいいか?」

レックスは電話をパチっと閉じた。

ビーナスは、電子レンジのタッチパッドを押した。「最近、よく男を紹介してくるわね」

「そうなの。訳が分からない。多分おばあちゃんの差し金かも」

「だけど、おばあちゃんは彼の弱みを握ってないでしょ。どうしておばあちゃんの言うことを聞くのかなあ?」

「確かに」

生ぬるいチキンヌードルスープを半分食べ終わった頃に、ドアベルが鳴った。「ミミ、もう来たのかしら」もう一口、すすった。

ビーナスがドアを開けた。

背の低いアジア系の男の子が立っていた。ビーナスを見ると、礼儀正しそうな微笑みを輝かせた。ガラスのような目をしている。「やあ、ベイビー——」

「あなた、何の用?」ビーナスは手を腰に当てた。

「冷たいなあ。せめて『何かご用ですか』って言った方が——」

「もっとクリエイティブなことを考えたらどう? あなた、誰?」

「ベン・シュー」

ビーナスが肩越しにレックスをチラッと見ると、頭を横に振って肩をすくめていた。ベンは、ビーナスから目を離さない。

「悪いけど、知らないわ」ビーナスはドアを閉め始めた。

「母がここに行け、って言うから」

ビーナスは、ただ彼をにらんでいる。レックスはその顔を見てみたいと思った。

ベンの目は、またボーッとしてきた。「なんてきれいな目なんだろう——ダメ、ダメ、閉めないで——!」

ドアの向こう側から聞こえてくる彼の声は、消されて小さい。「手術したレックス・坂井さんの手伝いに来たんだけど」

ビーナスはドアをバンと開けた。「何て言った?」

「道を下りて行ったところのアパートに住んでるんだ。レックス、僕の母が君のおばあさんから聞いたんだよ。何か手伝いが要るかもしれないって」

(ええ?)「結構よ」というより、まさか。レックスは、彼の高そうな服と、レックスに話しかけている時もビーナスから目を離さないことに気がついた。

すると、また別の姿が戸口に見えた。「レックスいる?」

「ハーイ、エイデン」

ベンとは対照的に、エイデンの目はビーナスをかすめもせずに、中をのぞき込んでレックスに笑いかけた。「気分はどう?」

「エイデン、入って」ビーナスは彼の腕をつかみ、中に引っ張った。「だって、あなたたち、付き合い始めてしばらく経つもんね」

レックスとエイデンがビーナスをじっと見ると、ビーナスは、まだ戸口に立っているベンにさっと身振りで合図しながら、意味ありげにチラッとエイデンを見た。

「彼氏なの?」やっとベンは、ビーナスの顔から目を離した。

「レックスのおばあさんは、彼氏がいるなんて全然、言ってなかったけど」目が細くなった。

レックスは、全てのエネルギーを注ぎ込んで、絶望的な表情をエイデンに向けた。

エイデンはベンの方を向いた。「ああ……そうだよ。付き合ってる」アパートの中に入り、段ボール箱の間を通り抜けて、持っていた小さい花束をレックスに渡した。ベンの陰険な表情が彼を追った。

レックスは笑い、歯の隙間からささやいた。「キスして」

彼は仕方なく彼女の肩に手を置いて、唇に軽くキスした。レックスは、ギクッとしないように集中した。意外と悪くなかった。彼は、石けん、モミ、ジャコウのにおいがした。

エイデンはすぐにレックスの肩から手を離したが、その低く深い声が彼女の耳に聞こえた。「君、本当にさわられるのがいやなんだね」

その言葉を聞いてリラックスした。彼がそれを分かっていて、説明する必要がないからだろうか。「男性の場合だけね」彼女は息を呑んだ。「気にしないで」

その表情を見れば、エイデンは理解していること、そして、それ以上何も言う必要がないことが分かった。

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

キャミーのニュースレター

* が必要です。

私のEメールニュースレターにサインアップしてください。私からのウェルカムメールが数通届き、その後は月に1通程度のメールが届くことになります。申し訳ありませんが、時々ニュースレターが日本語になりません。私からのメールのフッターにある配信停止のリンクをクリックするか、camy@camytang.com。いつでも変更することができます。

“配信を確認してください。” のメールを送ります。 メッセージの中にある確認リンクをクリックして、あなた本人であるかどうかを確かめて下さい。大変申し訳ありませんが、“配信の確認をしてください。” のメールは英語になります。

個人情報保護方針: 私はあなたの個人情報を尊重しています。Eメールアドレスを含めた個人情報は、第三者に開示・提供しません。

当社では、マーケティングプラットフォームとしてMailchimpを使用しています。以下をクリックして購読することで、お客様の情報が処理のためにMailchimpに転送されることをご了承ください。Mailchimpのプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。

Comments

Popular Posts

Happy Thanksgiving!

Year of the Dog serial novel, chapter 7

I’m posting a Humorous Christian Romantic Suspense serial novel here on my blog! Year of the Dog is a (second) prequel to my Warubozu Spa Chronicles series. Year of the Dog serial novel by Camy Tang Marisol Mutou, a professional dog trainer, is having a bad year. While renovating her new dog kenneling and training facility, she needs to move in with her disapproving family, who have always made her feel inadequate—according to them, a job requiring her to be covered in dog hair and slobber is an embarrassment to the family. She convinces her ex-boyfriend to take her dog for a few months … but discovers that his brother is the irate security expert whose car she accidentally rear-ended a few weeks earlier. Ashwin Keitou has enough problems. His aunt has just shown up on his doorstep, expecting to move in with him, and he can’t say no because he owes her everything—after his mother walked out on them, Aunt Nell took in Ashwin and his brother and raised them in a loving Chri

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th

GONE MISSING and the TV show Supernatural

I admit that my husband, Captain Caffeine, and I really liked the TV show Supernatural . We started watching the episodes from season 1 on syndication on cable TV and just got completely hooked. I’m not a huge horror fan, but my husband likes to watch it occasionally, and I ended up liking the show because it had so much humor and tongue-in-cheek moments. I liked that it simply didn’t take itself all that seriously, which made for entertaining TV (despite the monsters). So while I was writing my romantic suspense, Gone Missing , I admit I might have been a little bit influenced by Supernatural . Those of you who have read my blog already know that I completely suck at coming up with character names. I was staring at my computer, trying to find a name for a minor character, when I had the brain fart breakthrough to use the names of the characters from Supernatural . Bwahahahahahahaha! At last count, there are about 33 references to Supernatural in Gone Missing , although a co

Camy Tang's November newsletter

My Camy Tang (Christian Contemporary Romantic Suspense) newsletter went out this week, but in case you missed it, the link is below. In my newsletter this month, there’s an update on my personal life and publishing schedule, and I also linked to a blog post about what the TV show Supernatural has to do with GONE MISSING, the 6th book in my Sonoma series Click here to read my Camy Tang newsletter for November. I also forgot to post the link for the October newsletter, so you can click here to read it.

Year of the Dog serial novel

About Year of the Dog : A month or two ago, I remembered an old manuscript I had completed but which hadn’t sold. It was a contemporary romance meant for Zondervan, titled Year of the Dog . The book had gone into the pipeline and I even got another title ( Bad Dog ) and a cover for it, but eventually my editor at the time decided she didn’t want to publish it, for various reasons. She instead requested a romantic suspense, and so I cannibalized some of the characters from Year of the Dog and thrust them into the next book I wrote, which was Protection for Hire . Honestly, I didn’t take a lot from Year of the Dog to put in Protection for Hire , aside from character names and a few relationship ties. I was originally thinking I’d post Year of the Dog as-is on my blog as a free read, but then it occurred to me that I could revamp it into a romantic suspense and change the setting to Hawaii. It would work out perfectly as (yet another) prequel to the Warubozu series and introduce

Grace Livingston Hill romances free to read online

I wanted to update my old post on Grace Livingston Hill romances because now there are tons more options for you to be able to read her books for free online! I’m a huge Grace Livingston Hill fan. Granted, not all her books resonate with me, but there are a few that I absolutely love, like The Enchanted Barn and Crimson Roses . And the best part is that she wrote over 100 books and I haven’t yet read them all! When I have time, I like to dive into a new GLH novel. I like the fact that most of them are romances, and I especially appreciate that they all have strong Christian themes. Occasionally the Christian content is a little heavy-handed for my taste, but it’s so interesting to see what the Christian faith was like in the early part of the 20th century. These books are often Cinderella-type stories or A Little Princess (Frances Hodgson Burnett) type stories, which I love. And the best part is that they’re all set in the early 1900s, so the time period is absolutely fasci

Join Camy's Patreon!

At the moment, I’m releasing all my books in Kindle Unlimited, which requires my books to be exclusive to Amazon. However, I wanted to accommodate readers who prefer other ebook distributors and also reward my fans who might like my books a little ahead of schedule. ​So I started a Patreon where patrons will get BookFunnel links to download my latest ebooks about 2-3 weeks ahead of the release date. The ebook files are DRM-free and BookFunnel is great about helping you to load it onto your ebook reader or phone/tablet or computer. My Patreon is “per creation,” which means you won’t be charged every month. You will only be charged when I’ve posted a new book. For example, if I post a book on April 15th, you’ll be charged on May 1st. But if I don’t post a book in May, you won’t be charged on June 1st at all. This is because with my health problems, and since some of my books are over 100,000 words each, I’m not able to write a book a month, and I certainly don’t want to charge my

Camille Elliot's November newsletter

My Camille Elliot (Christian Regency Romantic Suspense) newsletter went out this week, but in case you missed it, the link is below. In my newsletter this month, there’s an update on my personal life and publishing schedule, and I also announced the release of my new book, Lady Wynwood’s Spies 4: Betrayer ! Click here to read my Camille Elliot newsletter for November. I also forgot to post the link for the October newsletter, so you can click here to read it.