Skip to main content

Cover Reveals!

Here are the covers to my next books! Spinster will be the 7th volume in my Lady Wynwood’s Spies series. I don’t yet have a release date because I’m still writing it and it’s taking a bit longer than I had anticipated, but within the next few months, I’m pretty sure. This is the cover for Lissa and the Spy, a novella I’m writing that will be in Once Upon a Courtship , a multi-author box set releasing in October this year. You can preorder Once Upon a Courtship now for only 99 cents! And then click here for how you can get additional free Christian romance ebooks! When the box set is unpublished in January 2025, I’ll release Lissa and the Spy as a separate ebook. I’m thinking that I might make it only available to my newsletter subscribers, and if that’s the case, be sure to subscribe to my newsletter so you can download it for free. But that wouldn’t be until spring of next year. In the meantime, preorder Once Upon a Courtship!

ひとり寿司第32章パート2

「ひとり寿司」をブログに連載します!

ひとり寿司

寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***

**********

グッドウィル(リサイクルショップ)の人たちが、車に載せてくれた——後ろから少し出ているが——だけど、誰が彼女のアパートまで運んでくれるだろうか?

レックスは眉をひそめ、新しく買った中古のエクササイズバイクを見つめた。PTにあるものとは比べ物にならないが、役に立つだろう。一日二回、これに乗れば、膝の腫れもおさまるはずだ。

アパートの中に入れることができ、それを置く場所があると仮定して、購入した。さて、CPMマシーンはずっと前に返したから、とうとう段ボール箱を動かさなくてはいけない。

多分、誰かが来てくれるだろう。それか、誰かに電話しようかな。その時まで、車にバイクを置いたままにすることになる。

レックスは、アパートに向かって、ひび割れた歩道をゆっくり歩いた。装具がないと、まだ少し安定感がなかった。だけど、つけないで歩くことに慣れたらもっと強くなると、医者は保証してくれた。

あの、ドアにかかっているのは何だろう? レックスは、はげかかった塗料から黄色い紙を引っ張った。

アパートが売りに出た。四週間後には出て行かなくてはならない。

胸骨と胃を同時にハンマーで殴られた。倒れないようドアの枠をつかんだ。

こんなことがあっていいものか。

アイスクリームが食べたい。

レックスは、鍵を鍵穴に突っ込んだ。

「ウェックス?」

振り向いた。「あ、こんにちは。ミセス・チャング」

陽気な丸顔は、涙ぐんだ月に変わっていた。彼女も同じ通知を持っていた。

「ミセス・チャング、何て書いてあるのか分かりますか?」レックスは紙を指さした。

ミセス・チャングはうなずいた。「甥に電話、彼、読んだ」

「どうするんですか?」

頭を振ると、下を向いた目から大粒の涙が落ちた。大きな音を立てて鼻をすすると、喉の奥から痰の絡んだ音がした。

待って、これはちょっと気持ち悪い。

「甥と住む、彼、手伝うね」

レックスはミセス・チャングの丸い肩を不器用にたたいた。彼女はうなずき、ヨタヨタと行ってしまった。

彼女はどうなるのだろう? 甥っ子さんは、彼女のために別の場所を見つけるか、彼女を引き取ってくれるのだろうか? この甥は、年老いた親戚を何らかの形で世話するという自分の義務を分かっているようだ。このような古くからの文化的義務があることで、これほど安心したことはなかった。

アイスクリームが食べたい。

ワンルームのアパートに押し入った。不自然な静けさのために、混乱した。何かが、ない。

冷蔵庫のブーンという音だ。

レックスは簡易キッチンへと急ぎ、小さい冷凍庫から水が垂れているのを見つけた。

泣きたかった。アイスクリームがない。

傷んだ食べ物を片付け終わり、ドロドロに溶けたアイスクリームをすすっていると、携帯が鳴った。「ハロー?」

「もしもし、エイデンだ。近くにいる——友達と夕ご飯を食べに行くけど、一緒に行く?」

デートじゃないなら、いいか。レックスはガッカリしていない、本当に。「いいタイミング。冷蔵庫が壊れちゃった」

「古い電化製品に万歳」

「ふん、どうもね」

「一〇分で着くから」

実際エイデンは、八分後にやってきた。彼がベルを鳴らす前に、彼女はドアを開けた。「どこへ行くの?」

「中華」

「最高」

運転中、エイデンは、ハンドルを軽く叩き続けた。あまり気がつかないレックスでも、彼らしくない緊張感に気がついた。

「何かあったの?」

「お腹が空いてるだけ」

「文句を言ってる訳じゃないんだけど、どうしてお友達とのディナーに誘ってくれたの?」

エイデンの顔は、ガラスより滑らかに見えた。何かを隠しているようにも思えた。いや、そんなはずはない。

「もっと男性に会いたい、って言ってたよね?」

「ああ」確かに言った。「そうね」

「一人がクリスチャンなんだって。少なくとも、そう言ってる」

彼の皮肉がチクチクいたい。「誠実なクリスチャンもいるのよ」

彼は静かになった。「うん、知ってるよ」彼の声は、思慮深そうに低く響いた。

駐車場に入った。「あの人たち?」暗くて半分見えない二人の姿が見えた。

ドアを開ける前に、何故か立ち止まった。

エイデンの友達じゃないはず——カップルだ。男性は暗がりで女性にキスしている。ロマンチックな光景だ。女性の明るい髪の毛は、ほとんど銀色に光っていた。

あれはアイクのようだ。そして、リンジー。

男性の方が頭を上げた。

「アイク?」聞き覚えがない、しわがれ声——これは本当に自分の声か? 唾を飲み込んだ。丸めたテープのかたまりが喉に詰まったみたいな気がする。

男性が微笑んだ。アイクだった。

エイデンもまだ車から出ていない。彼は、そのカップルをじっと見た。

レックスは唾を飲んだ。「やめ、ない——?」

「いいよ」またエンジンをかけた。何も聞かずに。

「うちで降ろしてもらえる?」もうお腹は空いていなかった。

発進した。アイクとリンジーを過ぎながら、レックスは胸の中で輪ゴムがはじけるような痛みだけを感じた。

まあ、これで彼とキスする必要はなくなる。

エイデンをチラッと見た。彼にキスしたい——

(見るのはいいけど、さわっちゃダメ)

チェッ。

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

Year of the Dog serial novel

About Year of the Dog : A month or two ago, I remembered an old manuscript I had completed but which hadn’t sold. It was a contemporary romance meant for Zondervan, titled Year of the Dog . The book had gone into the pipeline and I even got another title ( Bad Dog ) and a cover for it, but eventually my editor at the time decided she didn’t want to publish it, for various reasons. She instead requested a romantic suspense, and so I cannibalized some of the characters from Year of the Dog and thrust them into the next book I wrote, which was Protection for Hire . Honestly, I didn’t take a lot from Year of the Dog to put in Protection for Hire , aside from character names and a few relationship ties. I was originally thinking I’d post Year of the Dog as-is on my blog as a free read, but then it occurred to me that I could revamp it into a romantic suspense and change the setting to Hawaii. It would work out perfectly as (yet another) prequel to the Warubozu series and introduc

Grace Livingston Hill romances free to read online

I wanted to update my old post on Grace Livingston Hill romances because now there are tons more options for you to be able to read her books for free online! I’m a huge Grace Livingston Hill fan. Granted, not all her books resonate with me, but there are a few that I absolutely love, like The Enchanted Barn and Crimson Roses . And the best part is that she wrote over 100 books and I haven’t yet read them all! When I have time, I like to dive into a new GLH novel. I like the fact that most of them are romances, and I especially appreciate that they all have strong Christian themes. Occasionally the Christian content is a little heavy-handed for my taste, but it’s so interesting to see what the Christian faith was like in the early part of the 20th century. These books are often Cinderella-type stories or A Little Princess (Frances Hodgson Burnett) type stories, which I love. And the best part is that they’re all set in the early 1900s, so the time period is absolutely fasci

Clean & Christian Romance Book Sale

I’m participating in this promo. Click on the graphic to check out all the Christian suspense books available and stuff your eBook reader! Clean & Christian Romance Book Sale

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Cupid's Library Escape

Sign up for these authors’ newsletters and get free books! Click on the graphic to check out all the free books. You might find a new favorite author! Cupid's Library Escape

Cleo’s Drawstring Purse knitting pattern w/ @KnitPicks CotLin

Kari Trumbo is one of the twelve authors who participated with me in the Christian Contemporary Romance anthology, Save the Date . Kari’s novella in the anthology is titled January Hope . In celebration, I wrote a knitting pattern for the lace drawstring purse used by Kari’s heroine, Cleo. (In case you missed it, here are the links for my interview with Kari part 1 and part 2 . Tomorrow I’ll post an excerpt of one of Kari’s other books, Better Than First .) This is a pretty and practical little bag used by the heroine Cleo in Kari Trumbo’s novella, January Hope . Knit in a cotton/linen blend yarn, it’s just large enough for a cell phone and a small wallet. In the book, Cleo’s bag was a coral shade, but the bag I knit here is a chocolate brown color. The lace pattern is the Double Rose Leaf stitch pattern originally published on page 195 in The Lady's Assistant, volume 2 by Mrs. Jane Gaugain, published in 1847. ( You can download a scanned .pdf of the book from Archive.

Cover Reveals!

Here are the covers to my next books! Spinster will be the 7th volume in my Lady Wynwood’s Spies series. I don’t yet have a release date because I’m still writing it and it’s taking a bit longer than I had anticipated, but within the next few months, I’m pretty sure. This is the cover for Lissa and the Spy, a novella I’m writing that will be in Once Upon a Courtship , a multi-author box set releasing in October this year. You can preorder Once Upon a Courtship now for only 99 cents! And then click here for how you can get additional free Christian romance ebooks! When the box set is unpublished in January 2025, I’ll release Lissa and the Spy as a separate ebook. I’m thinking that I might make it only available to my newsletter subscribers, and if that’s the case, be sure to subscribe to my newsletter so you can download it for free. But that wouldn’t be until spring of next year. In the meantime, preorder Once Upon a Courtship!

Writing Progress - Sushi and Suspicions

I’ve been working on Sushi and Suspicions , a Christian contemporary romantic suspense which will be releasing in June in the multi-author box set Summer Suspicions . Trouble follows Liv on her vacation to Hawaii when she is framed for the theft of an antique rifle. Only a handsome investigator can help clear her name ... and maybe give her a reason to stay in the islands. If you want to read a snippet of what I wrote last week, check out my last newsletter !

Guest blogger Sharon Hinck

Captain’s Log, Stardate 02.08.2007 Today I have my very good friend and sister, Sharon Hinck, blogging with me! Sharon's latest latest mom lit novel is  Renovating Becky Miller ! Becky Miller's Guide to Home Repair * Budget the gross national product of a small country--then double it. * Never, ever invite your mother-in-law to stay with you during a remodel. * Figure out how to heat the living room before inviting your Bible study group over. * Stock up on Tylenol and chocolate and sandbags. * Hire a professional to fix the plumbing. * Sometimes renovation is an inside job. In addition to being a young mom, Becky Miller is a daydreamer. Most recently, she's been envisioning herself in the happy endings she sees during her weekly movie nights with husband Kevin. But her real life feels more like a broken filmstrip, spinning out of control! When Becky and her family decide to purchase a rundown farmhouse, Becky pictures a slower, simpler lifestyle in the pa

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th