Skip to main content

Lady Wynwood #7 early release Kickstarter

I worked on my first Kickstarter and it got approved! It’s for the Special Edition Hardcover of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and the release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. I contacted my graphic designer about the Special Edition Hardcover of vol. 1: Archer—it’s going to be SO beautiful! The Kickstarter focuses on the Special Edition Hardcover, but it’ll also include vol. 7: Spinster so that it’ll sort of be like a launch day for vol. 7, too. A third special thing that’ll be in the Kickstarter is Special Edition Paperbacks of all the books in the series. They won’t be available in stores, just in the Kickstarter (and later, from my website, and also in my Patreon book box tiers if I decide to do them). The Kickstarter is not live yet, but you can follow it to be alerted when it has launched. (You may need to create a free Kickstarter account.) Follow Camy’s Kickstarter

「戌年」連載小説 第1章

キャミー・タング著「戌年」連載小説

プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。

犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。

アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか?

しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。

アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。

マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか?

過去に発表されたパートへのリンクはこちら。

***

キャミー・タング著「戌年」連載小説

第一章 - 消防車赤のコルベット

マリ・ムトウは、義兄が妹を裏切っていなかったら、彼女のSUVでそのスリークで高級そうなアウディに突っ込むことはなかっただろう。本当に、彼女のせいじゃない。

そして、彼女がいつものように遅れていたら、不動産代理店の駐車場の端に駐まっている消防車赤のコルベットなんて、ましてやその中にいる二人なんて、気づかなかったはずだ。彼女は、潜在的な犬の訓練クライアントに会いに行く途中でそれを素通りしていたであろう。

でも、人生で初めて、彼女はジム・トンとの約束に早く到着した。彼が彼の職場で昼休み中に会うように頼んでいた。彼女のSUVは、駐車場に急いで入り、木の下や、それがなければ新しめの高級車の隣など、日陰のスポットを探した。その車のオーナーは、彼女の新しいティールグリーンの塗装に傷をつける可能性が低いだろうから。

彼女はいい場所を見つけた。確かに、コルベットでくちづけを交わすカップルを良く見る場所だった。ブロンドの女性の顔は見えなかったが、真っ昼間にみんなの前でガリガリしている四十代くらいの男の顔はしっかりと見えた。本当に、一部の人々はPDAに対する恥知らずさがない…

ちょっと待って。彼女はその男を知っている。

その男はウィリアムだ。彼女の義兄。妹の15年間の夫。

『彼はあの女と何をしているんだ?!』

ガリッ! トラックが何かにぶつかったかのように突然動いた。

ああ、いけない。ぶつかってしまった。

彼女の胃は絞り取られた布のように締まった。彼女は気分が悪くなりそうだ。

彼女がぶつかったのは、見たところで言うなれば、本当にいい車だった。ブラックなレーシングタイプ。高価そうだ。そして、非常に怒ったオーナー。

「何をしてるんですか? 見てもいなかったんですか?」男の声は明瞭で、地元のピジン訛りはほとんど感じられなかった。アジア系の特徴を持っていた(日本人か、それとも韓国人か? 彼女にはよくわからなかった)が、短くて柔らかく波のように動く髪は、非常に暗い黒でほとんど青に見えた。身長は平均的だが、肩幅は広く、歩く―いや、彼女の車に向かって怒って歩く様子には、しなやかでアスレチックな優雅さがあった。ヘーゼルナッツ色の目は怒りに燃え、強い顎の筋肉がピクピクと動いていた。実際、彼はあるK-ドラマのスターに似ていたような…

「ハロー? 誰かいますか?」

「え?」彼女は瞬きをした。美しすぎる韓国の映画スターが芸術的な風で髪をなびかせるビジョンが、怒っている不動産業者(彼女の推測で、これは不動産代理店の駐車場だから)に変わった。その業者は、長い指で髪を引っ張り、きちんと手入れされた髪が乱れていた。

ああ、そうだ、フェンダーベンダーだ。『集中しろ、マリ。』

彼女は車から降りようとしてドアハンドルに手をかけたが、その動きを止めた。ウィリアムはまだコルベットにいて、おそらく彼女がちょっとした騒ぎを起こしたことをラバーネックしているのだろう。すでに彼女のティールグリーンの車を認識していなければ―新しい塗装なので、それはあり得る―彼は確かに、いわば“現行犯”で彼を目撃する義姉を気づくだろう。

ウィリアムに見られたくなければ、車内にいなければならない。

彼女は窓を下げた。「ごめんなさい―」

「それだけですか?」

マリは自分のガールパワーに誇りを持っていて、男性の前で怯えることはないと自負していたが、今回は認めざるを得なかった。彼女は、アジアの美容製品の広告に出演できるほどのイケメンが、雷神・カミナリ様にそっくりな恐ろしい姿に変わるなんて思ってもいなかった。「保険証を取りますね。」

「先にバックして、どれくらいのダメージを与えたのか見せてくれないか?」

ああ、それは確かにいい案だ、特に彼の刺すような口調を無視するなら。彼女は後退した。

すぐに後悔した。彼のバンパーは、彼女がチェーンソーで攻撃したかのように見えた、小さなSUVでそっと押しただけなのに。

彼女は目を閉じ、何回かステアリングホイールに額を打ちつけた。車のシートに胃が溜まっていく。今日は本当に彼女の日ではなかった。年さえも。新年以降、犬の訓練という副業が思うようにいかなかったので、今日この潜在的なクライアントを失いたくなかった。

そして、おそらくその約束にも遅れるだろう。

「もし、あなたがちょっとしたメルトダウンを終えたら、保険証を見せてください。」彼は丁寧な「ください」にも鋭い侮辱を込めていた。

大きな厄介者。彼は今、彼女が困っている唯一の原因が彼の怒っている顔でないことに気づくべきだろう。彼女は、助手席から床に落ちたバッグを掴んだ。これを早く終わらせれば、義兄に気づかれずに、そして彼に見られずに建物に入る可能性がある。

あった!医療保険証の裏にくっついていた保険証を取り出した。 「はい、どうぞ。」 彼女はその不機嫌な男に保険証を渡した。彼はまるでじっと見つめるだけで直せるかのようにバンパーに憤慨していた。彼は彼女を見ずにカードを取った。

「あなたの保険証もいただけますか?」 彼に対する評価が急速に下がっていることを考えると、彼女は「お願いします」と言い出したことが自分自身で少し誇りに思った。

「何の?」

「保険証です。」

「俺はこの事故を起こしてないよ。」

彼女は歯を食いしばって話さざるを得なかったので、トーンを砂糖でコーティングしようとした。 「それを言ったわけじゃないです。私の保険調整員にあなたの名前を伝えるので、あなたの保険調整員の電話を待っています。」

彼はただうなっただけで、彼の電話で彼女の保険証の写真を撮った。 彼が背中のポケットに財布を探すために長くて細い胴体をねじっているとき、彼がどれだけ美しいかは本当に不公平だった。

マリは前方のダッシュボードににらみを向けた。いや、全く興味がない。「私はあなたの頭を噛み切りたいほどイライラしている」という態度を持つ美しい男を見ることに。確かに、彼女は彼の車にぶつかった。しかし、彼女は礼儀正しくて協力的だったが、彼は彼女が事故についてヒステリックになっているかのように振る舞っていた。彼女は携帯電話を取り出して、彼の保険証の写真を撮り、フロントガラス越しに彼のナンバープレートの写真を撮った。

彼女は目の隅で何か動くのを捉えた。おお、よかった――ウィリアムのふざけた肩と少し乱れた髪が、駐車された車の上を飛び越えてビルに入っていった。彼の顔に吸い付いていた金髪の女性は見えなかったが、この時点でそれは本当にどうでもよかった。何しろ、マリの姉、ジェネッサは確実に金髪ではなかった。

マリはその不機嫌な男にカードを突きつけた。「終わりましたか?」

彼は彼女のカードをひっくり返したが、彼女は犬が好奇心から不従順になる前に、雷速でリードを引っ張る年月で研ぎ澄まされた反射でそれを簡単に捉えた。

「じゃあ …」どうやって、自分がただ今壊した高級車の持ち主である怒った男との会話を終えるべきか。「さようなら。」彼女は自分の車をさらに後退させ、近くの駐車スペースに曲がった。

その不機嫌な男は、彼の近くに駐車したことにあまり喜んでいないようだったが、なぜそれが問題なのか彼女にはわからなかった。彼女の車は駐車していた。これ以上、彼に何の害もない。

彼女は、駐車スペースが狭すぎて、隣のミニバンがほぼ自分のSUVに密着していたため、車のドアをゆっくり開けなければならなかった。それから、今日もう一台車に凹みをつけないように気を取られている間に、財布を忘れそうになった。

車から出た後、彼女は腰を使ってドアを閉め、二台の車の間をカニ歩きで抜け出し、深呼吸をする時間を取った。[美しい]怒っている男と彼の[美しい]中年の危機の車は消えていた。

彼女はニットのブラウスを整え、堂々と歩き出した…が、警報をセットしていなかったことに気づき、立ち止まった。

まあ、それはそれで悪くなかった。時計を見て、長い息を吐いた。フェンダーベンダーにもかかわらず、クライアントとの約束にちょうど間に合うだろう。ビルのメインドアに近づくと、ジムに到着したことを知らせるために携帯電話を取り出した。

ウィリアムのことは約束後に考える。ジェネッサに何を言うべきか、または言わないべきか悩む必要はないかもしれない。なぜなら、技術的にマリは実際に姉の夫を見たかどうか確信がないから—

正午の太陽の眩しさでガラスが不透明に見えたため、ドアの向こう側に人影があることに気づかなかった。

ウィリアムが不動産オフィスのエントランスで立っていた。

彼女の喉から胸にかけての緊張が痙攣した。それから、いや、心配する必要はないと思い出した。彼は彼女が彼を見たことを知らない。『ふう。』再び息をして、「こんにちは、ウィリアム」と言った。

彼は彼女を見て驚いていたが、それ以外は普段通りに振る舞っていた。彼は彼女が蹴飛ばしたくなるほど楽々と微笑んだ。「マリ!何をしてるの?」彼が彼女に近づいてくると、その頬がわずかに赤くなっていることに気付いた。おそらく、浮気者の彼は狭い逃げ場を自分で祝っているのだろう。

「私はクライアントと会うために—」と彼女は言い始めた。

彼女は後ろでヒールの音がクリックとなるのをかすかに感じていたが、後ろから女性の声が「失礼します」とつぶやいた。

ドアを塞いでいること、そしてエアコンが正午の暑さに逃げていることに遅れて気づき、マリは自動的に一歩脇に下がって、その女性のためにドアをさらに開けた…そして、ブロンドの巻き毛が目に入った。

「ありがとう」と、コルベットから出てきたそのブロンドの女性が建物に入り、マリに頷いた。

巨大な手が彼女の胸全体を搾り取っているような感じがし、喉が締まった。こんな確率ってあるの?『止まって、息をして。』何しろ、その女性はマリがすでに彼らを見ていることを知らない。

ウィリアムも同様だ。

マリと姉のジェネッサとの会話はすでに「メリークリスマス」と「ハッピーニューイヤー」に限られていた。ウィリアムが嫌な犬の糞だと伝えるべきかどうかを考えたくなかった。とにかくウィリアムのことが好きではなかったので、その知識は彼女の頭の中に閉じ込められているだけでいい。ジェネッサに悪い知らせを持っていくのは避けられた。

ウィリアムはマリの前に立っていたが、今は彼もその女性が建物に入るために一歩脇に下がった。

しかし、彼の前を通り過ぎるのではなく、その女性は立ち止まって彼に微笑んだ。「また後でね、ハニー。」

そして、彼の嘘つきな唇にしっかりとキスをした。

***

もし興味があれば、私の教会では日本語の礼拝をストリーミングで見ることができる。

Comments

Popular Posts

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Toilet seat cover

Captain’s Log, Supplemental Update August 2008: I wrote up the pattern for this with "improvements"! Here's the link to my No Cold Bums toilet seat cover ! Okay, remember a few days ago I was complaining about the cold toilet seat in my bathroom? Well, I decided to knit a seat cover. Not a lid cover, but a seat cover. I went online and couldn’t find anything for the seat, just one pattern for the lid by Feminitz.com . However, I took her pattern for the inside edge of the lid cover and modified it to make a seat cover. Here it is! It’s really ugly stitch-wise because originally I made it too small and had to extend it a couple inches on each side. I figured I’d be the one staring at it, so who cared if the extension wasn’t perfectly invisible? I used acrylic yarn since, well, that’s what I had, and also because it’s easy to wash. I’ll probably have to wash this cover every week or so, but it’s easy to take off—I made ties which you can see near the back of the seat. And

Rules, rules, rules

Captain's Log, Stardate 09.09.2009 Well, I have discovered that I need to comply with California law in order to do my book giveaways. Who knew there were so many rules? It doesn’t really affect you guys much, except that I can no longer mail the books internationally . Sorry, guys, but I really don’t relish spending any time in prison. Here’s the new rules, effective for any give away on this blog, in my newsletter , or on my website after September 9th, 2009: Disclaimer: 1. No purchase necessary to enter any give aways given on this blog (http://camys-loft.blogspot.com/), in my newsletter (http://groups.yahoo.com/group/Camys_Loft), or on my website (http://www.camytang.com/). The give away will end on the date stated in the posting. The opportunity to play may be affected by local ability to access the Internet at any particular time. The odds of winning depend upon the number of participants. 2. Open to all readers, 18 years or older who are legally allowed to participate in su

Speed reading

Captain’s Log, Stardate 05.04.2007 I totally want to learn to speed read. My friend Georgiana found a website and posted a few tips on her blog: Speed Reading 101 If I could speed read, I could read so many more books than I do now! I think my biggest problem is sub-vocalizing my words. I don’t think I’ve EVER not done it. I don’t know if I’d be able to not do it. If that makes any sense whatsoever. Anybody have tips?

Sneak peek: Camy’s Kickstarter rewards

This Kickstarter is going to be awesome! I’ve been planning rewards that’ll knock your socks off! Don’t know what Kickstarter is? Check out this blog post about my Kickstarter. I posted a description of the rewards (and pictures) on Patreon. Click here to check out the Kickstarter rewards! You can Follow my Kickstarter to be notified when it’s launched, and I’ll also announce in my newsletter when it’s live. Follow Camy’s Kickstarter here

Favorite chocolate?

Captain's Log, Stardate 04.22.2008 Lately I’ve been on this chocolate kick. Normally, I’m not a huge chocoholic like Captain Caffeine. I enjoy chocolate, but if given a choice, I’ll usually choose a fruit or custard/creamy dessert over a triple decadence chocolate layer cake or a chocolate-lovers’ downfall brownie. But lately, I’ve been eating dark chocolate squares. I think it started when I went into Joseph Schmidt gourmet chocolate shop in Santana Row. We’d gotten Joseph Schmidt truffles for Christmas, and they’d been fabulous—I can honestly say that they were as good as DeBrand truffles (author Colleen Coble’s favorite). So when I saw the brick and mortar shop in Santana Row, I went in immediately. Inside, this man was buying up stacks—and I kid you not, stacks —of the Joseph Schmidt Belgian Dark Chocolate bars. He raved about them, said they were terrific. A cashier was restocking the display case the man had cleaned out, and I snagged a bar. “I’ve got to try one, after watc

「戌年」連載小説 第11章

キャミー・タング著「戌年」連載小説 プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。 犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。 アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか? しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。 アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。 マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか? 過去に発表されたパートへのリンクはこちら。 *** 第11章 - タビー猫、黒猫、灰色と茶色の縞猫 彼女の母親は何かを摂取したに違いない。何を摂取したかはわからないが、代謝が急激に上がり、まるで神経質なリスのようになった。マリには、過去数日間に母親が家全体を掃除させた理由

Frogs

I know I blogged about this on my Writing Diary Blog , but I don’t think I blogged about this here. I read a few writing and productivity books, and I’ve been trying to form better daily habits. The problem is that my self-discipline is very bad. As in, embarrassingly bad. One of my goals has been to form a better writing habit. Since I’m a full-time writer, I already write every day, but I think there are things I can do to tweak my schedule so that I can be able to focus better when I write. I tend to get distracted by the thought of things I need to do that day which I haven’t done yet. I don’t know why my brain is like this, but I haven’t been able to break this tendency. So for example, while I’m writing, I’ll suddenly think about the fact that today’s the day when I need to change the bathroom towels, or mop the kitchen floor, or change the bedsheets. It’ll distract me for a few moments before I tell myself I’ll do it later and I need to focus on writing now. Then a few

Hello 2014!

I LOVE New Year’s Resolutions. I know lots of you hate them but I LOVE making them. I hardly ever fulfill them but it’s still fun making them because the whole year is new and filled with possibility. Last year, I was upset to get sidelined by plantar fasciitis so that I couldn’t run the Honolulu Marathon in December as I’d planned. My head and spirit weren’t in a good place for much of last year, which affected my work, and to cope, I slipped back into bad eating habits while I was under deadline for books. I gained 5-8 pounds over the year and felt like a gigantic blob sitting in my work chair. My New Year’s Resolution is to lose 30 pounds and train for the Honolulu Marathon in December 2014! I want to stop snacking while I work because I’ve gotten used to having something in my mouth as I’m typing, and I don’t think that’s a good thing. Instead, I’d like to get up from my work, have a snack at the table, and then return to my work. I actually started my resolution early and re

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th