Skip to main content

「戌年」連載小説 第8章

キャミー・タング著「戌年」連載小説 プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。 犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。 アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか? しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。 アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。 マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか? 過去に発表されたパートへのリンクはこちら。 *** 第8章 - 恐ろしくも真っ白な不動産書類 『みんな仲良くできないのかな?』 マリは無用に力を込めて箱に本を投げ入れた。最近、なぜ彼女は人生の中で全員と言い争いをしているのだろう?もしかすると、これは本当に悪いアイデア

「戌年」連載小説 第7章

キャミー・タング著「戌年」連載小説

プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。

犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。

アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか?

しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。

アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。

マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか?

過去に発表されたパートへのリンクはこちら。

***

第七章 - レッドゾーン

三ヶ月後

ペッパーは、まるで斧を持った殺人鬼がマリに襲いかかっているかのように吠えた。

実際には、公園の反対側を歩いている、どちらかと言えば怯えて見えるエンジニアタイプの人がポメラニアンを連れているだけだった。

「ペッパー、こっちだよ。」マリは、黒のラブラドールミックス犬を逆方向に引っ張りながら、リードをしっかりと引いた。ペッパーのその男性に対する注目が途切れるまでには数回の引きが必要だったが、一度それが途切れると、マリはレバーの片を使って彼の完全な注意を引きつけた。彼女はそれを閉じた拳の中に保持していたが、ペッパーは手をなめ、その匂いに誘われながらマリとおやつに完全に集中した。

『うげっ。』レバーは猫の吐き戻しのような匂いがしたが、それはまた最も美味しい犬用のおやつの一つであり、ペッパーがリハビリにこんなに抵抗があると、マリは大砲を出さざるを得なかった—この場合は、臭い砲を。

もう一度試してみる。彼女はペッパーを振り返らせ、犬が遠くの男性を見つける瞬間を見守った。ペッパーの状態がさらに高まる前に、彼女は別のレバーのおやつで彼を気を散らした。

今回はタイミングがよかった。ペッパーが男性を横目で見つつも、彼の口と鼻はマリの拳を舐めるのに忙しく、彼が興味を持ち続けるようにレバーの破片を与えた。

「よし、ペッパー。そうだね、遠くの男性は美味しいおやつを意味するんだ。いい子だ。」数分後、もしかしたらペッパーをその男性にもう少し近づけることができるかもしれない。

彼女の携帯電話が鳴った。片手でペッパーを気にかけながら、もう一方の手で電話に出た。「もしもし、ママ。」

「今日、その書類にサインしないで。」

「元気よ、お母さんはどう?ペッパー、つまりあなたの孫犬を訓練してるの。」彼女は孫犬という部分が母を苛立たせることを知っていたが、世界が注目した平手打ちの夜以来、彼らの関係は冷戦状態になっていた。

ペッパーがなめるのを一時停止し、鼻をマリの手から数センチ離して、その男性に目を向けた。彼女は再び彼の顔に拳を突きつけて、彼の注意を食べ物に戻した。

母は孫犬という挑発を無視した。「あなたがその犬の仕事をパートタイムでやるのも十分悪いけど、フルタイムでやったら、人々は何と言うでしょうか?いいえ、これはできないわ。あなたは恥になるわ。」

マリの肩が張った。ペッパーは彼女のイライラを感じ取った。彼の鼻は彼女の手から離れ、背中の毛が逆立ち、目はその男性に集中した。

携帯電話を耳と肩の間で不器用に抱えながら、マリは一方の手でリードを掴み、もう一方の手を彼の鼻の前で振って、レバーの匂いを嗅がせながら見せた。今回は、彼に全部食べさせながら同時に彼をその男性から引き離した。ふう。自分を怒らせたり—少なくともペッパーにそれを感じさせたり—するべきではなかった。

「あなたは全ての男性に吠えるのをやめなくちゃ」と彼女は言いながら、肩から携帯電話を取った。

「私に何て言ったの?」

母の怒った声が彼女の耳に戻ってきた。「ごめんなさい、ママ。ペッパーに話してたの。」

『自分の娘に吠えるのをやめなさい』と言うべきだったかもしれない。少なくとも、母はその場で怒り狂って黙るかもしれない。

「あなたの上司に戻って仕事をもう一度頼んでみなさい。」

「ママ、2ヶ月前に辞めたんだよー、ちょっと遅いって。」

「それなら別の仕事を探しなさい。その廃校を買う書類にサインするなんてしないで。私はあなたにそれをしてほしくないの。」

マリは黙って首を振った。ウィリアムがジェネッサを去った夜、母はマリから何かを望む権利を放棄したのだ。それは最後の一撃だった。あるいは、もっと適切に言うと、犬の背を折る一撃だった。マリは自分で思わず笑ってしまった。

「私のことを笑ってるの?」

「いいえ、ママ。」

母はマリが皮肉を言っているのかどうか考えているのかもしれないと一時停止した。「とにかく、今日その書類にサインするなんてことはしないで。人生で一度くらい、自分のことではなく家族のことを考えなさい。」

その非難は犬の歯のように彼女の肉を裂いた。マリがいかに良い娘であろうとしてきたかを考えると、母にそんなことを非難されるなんて耐え難い。「どういう意味? 私がしていることはほとんどがあなたやジェネッサのためなのに。運転したくないときにはあなたをジャパンタウンに連れて行ったり、食料品の買い物に行ったりしている。ジェネッサが頼むたびに、たとえ突然でも、彼女の子供たちの面倒を見ている。この離婚を乗り越えるために、ジェネッサを手助けするためにできる限りのことをしてきたわ―」

「それはあなたが引き起こしたのよ。」

「いいえ、ウィリアムが引き起こしたの。彼が妻を裏切って家族を捨てたのは私のせいじゃない。」彼女は息を吸い込んで止まったが、リーシュが引っ張られると下を見た。ペッパーは彼女の怒りに反応して踊っていた。

彼女は鼻からゆっくりと息を吐いた。リラックスしなければ。これがペッパーの訓練を台無しにしてはいけない。

「どうやって友達に説明しよう。私の娘がよく給料の出る仕事を辞めて、ペットシャートで働くような、教育を受けていない人みたいに、[動物]とフルタイムで働くことにしたなんて知ったら」

「少なくとも、私はペットシャートで働いてないわ」

「口答えするんじゃない...」

遠くで人影が大きく手を振っている。ラナだ。ありがとう神様。「ごめん、ママ、クライアントが来たわ。バイバイ」

「まだ話し終わってない—」

電話を切って、ポケットに携帯を戻した。「やあ、ラナ—」

「今日、あの書類にサインしてはダメだよ」

マリは一瞬、彼女を見つめた。「ママと話したの?」

「え? どうして彼女と話すの? 彼女は私があなたに悪影響を与えてると思ってるもの」ラナは腰に手を当てた。「聞いて、これは危険すぎるんだ。やめておきなよ」

ペッパーが一連の激しい吠え声をあげた。

男性が9時の方向に。あちゃー、注意が足りなかった。

「さあ、ペッパー」彼を反対方向に向けながら、別のレバーの欠片を探した。

ラナは彼女の横にくっついてきた。「まだ彼の男性への攻撃性を治そうとしてるの?」

「まだ攻撃というわけじゃない—今はただ吠えてるだけ。そして、はい、まだ彼をリハビリしようとしてるの」

「もう3ヶ月だよ—」

「その間に、私は仕事を辞めて、家を売って、廃校を買ったわ。ペッパーの治療にかける時間はあまりなかった」うわ、まるで犬をシャルキュトリーにでもするみたいな話し方だ。

「他のこと全部やってなければ、時間はあったはずよ」ラナは骨を手にしたピットブルみたいだ。

「もしあなたがこの3ヶ月間、これについてずっと議論する必要がなければ、時間はあったでしょうに。」言葉を発した瞬間に、彼女はその言い方を後悔した。しかし、本当に、ラナはこの間ずっと諦めなかった。

「私はただ、あなたのことを一番に考えているだけよ」とラナは防御的に言った。

「どうして、私が夢を追求していることを喜んでくれないの?」

ラナの顔に一瞬何かが過ぎった――それが何だったのか、マリは確信が持てなかったし、見たとしても、それがどのような感情だったのか分からなかった。

目の端に動きがあった――ただの母親とその2人の子供だった。よかった。ペッパーは女性や子供には平気だった。彼らを見て耳を立てたが、歩きながら彼女の側でずっとヒールを続けた。

「考えてみて」とラナは言った。「グローバル・ダイナミクスを辞めて、今、大きな財政的な波紋を起こしながら犬の訓練に飛び込んでいるわ。フルタイムのビジネスに慎重に移行する方法があったはずよ。」

「自分の施設を買うために『慎重に』することはできなかったわ。」

「もっとクライアントリストを積み上げていくことができたはず――」

「いいえ、できなかったわ。仕事の外でクラスを開いたり犬を走らせたりして、すでに時間は最大限に使っていたの。もっとクライアントを取る唯一の方法は、[寝ること]をやめることだった。」

「でも、辞めるなんて――」

「辞めてから、昼間のクラスを始めることができ、仕事の時間のせいで助けられなかったプライベートのクライアントを引き受けることができたの。」

うっ、おっと。彼らの前方わずか10ヤードのところで、男性が公園に入ってきた。とても大きな男性だ。ペッパーの行動は、たいていその男性の身長と彼に対する距離に比例する。この男性にはそれがたくさんあった。

『落ち着け、落ち着くんだ。』マリは、リードを通じて自分のラナに対する怒りや、男性に対する不安をペッパーに伝えないようにしなければならなかった。彼女はレバーのおやつを探したが、ペッパーが男性に気づいてしまったのは早すぎた。

ペッパーは吠えながら、突進した。

マリはリードをしっかり握り、反対方向に引っ張った。彼女はペッパーの鼻先に臭いレバーを振り回してみたが、犬はすでに赤ゾーンにエスカレートしていた。距離を取ること以外に、彼の注意を引く方法はなかった。

ラナは彼女の横を歩きながら、マリが犬と格闘していることに無関心だった。「これは悪いアイデアよ。家を売って得たお金も、貯金も全部失って、その小規模企業向けのローンも返済できなくなるわ。」

ペッパーが急に引っ張ったため、マリの肩に激痛が走った。彼女はペッパーをもっと離れた場所に連れて行かなければならなかったが、ラナの怒りっぽい言葉はマリと彼女のペットの両方を動揺させた。

彼女は鋭く息を吐き出し、ラナを睨んだ。「どうしてそんな態度なの? 私の親友なら、ええと、分からないけど――支援してくれると思ってた。」

ラナは口をぴったり閉じて、鼻を膨らませた。

マリが気づいたのはその光景をほんの一瞬だけだった。彼女はペッパーの注意をレバーで引きつけて、彼を自分の横に座らせることができた。

彼女が顔を上げると、ラナは足早に立ち去っていた。

***

もし興味があれば、私の教会では日本語の礼拝をストリーミングで見ることができる。

Comments

Popular Posts

Bethany House Publishers Cover Survey Invitation

Captain's Log, Supplemental I just got this from Bethany House Publishers: Hello Reader, We at Bethany House Publishers appreciate our readers opinions about the books we publish. Occasionally, we seek your input about upcoming products. Currently, we are conducting a survey about the cover image for an upcoming novel. For your time, we are offering a giveaway in conjunction with this survey. You will be able to choose from ten recent Bethany House novels, and there will be ten winners. Winners will be notified within two weeks. Click here to take the survey, which should take about 10 minutes to complete. Thank you for your participation, and feel free to forward this email on to your friends or link the survey on your website. The survey will be available through Monday, September 17. Thanks for your time and your opinions. We value your feedback. Sincerely, Jim Hart Internet Marketing Manager Bethany House Publishers

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Save the Date - Camy's Patreon launch

My Patreon will launch in 2 weeks! I took all the results of the poll and I have hopefully created fun and appealing tiers. About my Patreon: I'm trying something new for the next 6-7 months. If it works, I'll continue, but if I end up not liking it, I'll stop it in September or October. I will be starting a monthly subscription membership on a new Patreon account. I will be posting the chapters of my current book ( Lady Wynwood’s Spies, volume 7 ) so you can read ahead of when the ebook will be edited and published. My current plan is to post 1-2 chapters weekly. One reason I’m switching things up is that I want to get closer to my readers and build a tighter, more intimate community with you. You can comment on each chapter of my book, give a reaction, ask a question, or even correct mistakes. My books will become a dialogue with you. If you subscribe to my Patreon, you'll be charged monthly and have access to all the benefits for the tier you subscribe to. Th

Toilet seat cover

Captain’s Log, Supplemental Update August 2008: I wrote up the pattern for this with "improvements"! Here's the link to my No Cold Bums toilet seat cover ! Okay, remember a few days ago I was complaining about the cold toilet seat in my bathroom? Well, I decided to knit a seat cover. Not a lid cover, but a seat cover. I went online and couldn’t find anything for the seat, just one pattern for the lid by Feminitz.com . However, I took her pattern for the inside edge of the lid cover and modified it to make a seat cover. Here it is! It’s really ugly stitch-wise because originally I made it too small and had to extend it a couple inches on each side. I figured I’d be the one staring at it, so who cared if the extension wasn’t perfectly invisible? I used acrylic yarn since, well, that’s what I had, and also because it’s easy to wash. I’ll probably have to wash this cover every week or so, but it’s easy to take off—I made ties which you can see near the back of the seat. And

What are you crafting today?

I’m not making anything special, just a ribbed top to match my ribbed skirt. It’s based off of a vintage pattern from the 1940s, but altered for my size. What are you making today? Post a comment!

What are you reading? A Thousand Li

At the moment, I’m reading the Chinese fantasy series, A Thousand Li by Tao Wong, set in a version of historical China. It’s what’s called a “Cultivation” novel where the character does some woo-woo stuff and moves energy around in his body and eventually is able to do some cool magic. I didn’t expect to like this series so much! The first book is a little weaker compared to the next several volumes, but it’s still very enjoyable, and I was hooked pretty easily. I’m listening to it on audiobook, and the narrator, Travis Baldree, is AMAZING! He does the Chinese names really well, and the different voices are fantastic. What are you reading today?

「戌年」連載小説 第8章

キャミー・タング著「戌年」連載小説 プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。 犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。 アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか? しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。 アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。 マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか? 過去に発表されたパートへのリンクはこちら。 *** 第8章 - 恐ろしくも真っ白な不動産書類 『みんな仲良くできないのかな?』 マリは無用に力を込めて箱に本を投げ入れた。最近、なぜ彼女は人生の中で全員と言い争いをしているのだろう?もしかすると、これは本当に悪いアイデア

Matthew 11:28-30

Matthew 11:28-30 Dear God, Thank you so much that we can come to you for help and rest. Help us to learn from you so that all we do is for you. Thank you for helping us with our burdens and that you ask so little in return. In you we can truly find rest in the midst of troubles and worries. Amen マタイによる福音書11章28-30節 親愛なる神よ、 私たちがあなたに助けを求め、休むことができることを心から感謝します。私たちのすることがすべてあなたのためになるように、あなたから学ぶことができるようにしてください。私たちの重荷を助けてくださりありがとうございます。あなたのおかげで、私たちは悩みや心配の中にあっても、心から安らぎを見出すことができるのです。 アーメン

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th