Skip to main content

Psalm 103:2-3

Psalm 103:2-3 Dear Lord, Thank you, Lord, for all you’ve done for me. Don’t let me forget that you are always blessing me whether I notice it or not. Thank you for forgiving my sins, and thank you for healing me. I trust you and love you, Lord. Amen 詩篇103:2-3 親愛なる主よ、 主よ、あなたが私のためにしてくださったすべてのことに感謝します。私が気づこうが気づくまいが、あなたはいつも私を祝福してくださっていることを、私に忘れさせないでください。私の罪を赦し、癒してくださってありがとうございます。主よ、あなたを信じ、あなたを愛します。 アーメン

「戌年」連載小説 第4章

キャミー・タング著「戌年」連載小説

プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。

犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。

アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか?

しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。

アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。

マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか?

過去に発表されたパートへのリンクはこちら。

***

第四章 - ブラック&タン・ロットワイラー

「ラナ、気をつけて。6時の方向にビーグルがいるわ」とマリは言った。公園は人で賑わっており、ラナがゴールデンドゥードルの子犬、ラルフィの訓練を手伝うには最適な場所だった。

ビーグルの飼い主は道を見ていなかった。代わりに、彼女は携帯で何かしていた。彼女のゆるんだ握りの中で、伸縮自在のリードがぶら下がっており、解除されていたため、彼女の犬がラルフィを見つけると、リードに引っ張られずに向かって吠え始めた。

マリは友人に近づき、ラナが本能的に自分の犬のリードを強く握ったのを見た。

「ラナ、握りを緩めて。彼にあなたの緊張を感じさせないで」

しかし、ラナのやんちゃな子犬は飼い主の緊張を感じ取った。彼は引っ張り始め、鼻で公園中を新しい匂いを探し、後ろにいたビーグルを見つけた。

「ダメ、ラルフィ!待て!」ラナの声は高く、怒った調子になっていた。

「落ち着いて。あなたが動揺すると、彼は聞かなくなるわ」マリはラルフィの顔の前で指をパチンと鳴らした。動きに簡単に気を取られる彼にはいつもこれが効果的だった。ビーグルに対する彼の集中を断ち切ることができたが、遠くにいるロットワイラーにすぐに気を取られた。幸い、それは遠すぎた。

ラナは長く、大きな息を吐いた。「頑張ってるの。ただ、難しいのよ」

「ちょっと止まって。彼にまたあなたに集中させて」

「おやつをあげた方がいい?」

「悪くないわね」

ラナがウエストポーチを探りながら、マリは後ろをチラリと見た。ビーグルの飼い主は無関心に吠える犬を引っ張っていた。よし。

マリは公園の残りの部分を見渡した。遠くの角にいる元気なチワワからは遠ざかる必要があったが、ゆったりと歩くブラッドハウンドは、社交訓練にラルフィを紹介するには良い、低エネルギーな犬かもしれなかった。彼女はラナと彼女の犬を、もう一方の角でサッカーボールで遊ぶ、走って遠吠えしている幼稚園児たちから遠ざけるべきだった。

ラルフィは鶏肉の匂いに喜んで反応し、草の上にお尻を落としてラナに一心に注意を向けた。「底なしの穴ね」とラナがたしなめるように言い、手で「私を見て」の合図をした。

「うまくやってるわ」

ラナは横目で彼女を見た。「嘘が下手ね。私たちはひどいわ。次のバイヤーが来る前に彼を訓練できるとは思えないわ」

「ええ、まだタイミングについては練習が必要ね」

ラナは苛立った様子で彼女を見た。「ありがとう、知らないことを教えてくれて」

ラナは流行のゴールデンドゥードル―ゴールデンレトリバーとプードルのミックス―のブリーダーだが、犬の訓練は全く下手で、彼女たちが互いに知り合ってからずっとそうだった。マリはかなり率直な性格で、人々が率直に正直に話すときは特に気にしないが、ラナは批判に少し敏感だった。だから、ラナが犬を訓練するのを手伝うとき、マリはいつも自分自身に言い聞かせ、もっと優しく物事を言い換えるように心がけなければならなかった。マリがうっかりラナの気持ちを傷つけるようなことを言ってしまったときには、よく口論になったものだし、ラナを疎外しないように配慮を働かせるべきだと彼女は知っていた。

「私を見て」の命令を破らず、ラルフィから目を離さないまま、ラナは中断された会話を続けた。「じゃあ、ジェネッサのこと、どうするつもり?」

むしろウィリアムについて何をするべきか、そのダメな男に。『ジェネッサは彼を愛してるわ。彼女は打ちのめされるわよ』そして、マリがその破滅の伝え手になったら、ジェネッサは核爆発しそうだった。それを考えるだけで、彼女は顔をしかめた。

「でも、本当のことを知った方がいいんじゃない?」

「いつも私が困ることをさせるのね」

「でも、それが正しいこと。神様が望んでいることよ」

マリはラナに目を転がされるのを見られないように別の方向を向いた。また神様の話か。

「覚えて、イエスは嘘をつかないように言っているわ。教会に通い続けていれば分かっているはずだけど」

数年前、マリはラナの教会に数ヶ月間通ったことがあったが、気に入らなかった。なぜラナはその話題をやめてくれないのだろう。「ラルフィを解放してあげた方がいいわ。そわそわしてるわ」

ラナはラルフィに鶏肉を与えてから「解放」と言った。

「ラナ、鶏肉をあげる前に『解放』って言うべきよ」

「そうしたつもりだったけど」ラナは彼女をしかめっ面で見た。

マリは黙っていた。犬の訓練のタイミングについてラナとまた口論するのは無駄だった。彼女が犬との仕事をしてきた期間を考えると、その下手さは信じがたい。ラナは結婚して遠くに引っ越してから、ずっと悪くなっていた。マリの近くに住んでいた頃は、定期的にレッスンを受けていたが、今は数ヶ月に一度会うだけだった。「ラルフィの兄弟は、また何匹だっけ?」

「7匹よ。もう5人が頭金を払っていて、今週末には子犬を見に来る6人の見込み客がいるの」満足げにため息をつきながら、ラナはラルフィと一緒に歩き続けた。

マリの携帯が、ザ・フーの曲「フー・アー・ユー」の冒頭の叫び声と共に鳴った。彼女はうんざりして、自分も叫びたくなった。「それ、仕事だわ。ちょっと待って、これは取らないと。もしもし?」

「マリ、ブランディよ」彼女のマネージャーは慌てた様子だった。「仕様リリースにサインした?」

「どの仕様リリース?」

「バージョン2.15のやつよ」

「いいえ、社内エンジニアからの返事を待っているから、まだ部品番号のリリースはできないの」

「でも、中国の製造部門のリーダーが今日リリースを要求してるのよ。中国では実際には明日なんだけど」

マリは時計を見た。ここが午後6時なら…上海は午前12時。『中国にはスケジュールがある。あれは―』

「でも、あの人の拙い英語を理解しようとしてるのは私だから。たまたま中国語話せる?」

「私は日系アメリカ人よ、ブランディ。中国語と日本語は全然違うの」

ブランディはため息をついた。「中国部門の責任者を私のマネージャーにまわすわ。彼に怒鳴られる可能性が低いかもしれないわね。こっちの予算削減と、海外からのアウトソースエンジニアがもっと仕事を求めてくる中で、四つ裂きにされてるみたい。良い週末を」彼女は電話を切った。

「あなたのマネージャー?」ラナが尋ねた。

マリは携帯をポケットに戻した。「かわいそうなブランディ」彼女のマネージャーは、上級管理職が2週間前に10人の従業員を解雇した後、ミリラニの会社のサテライトオフィスをスムーズに運営するのが大変だった。

「まだめちゃくちゃ忙しいのね?」

「とにかく、仕事があるだけ感謝しなくちゃ」結局、カリフォルニア州サンノゼの拠点では20人の従業員が解雇されていたのだから。

彼女の携帯が再び振動した。応答する前に、マリはラナに注意を促した。「ラルフィが引っ張りすぎてるわ。彼にリードさせちゃダメよ―あなたがアルファ犬なのよ。何、ブランディ?」

「ブランディ?」と、深くて笑い声を含んだ男性の声がした。「色々呼ばれたことはあるけど、ブランディは初めてだね」

「あっ、ごめん、ハービーおじさん。ちょうどマネージャーと話してたところで、また彼女からかと思ったの」

背景で、ヴィオラおばさんが大笑いし始めた。「彼女、ブランディって呼んだの?」

「とにかく…」おじさんは妻の笑い声に負けないように声を大にして言った。「マリ、いい機会があるんだ」

「機会って?どういうこと?」新しいクライアントかしら?木曜日の夜のクラスにはまだ余裕があるし、週にもう一つプライベートセッションを入れることもできる。

「日本人のクライアントが日本への旅行の時に犬を預けられるように、って前に話していたの覚えてる?」

「私のドッグリゾートのアイデア?ええ、覚えてるわ」ただの犬の預かり所以上のもの。彼女自身の施設であれば、夜のクラスのためにその汚い部屋を借りる必要もなく、訓練センターとして機能するだろう。また、そこでグルーミングサービスや、より難しい犬の長期リハビリテーション訓練も提供できる。

「ヴィオラおばさんが閉校した私立小学校を見つけて、売りに出されてるんだ」

ふむ。学校の建物なら「改装可能」。個別の教室は、クラスや犬舎、グルーミングルームに完璧なものになる。「でも、どこ?私のクライアントのほとんどはノースショアにいるし―いいロケーションが必要よ」あまりにも遠ければ、クライアントは彼女の施設にクラスやグルーミング、プライベートセッションのためには運転してこないだろう。

「ワイアルアだよ。完璧だよ」

「でもおじさん、そんなお金、私の銀行口座にはないわ」大学を卒業してすぐに家を買った時、祖母からの相続金がかなりあったし、それ以来の給料のほとんどを貯めていた。でも学校の不動産を買うほどのお金が?

「ヴィおばさんが言ってたけど―」

電話がクリックと音を立てた。「マリ、あなたの家なら一瞬で売れるわ」とヴィおばさんがチャキチャキと言った。「ここ数年でハレイワのあなたの場所はプライム不動産になってるのよ、経済の動向に関わらず。それに経済のおかげで、その学校は安くなってるわ」

「でもおじさん、おばさん、それは大金よ。それに私はどこに住むの?」でも質問をしている間にも、彼女は知っていた―施設を改装してそこに住むことができる。クライアントの犬を預かるなら、そうせざるを得ないだろう。

「どういう意味?」ハービーおじさんが聞いた。「あなたはお母さんのところに住めばいい」

彼女の背骨が反射的に跳ねた。お母さん?とんでもない。「お母さんは私を家に戻したくないわ。私の犬訓練を我慢しているのは、それが副業であるからで、フルタイムではないからよ。自分の施設を始めたら、彼女は逆上するわ」

「たくさんの選択肢があるわ」とヴィおばさんがなだめるように言った。「それで、その学校はどう?」

「それは仕事を辞めるってことね」

「あなただって言ってたじゃない、そこで働いてるのはただの請求書を払うためだって」とヴィおばさんが言った。「それに、あなたはお金を使わないから、ポートフォリオに不適切な額が蓄積されているわよ―」

「おいおい」とハービーおじさんが言った。「彼女は技術的にはまだ私のクライアントだ。その話はできないよ」

「ごめんなさい、親愛なる」

「でも、お金の面で助けることはできる」と彼が言った。「銀行のコンタクトがたくさんある。物件を買った後、事業を始めるための小規模企業ローンを手に入れる手伝いができるよ」

わあ。仕事を辞めて、ビジネス用の不動産を買う。犬の訓練の副業をフルタイムのキャリアに拡大する。

そしてお母さんと姉を遠ざけることになるだろう、彼女が犬と仕事をしていることを既に嫌っているのに。

「わからないわ、おじさん。大きな一歩ね。考えさせて」

「長く考えすぎないで」とヴィおばさんが言った。「その物件はいつまでも市場には出ていないわ」

自分の施設…でもリスクが大きすぎる。大きな家族ドラマの材料になる。

彼女はさよならを言って、携帯をじっと見つめた。とても魅力的だけど、怖いわ。

「それって何の話?」ラナが尋ねた。彼女はラルフィを正しく制御できずに、彼に引っ張られていた。

「ねえ、ラルフィの注意を戻して。彼にリードさせちゃダメよ」

「わかってる、わかってる、アルファ犬ね」ラナはリードに半心なスナップをしたが、ラルフィはもっと興味深い匂いに夢中で、また引っ張り始めた。「あなたのおじさんは何が欲しかったの?仕事を辞めるの?」

「いいえ、辞めないわ。まあ…」彼女は学校の話をした。

ラナの額にしわが寄った。「ねえ、私、あなたのドッグ施設のアイデアにはあまり夢中じゃないのよ」

「そんなにあなたに話してないわ」主に、彼女の訓練ビジネスについて話すとラナをイライラさせるようだったし、マリにはその理由がよくわからなかった。

「リスクが大きすぎるように思えるわ」とラナが言った。

「あなたは教職を辞めてゴールデンドゥードルのブリーディングをフルタイムで始めたわよ。それもリスクだった」彼女たちは、反対する家族にもかかわらずキャリアを選んだことで早くから親友になった。マリはラナが施設を始めた時に、犬の訓練の認定を受けることを決めた時と同じように彼女を励ますと思っていた。

「教師としてそんなに稼いでなかったから、犬をブリードしても損はないって感じだったわ。でも、あなたのエンジニアリングの仕事でたくさん稼いでるじゃない。本当に十分な顧客を獲得して生計を立てられると思う?」

「うーん、わからないわ」とマリは言った。ラナは正しい。自分は何を考えているの?

ラルフィがほとんどラナをバランスを崩させそうになった。マリは彼女の友人が転ばないようにと彼女をつかんだ。

マリはラナからリードを奪い、犬に対して鋭い引っ張りと口頭での叱責を与えた。ラルフィは彼女の声に強い命令を感じ取り、引っ張るのをやめて彼女の横で座り、彼女を見上げた。「いい子、ラルフィ」彼女はリードをラナに戻した。

友人の顔にイライラの閃きが走った。

「ごめん」とマリはしかめっ面で言った。彼女は訓練に手厳しくならないようにしていたが、ラルフィがラナに怪我をさせるかもしれないと心配していた。

ラナはため息をついた。「謝る必要なんてないわ」彼女はラルフィが再び引っ張り始めた時に正しく修正した。その時の彼女のタイミングはそんなに悪くなかった。「私のバイヤーが見に来た時に、普通の無秩序な子犬ではなく、特別によく訓練された子犬を見せたいの。売る前に自分の犬を訓練できれば、二倍の値段を請求できるわ」

「自分の施設があれば、1週間か2週間彼らを預かってあなたのために訓練できるわ。ディスカウントもするし」

彼女はラナがその発言ににっこりすると思ったが、友人はただ唇を結んで考え込むように見えた。マリはどう反応していいかわからなかった。沈黙が続いた。

何か陳腐なことを言ってしまおうとした瞬間―それはおそらくラナにマリが馬鹿だと確信させるか、また口論を始めることになるだろう―ラナが彼女を見上げた。「じゃあ、ジェネッサのことはどうするの?」と彼女は尋ねた。

彼女の胃が痙攣した。胃潰瘍になりそうだ。

マリはしばらく答えなかった。どうしたらいいかわからなかったから。だから、彼女が視界の端に黒と茶色の閃きを最初に見つけた。「ラナ、気をつけて!」

ロットワイラーが突進してきて、ラルフィに注意を集中させた。

いや、突進というわけではない。ゆったりと歩いてきた。彼の体の言葉は好奇心を放っていて、攻撃や攻撃性はなかった。

「ロリー、ストップ!」遠くで、慌てた若い女性が彼らに向かって走ってきた。

ラルフィは引っ張り始めて吠えた。ラナは十分注意を払っていなかったので、犬がリードを引っ張った時につまずいた。

マリはラナとラルフィの前に立ち、彼らを大きな犬から遮った。「ラルフィ、それで十分!」彼女は威圧感を出した。

マリが好きな日本の漫画やアニメでは、キャラクターはしばしばオーラをコントロールして敵に圧力をかけたりする。彼女は犬に対して支配力を発揮する必要がある時、それを「威圧スイッチをオンにする」と考えていた。

ラルフィは急に反応し、お尻を地面に落として彼女を見上げた。まるで彼女がベーコンの塊を振り回しているかのように。

マリはロットワイラーに向き直り、彼に対して威圧を強めながら手を突き出した。「アッ、アッ!」彼女は彼に厳しく修正した。彼女はその3x3メートルの土地を所有しているかのように振る舞い、彼女や友人に彼女の許可なしに犬が近づくことはできなかった。

その可哀想なロットワイラーはおそらく人生でこんなに強く修正されたことはなかった。彼女のアルファ犬らしさに屈服し、すぐに草の上にお腹をつけた。彼は一瞬彼女の後ろにいるラルフィを見たが、彼女が彼の視線の前に動いて体を遮ったため、彼は従順に彼女を見上げた。

「いい子ね」と彼女は犬を褒めるために高い声で「ハッピー」な声を出したが、飼い主が到着するまで彼に触れなかった。

「本当にごめんなさい」その女性はロットワイラーのリードを掴んだが、がっしりした犬に比べて彼女は小柄で細かったため、馬の手綱を持つ子供のように見えた。「彼が逃げたの。あなたはどうやってそれをしたの?」彼女のアクセントから、フィリピン出身のようだった。

「私は犬の訓練士です」とマリは答えたが、公園の他の犬の飼い主が彼らを見ているのに気づいて少し恥ずかしくなった。

「本当ですか?クライアントを受け付けていますか?クラスを開催していますか?それは素晴らしいことだったわ」

マリは名刺を取り出してその女性に渡した。女性はそれをラルフィがチキンの切れ端を掴むように掴んだ。

「本当にありがとう」と女性は言った。

「彼をコントロールするために、ハルティやジェントルリーダーのヘッドハルター、または引っ張らないハーネスを検討してみるといいかもしれませんね」とマリは言い、ロットワイラーに向けて身振りをした。ロットワイラーはラルフィを見ていたが、マリがまだ体を遮っているため、それ以上のことはしなかった。

「それって何?」その女性はマリが日本語を話したかのような顔をした。

マリは名刺を指さした。「私のウェブサイトには、さまざまなタイプのヘッドハルターや引っ張らないハーネスをリストしているページがあります。それを使えば、足を引っ張られたり逃げられたりする可能性が低くなるわ」

「またありがとう。絶対に連絡するわ」とその女性はリードを大きく引いてロットワイラーを引っ張って行った。

マリはため息をつき、振り返った。ラナは少し顔色を失っていた。ラルフィはまだ座っていたが、お尻をくねらせ、しっぽを草の上で振りながら他の犬の後を見ていた。

「大丈夫?」とマリは尋ねた。

「今はね」とラナは喉を鳴らした。

「あのロットワイラーはただ好奇心からだったわ。攻撃するつもりはないって分かったけど、何か起こるのも避けたかったの」

ラナは深呼吸した。「これを教えて」と彼女はもっと普通の声で言った。「あなたは75ポンドのロットワイラーに目もくじけずに立ち向かえるのに、どうして自分の姉に立ち向かうのが怖いの?」

その言葉は、大きな水滴のようにゆっくりと計られて落ちた。

彼女はロットワイラーを振り返り、そして自分の姉を想像した。その心象だけでまた胃が痙攣した。「全くその通り」とマリは呟いた。そしてため息をついた。「でも、何年もの口論や誤解、批判を一瞬で消すことはできないわ。彼女は私を嫌うわ」

ラナの眉が上がった。「今以上に?」

「今、彼女は私を嫌ってはいないの。私が恥ずかしいと思っていて、犬の訓練を辞めないことを個人的な侮辱と捉えているのよ」

「これは犬のことじゃないわ。あなたはただ、彼女との衝突が嫌なだけ」

「彼女は私の姉なのよ。姉妹は仲良くしなくちゃいけないでしょ?」

「論理的に考えて。ウィリアムのことを彼女に話したら、彼女は彼に怒る可能性が高いでしょ?あなたに怒る理由なんてないわ。そしてたとえそうだったとしても、それはいつもの彼女の態度と何が違うの?」

「真実は…真実は…」本当の真実って何だろう?「ウィリアムのことをジェネッサに話したら、彼女は…弱くなるわ」

ラナは彼女を見て瞬いた。

「わかって。ジェネッサはいつも強くて自信に満ちていたの。彼女は望んだものは何でも手に入れた―成功した裕福な夫、カイムキの大きな家、完璧な子どもたち、ホノルル・ブレティンで称賛されるコミュニティ活動。このウィリアムに関するニュースは、不安や傷の巨大なパンドラの箱を開けてしまう―その箱は、私たちが20代の頃から、ずっと閉じられたままでいてほしいと私はとても願っていたの。それは…」

ラナの目が暗くなった。「マーシャルのこと以来ね」

彼の名前は今でも彼女の胸の下あたりに刺すような痛みを引き起こす。罪悪感、心の痛み、自己嫌悪、後悔。「彼女の弱さを目の当たりにすることができないわ。それが私を嫌う理由になるの」

「でも、彼女の無知がどうして良いの?あなたとの関係はすでに悪いけど、でもあなたは正しいことをしたでしょう」

正しいこと。正しいことをするたびに、彼女はただ事態を悪化させてしまう。

ラナは去っていくロットワイラーを指差した。「ロットワイラー」彼女は他の手でジェスチャーした。「ジェネッサ」

「どんな日でもロットワイラーを選ぶわ」

ラナはイライラして手を広げた。「マリ、背骨を見せて」

***

もし興味があれば、私の教会では日本語の礼拝をストリーミングで見ることができる。

Comments

Popular Posts

Bethany House Publishers Cover Survey Invitation

Captain's Log, Supplemental I just got this from Bethany House Publishers: Hello Reader, We at Bethany House Publishers appreciate our readers opinions about the books we publish. Occasionally, we seek your input about upcoming products. Currently, we are conducting a survey about the cover image for an upcoming novel. For your time, we are offering a giveaway in conjunction with this survey. You will be able to choose from ten recent Bethany House novels, and there will be ten winners. Winners will be notified within two weeks. Click here to take the survey, which should take about 10 minutes to complete. Thank you for your participation, and feel free to forward this email on to your friends or link the survey on your website. The survey will be available through Monday, September 17. Thanks for your time and your opinions. We value your feedback. Sincerely, Jim Hart Internet Marketing Manager Bethany House Publishers

Save the Date - Camy's Patreon Launch

My Patreon will launch in 1 week! I took all the results of the poll and I have hopefully created fun and appealing tiers. About my Patreon: I'm trying something new for the next 6-7 months. If it works, I'll continue, but if I end up not liking it, I'll stop it in September or October. I will be starting a monthly subscription membership on a new Patreon account. I will be posting the chapters of my current book ( Lady Wynwood’s Spies, volume 7 ) so you can read ahead of when the ebook will be edited and published. My current plan is to post 1-2 chapters weekly. One reason I’m switching things up is that I want to get closer to my readers and build a tighter, more intimate community with you. You can comment on each chapter of my book, give a reaction, ask a question, or even correct mistakes. My books will become a dialogue with you. If you subscribe to my Patreon, you'll be charged monthly and have access to all the benefits for the tier you subscribe to. The

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th

Sweet Romance Reads: How do you celebrate accomplishments?

I’m at the Sweet Romance Reads blog and Facebook group talking about finishing my book and posting a poll about how you usually celebrate accomplishments. Check out the blog or Facebook group to weigh in!

FREE: Hidden Currents by Christy Barritt

Join Christy’s email list to get this story free! A notorious gang puts a bounty on Detective Cady Matthews’s head after she takes down their leader, leaving her no choice but to hide until she can testify at trial. But her temporary home across the country on a remote North Carolina island isn’t as peaceful as she initially thinks. Living under the new identity of Cassidy Livingston, she struggles to keep her investigative skills tucked away, especially after a body washes ashore. When local police bungle the murder investigation, she can’t resist stepping in. But Cassidy is supposed to be keeping a low profile. One wrong move could lead to both her discovery and her demise. Can she bring justice to the island . . . or will the hidden currents surrounding her pull her under for good? Hidden Currents is the first book in the six-book Lantern Beach Mystery series. Each book contains a standalone mystery, but there are overarching mysteries within the entire series. Get it now for

Psalm 103:2-3

Psalm 103:2-3 Dear Lord, Thank you, Lord, for all you’ve done for me. Don’t let me forget that you are always blessing me whether I notice it or not. Thank you for forgiving my sins, and thank you for healing me. I trust you and love you, Lord. Amen 詩篇103:2-3 親愛なる主よ、 主よ、あなたが私のためにしてくださったすべてのことに感謝します。私が気づこうが気づくまいが、あなたはいつも私を祝福してくださっていることを、私に忘れさせないでください。私の罪を赦し、癒してくださってありがとうございます。主よ、あなたを信じ、あなたを愛します。 アーメン

Chopsticks and knitting

Hahahahaha! My husband, Captain Caffeine sent me this cartoon. The Asian and the knitter in me loves this one: My parents taught me to use chopsticks at an early age so they’re pretty comfortable for me. Did you know there are differences between Japanese and Chinese chopsticks? The Chinese ones tend to be blunter and more slippery whereas the Japanese ones are pointier and sometimes have a textured tip to make it easier to grab food. My mom will eat salad with a chopstick, which I have to admit is a bit easier than a fork, for me. Any of you knit? Any of you use chopsticks?

ICRS, part 2

Captain’s Log, Stardate 07.14.2006 For all you writers —check out my Story Sensei critique service Summer Sale ! Ends tomorrow! Blog book giveaway: My Monday book giveaway is ARMS OF DELIVERANCE by Tricia Goyer. My Thursday book giveaway is TANGLED MEMORIES by Marta Perry . You can still enter both giveaways. Just post a comment on each of those blog posts. On Monday, I'll draw the winner for ARMS OF DELIVERANCE and post the title for another book I'm giving away ICRS, part 2 (continued from part 1 ): Sue Brower had invited me to the Christy awards that night and I was so thrilled to get to go. Everyone looked gorgeous. I’ve never seen Brandilyn Collins or Meredith Efken in anything besides jeans before. I hadn’t seen Sue Brower in two years and I was deathly afraid I wouldn’t recognize her, but Wendy introduced me and saved me from doing anything remotely stupid like, oh, walking past her. Sue immediately slammed me with the big dogs—she introduced me to the VPs of sales and

Toilet seat cover

Captain’s Log, Supplemental Update August 2008: I wrote up the pattern for this with "improvements"! Here's the link to my No Cold Bums toilet seat cover ! Okay, remember a few days ago I was complaining about the cold toilet seat in my bathroom? Well, I decided to knit a seat cover. Not a lid cover, but a seat cover. I went online and couldn’t find anything for the seat, just one pattern for the lid by Feminitz.com . However, I took her pattern for the inside edge of the lid cover and modified it to make a seat cover. Here it is! It’s really ugly stitch-wise because originally I made it too small and had to extend it a couple inches on each side. I figured I’d be the one staring at it, so who cared if the extension wasn’t perfectly invisible? I used acrylic yarn since, well, that’s what I had, and also because it’s easy to wash. I’ll probably have to wash this cover every week or so, but it’s easy to take off—I made ties which you can see near the back of the seat. And