Skip to main content

Lady Wynwood #7 early release Kickstarter

I worked on my first Kickstarter and it got approved! It’s for the Special Edition Hardcover of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and the release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. I contacted my graphic designer about the Special Edition Hardcover of vol. 1: Archer—it’s going to be SO beautiful! The Kickstarter focuses on the Special Edition Hardcover, but it’ll also include vol. 7: Spinster so that it’ll sort of be like a launch day for vol. 7, too. A third special thing that’ll be in the Kickstarter is Special Edition Paperbacks of all the books in the series. They won’t be available in stores, just in the Kickstarter (and later, from my website, and also in my Patreon book box tiers if I decide to do them). The Kickstarter is not live yet, but you can follow it to be alerted when it has launched. (You may need to create a free Kickstarter account.) Follow Camy’s Kickstarter

「戌年」連載小説 第6章

キャミー・タング著「戌年」連載小説

プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。

犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。

アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか?

しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。

アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。

マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか?

過去に発表されたパートへのリンクはこちら。

***

第六章 - 解雇通知

新鮮な空気は彼女の頭を晴らすはずだった。それがさらに混乱させることになるとは。

「パフィ、下!」彼女は声とボディランゲージ、そしてリードに強く引っ張ることで、9ヶ月のジャーマンシェパードの子犬を正した。パフィは、泥だらけの足で彼女の体を上ろうとするのをやめた。

他の4匹の犬も落ち着きがない — おそらく彼女の不安定な感情状態を感じ取っているのだろう。しかし、彼女には仕事がある — 毎朝これらの犬を走らせるために雇われていて、まだ失敗したことはない。

彼女はビーチを軽いペースでスタートし、春の空気を深く吸い込んだ、ケルプとキアウェの低木の香りで満たされている。この早朝、ビーチは漁師で点々としているが、この特定の区間はあまり人気がない — 一度、彼女のおじさんと同じくらいの年齢の天候に耐えた男性が岸辺の釣りを難しくするリーフについて何かを説明しようとしたが、その時彼女は本当に聞いていなかった。だから、一、二人のジョガーと少数の漁師が出ているだけで、それ以外は彼女と彼女の5匹のクライアントの犬たちがほとんど砂浜を独占していた。

昨夜の出来事が彼女の中でまだ沸騰していた。思い出すほどに、彼女は怒りを感じた。なぜウィリアムの不貞が彼女のせいになるのか?ジェネッサの奇妙な結婚がマリの個人的な失敗と何の関係があるのか?なぜそれはいつもそこに戻ってくるのか?

なぜ彼女は家族を喜ばせたいと思うのか、明らかに彼らが彼女をそのままで喜ぶことはないというのに。

「ポイドッグ、ヒール。」彼女は子犬がいつの間にか打ち上げられた、不快な匂いのする海藻の塊に入ろうとするのを正した。

彼女は何をしているのか?犬たちにさえ気を配っていなかった。彼女はペースを上げ、他の犬たちに追いつかせ、匂いを嗅ぐ時間を与えなかった。

彼らはこのビーチでよく走った — 彼女が犬たちと行ういくつかのランの一つだが — しかし彼らはいつも何か魅力的なものを見つけてはそれに気を取られた:犬のマーキング、死んだクラゲ、野良猫の糞。今日、彼らはいつものように彼女の後ろに従順についていかなかった。彼女の内なる混乱が彼女の毛穴を通じて漏れ出し、犬たちはそれを感じ取り、彼らのパックのアルファドッグに弱さを感じ取った。

彼女は深呼吸をし、犬たちに落ち着き強さを示そうとした。

そして、ジェネッサの平手打ちを思い出すと、すべてが崩れ去ってしまう。

彼女の胃はうずき、燃えるような胆汁が喉の奥まで上がってきた。彼女の姉は彼女を憎んでいる。彼女の母親は彼女を責めている。そして、それは彼女のせいではなかった。

母とジェネッサ。彼女はいつも二人を喜ばせようとしていた。

犬の一匹が鳴き、彼女の注意が前にある岩だらけの砂へと戻った。『集中して、バカね!犬たちを制御できなくなってはいけない。これがおそらくあなたが得意な唯一のことだわ。』

結局のところ、彼女が電気工学を専攻したのは、それに情熱を持っていたからではなく、母が何らかの科学の学位を取るように彼女に望んでいたからだ。

しかし、彼女は犬の訓練に情熱を持っていた。そして大学を卒業して1年後、彼女は母親に反抗して認定を受けることで家族から疎外された。彼女の副業が成功していることは彼らにとって重要ではなかった。彼らによれば、犬は不潔で、犬の訓練士は見下される職業だった。彼女は彼らを失望させ、恥をかかせた。

彼女はいつも彼らを失望させているように思えた。

その場合、なぜ彼女はハービーおじさんの犬の施設に関するアイデアを受け入れてそれで突き進まないのだろうか?彼女がフルタイムで訓練に専念することを躊躇した理由の一つは、家族が激怒するからだったが、もう彼女がそれを気にする理由は何だろう

彼らは明らかに彼女のことを気にかけていない、彼女が自分自身についていた彼らとの関係に関する嘘はどうであれ。それは昨夜明らかになった。

でも…今、失業率は高い。どうして安定した仕事を辞めることができるのか?確かに、彼女の会社の支店はあまりうまくいっておらず、解雇される危険があるかもしれないが、今のところ彼女はまだ仕事がある。そして、失業の脅威が現実になるまで、なぜそれを捨てるのか?

彼女は約1時間走った後、自分のSUVに戻り、折りたたんだ後部座席に犬たちを乗せた。彼女はそれから、ノースショア沿いのクライアントの家に彼らを返しに行った — 7時だったので、ほとんどのクライアントは犬をガレージや裏庭に残し、彼女が彼らを集めて家族を起こさずにそこに返すために鍵を渡していた

彼女は、ミリラニにある日勤の仕事場、グローバル・ダイナミクスの駐車スペースに滑り込むのに25分しかかからなかった。それは午前7時30分少し前のことだった。少なくとも彼女のエンジニアリングの仕事では、オートパイロットで作業を行い、家族のドラマに気を取られることがなかった。それは、ランニング中の苦悩に満ちた思考の後での安堵だった。

彼女は会社の設備を使って素早くシャワーを浴びたが、デスクに着いたとき、メールの受信トレイで最初に目にしたのは「今日午前8時の緊急全体会議」というメッセージだった。

彼女の肩が緊張した。さらなる解雇か?ランニング中の彼女のぼんやりとした思考が予言だったのかもしれない。**[失業]**という言葉を考えることで運命を試してしまった自分が愚かだった。なぜ自分の額に大きな「私を解雇して!」のサインを貼るようなものだろう?

8時になり、会議室の緊張感は悪臭を放っていた。ミルトン、サイトスーパーバイザーが立ち上がり、「皆さん、慌て始める前に言っておきますが、今日誰かを解雇するわけではありません」と言った。

部屋中には、古いコーヒーの息が漂うため息が洩れた。

「しかし、変更を発表します。ミリラニのこの物件の賃貸料が上がるため、グローバル・ダイナミクスはカネオヘへの移転を決定しました。このサイトは来月には完全に閉鎖されます」

部屋中に古いコーヒーの息が漂うため息が洩れた。

「しかし、変更を発表します。ミリラニのこの物件の賃貸料が上がるため、グローバル・ダイナミクスはカネオヘへの移転を決定しました。このサイトは来月には完全に閉鎖されます。」

カネオヘ?マリは周りがざわつく中、参加しなかった。

「ホッとしてる、あなたもそうでしょ?」ブランディが彼女にささやいた

マリは彼女をじっと見た。

「何か問題が?」

「カネオヘで働くことはできないわ。」

ブランディの眉がひそめられた。「軽い交通であれば、ミリラニからカネオヘまでは約半時間だけよ。」

「私の家からの距離ではない — クライアントからの距離よ。」

「あなたの犬のクライアント?どういう意味?」

「毎朝と夕方に犬たちと走ることよ。」

「おおっ。」ブランディの目が広がった。「仕事前にクライアントの犬を迎えに行って、彼らと走るために特別に早起きするんだよね?カネオヘはノースショアから距離が二倍になるわ。」

「それに、犬たちを迎えに行って夕方に走らせるためには、仕事を1時間早く終えないといけないわ。」そして、長い通勤時間に毎日車の中で過ごすのは間違いなくだろう。彼女のSUVでは、ガソリン代だけでガソリンスタンドでの追加費用がかさんでしまう。「それに、週に4日はランのすぐ後に犬の訓練クラスがあるから、ランを1時間遅らせることもできないの。」

「クラスをもっと遅くに移動できない?」

「ううん、私はその場所を借りているだけで、10時までにはそこを出ないといけないの。」

「君、毎晩3つの1時間のクラスをやってるよね?最初のクラスを削ってその時間に犬たちを走らせることは?」

「それもいいけど、先週、8週間の中級レベル訓練サイクルをいくつか始めたばかりなの。それぞれのクラスにいる15人のクライアントに、「おっと!前払いしてもらってクラスも始めたけど、あなたのサイクルは短縮されます。我慢してね!」なんて言えないわ。」

「わかった、クライアントがそれを好まないかもしれないけど、犬たちを走らせないというのはどう?」

「それもほとんど同じことよ — クライアントは私に頼ってるの。彼らは自分たちでやる時間がないから、エネルギッシュな犬たちを走らせるために私にお金を払ってるの。そして、適切な運動をしないエネルギッシュな犬は—」

ブランディは鳴き声をあげる手のジェスチャーをした。「ええ、ええ、家に閉じ込められていると彼らは怪物になるわ。そのことは全部知ってるわ — あなたはそれについて私に何度も愚痴ってきたもの。」

「ポイントは、クラスをキャンセルするか犬たちとのランを止めるかどちらにしても、裏切られたり損した気分になるクライアントを失うことになるわ。私の評判に傷がつくの。」

「でも、犬の訓練をする必要はないでしょ?それはただの副業だよね?」

「えっと…」彼女はそれが大好きだった。製造仕様の更新よりもよだれをかけられながら時間を過ごしたいという彼女の気持ちを、親切で分析的なブランディにどう説明すればいいのか?

ブランディはため息をついた。「あなたはすでにその質問の答えを知ってるわ。」

「どんな質問?」

「辞めるべきかどうか。」

ミルトンが再び話し始めたが、マリの耳には部屋が静まり返って聞こえた。辞める。もうオフィスで働かない。カネオヘへの通勤をしない。犬たちとフルタイムで働く。

辞める

彼女は良い仕事を手放したくなかった。しかし、その仕事が突然彼女の人生をより困難にしたらどうだろう?通勤にかかる追加の時間だけでなく、彼女がとても大切にしている犬の訓練ビジネスを損なうことにもなるのではないか?

ハービーおじさんは、彼女が犬の訓練ビジネスをフルタイムでできると信じているようだった。そして、彼がハレイワの家を買うことを勧めたのは彼ではなかったか、その時は驚くほど安かったが、今では買った価格の10倍の価値があるのではないか?彼はいつも彼女の最善の利益を見てくれていた、あまりにリスキーな株に彼女のお金を投資しないように。これが財政的にあまりにも危険だったら、彼は言ってくれただろう、そうだろうか?

彼女はそれをする。グローバル・ダイナミクスを辞める

自分の犬の施設を始める

***

もし興味があれば、私の教会では日本語の礼拝をストリーミングで見ることができる。

Comments

Popular Posts

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Sneak peek: Camy’s Kickstarter Pledge Levels

I’m working hard to create exciting pledge levels for my upcoming Kickstarter! Don’t know what Kickstarter is? Check out this blog post about my Kickstarter. I posted a description of the Pledge Levels (and pictures) on Patreon. Click here to check out the Kickstarter Pledge Levels! You can Follow my Kickstarter to be notified when it’s launched, and I’ll also announce in my newsletter when it’s live. Follow Camy’s Kickstarter here

Toilet seat cover

Captain’s Log, Supplemental Update August 2008: I wrote up the pattern for this with "improvements"! Here's the link to my No Cold Bums toilet seat cover ! Okay, remember a few days ago I was complaining about the cold toilet seat in my bathroom? Well, I decided to knit a seat cover. Not a lid cover, but a seat cover. I went online and couldn’t find anything for the seat, just one pattern for the lid by Feminitz.com . However, I took her pattern for the inside edge of the lid cover and modified it to make a seat cover. Here it is! It’s really ugly stitch-wise because originally I made it too small and had to extend it a couple inches on each side. I figured I’d be the one staring at it, so who cared if the extension wasn’t perfectly invisible? I used acrylic yarn since, well, that’s what I had, and also because it’s easy to wash. I’ll probably have to wash this cover every week or so, but it’s easy to take off—I made ties which you can see near the back of the seat. And

Grace Livingston Hill romances free on Google Books

I wanted to update my old post on Grace Livingston Hill romances because now there are tons more options for you to be able to read her books for free online! I’m a huge Grace Livingston Hill fan. Granted, not all her books resonate with me, but there are a few that I absolutely love, like The Enchanted Barn and Crimson Roses . And the best part is that she wrote over 100 books and I haven’t yet read them all! When I have time, I like to dive into a new GLH novel. I like the fact that most of them are romances, and I especially appreciate that they all have strong Christian themes. Occasionally the Christian content is a little heavy-handed for my taste, but it’s so interesting to see what the Christian faith was like in the early part of the 20th century. These books are often Cinderella-type stories or A Little Princess (Frances Hodgson Burnett) type stories, which I love. And the best part is that they’re all set in the early 1900s, so the time period is absolutely fasci

Sneak peek: Camy’s Kickstarter rewards

This Kickstarter is going to be awesome! I’ve been planning rewards that’ll knock your socks off! Don’t know what Kickstarter is? Check out this blog post about my Kickstarter. I posted a description of the rewards (and pictures) on Patreon. Click here to check out the Kickstarter rewards! You can Follow my Kickstarter to be notified when it’s launched, and I’ll also announce in my newsletter when it’s live. Follow Camy’s Kickstarter here

ACFW booksigning at the Mall of America

Captain's Log, Stardate 09.04.2008 What: ACFW booksigning Who: 127 Christian novelists Where: Best Buy and Sears Rotundas and connecting hallway, Mall of America, Bloomington, MN When: Saturday, September 20, 2008, 1-3 p.m. Why: To meet your favorite authors! I’ll be participating in a massive Christian author booksigning at the Mall of America in Minnesota! You can buy copies of my books there or you can bring your copies for me to sign. I’ll also have a special surprise for the people who come to get their books signed, while supplies last! Here are the other authors signing with me: Mall of America Booksigners Tamera Alexander Jennifer AlLee A.K. Arenz Diane Ashley Karen Ball Janet Lee Barton James Scott Bell Joseph Bentz Terri Blackstock Robin Caroll Patricia PacJac Carroll Jeanie Smith Cash Eleanor Clark Debra Clopton Gloria Clover Brandilyn Collins Mary Connealy Lyn Cote Kathryn Cushman Margaret Daley KM Daughters Susan Page Davis Mary Davis Janet Dean Megan DiMaria Brandt Do

Finished THE LONE RICE BALL!

Captain’s Log, Supplemental Sorry for not blogging yesterday, but I was celebrating! I finished the third book in my Sushi Series, The Lone Rice Ball , in the wee hours on Monday morning and so I took off Tuesday to rest. (By “rest,” I mean I slept a lot and overate at dinner, which was my husband’s smoked pork shoulder. Yum!) I also just got my developmental edits for Only Uni from my editor on Monday, and they’re due at the end of the month. From what I’ve heard from my friend Robin Caroll, she only has two weeks for her line edits, also. This is my second round of edits. My first was my macro edits, which I got on March 13th, and sent back to my macro editor (Rachelle Gardner) on April 20th. We did one more set of minor tweaking before she sent it to my senior editor on May 15th. This set of edits is my developmental edit—also called a line edit—sent to me by my developmental editor, Becky Shingledecker. (She does figure skating in her spare time! Isn’t that just way cool?) After t

What's a Kickstarter and what will I get from it?

I’m hoping to do a Kickstarter in late July or early August, and I thought I’d post this to answer a few questions you might have about it. What’s a Kickstarter and why’s Camy doing one? My Kickstarter is a crowdfunding campaign to fund the production of a Special Edition hardcover with dust jacket of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer. Depending on how this Kickstarter goes, eventually I would like to do Special Edition hardcovers of the other books in the series. For all you avid fans of the series, this Kickstarter will also offer an early release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. However, the main focus of this campaign is the Special Edition hardcover of book 1. Kickstarter isn’t a shopping website, but I admit I kind of feel like I’m shopping when I back a campaign for books or items that look fantastic! Why Kickstarter: Kickstarter enables me to produce the kinds of gorgeous special editions that I love and offer them to you, my readers, so you can

Lady Wynwood #7 early release Kickstarter

I worked on my first Kickstarter and it got approved! It’s for the Special Edition Hardcover of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and the release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. I contacted my graphic designer about the Special Edition Hardcover of vol. 1: Archer—it’s going to be SO beautiful! The Kickstarter focuses on the Special Edition Hardcover, but it’ll also include vol. 7: Spinster so that it’ll sort of be like a launch day for vol. 7, too. A third special thing that’ll be in the Kickstarter is Special Edition Paperbacks of all the books in the series. They won’t be available in stores, just in the Kickstarter (and later, from my website, and also in my Patreon book box tiers if I decide to do them). The Kickstarter is not live yet, but you can follow it to be alerted when it has launched. (You may need to create a free Kickstarter account.) Follow Camy’s Kickstarter