Skip to main content

Lady Wynwood #7 early release Kickstarter

I worked on my first Kickstarter and it got approved! It’s for the Special Edition Hardcover of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and the release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. I contacted my graphic designer about the Special Edition Hardcover of vol. 1: Archer—it’s going to be SO beautiful! The Kickstarter focuses on the Special Edition Hardcover, but it’ll also include vol. 7: Spinster so that it’ll sort of be like a launch day for vol. 7, too. A third special thing that’ll be in the Kickstarter is Special Edition Paperbacks of all the books in the series. They won’t be available in stores, just in the Kickstarter (and later, from my website, and also in my Patreon book box tiers if I decide to do them). The Kickstarter is not live yet, but you can follow it to be alerted when it has launched. (You may need to create a free Kickstarter account.) Follow Camy’s Kickstarter

「戌年」連載小説 第2章

キャミー・タング著「戌年」連載小説

プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。

犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。

アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか?

しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。

アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。

マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか?

過去に発表されたパートへのリンクはこちら。

***

第二章 - ピンクと紫の花柄のスーツケース

アシュウィン・ケイトウはこんなことを言うとは思っていなかったが、高額な自動車保険はその価値を十分に発揮していた。保険の担当者との電話を終えると、彼の心から緊張の霧が消え去った。数週間後、彼の真新しい車は再び真新しくなるだろう。

その女性の顔が彼の視界に一瞬閃いた。彼女は事故に動揺していなければ、きれいだったろう。表情豊かな顔で、彼女は罪悪感や後悔を含め、さまざまな感情に変わっていた。しかし、彼女は協力的であり、イライラするようなことにはなっていなかった。

はそうだった。

彼は革のソファの涼しい腕に倒れ込み、座席の上部に頭の後ろをドンと打った。彼はとても不親切だった。その理由も分かっていた。何かその女性は、彼の母親と同じように明るく陽気な印象を与えた。

それと言うのも、彼が生んだ女性の記憶に似ていたからだ。

家の静寂が、今日の混沌とした状況の後に彼を癒した。まるでネルおばさんのショートブレッドクッキーがいつも彼の問題を何もかも消し去ってくれるように。彼は彼女に電話をかけるべきだが、明日にしよう――彼はセキュリティコンサルティング会社のクライアントとの早い夕方の会合に備えるために半時間しか残っていなくて、ジムでのトレーニングから臭っていた。

「立ち上がれ、アシュウィン」と彼の声は新しく塗られた壁に柔らかく反響したが、そのことが彼のプルプルとした足を動かしたくさせるわけではなかった。彼はソファのクッションの割れ目に非常に少ない努力で溶け込むことができた。

ピンポーン!

アシュウィン・ケイトウは、蹴られたかのようにソファから飛び上がった。クライアントだろうか?遅刻したのか?いつも弟に「ダスティ時間」に遅れるなと言っているくせに、もしかしたら神が彼の自己満足に罰を与えているのかもしれない。

彼は時計を見た。いや、遅れてはいない。まだ6時30分だ。

ピンポーン!「アシュウィン!ユーフー!」

『ネルおばさん?』

ドアを開けると、ちょうどそのタイミングで小さな拳が自分の胸骨に当たった。

「おっ!」ネルおばさんの珍しいヘーゼル色の目がきらきらとした後、桜祭りクイーンのような笑顔が日光を帯びさせた。「アシュウィン!」

「ヘイ、ネルおばさん。」彼は彼女の周りに腕を回し、頬にキスをして、ピカケの花とショートブレッドクッキーの香りを吸い込んだ。突然、彼は再び9歳になり、彼女のしっかりとした存在がかつて彼の混沌とした世界を安定させたのを思い出した。「何でここに?」

彼女の笑顔が少し揺れた後、すぐに元の明るさを取り戻した。「私が甥に会いに来ることはできないの?」

アシュウィンは普段水曜日の夜に彼女とディナーに行くが、今日は火曜日だ。

彼女は家の中に入る。 「これが新しい家なの?素敵ね。」完全に嘘で、この手直しの必要な家は、彼のきれい好きなおばさんにとっては、かろうじて住める程度だ。

彼女はまた、玄関の外に四つのピンクと紫の花柄のスーツケースを置いていた。その後に、アシュウィンは歩道のちょっと端に立っているタクシー運転手に気づいた。

「運転手にお金を払って、アシュウィン?」おばさんの声は彼のリビングの奥から聞こえてきた。

運転手にかなり大きめのチップを渡した後、アシュウィンは玄関まで四つの錦で覆われた「象」を運び込む作業に汗を流した。「ネルおばさん、そのスーツケースに何が入ってるの?」彼の脳の一部が猛烈に、何も知らないふりをすれば恐れていることは起こらないだろうと自分に言い聞かせた。

そんな運はなかった。「ちょっと長く滞在するつもりよ。アシュウィン、お風呂場ってまだ完成してないの?床がタイルだらけだわ。」

ドアを閉める動作を一時停止した。ネルおばさんが当たり前のことを言っているということは、見せている以上に不機嫌なのだろう。彼は慎重に言った。「ネルおばさん、何日かここにいてもらっても大丈夫だよ。でも、ユイナの家は大丈夫?」

「ユイナは大丈夫。」 切れ切れに。そして直接的な答えを避けている。

おやおや。『また喧嘩したのか?』

ネルおばさんの小柄な身体がリビングルームに再び飛び込んできた。「あんたのいとことはいつも仲良くしてるわ。でも、ホント、彼女って納屋からゴキブリまで追い出すくらいイライラするのよ。」

「ネルおばさん…」実際、ネルおばさんは娘のユイナとあまり仲良くない。二人は単純に性格が違いすぎる。

「実際に私に――命じたのよ、アシュウィン。ただ彼女を手伝いたかっただけなのに。」

アシュウィンはネルおばさんの「手伝い」がどういったものか想像できた。おおっと、危ない。二人の料理や掃除の方法は大きく異なる。彼は、神経質で潔癖なユイナが掃除に文句を言ったのではないかと推測した。

Certainly, here's segment #4 of your chapter translated into Japanese, formatted according to your style guide and edited for natural readability:

---

「だけど、家でゆっくりしてる間、ユイナはほとんど私に話さないんだから。まるでホテルのゲストみたいに感じたわ」とネルおばさんは続けた。

アシュウィンの鼻の奥で頭痛が始まった。ユイナはエンジニアリングの仕事に夢中で、食事や睡眠さえ忘れるほどだ。余計な会話で退屈な母親に時間を「無駄に」するわけがない。もしラムゼイおじさんがまだ生きていれば、この二人の強気な女性の間をどうにかして仲裁してくれただろう。ユイナは普段、母親とわざと喧嘩するほど無神経ではない。ラムゼイおじさんがいれば、何とかして二人があまり対立しないようにしてくれた。

そして今、彼らにはアシュウィンとダスティしかいない。怪も怪、猫と…更に怒っている猫のように喧嘩している。

「家の中を案内してくれる?」ネルおばさんの引きつった笑顔は、彼女の長々とした話を空気から消し去ろうとしていた。

アシュウィンは彼女にスパルタ式の主寝室を案内した。そこには床に布団が一つと、まだ箱に入った荷物があるだけだった。床の修復と仕上げはやっと終わったばかりで、まだ70年代の遺物である醜いアボカド色とレモン色の壁紙を剥がす必要があった。未完成の主用バスルームはほとんど使えず、バスタブが漏れてトイレのハンドルが詰まるので、彼は完成したゲスト用バスルームを使っていた。彼は自分の作業にかなり誇りを持っていたが、ネルおばさんがコメントしたのは、「このクリーム色、何て地味なの」だけだった。

彼は次に、新しい床が必要な二つのゲストベッドルームを案内した。一つは紫とピンクの壁紙が施されており、もう一つはピールした黒いペンキで覆われていて、エモ・ゴスの最悪または最高の夢のようだった。

雇った配管工がようやくキッチンのシンクを修理してくれたが、新しい冷蔵庫に比べて時代遅れに見えた。彼は現在、オフィスで茶色のシャグカーペットと偽木製パネリングを我慢しながら、急いで彼女を小さなダイニングルームへと案内した。ダイニングルームは希望を失ったほど空で、床が他の部屋ほど悪くない状態でも再仕上げが必要であり、壁の剥がれたペンキもはがしたかったため、テーブルは買わなかった。

最後に、リビングルームで短いツアーを終えた。そこは新しいレザーソファと、いくつかの電話帳の上に置かれたテレビで家の中で最も家具が揃っていた。ここでは、寝室の床を仕上げた直後に床材を完成させ、明るい色の木製の壁はしっかりと洗浄し、数か所の修理が必要だけだった。

「もう少しインテリアを工夫するといいわね」と彼女はソファに沈んだ。「おお、これは心地いい。数日はこれで大丈夫。」

「ネルおばさん、申し訳ありません。次の数日でゲストベッドルームをきれいにして、ベッドを用意します」とアシュウィンは答えた。」

「それで大丈夫よ。私が来る前に言わなかったし、君も新しい家にばかり引っ越してきたんでしょう?」

「ばかり引っ越してきた」とは三ヶ月前のことだが。その前には、町の中でコンドミニウムを借りていた。でも、彼は育ったビーチが恋しくなり、ワイアルアのこの改修が必要な家を買った。ホノルルの会社オフィスへの通勤は長かったが、仕事は州全体のクライアントと会うことが多かったため、住む場所はあまり関係なかった。

「私、インテリアの手伝いができるわよ」と彼女はにっこりと笑った。

それは不吉だ。そして永続的だ。「ネルおばさん、どのくらい……ええと……何かユイナのコンドミニウムに残してきたの?」

「もちろんよ。私の荷物は全部ユイナの所にあるわ」

よかった、と彼は思いきや。

「でもデュエロス家に頼んだの。知ってる?数軒先に住んでいるけど、私の全ての荷物をここに運ぶように頼んだのよ」

見えない指が彼の喉をつかんで絞った。「ここに?」と彼はかすれた声で言った。

「ええ、君の兄さんの小さなアパートに住むわけにはいかないし、君はたくさんのスペースがあるのよ」

何と言えばいいのか?『ネルおばさん、ホノルルに戻って、どうやらこれまでの一年間、ユイナと仲が悪かったようですが、うまくやってくださいと言いたいです。』彼女とユイナの関係がこれほど悪化していたなんて、なぜ知らなかったのか。ネルおばさんが自分の娘の家を出るとは。

彼がネルおばさんに借りがあるのは言うまでもない。父が亡くなった直後、アシュウィンとダスティがまだショックを受けていたとき、彼女は二人を引き取り、必要としていた愛情を惜しみなく与えてくれた。

携帯のアラームが鳴った。7時だ!「あの、ネルおばさん、すぐにクライアントが来るんですが・・・」

「そのクライアント、ここに来るの?」完璧に整えられた眉が彼女のカールした(高価に染められた)前髪の中に消えていく。彼女の大きな目は居間を一瞥したが、明らかにこのぼろぼろの家全体を見ていた。

「ここで会ってから、彼のオフィスビルに向かいます。近くなんです。」

ネルおばさんは手をパタパタさせた。「ベビーシッターは要らないわ。お給料を稼ぎなさい。」彼女は彼のテレビのリモコンに目を向けた。「ティボはないの?」

彼は寝室に向かいながら携帯を取り出した。1分間のシャワーを急いで済ませるためだ。幸い、クライアントは最初の着信で出た。「フィル、アシュウィンだよ」と彼はショートパンツから足を抜きながら言った。

それから、ドアベルが鳴った。遅すぎた。

彼は足元に落ちたショートパンツを見つめ、それを引き上げるときに顔を歪めた。

電話でフィリップは何かを食べているようだった。「アッシュ、何だい?俺、お前の家の外にいるよ。」

同時に、ネルおばさんが叫んだ。「アシュウィン、ドアを開けるわ。」

アシュウィンは寝室からすぐに出てきて、電話に話し始めた。「ごめん、フィル、遅れてる。」ちょうど、ネルおばさんが玄関のドアを開くのを見たときだった。

フィルがそこに立っていた、顔が広く笑顔も広い短身の日本人男性。大きなブリトーを一口食べながらでもその笑顔を維持していた。彼は飲み込んでネルおばさんに言った。「こんにちは、フィルです。」

「はじめまして」とネルおばさんが言った。「ごめんなさい、アシュウィンが遅れているのは私のせいです。」

「気にしないで、ブラザー」とフィルが自分のブリトーを掲げた。「私もそうだよ。」

「中に入って食事を終えてください」とアシュウィンが言った。「すぐにシャワーを浴びます。」それから彼は自分の空のダイニングルームを思い出した。「ネルおばさん、フィルをパティオのテーブルに案内してもらえますか?」

「ナプキンはありますか?」とフィルが玄関で靴を脱ぎながら聞いた。それから彼女を家の中を通って続いた。

「持ってきます」とアシュウィンが答えて、キッチンに入りナプキンを探し出した。ちょうどフィルにそれらを屋外に持って行くところで、彼の固定電話が鳴った。キッチンに電話があったので、彼は受話器を取った。大抵はテレマーケティングだったが、仕事ではセキュリティ機器がついたオフィスの固定電話も必要だった。「もしもし?」

「アシュウィン、ユイナだよ」

(親戚として)仲のよくない二人の間で、これがただの世間話だという確率は何だろうか?『心配だな』と彼は思った。彼の胃が締め付けられた。「こんにちは、ユイナ」と彼はゆっくりと言った。

「携帯にかけたけど、直接、留守電に入った」と彼女はいつもの無感情な口調で言った。

彼は携帯電話を確認した。そうだ、メッセージが入っていた。彼がフィルに電話をかけていたときに、彼女もかけてきたに違いない。「ごめん、クライアントと電話をしていたところだったよ」

「そう。それでね、ママからのメモを見つけた。君のところに引っ越してくるってさ。」

「ええと・・・」アシュウィンは何と言うべきかを考え込んだ。ユイナとのコミュニケーションはいつも難しかった。なぜなら、彼女の顔が表すことのできる唯一の感情はイライラしているように見えたからだ。ダスティは、彼女が何を考え、感じているのかを推測する方がずっと上手だった。

「あなたの沈黙から判断すると、母は突然やってきたのですね。そして、あなたには何も言ってこなかったのでしょう。」ユイナは言った。「私がすぐにそのメモを見つけるとは思っていなかったようですね。」彼女はため息をついた。「母の携帯に何度もかけているのですが、応答がありません。お願いですから、彼女を電話に出してください。」

アシュウィンがそれをやる可能性は完全にゼロだった。なぜなら、彼はただでさえエネルギーがない状態で、二人のケージファイター―いや、家族との仲裁をする気はなかったからだ。『仲直りの期間が必要なのかもしれないと思いますよ。』

「冷静になる? なぜ母が冷静になる必要があるのですか?」彼女の声はいつも通りの無表情な調子だったが、アシュウィンには本当に困惑しているように聞こえた。

ユイナは、正直、なぜ母との関係がうまくいかないのか理解していなかった。そして、ネルおばさんも一生懸命に試みていたが、人々を助け、安心させようとするその性格は、ユイナのロボットのような思考方式を理解するにはあまりにも異質だった。

「見て、あなたも忙しいし、ネルおばさんはダスティと私ともっと時間を過ごしたいと言っていました。それがハワイ・ノースショアにいる私たちのところに泊まる形になると、より簡単です。」

短い沈黙。「えっと … それはどれくらいの期間ですか?」

なぜそれが問題なのか?「彼女が希望する限り何でもいい。空きスペースがないわけではないから。」

「あなたの家は、かろうじて衛生的だと言えますよ。」

「おい!失礼だな! 週末ごとに掃除しているんだ。」

また沈黙。

何か気になることがあった。彼女は自分自身に不確かなように聞こえた。「大丈夫ですか?」

「私 … ダスティとあなたと話さなくてはならないことがあります。」

彼の胸で何かがひっかかる感じがした。「全て大丈夫なのか?ダスティは多分、バイトに出てるだろう。今、クライアントがいるけど、キャンセルできるよ―」

「いいえ、仕事をキャンセルする必要はありません。私は…二人にメールを送ることにします。」

彼女の冷静な言葉にも関わらず、頭の中で警報が鳴り始めた。「ユイナ…」

更なる沈黙。

これは奇妙だ。まず、ネルおばさんが、いつも周りの人々に対して非常に配慮しているにもかかわらず、突然自宅を出てアシュウィンの家に現れた。そして、今、ユイナもどうもためらっているようだ。ユイナとネルおばさんの間に、彼が知らされていない何かが起きているのだろうか?

「アシュウィン、電話で言いたくなかったんだけど、明日、アリゾナの本社に出張することになってる。二週間いなくなるよ。」

「出張?いつ知ったの?」

「今日です。マネージャーが現地で新しいプロジェクトを監督する人物が必要だと。だから、今日は早く仕事を終えました。」

そしてネルおばさんのメモを見つけた。「ああ。」それでも、彼女がなぜそんなに緊張しているのか説明していない。以前にも出張に行っていた。アシュウィンとダスティは、彼女が出張中はもっと頻繁にネルおばさんをランチやディナーに誘っていた。

「出発前に言おうと思っていたんだ。」

何を言いたいのか?「はっきり言ってよ、ユイナ。大人だからさ。」

突然、電話がクリックという音を立てた。

「アシュウィン、母をグループホームに入れるつもりだ。」

彼の胸にはまるで大槌が突き刺さったような感じがした。老人ホーム?でもネルおばさんには大きな医療的な問題はないはずだし、頭もまだしっかりしているし―

「何って?」と女性の声が要求する。

バン!彼の腹部がラムゼイおじさんの古いピックアップトラックのように後退した。「ネルおばさん! 何して電話に出るの?」

ユイナの「え?」は、ネルおばさんの「老人ホームって何?」という叫び声にかき消された。

「ネルおばさん、なんで電話に出てるの?!」

「ママがなんで電話に出てるの?!」

それからネルおばさんは大声で泣き始めた。ユイナの次の言葉はその泣き声にかき消された。

「ユイナ、切って!」アシュウィンはネルおばさんの泣き声にかき消されないよう大声で叫んだ。ユイナは通話を切った。

アシュウィンは電話を置いてリビングへと急いだ。そこには固定電話の別の受話器があった。ネルおばさんはソファに座って、泣いていた。

その光景は彼を一気にパニックと恐怖、そして心配で打ちのめした。ネルおばさんが泣いているのを見たことがあるかどうか、彼には思い出せなかった。彼女は普段から明るくて優しい人だったが、しっかりとした一面も見せていたし、彼が未成年だった頃にはよく怒っていた。

しかし今、彼女の痛みと脆弱性が彼に迫ってきて、喉元をつかんだ。何をすればいいのか、彼には分からなかった。ただ、目の前の光景が何かおかしいことだけは確かだった。

彼は彼女の隣に座った。ダスティほど触れ合いが好きなタイプではなかったが、今はぎこちなく彼女に腕を回した。

どうやら正解だったようで、彼女の手が上がってきて彼の手をしっかり握った。

パティオのドアの外で動きがあり、彼はフィルが同情的な顔をしているのを見た。フィルは口パクで後でアシュウィンに電話すると合図し、そっとパティオを出て裏庭の側面のゲートから出て行った。

アシュウィンは遅れてフィルに渡すつもりだったナプキンをまだ持っていることに気付き、それをネルおばさんに渡した。彼女は何分かその湿ったナプキンで静かに泣いた後、ついにそれを使って鼻を大きな音でかんだ。

「横で話を聞いてごめんなさい」と彼女は数回速い呼吸をした。「ダスティに私がここにいるって伝えようと思って電話を取ったの。君がユイナと話しているなんて知らなかったわ。」

「気にしないで、ネルおばさん。ユイナと話しますから」と彼の声は震えていたので、もう少し自信を持って話そうとした。「施設に入る必要はありません。」

「私とユイナの間に君が介入する必要はないわ。」

「何言ってるんですか、ネルおばさん。ダスティと私にとって、あなたは母親に一番近い存在です。ユイナも私たちの姉のようなもの。私たちは家族なんです。こういったことは家族で決めるものです。」

その沈黙は重くもあり、同時に心地よかった。ユイナがそのニュースを聞いたとき、ネルおばさんが彼と一緒にいてくれていることに突如感謝した。彼女が一人でいるのを望まなかった。彼女に彼が味方であることを知ってほしかった。

ネルおばさんは数分間何も言わなかったが、話し始めた時、彼女の声は細くて、もろい糸のようだった。「私は見知らぬ人たちと一緒に住みたくない。」

彼は彼女の周りに腕をきつく締めた。「見知らぬ人と一緒に住むことはない。私と一緒にここで住むんだ。」

その後も数分間沈黙が続いたが、ネルおばさんの目がふわふわと閉じ始めた。

「ネルおばさん、少し横にならない?」アシュウィンが尋ねた。

彼女はあくびをした。「いい考えね。」

「私のベッドで昼寝してくださ...」と言いかけたが、ネルおばさんはすぐにアシュウィンから離れてソファに横たわった。

彼は立ち上がって、彼女の足を折りたたみ、自分の箱から1枚の毛布を探して彼女を覆った。彼女はすでにぐっすり眠っていたが、顔は以前よりもシワが増えているように見えた。

彼はこのすべてを解決するためにユイナと話さなければならない。なぜユイナは、少なくともアシュウィンとダスティにネルおばさんがどちらかと同居することについて話すことなく、グループホームを決めたのだろうか?

実際、その質問を思いついた途端、答えがわかった。ダスティの賃貸アパートは狭すぎ、アシュウィンの家はガタガタだった。それでも、彼女がグループホームを考えていると知っていたら…

いや、これには見ている以上に何かもっとあるはずだ。彼が彼女と話さなければ答えは出ない。

そして、ユイナの感情は読み取りにくいかもしれないが、彼女の合理的で詳細な考え方は、一種奇妙な方法で安心感があった。ユイナとは何も推測する必要がなく、行間を読む必要がなかった。彼女には論理的で詳細になることができた。

この問題の根本に達する。どこかで大きな誤解があるはずで、それを話し合ったら、すべてが元に戻る。

おそらく。

***

もし興味があれば、私の教会では日本語の礼拝をストリーミングで見ることができる。

Comments

Popular Posts

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Toilet seat cover

Captain’s Log, Supplemental Update August 2008: I wrote up the pattern for this with "improvements"! Here's the link to my No Cold Bums toilet seat cover ! Okay, remember a few days ago I was complaining about the cold toilet seat in my bathroom? Well, I decided to knit a seat cover. Not a lid cover, but a seat cover. I went online and couldn’t find anything for the seat, just one pattern for the lid by Feminitz.com . However, I took her pattern for the inside edge of the lid cover and modified it to make a seat cover. Here it is! It’s really ugly stitch-wise because originally I made it too small and had to extend it a couple inches on each side. I figured I’d be the one staring at it, so who cared if the extension wasn’t perfectly invisible? I used acrylic yarn since, well, that’s what I had, and also because it’s easy to wash. I’ll probably have to wash this cover every week or so, but it’s easy to take off—I made ties which you can see near the back of the seat. And

What's a Kickstarter and what will I get from it?

I’m hoping to do a Kickstarter in late July or early August, and I thought I’d post this to answer a few questions you might have about it. What’s a Kickstarter and why’s Camy doing one? My Kickstarter is a crowdfunding campaign to fund the production of a Special Edition hardcover with dust jacket of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer. Depending on how this Kickstarter goes, eventually I would like to do Special Edition hardcovers of the other books in the series. For all you avid fans of the series, this Kickstarter will also offer an early release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. However, the main focus of this campaign is the Special Edition hardcover of book 1. Kickstarter isn’t a shopping website, but I admit I kind of feel like I’m shopping when I back a campaign for books or items that look fantastic! Why Kickstarter: Kickstarter enables me to produce the kinds of gorgeous special editions that I love and offer them to you, my readers, so you can

Camille's Writing Progress

Join my newsletter to get regular updates in your inbox!

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th

Grace Livingston Hill romances free on Google Books

I wanted to update my old post on Grace Livingston Hill romances because now there are tons more options for you to be able to read her books for free online! I’m a huge Grace Livingston Hill fan. Granted, not all her books resonate with me, but there are a few that I absolutely love, like The Enchanted Barn and Crimson Roses . And the best part is that she wrote over 100 books and I haven’t yet read them all! When I have time, I like to dive into a new GLH novel. I like the fact that most of them are romances, and I especially appreciate that they all have strong Christian themes. Occasionally the Christian content is a little heavy-handed for my taste, but it’s so interesting to see what the Christian faith was like in the early part of the 20th century. These books are often Cinderella-type stories or A Little Princess (Frances Hodgson Burnett) type stories, which I love. And the best part is that they’re all set in the early 1900s, so the time period is absolutely fasci

Christmas meme

Captain's Log, Stardate 12.17.2008 1. Wrapping paper or gift bags? Bags because they’re HECKA EASIER! HELLOOOOOO! Besides, save a tree. 2. Real tree or Artificial? I like the smell of real trees (had them while growing up) but cleaning up the needles in January was a pain in the petootie! Gimme a fake one anyday! I’ll burn pine logs to get the smell. 3. When do you put up the tree? That should probably be IF we put up a tree. Since it’s in the living room, the Christmasy eye candy is lost on us. 4. When do you take the tree down? After New Year’s Day. Sometimes a few months after New Year’s Day ... 5. Do you like eggnog? Yup! Full fat! Bring it on, baby! 6. Favorite gift received as a child? Books! (Come on, you saw that coming, right?) 7. Hardest person to buy for? My parents! They already have pretty much everything they want. If they don’t have it, they’ve already bought it. And anything they do want is WAY out of my price range. 9. Do you have a nativity scene? No 10.

I sold to Steeple Hill!

Captain's Log, Supplemental Remember that romantic suspense proposal I blogged about earlier? Well, it just sold to Steeple Hill’s Love Inspired Suspense line! I am so jazzed! I am beyond jazzed! The story’s working title is Sinister Spa The story's title is Deadly Intent and here’s a blurb (but it’s probably not what will appear on the back of the book): Massage therapist Naomi Grant could use a massage herself. With her father at home recovering from a stroke, Naomi is put in charge of the family’s elite day spa in Sonoma county. The new responsibilities sit awkwardly on her shoulders, and things only get worse when handsome Dr. Devon Knightley breezes into the spa, demanding to see one of the female clients. And the woman is found dead in Naomi’s massage room. Suddenly, Naomi is a suspect and her family’s spa is shut down. How could God let this awful thing happen? Devon only needed to see his ex-wife about a family necklace she still hadn’t returned, but when she dies and

Poll for the title of my book!

Captain’s Log, Supplemental Blog book giveaway: My Thursday book giveaway is The Wedding Caper by Janice Thompson . My Monday book giveaway is Thanks for the Mammogram! AND Reconstructing Natalie , both by Laura Jensen Walker . You can still enter both giveaways. Just post a comment on the blog posts above . On Thursday, I'll draw the winner for The Wedding Caper and post the title for another book I'm giving away. Pick my title! The Zondervan Marketing Department is torn about which title would be best for my debut novel. So you guys get to weigh in! Here are your choices: Solo Sushi Sushi for One Single Sushi Solo Sashimi Leave a comment about which you prefer and WHY. I’ll run this poll for a couple weeks to figure out which will be the title for my new book! TMI: Writing: I posted another "Health and the Writer" post at WriterQuotes , and an agent post at my Story Sensei blog . And in case you missed it, my review of The Guy I’m Not Dating by Trish Perry is

Interview with Fantasy author Willamette Sutta

Adamant in Dust by Willamette Sutta Stones of power and one princess to save them all. The Far Stone Endurant is broken, and a prophecy foretells doom… She should have been the chosen princess to deliver them. But Pergi can’t love Prince Teyrnon, and that's a deal-breaker. Pergi has prepared all her life to become the ruler that her father wants. Without sons, he knows she could only retain the throne if she marries the neighboring prince, combining their kingdoms. Yet the same prophecy that calls for the reunification also warns that they must join by love. Supplanted by her younger sister in this sentiment, Pergi waits with ill grace for Sadira to marry Teyrnon and steal her birthright. No one expects that Sadira would do a runner on her wedding day. What starts as an impromptu rescue of the wayward bride leads to a desperate struggle against a deadly foe. The dark lord Malchor ensnares Sadira in his opening bid to gain all the Far Stones of power. With them, he wi