Skip to main content

ひとり寿司第25章パート2




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


ビーナスはベンの視界をさえぎった。「ここは大丈夫だから、もう帰っていいわよ」

「でも——」

ビーナスは、また彼の目の前でドアを閉めた。

「何——」

ビーナスはレックスの言葉をさえぎり、ドアの隣の窓から外をのぞいた。「よかったわ、レックス、エイデンが来てくれて。あなたの巻き爪を全部切ってくれるわよ」ビーナスの声が小さい部屋に響き渡った。

どうやって礼儀正しく答えようかと決めかねているように、エイデンの表情は少し硬くなった。多分、(そうなの?)とか(それはおもしろいね)とでも言うつもりだろうか。

ビーナスは目を大きく開けて意味ありげに、閉じられたドアに指を突き立てた。口が無言のまま動いていたが、レックスはそれを正確に解読することができない。だが、何となく意味は分かった。(ああ)レックスは気を取り直した。「そうなのよ、エイデン、ありがとうね。この血豆をつぶしてもらいたいの」

丸い目でレックスを見たエイデンの無表情な仮面にヒビが入った。

ビーナスは、レックスの段ボール箱の一つを引っかき回し、小さいテニスラケットを取り出した——(ああ、ちょうどよかった。父親が買ってくれた殺虫ラケットをこうして使っているのを知れば、父も喜ぶだろう)

ビーナスは充電ボタンを押した。「それから、血が出てるお尻のホクロも、エイデンが突っついてくれるわ」閉じたドアの後ろで位置についた。「だけど、頭から生えてる三つめの手はプロに手術してもらった方がいいわよ」

ビーナスはドアノブを回し、薄いドアをさっと開けた。充電が終わった殺虫ラケットは、玄関前の階段に座り込んでいるベンの頭に降りた。(コン! シュッ! ポン!)焦げた髪の毛のにおいはレックスの鼻まで届いた。

「ア、ア、イイーッ!」ベンは手で頭を抱えて逃げていった。

ビーナスはカチッとドアを閉め、誇らしげにラケットを振りかざした。

レックスは手を叩いた。「あなたって、ほんと意地悪ね」

ビーナスの微笑みを見て、レックスはキャットウーマンを思い出した。「まあね」

「怪我をさせた訳じゃないから、いいのよ」

ビーナスは繊細な眉毛を上げた。「そう言うってことは、男性とその髪の毛の問題について、あまり知らないようね」

「は?」

「あなたねえ、あんな整った頭にしようと思ったら、三週間に一回はラナズかバーティゴに行ってるはずよ。ちょっとみじめな苦痛を感じさせてやっただけ」

ドアベルが鳴った。ビーナスは殺虫ラケットを充電してから、ドアを開けた。

「ハーイ、みんな」ミミはさっそうと部屋に入り、エイデンを見て、動きが止まった。∗イゼベルが恥ずかしくなるような、ゆっくりとした笑顔を向けた。「あらまあ、いらしたの? こんにちは」

レックスはうなり声をあげそうになる自分を抑えた。そして、なぜ苛立つ必要があるのだろうか、と自問した。エイデンにさわられて、まだ動揺しているのかもしれない。おしゃべりをするミミの手がエイデンをさわりまくっているのが、なぜ気になるのだろう?

「ねえエイデン、どこの理学療法クリニックにいるの?」

「クリニックとフィットネスジムが一つになってるんだけど……」

レックスは、冷たくなってしまったスープの入ったボールを見つめた。お腹はいっぱいだ。見ているだけで消化システムが変になりそう——ボールを下においた。

ビーナスは大きく咳払いをした。「ミミ」

ミミは、文章の途中で急に吸血鬼モードを抜け出した。「ああそうだった。全部持ってきたわ」そして、ウォームアップパンツをはいている足をチラッと見た。「あのさ……そのパンツ、脱いでくれる」

「僕は行った方がいいってことか」エイデンは、やすやすとミミからレックスの方に向きを変えた。「君が元気か見に来ただけだから」

「ありがとうね。それに……ベンのことも」

「どういたしまして」出ていった。

ミミは、長く低い息を吐いた。「なんてセクシーなの。オーランド・ブルームよりかっこいいじゃない」

「私の周りにいる男をみんな盗むって、どういうこと?」

ミミはレックスにウインクした。「それって、キンムンのこと?」

「ジョージ。クラスタシアンで。あの時は、自分のデート相手もいたわよね」

「あーあ」ミミは笑いを抑えた。

「あの時はごめんね。だけど、彼が誘ってきたから、会わないといけなくて。ショアラインまでドライブして、その後、彼の車を盗んでそこに置き去りにしたの。私の友達にひどいことをしたから、復讐よ」

レックスがビーナスを見ると、彼女も同じように口を大きく開けていた。「嘘でしょ」

「分かった? 正当な理由があったのよ。あなた、彼と一緒にいても楽しくなさそうだったし。レストランの向こう側から見てても分かったわ」

レックスは咳払いをした。それには反論することができない。

ミミは、レックスのベッドの脇にバッグを下ろした。「パンツを脱いで、包帯を剥がしてくれる? ちょっと見せて」

レックスは言われた通りにした。

水膨れを見たミミは、真剣に心を痛めているように見えた。「痛そう。分かった、じゃあ、まず足を上げ下げしてくれる? そう、そんな感じ。リンパ系から腫れと分泌物を抜かないと」

カバンの中から色々な瓶を引っ張り出し始めた。

「これは腫れと水膨れに効くの。ちょっとは痕が残るかもしれないけど、ほとんどよくなると思うわ」レックスのベッドにドスンと座った。

その真剣な目——いつもレックスが見るミミの目とは大違いだ。涙が出てきた。「どうしてこんなこと、してくれるの?」

ミミは足をチラッと見てから、レックスに目を戻して肩をすくめた。「あなたって、いつも自分が得意なことが分かってる——フィットネスとバレーボール。ビーナスから電話があった時……」手に持っているボトルをひねった。「これはね、私が得意なことなの。それに……」いつものミミらしい目でレックスを見た。「これで私に借りができたわよ」

それを理解するのには、時間がかかった——この若いいとこに対する見方は固定観念になっていて、揺るがすのは難しいが、それが少し揺るいだ気がした——エイデンに見せた魅惑的な行動にもかかわらず——ミミの言葉から、何か正直なものが見えた。

「ありがとうね、ミミ」

「じゃあ、始めよう」

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

Lady Wynwood’s Spies, volume 2: Berserker is now on sale!

For seven days, from January 30th until February 5th, book 2 in the Lady Wynwood’s Spies series is only 99 cents. If you haven’t gotten it yet, be sure to snatch it up while it’s at this sale price. Here’s the back cover description: A Christian Historical Adventure set in Regency England with romance and a supernatural twist Part two in an epic-length serial novel A dire situation Mr. Solomon Drydale and his team are reeling. After only a single act of mayhem by underworld lord Apothecary Jack, one of their group is down and another is missing. An urgent plea Desperate, Sol acts on his forbidden knowledge of an agent for the Crown who is known only to the highest levels of government— le petit prince , master of disguises. He defies his superiors and asks the Prince for help. A hazardous hunt Now, the team must learn to work with a new member to save one of their own. But time is running out before Jack finds him and breaks him—and puts all of their lives at risk.

Just another day at youth group

My Christian contemporary romance, Single Sashimi , includes some of the wilder tales from my and my husband’s stints as youth staff workers at our church. The Steven character in the book is actually the same Steven who’s the associate pastor and youth group leader at our church now, since I wrote Single Sashimi when he was still in youth group. :) He’s a young man in his late twenties (maybe early thirties?), and he’s full of great ideas and lots of energy. On one particular Saturday, my husband and I were at youth group as usual. Steven had bought a tug of war rope—the really long, thick kind that looks like it belongs on a sea trawler. The opening game for the kids was, of course, tug of war. Then we came indoors for a three-song worship set. After worship, we usually split up into Junior High and High School for lessons, but this time Steven had an idea: “Okay guys, we’re going to have a tug of war--staff versus kids. If you guys win, we’ll ditch the lesson and go out t

Year of the Dog serial novel

About Year of the Dog : A month or two ago, I remembered an old manuscript I had completed but which hadn’t sold. It was a contemporary romance meant for Zondervan, titled Year of the Dog . The book had gone into the pipeline and I even got another title ( Bad Dog ) and a cover for it, but eventually my editor at the time decided she didn’t want to publish it, for various reasons. She instead requested a romantic suspense, and so I cannibalized some of the characters from Year of the Dog and thrust them into the next book I wrote, which was Protection for Hire . Honestly, I didn’t take a lot from Year of the Dog to put in Protection for Hire , aside from character names and a few relationship ties. I was originally thinking I’d post Year of the Dog as-is on my blog as a free read, but then it occurred to me that I could revamp it into a romantic suspense and change the setting to Hawaii. It would work out perfectly as (yet another) prequel to the Warubozu series and introduce

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Year of the Dog serial novel, chapter 9

I’m posting a Humorous Christian Romantic Suspense serial novel here on my blog! Year of the Dog is a (second) prequel to my Warubozu Spa Chronicles series. Year of the Dog serial novel by Camy Tang Marisol Mutou, a professional dog trainer, is having a bad year. While renovating her new dog kenneling and training facility, she needs to move in with her disapproving family, who have always made her feel inadequate—according to them, a job requiring her to be covered in dog hair and slobber is an embarrassment to the family. She convinces her ex-boyfriend to take her dog for a few months … but discovers that his brother is the irate security expert whose car she accidentally rear-ended a few weeks earlier. Ashwin Keitou has enough problems. His aunt has just shown up on his doorstep, expecting to move in with him, and he can’t say no because he owes her everything—after his mother walked out on them, Aunt Nell took in Ashwin and his brother and raised them in a loving Chri

Grace Livingston Hill romances free to read online

I wanted to update my old post on Grace Livingston Hill romances because now there are tons more options for you to be able to read her books for free online! I’m a huge Grace Livingston Hill fan. Granted, not all her books resonate with me, but there are a few that I absolutely love, like The Enchanted Barn and Crimson Roses . And the best part is that she wrote over 100 books and I haven’t yet read them all! When I have time, I like to dive into a new GLH novel. I like the fact that most of them are romances, and I especially appreciate that they all have strong Christian themes. Occasionally the Christian content is a little heavy-handed for my taste, but it’s so interesting to see what the Christian faith was like in the early part of the 20th century. These books are often Cinderella-type stories or A Little Princess (Frances Hodgson Burnett) type stories, which I love. And the best part is that they’re all set in the early 1900s, so the time period is absolutely fasci

A new tier in my Patreon

I started my Patreon for my fans and for people who didn’t want to buy my books on Kindle. My patrons get each new ebook 2-3 weeks early for only $3 (which is usually the newsletter-only price), and they only get charged when I release a book, not every month. At the moment, I’m releasing my Christian historical romantic suspense series, Lady Wynwood’s Spies. But after I finish that series, I’ll be releasing my Christian contemporary romantic suspense series, the Warubozu Spa Chronicles, and those in my Patreon will be able to get those books early, too. I just added a new $1.00 tier for fans who would prefer to read my books in Kindle Unlimited or buy the Kindle ebook, but just want to support me. Click here to read more about my Patreon. Thank you so much for reading my books!

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th

ひとり寿司第28章パート2

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** キッチンテーブルの上にごちゃごちゃと置かれている食べ物を見つけた。フルーツが入ったお皿は、すでに子供たちがめちゃくちゃにしていたが、新鮮なマグロの刺身は、巻き寿司の隣にきれいに並んでいた。天ぷら鍋から取り出したばかりのもち粉チキンは、まだ湯気が立っていて、祖母の自家製たくあんが、その隣の小皿に置かれている。 「わあ、叔母さんか誰かが、エビの天ぷら作ったんだわ」トリッシュはエビの天ぷらを紙皿に取った。 レックスはお皿をつかんだ。ここに来た唯一の理由。祖母ですら、美味しい日本食を食べていると

A List of my Free Blog Reads

Curious about what my writing is like? Here’s a list of all my free books and the free short stories, novellas, and novels that you can read here on my blog. I’ll update this post as I add more free reads. Christian Humorous Romantic Suspense: Year of the Dog (Warubozu Spa Chronicles series, Prequel novel) (Currently being posted monthly on my blog as a serial novel) Marisol Mutou, a professional dog trainer, finally has a chance to buy a facility for her business, but her world is upended when she must move in with her disapproving family, who have always made her feel inadequate. When she stumbles upon a three-year-old missing persons case, security expert Ashwin Keitou, whose car she accidentally rear-ended a few weeks earlier, is tasked with protecting her. However, danger begins to circle around them from people who want the past to remain there. Can they shed light on the secrets moving in the shadows? Christian Romantic Suspense: Necessary Proof (Sonoma series #4.1, n