Skip to main content

Lady Wynwood #7 early release Kickstarter

I worked on my first Kickstarter and it got approved! It’s for the Special Edition Hardcover of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and the release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. I contacted my graphic designer about the Special Edition Hardcover of vol. 1: Archer—it’s going to be SO beautiful! The Kickstarter focuses on the Special Edition Hardcover, but it’ll also include vol. 7: Spinster so that it’ll sort of be like a launch day for vol. 7, too. A third special thing that’ll be in the Kickstarter is Special Edition Paperbacks of all the books in the series. They won’t be available in stores, just in the Kickstarter (and later, from my website, and also in my Patreon book box tiers if I decide to do them). The Kickstarter is not live yet, but you can follow it to be alerted when it has launched. (You may need to create a free Kickstarter account.) Follow Camy’s Kickstarter

ひとり寿司第32章パート1




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


32



エイデンは深呼吸し、ドアをノックした。

「どうぞ」

中に入りながら、不法侵入者になった気がした。「先生、前にお会いしたことが——」

「覚えてるよ」牧師は手を振って、エイデンを招き入れた。

作り笑顔もなく、何かを売ろうとしているセールスマンに似たところは微塵もない。牧師は、デスクの前の椅子を身振りで示した。

「エイデンです」姓はない。「また壁の絵を見にきました」

「いくらでもどうぞ」

前の時と同じように、お腹を蹴られるようだった。本当の肉体的な痛み。ただの絵を見てこうなることは、予想もしていなかった。「誰が描いたんですか?」

「別の教会が画家を雇って礼拝堂に飾ろうとしたんだが、出来上がったものが……ちょっと衝撃的すぎた。それで、僕が買ったんだよ」

「それはどうして?」

「君なら分かるよ」牧師の率直な声は、中立的なままだった。「君は、もう一度見るために戻ってきたんだから」

エイデンはじっとしていられなかった。足を引きずった。「僕は……」

「言いたくなければ、何も言わなくていい。また見にきてもらっても、全然構わないし」

この人の目に見える誠実さ。エイデンは、突然、それがいかに自分と異なるものかに気づいた。彼は、いつも何か閉鎖されていて、制御されたものの中にいた。「先生はこれを見て、何を感じられますか? 見ていると、慣れるものですか?」

その絵を見る牧師の目は、悲しんでいるようだった。「慣れないね。一生慣れることがないよう祈るよ」

エイデンは何も言わなかった。手を伸ばして、キリストの体に突き刺さった釘をさわってみた。

「キリストの苦しみは、いつも私の苦しみ。これを忘れてはいけない。忘れたくない。苦しんでいる人には、手を差し伸べ続けたいと思う」ため息をついた。「いつもそんな風にできるとは限らない。うまくいくことより、失敗することの方が多いんだよ」

「どうしてそうしようと思うんですか?」

「しないでおく余裕がない。彼を見て」その絵に懇願するように、手を伸ばした。「このお方は諦めないから」

エイデンは頭を振った。「僕には訳が分かりません」

牧師は肩をすくめた。「信じるようになれば、分かるんだよ。僕が言えるのは、それだけだ」

「もっと分からなくなりました」

椅子に深く腰掛けた。「何日かかけて、考えてみてくれるかな。そのあと、どう思うかを教えて欲しい」

「僕と議論するつもりなんですね」

「しないよ」実際、エイデンが牧師の小さい事務所に立っている間、ずっと、彼は議論しようとしなかった。

「また来るかもしれません」エイデンはドアのノブを回した。

「いたければ、いてもらっていいよ。僕が出ていった方が落ち着くのなら、出ていくから」彼は熱心でも、押しつけがましくもなかった。ただ、淡々としていて、澄んだ目でエイデンを見た。

エイデンは、ここまで率直な人に会ったことがなかった。自分もそうありたい、とさえ思った。「いいえ、十分に見させてもらいました。ありがとうございます」ドアを閉め、教会のロビーへ向かった。もしかしたら、また来るかもしれない。

「リンジー、スィーティ」

アイクの声が聞こえ、エイデンは、フロントロビーに飛び出す前に立ち止まった。角からこっそり見た。

アイクは軽くリンジーの肩を抱いていた。つぶやいている言葉は、エイデンまで届かないが、明らかにリンジーは、その言葉を聞いて喜んでいた。

先日、エイデンは、アイクがPTでレックスに言い寄っているのも見た。

驚くことではない。ジムの男性用ロッカールームでアイクが話しているのをよく聞いていたからだ。アイクが、女の子を取っ替え引っ替えすることも知っていた。女の子の間を行ったり来たりする彼は、そこにいる女の子なら誰でもいい、というタイプだった。

今日はリンジー。明日はレックス? そんなことをしていいものか。

しかし、エイデンはレックスを守る義務はない。彼女が間違った男を選んだとしても、彼には何の関係もない。

アイクはリンジーの手を取り、脇のドアから出ていった。

エイデンの口の中に、胆汁の苦味が残った。無理やりあごをリラックスさせて、歯を食いしばるのをやめた。

レックスは弄ばれていい人ではない。

(リンジーだったら守りたいと思わないだろう)

レックスは彼のものではないが、友達だった。

(彼女は、僕が彼女の人生に干渉することを決して望まないだろう)

彼女は決して知ることはないだろう。

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Toilet seat cover

Captain’s Log, Supplemental Update August 2008: I wrote up the pattern for this with "improvements"! Here's the link to my No Cold Bums toilet seat cover ! Okay, remember a few days ago I was complaining about the cold toilet seat in my bathroom? Well, I decided to knit a seat cover. Not a lid cover, but a seat cover. I went online and couldn’t find anything for the seat, just one pattern for the lid by Feminitz.com . However, I took her pattern for the inside edge of the lid cover and modified it to make a seat cover. Here it is! It’s really ugly stitch-wise because originally I made it too small and had to extend it a couple inches on each side. I figured I’d be the one staring at it, so who cared if the extension wasn’t perfectly invisible? I used acrylic yarn since, well, that’s what I had, and also because it’s easy to wash. I’ll probably have to wash this cover every week or so, but it’s easy to take off—I made ties which you can see near the back of the seat. And

Rules, rules, rules

Captain's Log, Stardate 09.09.2009 Well, I have discovered that I need to comply with California law in order to do my book giveaways. Who knew there were so many rules? It doesn’t really affect you guys much, except that I can no longer mail the books internationally . Sorry, guys, but I really don’t relish spending any time in prison. Here’s the new rules, effective for any give away on this blog, in my newsletter , or on my website after September 9th, 2009: Disclaimer: 1. No purchase necessary to enter any give aways given on this blog (http://camys-loft.blogspot.com/), in my newsletter (http://groups.yahoo.com/group/Camys_Loft), or on my website (http://www.camytang.com/). The give away will end on the date stated in the posting. The opportunity to play may be affected by local ability to access the Internet at any particular time. The odds of winning depend upon the number of participants. 2. Open to all readers, 18 years or older who are legally allowed to participate in su

Speed reading

Captain’s Log, Stardate 05.04.2007 I totally want to learn to speed read. My friend Georgiana found a website and posted a few tips on her blog: Speed Reading 101 If I could speed read, I could read so many more books than I do now! I think my biggest problem is sub-vocalizing my words. I don’t think I’ve EVER not done it. I don’t know if I’d be able to not do it. If that makes any sense whatsoever. Anybody have tips?

Like Writing For Chocolate

Captain's Log, Stardate 05.12.2009 I admit, I eat copious amounts of chocolate when I’m writing. It helps me to write better. And lately (to Captain Caffeine’s dismay) I’ve become a bit snobbish about my chocolate. My favorite is Vosges Haut Chocolate, which is massively expensive but really really good. I like them because their chocolate is not only high quality, it’s not too sweet and the flavors are very exotic. For the last book, I ordered truffles from Vosges: Les Fleurs du Chocolat Truffle Collection and a Green Tea Truffle Collection (no longer on the website). Here’s the Les Fleurs collection: From the insert: Out of the bloom Les Fleurs du chocolate Botanics in a chocolate hue Enveloped in the scent of roses, orchids, marigolds and nasturtiums, these blooms are even sweeter than they look. Flowers have long been praised for their medicinal properties—so we decided to pair them with spices, herbs and liqueurs to explore the body-beautiful attributes of Mother Nature’s col

Excerpt - The Sound of Sleigh Bells by Cindy Woodsmall

The Sound of Sleigh Bells by Cindy Woodsmall Beth Hertzler works alongside her beloved Aunt Lizzy in their dry goods store, and serving as contact of sorts between Amish craftsmen and Englischers who want to sell the Plain people’s wares. But remorse and loneliness still echo in her heart everyday as she still wears the dark garb, indicating mourning of her fiancé. When she discovers a large, intricately carved scene of Amish children playing in the snow, something deep inside Beth’s soul responds and she wants to help the unknown artist find homes for his work–including Lizzy’s dry goods store. But she doesn’t know if her bishop will approve of the gorgeous carving or deem it idolatry. Lizzy sees the changes in her niece when Beth shows her the woodworking, and after Lizzy hunts down Jonah, the artist, she is all the more determined that Beth meets this man with the hands that create healing art. But it’s not that simple–will Lizzy’s elaborate plan to reintroduce her niece to lo

Favorite chocolate?

Captain's Log, Stardate 04.22.2008 Lately I’ve been on this chocolate kick. Normally, I’m not a huge chocoholic like Captain Caffeine. I enjoy chocolate, but if given a choice, I’ll usually choose a fruit or custard/creamy dessert over a triple decadence chocolate layer cake or a chocolate-lovers’ downfall brownie. But lately, I’ve been eating dark chocolate squares. I think it started when I went into Joseph Schmidt gourmet chocolate shop in Santana Row. We’d gotten Joseph Schmidt truffles for Christmas, and they’d been fabulous—I can honestly say that they were as good as DeBrand truffles (author Colleen Coble’s favorite). So when I saw the brick and mortar shop in Santana Row, I went in immediately. Inside, this man was buying up stacks—and I kid you not, stacks —of the Joseph Schmidt Belgian Dark Chocolate bars. He raved about them, said they were terrific. A cashier was restocking the display case the man had cleaned out, and I snagged a bar. “I’ve got to try one, after watc

Sunday Prayer

Captain's Log, Stardate 08.03.2008 Leave any prayer requests in the comments and I’ll be praying this week. You don’t have to be Christian to leave a prayer request. If you’d rather not advertise to everyone on the blogosphere, just leave an unspoken prayer request or e-mail me. If I forgot your prayer request, email me. Not to be mean or anything, but if you don't email me or comment to update your prayer request, I'm only going to pray ONE Sunday. I’m trying something new with my Sunday Prayer. I’m really bad about doing it on Sunday , so I’ll be updating it during the week. Dear Lord, thank you for your power. I pray for complete healing for Malia, Helen, Cheryl, and Sharon. I also lift up any of my blog readers in need of physical, emotional, or spiritual healing and pray you will touch them. I lift up Case and his family to you. I lift up Caitlin to you and pray she got the job. I pray you have directed everything and that everything will turn out for her good. Help he

「戌年」連載小説 第11章

キャミー・タング著「戌年」連載小説 プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。 犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。 アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか? しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。 アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。 マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか? 過去に発表されたパートへのリンクはこちら。 *** 第11章 - タビー猫、黒猫、灰色と茶色の縞猫 彼女の母親は何かを摂取したに違いない。何を摂取したかはわからないが、代謝が急激に上がり、まるで神経質なリスのようになった。マリには、過去数日間に母親が家全体を掃除させた理由

Hello 2014!

I LOVE New Year’s Resolutions. I know lots of you hate them but I LOVE making them. I hardly ever fulfill them but it’s still fun making them because the whole year is new and filled with possibility. Last year, I was upset to get sidelined by plantar fasciitis so that I couldn’t run the Honolulu Marathon in December as I’d planned. My head and spirit weren’t in a good place for much of last year, which affected my work, and to cope, I slipped back into bad eating habits while I was under deadline for books. I gained 5-8 pounds over the year and felt like a gigantic blob sitting in my work chair. My New Year’s Resolution is to lose 30 pounds and train for the Honolulu Marathon in December 2014! I want to stop snacking while I work because I’ve gotten used to having something in my mouth as I’m typing, and I don’t think that’s a good thing. Instead, I’d like to get up from my work, have a snack at the table, and then return to my work. I actually started my resolution early and re