Skip to main content

Writing Progress - Sushi and Suspicions

I’ve been working on Sushi and Suspicions , a Christian contemporary romantic suspense which will be releasing in June in the multi-author box set Summer Suspicions . Trouble follows Liv on her vacation to Hawaii when she is framed for the theft of an antique rifle. Only a handsome investigator can help clear her name ... and maybe give her a reason to stay in the islands. If you want to read a snippet of what I wrote last week, check out my last newsletter !

「戌年」連載小説 第5章

キャミー・タング著「戌年」連載小説

プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。

犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。

アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか?

しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。

アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。

マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか?

過去に発表されたパートへのリンクはこちら。

***

第五章 - 紅い渦巻く感情

マリはこの対決を慎重にタイミングを合わせようとしたが、どうやら姉のジェネッサはボランティアの仕事から帰るのが遅れており、母は姉の家で子供たちの世話をしていた。普段なら、母はとっくに家に帰っているはずだった。

だから、一つのドラゴンに対峙する代わりに、マリは二つのドラゴンに立ち向かわなければならない。

『いや、マリ、家族のことをドラゴンだなんて考えるべきじゃない。』

ただ、マリは父の突然の心臓発作前の母の様子を思い出し、その後、どれほど母が変わったかを思い出す。マリは混乱する十歳の少女だった。なぜ母が突然、彼女のすること、彼女自身のすべてに文句をつけるようになったのか理解しようとした—まるで火を吹くドラゴンに襲われているようだった。

ジェネッサも、わずか一歳年上の十一歳だったが、いつも通り言われたとおりに行動していた。しかし、彼女もより支配的になり、急に変わった家庭の収入状況についてマリに説教し、友達には何も変わっていないふりをした。そして、学校で姉を恥ずかしい目に遭わせるたび、マリに対してより怒りっぽくなった。

そしてマリは?彼女は従順でおとなしい子でいようとしたが、自分の中の何か違うことをしたいという願望を抑えることはできなかった。それが原因で、母と姉は雷のように彼女に厳しく当たった。

つまり…二つのドラゴン。

母はジェネッサの家の外に停まっているマリの車を見つけ、中に入るよう手を振った。今でも、マリは従順な娘であり、彼女を喜ばせ、波風を立てないようにしたいと願っていた。

ただ、彼女はこれからジェネッサとウィリアムのカーニバル・クルーズにS爆弾を落とそうとしていた。

マリはゆっくりと車から降り、平和な最後の瞬間を引き延ばした。

姉のジェネッサはSUVから食料品を出しており、それらを母に渡していた。腕いっぱいに荷物を抱えた母が彼女の車に近づいてきた。「新しい塗装ね?」

マリは明るくなった。「うん。気に入って—」

「とても派手ね。」母は顔をしかめた。

まあ、それで質問の答えは分かった。

母は彼女の後部座席を覗き込んだ。「あなたの犬はどこ?」

「ペッパーは家にいるわ。」そしておそらく、今日の午後遅くに一緒にジョギングした後、彼女がラルフィの訓練を手伝うためにラナに会いに行ったために、またケージに閉じ込められて不機嫌だろう。そして外に出される代わりに、マリがジェネッサと話をするためにここに来なければならなかったため、まだ狭いケージに閉じ込められたままだった。かわいそうな子犬。彼女はまだ彼を飼い始めて3ヶ月ほどしか経っていない。

「マリおばさん!」十三歳の姪、ケンダルが彼女を見つけて、玄関から走ってきた。「今日の生物の授業で最高に気持ち悪いことをやったのよ。」彼女は明らかにうれしそうだった。

母は目に見えて身震いした。

「夕食**前に**、今すぐその話を全部聞かせて。」マリは姪の肩に腕を回し、母に聞こえるように十分に大声で話した。

母の顔の安堵はほとんどコミカルだった。

ケンダルはカエルについてしゃべりながら、マリはジェネッサが車の後部から食料品の袋を降ろしているところへ向かった。

「はい、ケンダル。」ジェネッサは娘に袋を渡し、次にマリにも一つを渡した。「どうしてここにいるの?」敵意はないが、歓迎もされていない様子。

「あの、えっと…君と話がしたいの。」マリは声を低くした。

「何について話すの?」と、彼女の八歳の甥、カールが彼女の肘元に現れた。彼は玄関からテレポートでもしたかのようだった。彼は母親を手伝いに出てくることはなかったが、もしごちゃごちゃした話があると察すると、いつも何とかしてうろついていた。

ジェネッサは彼に食料品の袋を渡し、彼は亀よりも遅く歩いて行った。

カールが十分に離れるのを待って、マリは言った。「長くはかからないわ。」

「子供たちのためにピザを買ってきたの。夕食に残る?」再び、敵意はないが歓迎されているわけでもない。これではマリにとって楽にはならない。

彼女は姉の夫が浮気していることを告げてから、彼女と一緒に夕食を食べるなんてできない。「いいえ、家に食べるものがあるから。」

ジェネッサは彼女を変な顔で見た。「わかったわ。じゃあ、この食料品を片付けるからちょっと待ってて。」

頭の後ろで痛みが鼓動し始め、胃の中の吐き気の波と共鳴するように脈を打った。『あなたは正しいことをしている。そして時に、正しいことは痛みを伴う。』

これは、クジラが頭に落ちてくるような痛みになるだろう。

ジェネッサの後を追い、マリはその巨大なキッチンの中央にある島のようなカウンターに食料品の袋を置いた。ジェネッサはシンクで一時停止し、そこでマリは袋から物を出し始めた。

姉の家へのドライブ中ずっと、マリは何と言うべきか考えていたが、まだ言葉を決めていなかった。優しく話し始めるべきだろうか?『ジェネッサ、今日私はたまたまこの駐車場にいて、いい天気で、屋根が開いたコルベットがあって、その中の人たちに気づかなかったのは、駐車スペースに入るために彼らを通り過ぎなければならなかったからなんだけど…』

それとも、ただ言い切るべきだろうか?『ジェネッサ、今日ウィリアムが他の女性とキスしているのを見たわ。』

マリは顔を上げた。ジェネッサはまだシンクに立っており、請求書をじっと見つめていた。

「大丈夫?」彼女が金銭的な困難に陥っているとは思えなかった―ウィリアムは慈悲深い六桁の収入を得ており、ジェネッサは倹約家の主婦だった。

ジェネッサはゆっくりと振り向いた、音楽箱の中のバレリーナ人形のように。しかし、その顔は、恐ろしいほど無表情な日本の能面のようだった。

マリの心臓は太鼓のように重く深く鼓動した。「何?何が悪いの?」

ジェネッサは何も言わず、夢遊病者のように島を一周し、マリの正面まで歩いてきて、彼女の顔を平手打ちした。

打撃の痛みで頬の内側が歯に切られた。「あっ!」

「ジェネッサ!」キッチンへの入り口に立っていた母が叫んだ。

「お母さん!」ケンダルが祖母の周りを覗き込み、目を卵のように丸くした。

「かっこいい!」カールが携帯電話を取り出し、おそらくビデオや写真を撮るためだった。

ジェネッサは再び手を挙げたが、マリは彼女の手首を掴んだ。姉の口からは、地獄のような悲鳴が上がり、それはマリを平手打ちよりも恐怖にさせた。

母が二人の間に入り、顎にいくつかの小突きを受けた。「やめなさい、二人とも!」

ジェネッサはマリの顔を引っ掻こうと手を伸ばしたが、週に数時間もの間、100ポンドのラブラドールやジャーマン・シェパードを制御する女性に敵うはずがなかった。

「おい!」カールが叫んだ。

マリは彼の方をちらりと見た。ケンダルが彼の携帯電話を奪い、手の届かない高さに持ち上げているのが見えた。

その気を取られた瞬間、ジェネッサはマリの喉に手をかけた。『全部あんたのせいだ!』

マリはひねって逃れようとしたが、母がジェネッサを抑えようとしている間も、彼女の指の痛みを喉に感じた。明日にはあざができる。一体彼女は何をしたというのだろう?「どうしたのよ?!」

「姉に向かって怒鳴るんじゃない」と母が彼女を叱った。

巨大な波のように押し寄せる誤解と非難の感覚、古いイライラが彼女の中で沸き起こった。何年もの間、母はマリがいつも悪いとすぐに決めつけていた―今も変わらないのだろうか。「私が?!」彼女の声は意図したよりも大きく高かった。「ここで平手打ちしてるのは私じゃないわ。」

突然、ジェネッサは激しい涙に崩れた。彼女は大理石の床に崩れ落ちた。

マリは心臓を

締め付けられるような圧迫感を感じ、それがパニックだと気づくのに一瞬かかった。彼女はどうすればいいのか?ジェネッサはまた攻撃してくるのだろうか?

カールとケンダルは携帯電話の取り合いをやめ、無言で彼らの母を見つめていた。カールでさえ少し顔色が悪かった。

「さあ、あんたが何をしたか見てごらんなさい。」母はマリをにらみつけた後、ジェネッサの姿にかがんだ。「どうしたの、ハニー?話してみて。」

マリは少し離れた側に立っていたが、彼女と姉、そして母との距離は広大な峡谷のように感じられた。いつもこれが常だった。父は彼女を理解してくれた。父は彼女の味方だった。今は彼がいないので、彼女は期待に応えられないダメな娘だった。

「全部彼女のせい」とジェネッサがうめいた。「**全て**彼女のせいだ。」

その非難は、マリの背骨を突然、溶けた鋼のように固めた。「全部私のせいって、何?何をしたっていうの?」彼女はサンドバッグのように受け入れるつもりはなかった。

「あなたはこっそり見なければならなかったのね。他人のことに首を突っ込むなんて。」

マリは腕を広げた。「またしても、わけがわからないわ。」

「どうして彼らを盗み見なきゃならなかったの?」ジェネッサは前後に揺れながら、マスカラの涙を流し続けた。「あなたが見つけなければよかったのに。全てを台無しにしたわ。何年も目をつぶっていれば幸せだったのに。」

ゆっくりとピースがはまっていった―シンクで立っているジェネッサ、紙片を見ている。ああ、違う。彼女が読んでいたのは請求書ではなかった。「彼が**手紙**を書いたの?!」

「姉に向かって怒鳴るんじゃない」と母が叱った。

なぜ母はいつも、ジェネッサと共にマリに対する二重の攻撃を行う必要があるのか?母はジェネッサが何について話しているのかさえ知らない。

よく考えてみると、マリも完全には理解していないかもしれない。

姉の前で膝をつき、マリは低い声で話した。「子供たちの前で言いたくなければ、その手紙を私に読ませて。」

ジェネッサはそれを彼女に突きつけた。

「親愛なるジェネッサへ、今頃はマリが私が今日セレスティアと一緒にいたのを見たとあなたに話していることでしょう。傷つけたくなかったから言いたくなかったのですが、私はセレスティアと恋に落ちました。」

妻や子供たちから秘密を守る方がずっと良いとでも?

(しかも、彼のガールフレンドの名前は何だったの?70年代の悪いホラー映画のドジなヒロインみたい。)

「今は家を出て、すぐに離婚手続きを始めるつもりです。そうすればセレスティアと一緒にいられます。子供たちをあなたが引き取ることに文句は言いません。セレスティアはあまり子供が好きではないので。ウィリアム」

手紙は彼女の手で震え、マリはそれを落とす前にしっかりと握って、ひどいものを引き裂かないようにした。

「それ何?」とカールが割り込んで、それを掴もうとした。

マリは彼からそれを奪い取り、母に手渡した。「出ていって!」と彼女は子供たちに命じた。

「ああ、マリおばさん…」

彼の不平を無視して、彼女は反抗的な犬のように彼をキッチンから遮断した。アルファ犬の彼女の人格は、8歳の子供たちにも子犬にも同じように機能した。

ケンダルが彼の後を追った。「PS3で勝負しよう」と彼女は弟に言った。

その子には感謝だ。マリは正直に、ケンダルとカールがどうやって関係しているのか分からなかった。

マリはジェネッサのところに戻り、彼女の前で床にひざまずいた。ジェネッサの悲鳴は震える嗚咽に変わっていた。

彼女はとても無防備だった。それはマリに8年前のことを思い出させた。最後に姉がこのようになったのは、マリが偶然ジェネッサの痛みと涙の中に割り込んでしまった時だった。まるでまた同じことをしてしまったように感じられた。

不思議なことに、激しい苦しみに耐えながら丸まっているジェネッサの姿を見て、マリは母がしているように彼女に抱擁を与えたいと思った。しかし、どんなに良い意図を持っていても、彼女はむしろ棘に刺されるだろう。「私は盗み見ていたわけじゃない、ジェネッサ。クライアントを訪問に行った時、たまたま駐車場で彼らを見ただけよ。真昼間にね。」

「嘘をつくな。あなたはいつもウィ

リアムが嫌いだった。私がどんな悪い選択をしたかを証明したかっただけ。」

マリはたじろいだ。その言葉は平手打ちよりも痛かった。「何?私がそんなことするはずが―」

「全部あなたのせい。そして**彼女**のせい。彼は私たちとの関係に満足していたの。でも今は全てを台無しにした。今は彼女と結婚しなきゃならないと感じてる。ただの愛人でいさせておく代わりに。」

「何?あなたは彼が浮気をすることを望んでいるの?!」

「あなたが彼に自分の子供たちを捨てる決断をさせたのよ。彼は今まで通りで満足していたの。なぜ以前のように戻れないの?」ジェネッサは新たな泣き出しに崩れた。

以前のように?ジェネッサは、彼らが両方ともそれが起こっていないふりをする限り、二股をかける夫と幸せだったの?

マリは自分の姉を全く知らないことに気づいた。

「あなたはただ事態を悪化させているだけよ」と母がジェネッサをより強く抱きしめながら囁いた。「もう帰りなさい。」それはまるで肉体的な押し出しだった。

マリは立ち上がった。彼女はジェネッサと母を一瞥し、床にある赤く激しい感情から突然切り離されたように感じた。

彼女はキッチンを出て、リビングルームへと歩いた。

「マリおばさん?」ケンダルの顔は落ち着いていたが、広い目は彼女の恐怖を裏切っていた。

「カールをお母さんから離しておいて。お父さんは今夜帰ってこないわ。何か必要なら私に電話して。」

ケンダルはうなずいた。

「え?パパが帰ってこないって?」カールが声を上げた。

ケンダルは彼を静かにし、耳元で何かささやいた。

マリは家を出て、自分のSUVに乗り込んだ。彼女は初夜の暗闇の中でそこに座り、静けさが彼女の骨の中にしみ込んで凍るのを感じた。彼女の感情も冷たく―死んで静止していた。彼女の心は空白で、ただ一つのフレーズが何度も繰り返された:

『私が何をしても、彼らには決して十分ではない。』

***

もし興味があれば、私の教会では日本語の礼拝をストリーミングで見ることができる。

Comments

Popular Posts

Get my short story, White Soup, FREE!

“White Soup” is a short story set in my Christian Contemporary Romance Sushi series. It takes place after the events in Weddings and Wasabi . Originally this short story was in the anthology A Recipe for Romance which is now out of print. But now, "White Soup" is available free if you sign up for my newsletter! What’s up with the white soup? Originally, I heard about white soup from Pride and Prejudice by Jane Austen (FYI, my Sushi series short story is NOT a Regency romance). Mr. Bingley is talking about the ball he plans to host at Netherfield: “If you mean Darcy," cried her brother, "he may go to bed, if he chooses, before it begins—but as for the ball, it is quite a settled thing; and as soon as Nicholls has made white soup enough, I shall send round my cards.” I researched white soup and made it, then blogged about it here . But then I made the recipe again, simplified and a bit more hearty, but definitely not what Bingley served for dinner, and I b

Bethany House Publishers Cover Survey Invitation

Captain's Log, Supplemental I just got this from Bethany House Publishers: Hello Reader, We at Bethany House Publishers appreciate our readers opinions about the books we publish. Occasionally, we seek your input about upcoming products. Currently, we are conducting a survey about the cover image for an upcoming novel. For your time, we are offering a giveaway in conjunction with this survey. You will be able to choose from ten recent Bethany House novels, and there will be ten winners. Winners will be notified within two weeks. Click here to take the survey, which should take about 10 minutes to complete. Thank you for your participation, and feel free to forward this email on to your friends or link the survey on your website. The survey will be available through Monday, September 17. Thanks for your time and your opinions. We value your feedback. Sincerely, Jim Hart Internet Marketing Manager Bethany House Publishers

Fun facts about Naomi from Deadly Intent

6 reasons why you will enjoy Deadly Intent: 1) It's set in a SPA! 2) Devon (the hero) is totally HOT! 3) Did I mention the SPA? 4) Naomi (the heroine) is cute and fun 5) Naomi is a massage therapist! 6) Naomi is a massage therapist in a SPA! Naomi is 27 years old, and half-Japanese, half-Caucasian, so she looks a little exotic, but not too much so. I pictured her to look like Natalie Portman. I admit I named her after a girl in the youth group at my church because I honestly couldn’t think of a name. Also, the real-life Naomi is half-Japanese and half-Caucasian just like my character. My character Naomi’s personality isn’t based on anyone I know, but I always thought being a massage therapist would be a cool job, so I did a lot of research for Naomi’s career and for the spa. Naomi’s a maiden or Persephone archetype. They tend to be easygoing and carefree, but Naomi has been thrust into a more responsible role by her father, who just had a stroke. Worried about the future

Gritty Christian Suspense

I’m participating in this promo. Click on the graphic to check out all the Christian suspense books available and stuff your eBook reader! Gritty Christian Suspense

Guess what this is from A DANGEROUS STAGE

Can you guess what this is? I’m on the Sweet Romance Reads blog today with a little info on the strange sweet my character is making in A Dangerous Stage . Check out the blog post here.

Knitting pattern - Honoria’s Handkerchief

I grew up using tissues to blow my nose, but when I started reading Regency romances in high school, I became fascinated with the handkerchiefs those ladies were always fluttering around. Unfortunately, there were ZERO handkerchiefs in my parents' house (even my grandmothers didn't have any old ones that my grandpas might have used), and in those days, there was barely an internet, much less internet shopping. When I went to Japan one summer, I was given a handkerchief by my host family, and I loved it. I bought more as I got older. The prominent ones I could find were the utilitarian cotton type mainly used by men, so I ended up buying bandanas and using those as handkerchiefs. Then I went back to Japan on a trip with my parents and saw some absolutely lovely handkerchiefs being sold in a stall at Nakamise Shopping Street in Asakusa in Tokyo, on the grounds of Sensoji Temple. They were really thick woven cotton with pretty patterns printed on them. I still use them to

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Psalm 91:2

Psalm 91:2 Dear Lord, Thank you that you are so close to me that I can be confident that you will protect me like a fortress. Thank you that I can run to you as my refuge whenever I am afraid or anxious. Thank you that I can trust completely in you to take care of me and lead me in your paths. Amen 詩篇91:2 親愛なる主よ、 あなたが私の近くにいてくださり、要塞のように私を守ってくださると確信できることを感謝します。私が恐れたり不安になったりした時、いつでも避難所としてあなたに駆け寄ることができることを感謝します。私の面倒をみてくださり、あなたの道に導いてくださるあなたに完全に信頼できることを感謝します。 アーメン

My website is down for a little while

Sorry everyone! My Camy Tang website is down. :(

Now my Camille Elliot website is down

I seriously don't know what's happening!