Skip to main content

Psalm 103:2-3

Psalm 103:2-3 Dear Lord, Thank you, Lord, for all you’ve done for me. Don’t let me forget that you are always blessing me whether I notice it or not. Thank you for forgiving my sins, and thank you for healing me. I trust you and love you, Lord. Amen 詩篇103:2-3 親愛なる主よ、 主よ、あなたが私のためにしてくださったすべてのことに感謝します。私が気づこうが気づくまいが、あなたはいつも私を祝福してくださっていることを、私に忘れさせないでください。私の罪を赦し、癒してくださってありがとうございます。主よ、あなたを信じ、あなたを愛します。 アーメン

「戌年」連載小説 第3章

キャミー・タング著「戌年」連載小説

プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。

犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。

アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか?

しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。

アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。

マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか?

過去に発表されたパートへのリンクはこちら。

***

第三章 - モノクロームの装飾

ユイナがコンドのドアベルに応じるやいなや、アシュウィンは世間話などせず(そんなものには彼女がいらいらするだけだから)、すぐに言った。「ユイナ、ネルおばさんを施設に入れないで。僕のところに住ませて。」

彼女は長い間、彼をじっと見つめた。目も、唇も、顔も、すべてが穏やかだった。「アシュウィン、来るんじゃなかったわ。」そう言って、彼女は自分の寝室に戻っていった。

彼はただ立ち尽くすしかなかった。バカらしいと感じながら。「それがお前の答えか?」と彼は後を追いかけながら、後ろで玄関のドアを閉めた。

彼女のベッドの上には雪のように白い掛け布団の上に開かれたスーツケースがあった。コンド全体と同様に、彼女の寝室は白、灰色、そしてネルおばさんが「薄いトープ」と呼んでいたベージュのほぼ単色調の配色だった。

背を向けたまま、ユイナはパッキングを一時停止し、部分的に詰まったスーツケースをじっと見つめた。『本気で、僕が急にやってきて—ビジネスの旅行の準備をしている最中だって言ってたのに—さっきの電話のことを話し出すからといって、答えを出せると思うの?最初に母に話す暇もないのに。』彼女の手はわずかに震えながら、スーツケースに入れるズボンの隅をつまんだ。

その僅かな震えを見ただけで、彼はスマーフほどの大きさに縮こまった。ユイナはいつも冷静で、感情を見せることはなかった。しかし、彼女は電話でアシュウィンに対して何気なく自分の考えを言おうとしただけで、IEDを起爆させ、すでにかろうじて続いていた母との関係を裂いてしまった。

彼女は引き出しから服を引っ張り出し続ける。その間、アシュウィンは彼女の寝室のドア口に立っていた。

「ごめん、ユイナ。ネルおばさんがちょうどその時に固定電話に出るとは思わなかったよ。」

ユイナはため息をつき、荷造りを一時停止して、暗くて極端に短く切られた髪を手でかき上げた。 「もし彼女が電話を切っていなければ、固定電話なんて使わなかったわ。それは私が彼女に電話していたから。」彼女は振り向いて彼に顔を向けた。長くてぎこちない腕を細い胴体に巻きつけ、アシュウィンより数年上の大人の女性よりも、迷子になった十代のように見えた。

「ユイナとネルおばさんとの間にそんなに問題があったとは思わなかった。」

彼女は眼鏡を外して、目の上で指関節をこすった。 「私もそうだった、今日そのメモを見つけるまで。つまり、最近私はイライラしていたけれど、仕事も本当に忙しかったの。」

『そして仕事に集中すると、他の全て—または誰か他の—を見失う』

「イライラしてるの?何で?」彼は尋ねた。

「ママは最近、血糖値を気にしていないわ。」

「彼女が血糖値をよりコントロールしていると思ってたよ。いつも彼女に聞くと、大丈夫だって言ってるし、ちゃんと食事もしてるって。彼女、嘘をついてたの?」

「嘘をついてはいないわ。でも、それは私が彼女の食事について叱って注意を促しているから。私がやらなければ、彼女は左右にクラッシュするだろう。」

ああ、ユイナはネルおばさんが文字通り自分の血糖値を気にしていなかったと言っていた。代わりに、ユイナが気にしていたのだ。

ユイナは続けた。「私が何を食べるか、何を食べないか言ったら、問題は何もないわ。」彼女の顔には滅多に感情が出ないが、今は眉間に皺が寄っていた。

『ああ、困ったな…』アシュウィンは心の中で嘆いた。ネルおばさんはもっと自由が欲しいはずだ。「君がずっと彼女に小言を言っていると、ネルおばさんは子供扱いされていると感じるよ。僕たちが育った時、彼女は尊重されていないと思わせる行動を絶対に許さなかったよね。」

ユイナは一瞬驚いた顔をしたが、すぐに目を落とし、肩を落とした。「その通りよ。それは分かっているはずだった。でも、彼女にダメだといつも言っていると、親になった気分でとても疲れてくるの。」

アシュウィンはユイナの部屋で立っていると、彼女が周りの全てをコントロールする必要を感じているから、厳しすぎるほどにうるさいのかもしれないと突然思った。小学校の時からそうだった。ユイナはよく命令していて、アシュウィンが彼女を無視するようになると、だんだんと彼女は子どもたちにガーガー言っているロボットのアヒルのように聞こえてくるようになった。

反対に、ネルおばさんは金魚のように自制心がなかった。もしピザのコマーシャルを見たら、すぐにその夜の夕食はピザになると決めてしまう。ラムゼイおじさんが理由を聞いたら、テレビが言ったからだと答える。 (でもおじさんはピザを断ることは絶対になく、彼の抗議はいつも半ば冗談だった。)

「どれくらい厳しいの?」アシュウィンは腕を組んでユイナを睨んだ。「正直に言って。」

「医者がリストをくれたわ。冷蔵庫に貼ってある。」

「それで?」

彼女の目がそらした。 「糖分が多すぎるように見えるものは食べないように言っている。」

「ユイナ、君は全てに糖分が多すぎると思ってるよ。」ネルおばさんが完全にジャンクフードだけを彼らに食べさせたわけではないが、ユイナは全体的な有機食品しか買わないほど過激になっていた。問題は、ユイナが非常に創造的な料理人でなく、その全体的な有機食品は通常、味が薄い食事になることだった。

ちょっと待って……彼女はそんなことをしないだろう。「君、やってないよね?」と彼は言った。

「何をやってないの?」

「何をやったのかちゃんと知ってるよ。」

彼はただ彼女を見つめた。彼女は誰かが長い間しっかりと顔を見ていると嫌がるが、アシュウィンは彼のいとこを困らせる技術を完璧にしていた。

ついに彼女は言葉にならない降参の叫びをあげた。「いいわよ!人工甘味料を食べないように言ったかもしれない。」

彼はうめいた。『ユイナ……』ネルおばさんは非常に甘いものが好きで、さえも人工甘味料を拒否するなんて彼女の腕を切断するようなものだ。

「体に悪いのよ!」彼女は反論した。

「ネルおばさんの甘党が—」

「彼女をこの状況にした原因よ。」

彼は手を上げた。「確かに。でも、彼女が人生で甘いものすべてを断つように強制することはできない。少なくとも、徐々に彼女をその習慣から解放してみて。」

ユイナは彼を見ようとしなかった。

「冷断させたのかよ?!」今、彼はネルおばさんが今日アシュウィンの隠れ家に逃げ込む日を選んだ理由がわかった。

「悪い習慣を断つ効果的な方法として証明されているわ。」

しかし、彼はそれが人工甘味料以上の何かだと推測していた。ユイナはおそらく、彼ですら尻込みするような厳格な食事ガイドラインに母親を従わせようとしていた。結果として、ネルおばさんはおそらく試すことすらしていなかった。

そして当然、この状況全体が両方の女性に多大なストレスを引き起こしていた。

「グループホームで看護師がいれば、母の健康にそんなに心配はしない」とユイナは疲れた様子で言った。

「見知らぬ人たちと一緒に暮らして、看護師に食事を管理されるなんて、ネルおばさんの心は折れるよ」とアシュウィンは反論した。

「アシュウィン、誰かが彼女にダイエットを続けるように言わないといけないの。私の言うことなんて聞いてくれないから」

「ダイエットが厳しすぎれば、ネルおばさんは楽しみがないからやらない」と彼は言った。

「母は毎日もちを食べるだろうから、日常のスケジュールに構造が必要なの」とユイナが反撃した。

ユイナは母を理解していなかった。ずっと理解していなかった。不合理な動機や行動は彼女には理解できない。だから、ネルおばさんの考えや行動も理解できないだろう。それはおそらく、彼女にとっては混乱する事柄で、そのような場合、いつもよりも規則や規制に厳格になる。この場合、母の食事制限に関しては譲らない。

「ネルおばさんを新しいダイエットに慣らしてはどうか?」とアシュウィンは尋ねた。

「家に食べ物があれば、彼女はズルするわ、アシュウィン。それは知ってるでしょ」とユイナはため息をついた。「事実、母は誰かが見ている必要がある、特に血糖値が低すぎる時に」

「でもそれはどれくらい頻繁に起こるの?」

ユイナは何も答えず、ただ彼をじっと見た。それは彼が思っていたよりも頻繁に起こっていると気付いた。

「最後にいつだった?」と彼は尋ねた。

「二週間前」彼女の声はしっかりしていたが、その出来事を思い出して彼から目をそらし、少し色が薄くなった。「仕事から帰ってきたら、母がソファでぼんやりしていて、血糖値が低くなっていたの」

「二週間前? ネルおばさんがそれについて僕に何も言ってない。…待って、それについて君が僕に何も言わなかったのはなぜだ?」

「母がそれを言わないように頼んだの。君が心配するから―もしかすると、ちゃんと食べてないから罪悪感があったのかもしれない」とユイナは再び腕を体に巻きつけた。「本当に怖かったわ、アシュウィン。オレンジジュースを飲ませてから急患診療に行ったけど、看護師はもう大丈夫だと言った。遅くまで仕事があったら、何が起きるかわからない」

アシュウィンは飲み込んだ。ユイナはかなり頻繁に遅くまで働いている。それがそのような夜だったら、災害になっていたかもしれない。

「だから、ママを施設に入れようと考え始めたんだ」とユイナは告白した。

アシュウィンは今、彼女がそこまで極端な考えに至った理由が理解できた。普段はとても堅実なユイナだが、その状況は彼女をかなり動揺させたに違いない。もっと深刻な事態に発展する可能性もあったことを、彼女は理解していただろう。母親のそのような状態を見ると、ユイナはパニックに陥り、自分がコントロールできない状況に圧倒されてしまう。

アシュウィンもダスティも、このユイナの一面をネルおばさんに説明しようとしたが、彼女自身が全く異なる性格をしているため、理解するのが難しかった。彼女自身の言動がユイナをどう反応させるか、それが全く予想できなかったのだ。

「違うアプローチで、彼女がもっとうまく食べるようにしてみる」とアシュウィンは言った。

ユイナは首を振った。「正直に言うと、ママに君の家に泊まってほしくないんだ。」

「え?」と彼は驚いた。

彼女は手を上げて彼を遮った。「君はクライアントの会合のために外の島へ旅行しなければならない。彼女が君の家にいたら、何日も一人になることになる。」

「月に一回程度しか旅行はしていないよ。」

「それに夜も働くことがあるでしょ。ママは私のコンドミニアムでいるよりも、もっと一人になることになる。」

彼はそれについては真剣に反論できなかった。彼の仕事には決まった時間がなく、しばしばクライアントのスケジュールに翻弄されていた。

「それと…」ユイナは少し不快そうに見えたが、言った。「もし結婚することになったら、今と同じ問題に直面するわ—ママは施設に入れるか、私と一緒に暮らさなくてはならない。」

「ネルおばさんを家から追い出すような人とは結婚しない」と彼はきっぱりと言った。

ユイナは急に背筋を伸ばし、彼をまっすぐに見つめた。「アシュウィン、親は君やダスティを育ててくれたけど、最終的にはママは私の責任なの。なぜなら、彼女は私の母親だから。」

彼は彼女の顔をしかめて見た。「うん、君の母親だけど、僕たちにとっては母親に一番近い存在だよ。」実の母親として称するに値しない女性だった。

彼女は彼ににらみをきかせた。「分かったわ。それなら、私が長女よ。そしてケイトウ家では、長子が親の世話をするの。その責任を君に取られるわけにはいかない。」

彼は彼女の目に鋼のような決意を見た。ユイナは常に責任感が強く、その責任を非常に真剣に受け止めていた。それは彼女がしなくてはならないと感じたからではなく、彼女自身がそうしたかったからだ。それは彼女の性格に合っていて、彼女の行動を導いていた—彼女は常に何をしなければならないかを知っていたので、その通りに行動していた。

彼は彼女の意志を変えることはできないと知っていた。

「いい、君が正しい。君が長女で、彼女の娘だもの。でも、ダスティと僕もこの種の決断には関与すべきだよ。」

「もちろんよ。だから君と話したかったの。でもその後…」ユイナの顔が突然、恐怖、フラストレーション、後悔、罪悪感の珍しく表情豊かな混合に変わった。

「うん」と彼はぎこちなく答えた。それが起こってしまった。

気まずい沈黙の後、ユイナは言った。「母が今衝撃的な変化に対処して、時間をかけて慣れていく方がいいわ。」

「衝撃的な変化?どこにネルおばさんを置くつもりなの?」アシュウィンが問いただした。

「ひどいところには置かないわよ。」ユイナのいらだちは今度はアシュウィンに向かった。

彼は両手を挙げた。「わかってる、わかってる。」

「そして、母ができるだけ快適に過ごせるように、必要な調整は自然に行うわ。」

ユイナの主張はすべて論理的だったが、彼の内側ではこれが必要だと考えるたびに身震いした。そして、彼はユイナ一人でこれを処理させるわけにはいかない。なぜなら、彼女は何かしらの方法でネルおばさんを最も動揺させるようなことを無意識に行ってしまうだろう。しかし、彼は助ける方法があると期待していた。何か—

突如、ユイナの携帯電話が鳴った。彼女は発信者名を見て一瞬停止したが、アシュウィンはその名前、彼女の彼氏であるボイド・イングラムを見た。

「電話を取っていいよ、居間で待つから。」と彼は言った。

「いいえ、これは長くかからないから。」ユイナは彼女の彼氏とかなりうまくやっていた—大学時代から付き合っていたが—彼が考えるには、二人はロマンチックとは言えない。実際、アシュウィンはユイナが自分とダスティによく打ち明けることが多いと感じていた。

「ハイ、ボイド…いいえ、まだ荷造り中よ。」とユイナはスラックスを折りながら肩で耳に電話を押し当てた。ユイナの声は、彼氏に対しても、冷静かつ事実的だった。アシュウィンは彼女の声が彼を数分前の玄関で迎えたときと全く同じだと思った。

しかし、彼女は突然身を硬くし、スラックスに指を締め付けて高級な布地にシワを寄せた。彼女は、「いいえ、まだ話してないわ。」と少し怒って言い、思わずアシュウィンを見た。

彼はすでにユイナが誰を指しているのか推測していた。彼の怒りは高まって頭が暑く重苦しく感じられた。

「後でかけなおすわ、アシュウィンがここにいるから。」とユイナは言い、短い別れの言葉で電話を切った。

彼女が通話を終えるやいなや、アシュウィンは怒って言った。「なぜ、ボイドがネルおばさんの状況について、私よりも詳しいように思えるんだ?」

彼女の頬はまだ赤かったが、彼がとった口調に腹を立てたからなのか、それとも罪悪感を感じているからなのか、彼には分からなかった。彼女は1分間も何も言わず、でもその後、カーペットに向かって顔をしかめた。「ボイドが私にプロポーズしたんだ。」

彼は彼女を見つめながら口を開けた。瞬きをして、彼は言った。「えーと、おめでとう?」驚くべきではない。彼らは何年も付き合っていたし、ユイナは結婚に急いでいないとしばしば言っていた。

しかし、彼女はとても幸せそうな花嫁とは見えなかった。彼女はただ、さらにストレスを感じているように見えた。「まだ答えていない」と彼女は言った。

「なぜ?」

「お母さんがどうなるのかわからないと、答えられない。」ユイナは唇をかみながら付け加えた。「ボイドはお母さんといつもうまくやっているわけではないって、わかってるから。」

それは今年の過小評価だった。ボイドはユイナと非常に似ていた――論理的で安定していたが、アシュウィンは彼が自分のいとこよりも冷たい性格だと思っていた。彼は一般的に不耐性で、無能な同僚や通りの気づかないティーンエイジャーに対してもそうだった。ユイナは彼女の母親を理解しようと努力しているが、ボイドはただ彼女にイライラしていた。アシュウィンは、彼がネルおばさんを何か我慢しなければならない下等な生物のように扱っているように見えて、それが気に入らなかった。

「推測させて」とアシュウィンは厳しい声で言った。「彼はネルおばさんと住みたくないんだろ?」

「彼はそうは直接に言ってない」と彼女は反論した。「以前に簡単に話したことがあるけど、彼は義理の母と住みたくないだろうって…仄めかしたよ。彼自身の祖母は彼の両親と住んでいて、彼の母はそれについていつも文句を言っていたらしい。」

「そのプロポーズが、彼女を老人ホームに入れようと思い立たせたのか?」彼自身でも、自分の声が厳しく、不快に聞こえた。

「もちろん違う」と彼女は言い、彼に睨みをきかせた。「もう言ったでしょ、2週間前に彼女を緊急ケアに連れて行ったときから考えているって。でも、それからこの週末にボイドがプロポーズしたんだ。」

「ああ。」彼は後退したが、ボイドがプロポーズのタイミングで何が起こったのかと関連していると疑っていた。

彼女は深いため息をついて、単にベッドにどさっと座った。「これ全部を心配して、仕事でも集中力がなくなっている。ママのことが決まらないと、ボイドにも答えられない。それに、ちょうど出張に行かなくてはならない今日に限って、ママがコンドミニアムを出て行ってしまった。」彼女の頭は両手に埋もれ、指で額をこすり始めた。

ユイナがそこに座っている姿は小さく、壊れそうだった。アシュウィンは怒りが無用だと気づき、恥ずかしくなった。彼は龍に立ち向かう気で来たが、目の前にいるのはただ疲れてストレスを抱えた若い女性だけだった。彼が持ち込んだのは、ただのドラマだ。

「ユイナ、ごめんね。君がどれだけ大変な状況にいるか、理解していなかったよ」とアシュウィンは言った。

彼女は顔を上げて彼を見た。「あなたのせいじゃないわ。知らなかったんだもの。私が言ってなかったから」彼女の声は理性的だったが、疲れも感じられた。

ユイナが問題に直面すると、通常は問題解決モードに入り、解決策を見つけ出すように計算するコンピューターのようだった。しかし、彼女は負担を誰かと分かち合うタイプの人間ではなかった。それは、一緒に育てられた従兄弟であっても。

彼女が母親と非常に似ている一面は、ストレスを溜め込む傾向があることだった。ネルおばさんはそれから怒りや過激な行動、たとえば家を出て娘にただの手紙を残すなどで爆発する。

対照的に、ユイナがストレスを感じると、何の決断も下せなくなる—それが彼女を悩ませていることに関わる決断だけでなく。これが彼女の仕事にも大きな影響を与え、さらにストレスを感じさせた。

彼はこの問題がアシュウィンやダスティにネルおばさんのことを話さなかった真の理由だと気づいた。ユイナ自身、何をすべきかわからず、選択肢を調べる最良の方法についてさえ決断ができなかった。問題はただ積み重なっていき、彼女をますます混乱させていた。

長い間一緒に暮らしてきたが、こんなに彼女が動揺しているのを見たことがなかった。30歳とは思えないほど若く見えた。

彼女は長く、ゆっくりと息を吐いた。「ボイドのプロポーズのせいで、ただ母を施設に入れようとしているわけじゃないと思わないで。」彼女は茶色の髪の房を耳にかけた。「アシュウィン、すぐに結婚する必要は感じてないけど、最終的には結婚したいとずっと思ってた。ずっと独身でいたくない。ただ、ボイドと母は仲が良くないし、二人が同じ屋根の下で暮らすのは耐えられないと思うんだ。」

心の中では、ボイドがこの問題について譲歩する可能性は低いと彼は考えていたが、口には出さなかった。代わりに、ユイナを落ち着かせるための正確な方法を知っていた―それは、彼女の論理的な思考に訴えることだった。「聞いて、重要かつ緊急なことがたくさんある。このネルおばさんの件は重要だけど緊急じゃない。」ダスティはいつもユイナが何を感じているのかを理解していたが、アシュウィンはユイナが理解しやすい方程式に事を落とし込む方法をいつも知っていた。

彼女は何も言わなかったが、硬直していた肩がわずかに緩んでいるように見えた。

彼は続けた。「だから、緊急じゃないんだ。短期間、ネルおばさんを僕のところに預かるだけでいい。」

彼女は彼に苦しそうな表情を向けた。「アシュウィン、あなたの家は…」

「確かに、こんなに早くゲストを迎えるつもりはなかった」と彼は苦笑しながら言った。「でも、汚いわけじゃない。色やカーテンなど、何時間も決めることでネルおばさんを気を紛らわせるのもいいかもしれない。」

「彼女はその件が放置されたと思うでしょう。」

「分からない、彼女が僕と一緒に住んでる間、多分その考えに慣れさせることができる。多分、彼女には時間が必要なだけなんだ。」

彼女はため息をついた。「あまりにも多くのことが急に起こりすぎた。一時的な問題を解決するためだけに、何か決断を下してしまい、長い目で見れば事態を悪化させるのではないかと心配しているんです。」

「それはあなただけの決断じゃない。家族で話し合いましょう。」彼女の言葉が彼の良心に小さなひびを入れた。ユイナはいつも頼りにされている一方で、ネルおばさんとダスティはドラマの女王と王様だった。彼は自分のキャリアや家の購入に夢中になり、彼女が問題を肩代わりする手伝いをしているべきだった。「全てが一度に起こっているから、最悪に感じられる。確かにタイミングは悪いけど、一息つくための短期的な決断をすることは何も悪くありませんよ。」

それは何よりもビジネス提案のように聞こえたが、ユイナを落ち着かせる方法として、これが一番だと彼は知っていた。彼女の生活はこんなにも狂っていたので、彼は彼女が今頃、冷静な判断と合理性を切望しているのではないかと推測した。

彼女はまだ何も言わなかったが、その顔色は苦痛が消え、今はただ考えているように見えた。

「短期間だけでも、ネルおばさんを私と一緒に住まわせてください。」この時点で彼女を引き離すことができるとは到底思えなかったし、ユイナもその戦いを考えることすら疲れている可能性が高い。「それが私たちに何をすべきかを考える時間と、ネルおばさんが落ち着いて、ケージファイトにならずに彼女と話ができるようにする時間を与えてくれるでしょう。」

「わかった」と彼女は言った。

それを望んでいたにもかかわらず、彼女の承諾には驚いた。「本当に?」

「はい」彼女はため息をついた。「ありがとう、アシュウィン。」

「あなたが全てを一人でやらなくてもいいんだよ」と、彼は優しげな声で言った。「私もいるし、ダスティもいる。」

「ありがとう」と彼女は立ち上がり、彼に手を伸ばした。

彼女は決してスキンシップが多いタイプではなかった(一方で、ダスティは出会うすべての女性、若いか老いていようと、親しげにハグと頬へのキスをした)、だからその行動はアシュウィンにとって異質に感じられた。驚いて、自動的に腕を広げた。他のほぼ全ての女性がハグを求めているかのように見えた場合、彼がそうするだろうと。

しかし、彼は彼女が代わりに彼を回転させ、彼女の寝室のドアから出してしまったときに愚かに感じた。

「今、本当に帰らないと。私は旅行の準備をしないといけないから。」

***

もし興味があれば、私の教会では日本語の礼拝をストリーミングで見ることができる。

Comments

Popular Posts

Bethany House Publishers Cover Survey Invitation

Captain's Log, Supplemental I just got this from Bethany House Publishers: Hello Reader, We at Bethany House Publishers appreciate our readers opinions about the books we publish. Occasionally, we seek your input about upcoming products. Currently, we are conducting a survey about the cover image for an upcoming novel. For your time, we are offering a giveaway in conjunction with this survey. You will be able to choose from ten recent Bethany House novels, and there will be ten winners. Winners will be notified within two weeks. Click here to take the survey, which should take about 10 minutes to complete. Thank you for your participation, and feel free to forward this email on to your friends or link the survey on your website. The survey will be available through Monday, September 17. Thanks for your time and your opinions. We value your feedback. Sincerely, Jim Hart Internet Marketing Manager Bethany House Publishers

Save the Date - Camy's Patreon Launch

My Patreon will launch in 1 week! I took all the results of the poll and I have hopefully created fun and appealing tiers. About my Patreon: I'm trying something new for the next 6-7 months. If it works, I'll continue, but if I end up not liking it, I'll stop it in September or October. I will be starting a monthly subscription membership on a new Patreon account. I will be posting the chapters of my current book ( Lady Wynwood’s Spies, volume 7 ) so you can read ahead of when the ebook will be edited and published. My current plan is to post 1-2 chapters weekly. One reason I’m switching things up is that I want to get closer to my readers and build a tighter, more intimate community with you. You can comment on each chapter of my book, give a reaction, ask a question, or even correct mistakes. My books will become a dialogue with you. If you subscribe to my Patreon, you'll be charged monthly and have access to all the benefits for the tier you subscribe to. The

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th

Sweet Romance Reads: How do you celebrate accomplishments?

I’m at the Sweet Romance Reads blog and Facebook group talking about finishing my book and posting a poll about how you usually celebrate accomplishments. Check out the blog or Facebook group to weigh in!

FREE: Hidden Currents by Christy Barritt

Join Christy’s email list to get this story free! A notorious gang puts a bounty on Detective Cady Matthews’s head after she takes down their leader, leaving her no choice but to hide until she can testify at trial. But her temporary home across the country on a remote North Carolina island isn’t as peaceful as she initially thinks. Living under the new identity of Cassidy Livingston, she struggles to keep her investigative skills tucked away, especially after a body washes ashore. When local police bungle the murder investigation, she can’t resist stepping in. But Cassidy is supposed to be keeping a low profile. One wrong move could lead to both her discovery and her demise. Can she bring justice to the island . . . or will the hidden currents surrounding her pull her under for good? Hidden Currents is the first book in the six-book Lantern Beach Mystery series. Each book contains a standalone mystery, but there are overarching mysteries within the entire series. Get it now for

Psalm 103:2-3

Psalm 103:2-3 Dear Lord, Thank you, Lord, for all you’ve done for me. Don’t let me forget that you are always blessing me whether I notice it or not. Thank you for forgiving my sins, and thank you for healing me. I trust you and love you, Lord. Amen 詩篇103:2-3 親愛なる主よ、 主よ、あなたが私のためにしてくださったすべてのことに感謝します。私が気づこうが気づくまいが、あなたはいつも私を祝福してくださっていることを、私に忘れさせないでください。私の罪を赦し、癒してくださってありがとうございます。主よ、あなたを信じ、あなたを愛します。 アーメン

Chopsticks and knitting

Hahahahaha! My husband, Captain Caffeine sent me this cartoon. The Asian and the knitter in me loves this one: My parents taught me to use chopsticks at an early age so they’re pretty comfortable for me. Did you know there are differences between Japanese and Chinese chopsticks? The Chinese ones tend to be blunter and more slippery whereas the Japanese ones are pointier and sometimes have a textured tip to make it easier to grab food. My mom will eat salad with a chopstick, which I have to admit is a bit easier than a fork, for me. Any of you knit? Any of you use chopsticks?

ICRS, part 2

Captain’s Log, Stardate 07.14.2006 For all you writers —check out my Story Sensei critique service Summer Sale ! Ends tomorrow! Blog book giveaway: My Monday book giveaway is ARMS OF DELIVERANCE by Tricia Goyer. My Thursday book giveaway is TANGLED MEMORIES by Marta Perry . You can still enter both giveaways. Just post a comment on each of those blog posts. On Monday, I'll draw the winner for ARMS OF DELIVERANCE and post the title for another book I'm giving away ICRS, part 2 (continued from part 1 ): Sue Brower had invited me to the Christy awards that night and I was so thrilled to get to go. Everyone looked gorgeous. I’ve never seen Brandilyn Collins or Meredith Efken in anything besides jeans before. I hadn’t seen Sue Brower in two years and I was deathly afraid I wouldn’t recognize her, but Wendy introduced me and saved me from doing anything remotely stupid like, oh, walking past her. Sue immediately slammed me with the big dogs—she introduced me to the VPs of sales and

Toilet seat cover

Captain’s Log, Supplemental Update August 2008: I wrote up the pattern for this with "improvements"! Here's the link to my No Cold Bums toilet seat cover ! Okay, remember a few days ago I was complaining about the cold toilet seat in my bathroom? Well, I decided to knit a seat cover. Not a lid cover, but a seat cover. I went online and couldn’t find anything for the seat, just one pattern for the lid by Feminitz.com . However, I took her pattern for the inside edge of the lid cover and modified it to make a seat cover. Here it is! It’s really ugly stitch-wise because originally I made it too small and had to extend it a couple inches on each side. I figured I’d be the one staring at it, so who cared if the extension wasn’t perfectly invisible? I used acrylic yarn since, well, that’s what I had, and also because it’s easy to wash. I’ll probably have to wash this cover every week or so, but it’s easy to take off—I made ties which you can see near the back of the seat. And