Skip to main content

Lady Wynwood #7 early release Kickstarter

I worked on my first Kickstarter and it got approved! It’s for the Special Edition Hardcover of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and the release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. I contacted my graphic designer about the Special Edition Hardcover of vol. 1: Archer—it’s going to be SO beautiful! The Kickstarter focuses on the Special Edition Hardcover, but it’ll also include vol. 7: Spinster so that it’ll sort of be like a launch day for vol. 7, too. A third special thing that’ll be in the Kickstarter is Special Edition Paperbacks of all the books in the series. They won’t be available in stores, just in the Kickstarter (and later, from my website, and also in my Patreon book box tiers if I decide to do them). The Kickstarter is not live yet, but you can follow it to be alerted when it has launched. (You may need to create a free Kickstarter account.) Follow Camy’s Kickstarter

「戌年」連載小説 第8章

キャミー・タング著「戌年」連載小説

プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。

犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。

アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか?

しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。

アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。

マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか?

過去に発表されたパートへのリンクはこちら。

***

第8章 - 恐ろしくも真っ白な不動産書類

『みんな仲良くできないのかな?』

マリは無用に力を込めて箱に本を投げ入れた。最近、なぜ彼女は人生の中で全員と言い争いをしているのだろう?もしかすると、これは本当に悪いアイデアだったのかもしれない。

でも、後悔するには少し遅すぎた。彼女の家はすでに売れていた。小規模ビジネスローンの資格も得ていた。そして今夜、その放棄された学校の不動産を買うための書類にサインをする。

もう引き返せない地点を通過していた。

玄関のドアをノックする音がして、それが開く音がした。「こんにちは?」

ああ、いやだ。「おじさん、待って!」ペッパーの首輪を掴みながら、彼女は叫んだ。ペッパーは前へと飛び出し、吠えまくった。

60ポンドほどの神経質な犬に動じることなく、ハービーおじさんは開いたドアの前で一時停止し、ドアノブに手を置いた。「ねえ、君の犬が君のファイナンシャルアドバイザーやリアルターを噛んだら、その不動産は手に入らないよ。」

彼の背後で、ヴィおばさんが彼の肩越しにマリを覗きながらくすくす笑った。「ペッパーを別の部屋に入れて、マリ。私たちは待ってるわ。」

彼女はペッパーの吠える体を廊下でレスリングしながら、彼が後ろ足で彼女に対して力を入れてもがく間、彼女は彼を引きずった。しかし、ハービーおじさんが廊下の角を曲がって視界から消えると、彼は多少落ち着きを取り戻し、彼女が彼を予備の寝室に入れるのを許した。

「彼がそれをやめるように訓練してると思ってたよ」と、彼女がリビングルームに戻るとおじさんが言った。

「ううん、あのままでいいかな。もし誰かを噛んだら、私が持ってるものすべてを訴えられる喜びがあるからね。」

「彼はいい番犬みたいね」とヴィおばさんがコメントしながらリビングルームを横切り、彼女のバッグをコーヒーテーブルに置いた。「でも、デートはちょっと難しいかもね。」

「うん、彼が男性ではなく女性に吠えてくれたらもっと楽だったのにね。次にシェルターから犬を救う時は、そのクレイジーリストの履歴書を求めようかな。」とマリは言った。

ヴィおばさんは笑顔で、しかし一時も止まることなく、真っ白でむしろ怖いほどの書類の山を広げた。「始めましょうか。準備はいい?」

マリは一瞬停止した。

「お湯を沸かそうか?」とハービーおじさんが言った。

「え?」

「君の冷えた足を温めるためさ。」

「おじさん…」と彼女は彼の肩を軽く叩いて叱ったが、彼はただ笑った。

「責めないわ」とヴィおばさんは言った。「お母さん、喜ばないものね。」

マリはため息をついた。「彼女もあなたに電話したの?」

「今日だけで5回よ」と彼女は言った。

「本当? 私には一回だけだったけど。」

「まあ、お母さんのことはいいの。これはあなたの選択、彼女のではないわ。」とおじさんが言った。

そう。それはそうだった。これは彼女の母親の決定でも、ラナの決定でもない。彼女の決定だ。「ペンを取ってくるわ。」

彼女のおばさんは、署名とイニシャルをする必要のあるすべての場所を説明した。そして気づいた時には、すべてが終わっていた。

彼女はソファに座り返った。何かが反気候的に感じられた。しかし、彼女は天国の合唱団がハレルヤコーラスを歌っていることを期待していたのだろうか?

それとも、もっと適切にはダース・ベイダーのマーチングテーマか。いや、これについては前向きに考えなければならない。彼女が施設を立ち上げたら、既に多くのクライアントが彼女の拡張サービスに興味を示していた。この新しい人生の方向性は成功するだろう。

ハービーおじさんが咳払いをした。「それで、この家を約一週間で出なければならないけど、あなたの施設はまだ住むのに十分な改装がされていないよね?どこに滞在するつもり?」彼は彼女に尋ねるのがほとんど緊張しているように聞こえた。

「すでに犬を飼えるアパートを借りるためにハウジングマネージャーと話をしたんだ。クライアントの家からはちょっと遠いけど、ペッパーがいるから、これが最善策だと思う。施設の改装が終わるまでのことだし」

「ワヒアワの場所はどう? あなたの施設やクライアントからそんなに遠くないはずだよ」

彼女は元気を出した。「それは素晴らしいわ。どこ?」もしかしてヴィおばさんが不動産屋の繋がりで何か見つけてくれたのかしら?

「えっと…お母さんのところに泊まることを考えた?」

バ・ダム バム それは彼女の顎が床にぶつかる音だった。「冗談でしょ?」

「ちょっと聞いてよ」とおじさんが言った。「あなたとお母さんとの間はすでにギクシャクしてる」

「だからこそ、なぜ私が—」

「この家を買ったときのことを考えてみて」

彼女がお母さんに逆らった人生で二度あるうちの一度。ハービーおじさんのアドバイスに従い、祖母からの遺産を学生ローンの返済ではなく、家の頭金に使った。お母さんの家を出る。

お母さんは、お金の使い方よりも彼女が出て行くことにもっと怒っていた。

「わからないわ」マリは首を振った。「私が犬のビジネスを本格的にやるって決めたこと、お母さんは嫌ってる。本当にもう一度家に戻ることを望んでくれると思う?」

おじさんは頷いた。「望むと思うよ。お前が出て行ったとき、彼女は嫌っていたからな」そしてそれを知っているのは、お母さんの兄である彼だ。

「それに、お母さんは他人がどう思うかにとても気を使ってるからね」とおばさんが言った。「娘がアパートを借りるよりも家にいた方がいいって知ったら、どう思うか想像してみて」

ママにとって、マリの職業に対する想像以上の恥ずかしさよりも、もっと傷つくことかもしれない。ママの絶え間ない批判は、水が石に対して行うように、彼女の心に穴を開けていた。本当に家に戻り、そのトクトクという音を数ヶ月も耐えることができるだろうか?それとも、その滴りは親の家の下でダムが決壊するような激しいものになるだろうか?

「たくさん頼んでいるのはわかっているけど、彼女は君のママだ。そして心の底から君を愛しているんだ」とおじさんが言った。

実際、マリにはそれが信じられた。しかし、その愛の一滴と共に、失望の停滞した池があった。「彼女は家に私を欲しがるかもしれないけど、同時に欲しがらないだろう」

「いや、間違っている」とおじさんは言った。「彼女は君が家にいることを望むが、君をコントロールもしたがる。それは違うことだ」

それは意味があった。もしかすると、ママの拒絶は実際にはマリを操るための方法だったのかもしれない。そして、マリがそれを心の中でそのように考えた時、彼女は母親のコントロールを試みるのを何の問題もなく抵抗できると知った。

そうだ。彼女の犬たちは彼女をコントロールしない──彼女が犬たちをコントロールする。

えっと…ママが犬だというわけではないけれど。

彼女はため息をついた。「わかった。聞いてみるよ」

「いい子だ」とおじさんが言った。

結局のところ、彼女の母親は彼女に断ってくれて、好意を示してくれるかもしれない。

***

もし興味があれば、私の教会では日本語の礼拝をストリーミングで見ることができる。

Comments

Popular Posts

Interview with Fantasy author Willamette Sutta

Adamant in Dust by Willamette Sutta Stones of power and one princess to save them all. The Far Stone Endurant is broken, and a prophecy foretells doom… She should have been the chosen princess to deliver them. But Pergi can’t love Prince Teyrnon, and that's a deal-breaker. Pergi has prepared all her life to become the ruler that her father wants. Without sons, he knows she could only retain the throne if she marries the neighboring prince, combining their kingdoms. Yet the same prophecy that calls for the reunification also warns that they must join by love. Supplanted by her younger sister in this sentiment, Pergi waits with ill grace for Sadira to marry Teyrnon and steal her birthright. No one expects that Sadira would do a runner on her wedding day. What starts as an impromptu rescue of the wayward bride leads to a desperate struggle against a deadly foe. The dark lord Malchor ensnares Sadira in his opening bid to gain all the Far Stones of power. With them, he wi

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th

Last chance for Camy’s Patreon bonuses

Thank you to everyone who subscribed to my Patreon! I hope you enjoyed the chapters of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster  that I posted the last few weeks. (For those who missed the announcement, I now have a subscription on Patreon where you can read the chapters of my next book ahead of the ebook publication. In order for you to get a taste of my Patreon, I’ve posted the Prologue and Chapter 1 of Lady Wynwood's Spies, volume 7: Spinster  for my newsletter subscribers to read for free.) Roundup of what happened on Patreon: Last week, I posted a bonus extras post about Easter Eggs from Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer  and volume 7: Spinster . Be sure to chime in if you watched Fullmetal Alchemist or any other anime! I also recorded a video —which was super scary, let me tell you, because I had NO clue what I was doing! Check it out, and at the very least, you'll have a good laugh. This week is your last chance to subscribe and receive “Bidding on Tr

Lacy Red Bolero knit pattern

I’ve been trying to get rid of yarn in my stash this year. I came across these two red yarns that look similar but are slightly different. I didn’t have enough of one yarn for a scarf, and while I had enough of the second yarn for a scarf, I have TONS of scarves. So I decided to use both yarns to make a lacy bolero that I can wear over tank tops to make them into T-shirts (it’s still a little chilly here in California, not quite tank top weather). I wrote down the pattern here. I based it off of the Anthropologie-Inspired Capelet pattern by Julia Allen . This is a good pattern to use if you have between 250-300 yards of a worsted/Aran weight yarn, or between 150-200 yards of a worsted/Aran weight yarn and about 90-100 yards of another yarn to use for the ribbing and edging. I think this might look really good with a contrasting color for the ribbing. The yarns I used were a wool worsted/Aran weight (I’m not sure since I got it when my mom cleaned out a friend’s house for her, b

Earthquake in San Jose

Captain's Log, Supplemental Some of you might have heard about the 5.2 earthquake in San Jose last night. Just to let you know, we’re okay. The house started shaking, and after 17 years in California, I know by now to run for a doorway. The shaking was over in a few seconds. No big deal. Not even a broken plate or glass. A couple CDs fell off my shelf, nothing else. Even before the shaking completely stopped, I’m standing in the doorway to my office like a good Californian, and I see Captain Caffeine walk into the foyer! “What are you doing? You’re supposed to be under a desk!” “Uh ... I was keeping the cabinets from falling.” (Translation: he was holding the cabinets closed so the glasses wouldn’t rain on the kitchen floor, which in hindsight was thoughtful of him, but I’d rather have glass over the floor instead of a ceiling tile falling on his head!) My friend Dineen lives closer to the epicenter, so I called to see how she was. Everything was fine at her house. “In fact,” she s

Toilet seat cover

Captain’s Log, Supplemental Update August 2008: I wrote up the pattern for this with "improvements"! Here's the link to my No Cold Bums toilet seat cover ! Okay, remember a few days ago I was complaining about the cold toilet seat in my bathroom? Well, I decided to knit a seat cover. Not a lid cover, but a seat cover. I went online and couldn’t find anything for the seat, just one pattern for the lid by Feminitz.com . However, I took her pattern for the inside edge of the lid cover and modified it to make a seat cover. Here it is! It’s really ugly stitch-wise because originally I made it too small and had to extend it a couple inches on each side. I figured I’d be the one staring at it, so who cared if the extension wasn’t perfectly invisible? I used acrylic yarn since, well, that’s what I had, and also because it’s easy to wash. I’ll probably have to wash this cover every week or so, but it’s easy to take off—I made ties which you can see near the back of the seat. And

Irrational loves

Captain's Log, Stardate 10.09.2007 Today I went to lunch with my friend Dineen, and afterwards, we headed into Borders just to browse. Borders has this section full of cute little notebooks. Small ones, big ones, colored paper ones, you name it. They also have pens and wallets and zippered bags and iPod cases. I must have spent at least thirty minutes just going ga-ga over the stupid little notebooks! What is it with notebooks and me? I can count the number of them that I’ve actually filled on the fingers of one hand. I have them all over the house, most with only a page or two written on, and an entire BOX of new ones in my closet. And I keep coveting more! This thing with notebooks is completely irrational. I cannot understand it, and I cannot stop it. I also cannot seem to fill them with any speed. And considering how much I like to talk, that’s pathetic. I should at least be able to spout nothings enough to fill a few. But when I open it to write inside, a part of my brain sud

Frogs

I know I blogged about this on my Writing Diary Blog , but I don’t think I blogged about this here. I read a few writing and productivity books, and I’ve been trying to form better daily habits. The problem is that my self-discipline is very bad. As in, embarrassingly bad. One of my goals has been to form a better writing habit. Since I’m a full-time writer, I already write every day, but I think there are things I can do to tweak my schedule so that I can be able to focus better when I write. I tend to get distracted by the thought of things I need to do that day which I haven’t done yet. I don’t know why my brain is like this, but I haven’t been able to break this tendency. So for example, while I’m writing, I’ll suddenly think about the fact that today’s the day when I need to change the bathroom towels, or mop the kitchen floor, or change the bedsheets. It’ll distract me for a few moments before I tell myself I’ll do it later and I need to focus on writing now. Then a few

Join Camy's brand-new Patreon!

My Patreon is now live! Thank you so much to those of you who have followed and subscribed to my Patreon! I hope you're enjoying Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster so far. For those who missed the announcement, I now have a subscription on Patreon where you can read chapters of my next book ahead of the ebook publication. You can subscribe to the tiers and receive more benefits in each higher tier. I put together a very PINK comparison chart so you can see the benefits available. Patreon is also a bit like a Facebook group in that you can comment on my chapters and my posts. Feel free to post reactions or ask questions, although I reserve the right to decline to answer if it would be a spoiler. :) To celebrate the launch, I’m offering something special. All patrons will receive “Bidding on Treason,” an exclusive, limited-availability short story starring Lena, whom you met in The Gentleman Thief , and who appears in Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster . However,