Skip to main content

「戌年」連載小説 第8章

キャミー・タング著「戌年」連載小説 プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。 犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。 アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか? しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。 アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。 マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか? 過去に発表されたパートへのリンクはこちら。 *** 第8章 - 恐ろしくも真っ白な不動産書類 『みんな仲良くできないのかな?』 マリは無用に力を込めて箱に本を投げ入れた。最近、なぜ彼女は人生の中で全員と言い争いをしているのだろう?もしかすると、これは本当に悪いアイデア

ひとり寿司第23章パート2




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


看護師は、もう一つのリクライニングチェアに座っている年配の女性をのぞいた。

「タイラーさん、もうすぐ手術の時間になりますからね」

カーテンの向こう側にいるその女性の顔は見えなかったが、夫に話しかけるタイラー夫人の震える声が聞こえた。「チャールズ、聞いて」

「うん」

「テレビを消して、私を見て。これがあなたと話せる最後の時になるかもしれないわ」

「怖がらなくていいんだよ、ハニー」

「怖がらなくていい? どうしてそんなことが言えるの?」

「簡単な処置なんだから——」

「二度と目が覚めないかもしれないわ」

レックスは胸が痛くなった。

「チャールズ、いいお葬式にしてくれるって約束して」

「ハニー——」

「そして、あなたのいとこは呼ばないで。あの人、我慢できないの。それから、再婚すると約束して。あなたのお世話をする人が必要よ」タイラー夫人の声はすすり泣きに変わった。

「ハニー、大丈夫だよ」

「会えなくなると寂しいわ、チャールズ」(鼻をすする音)

「僕も寂しいよ——違う、何言ってるんだ。君は大丈夫だよ」

「それから、クチナシの花に水をやるのを忘れないでね」

看護師が飛び込んできた。「タイラーさん、準備ができましたよ」

「ああ! チャールズ、さようなら。私のことを絶対に忘れないでね」

タイラー夫人は、「イエス」と記された悪い方の肩をつかみ、泣きながらレックスの隣を過ぎてドアから出ていき——その後ろを、混乱した夫がついていった。

彼女が出ていった後、レックスとビーナスは大きく目を開けて、お互いを見つめた。ビーナスは唇を噛んだ。「あの……祈ろうか?」

「うん……そうね、お願い」

「愛する神様……レックスのことを感謝します。彼女の外科医の腕がとてもいいことを感謝します。それに看護師が優秀であることも。そして、この手術センターが本当に素晴らしいこともありがとうございます。レックスの気持ちを落ち着かせてください。そして、手術の後、彼女の目を覚ましてください。アーメン」

「ビーナス、『ペーパーバッグの祈り』に書いてある通りには祈れないでしょ」

「だって、祈りは祈りよ」

「そうだけど」

新しい患者が部屋にふらっと入ってきた。今度は大学生ぐらいの赤毛——アスリートのようだ。「こんにちは」レックスとビーナスに笑いかけた。

「あなた、ほんとに手術が必要なの?」レックスは、どこが腫れているのだろうかと、関節のあたりをじろじろ見た。

「そうなんですよ」リクライニングチェアに座り、慣れたように点滴に腕を伸ばして、カーテンの反対側にいるレックスの方をのぞいた。「またACLを切っちゃって。一ヶ月前だから、もう腫れはひいてるんです」

「そうなんだ」

「ええ、ACLの手術はこれで三回目です」

「三回目なの?」

「はい。輪ゴムみたいに切れちゃう。だけどパパが元フットボール選手だから、すごく保険がいいの。今はフットボールチームのコーチなんです」

突然、レックスは度重なる手術のために財布からお金が飛んでいく幻影を見た。「ビーナス、もう一回トイレ行きたい」

「何なのよ、もう」ビーナスは点滴のバッグをつかんだ。

「怖くなると行きたくなるの」

「最高」

レックスはトイレに座った——わあ、今度はよく出る——手術室に戻って座ったと思ったら、ちょうど麻酔科医が来た。

フランク医師はレモンを吸ったような顔をしていた。眼鏡をなおし、その縁ごしにレックスを見つめた。「アレルギーは?」

「ないと思います」

「心臓病の既往症は? ヤダ、ヤダ、ヤダ?」

(ええっ?「ヤダ、ヤダ、ヤダ?」って言った?)「あの……いいえ」

ため息をついて、口を閉じた。「どうやって切ったの?」

「ちょっとしたアクシデントで」

「それはもちろんそうだろうけど、どうやって?」麻酔科医がうなるように言った。

「誰かが私の方に倒れてきたんです」

「ふん」カルテに走り書きをした。

「分かりました、それだけです。ああ、それから言っておきますが、まれに合併症が起こることがあります。一〇〇パーセントうまくいく保証はありません。ヤダ、ヤダ、ヤダ。分かりましたか?」

彼は「ヤダ」というのが好きなようだ。

「そう思います」

「質問は?」

「あの……」

「ありません」ビーナスは険しい目つきで彼を釘付けにした。「ただ、目が覚めなかったら、承知しませんよ」

「はい、はい、はい」麻酔科医は出ていった。

レックスは足が震えてきた。口の中はデスバレー(「死の谷」の意。国立公園。灼熱の荒野)のように乾いている。「ビーナス、またトイレ」

ビーナスはあきれた表情をしたが、点滴のバッグに手を伸ばした。それを見ながら、動きが止まった。「あれっ」

「何?」

「もうすぐ空っぽだ。すごい速さで落ちてる」

レックスは落ちてくる点滴をよく見た。「そういえば、そうね」

ビーナスは看護師に合図し、点滴を指さした。

「ああ! ごめんなさい。抗生剤を入れた後で、速度を落としてなかったわ」バッグを換えて、点滴の速度を落とした。

「抗生剤が全て尿と一緒に流れちゃったってこと、ないですよね?」

「心配しなくて大丈夫ですよ」看護師は忙しそうに行ってしまった。

またトイレに行って戻ってきた後、レックスは何も言わずにビーナスと一緒に座り、テレビでオプラの再放送を見ていた。やっと看護師がのぞきにきた。「もうすぐですからね。あと数分です」

レックスが膝の上で指をいじっていると、ビーナスはその手を押さえた。「それ、やめてくれる。イライラするから」

「あなたが? 私のことを考えてよ」

「何でそんなに自己中?」

「もうすぐ手術なのよ。自己中でもいいじゃない」

「あなたは目を覚ますの。完璧に元気で、いつも通り不機嫌にね。だから、これ以上、私の一日をぶち壊さないで」

「じゃあ、レックスさん、あなたの順番ですよ」看護師が立っていた。

レックスは立ち上がった。膝がガクガクしなかったので驚いた。ビーナスの腕をつかんだ。「お母さんのダイヤモンドのイヤリング、あげるわ。あなたに持ってて欲しいの」

「もう、やめて」

「それから子供の時に喧嘩になった、あの写真立て。クローゼットに入ってる。あなたが持ってるべきよ」

「しゃべらないでくれる?」

「だけど火葬するときは、私のうさぎのぬいぐるみも一緒に入れて。ベッドにあるから」

ビーナスは顔を目の前に突き出した。「殴り倒すわよ、そうしたら麻酔要らないわね」

レックスは唾を飲み込んだ。「またトイレ」

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

Bethany House Publishers Cover Survey Invitation

Captain's Log, Supplemental I just got this from Bethany House Publishers: Hello Reader, We at Bethany House Publishers appreciate our readers opinions about the books we publish. Occasionally, we seek your input about upcoming products. Currently, we are conducting a survey about the cover image for an upcoming novel. For your time, we are offering a giveaway in conjunction with this survey. You will be able to choose from ten recent Bethany House novels, and there will be ten winners. Winners will be notified within two weeks. Click here to take the survey, which should take about 10 minutes to complete. Thank you for your participation, and feel free to forward this email on to your friends or link the survey on your website. The survey will be available through Monday, September 17. Thanks for your time and your opinions. We value your feedback. Sincerely, Jim Hart Internet Marketing Manager Bethany House Publishers

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Save the Date - Camy's Patreon launch

My Patreon will launch in 2 weeks! I took all the results of the poll and I have hopefully created fun and appealing tiers. About my Patreon: I'm trying something new for the next 6-7 months. If it works, I'll continue, but if I end up not liking it, I'll stop it in September or October. I will be starting a monthly subscription membership on a new Patreon account. I will be posting the chapters of my current book ( Lady Wynwood’s Spies, volume 7 ) so you can read ahead of when the ebook will be edited and published. My current plan is to post 1-2 chapters weekly. One reason I’m switching things up is that I want to get closer to my readers and build a tighter, more intimate community with you. You can comment on each chapter of my book, give a reaction, ask a question, or even correct mistakes. My books will become a dialogue with you. If you subscribe to my Patreon, you'll be charged monthly and have access to all the benefits for the tier you subscribe to. Th

Toilet seat cover

Captain’s Log, Supplemental Update August 2008: I wrote up the pattern for this with "improvements"! Here's the link to my No Cold Bums toilet seat cover ! Okay, remember a few days ago I was complaining about the cold toilet seat in my bathroom? Well, I decided to knit a seat cover. Not a lid cover, but a seat cover. I went online and couldn’t find anything for the seat, just one pattern for the lid by Feminitz.com . However, I took her pattern for the inside edge of the lid cover and modified it to make a seat cover. Here it is! It’s really ugly stitch-wise because originally I made it too small and had to extend it a couple inches on each side. I figured I’d be the one staring at it, so who cared if the extension wasn’t perfectly invisible? I used acrylic yarn since, well, that’s what I had, and also because it’s easy to wash. I’ll probably have to wash this cover every week or so, but it’s easy to take off—I made ties which you can see near the back of the seat. And

What are you crafting today?

I’m not making anything special, just a ribbed top to match my ribbed skirt. It’s based off of a vintage pattern from the 1940s, but altered for my size. What are you making today? Post a comment!

What are you reading? A Thousand Li

At the moment, I’m reading the Chinese fantasy series, A Thousand Li by Tao Wong, set in a version of historical China. It’s what’s called a “Cultivation” novel where the character does some woo-woo stuff and moves energy around in his body and eventually is able to do some cool magic. I didn’t expect to like this series so much! The first book is a little weaker compared to the next several volumes, but it’s still very enjoyable, and I was hooked pretty easily. I’m listening to it on audiobook, and the narrator, Travis Baldree, is AMAZING! He does the Chinese names really well, and the different voices are fantastic. What are you reading today?

「戌年」連載小説 第8章

キャミー・タング著「戌年」連載小説 プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。 犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。 アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか? しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。 アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。 マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか? 過去に発表されたパートへのリンクはこちら。 *** 第8章 - 恐ろしくも真っ白な不動産書類 『みんな仲良くできないのかな?』 マリは無用に力を込めて箱に本を投げ入れた。最近、なぜ彼女は人生の中で全員と言い争いをしているのだろう?もしかすると、これは本当に悪いアイデア

Matthew 11:28-30

Matthew 11:28-30 Dear God, Thank you so much that we can come to you for help and rest. Help us to learn from you so that all we do is for you. Thank you for helping us with our burdens and that you ask so little in return. In you we can truly find rest in the midst of troubles and worries. Amen マタイによる福音書11章28-30節 親愛なる神よ、 私たちがあなたに助けを求め、休むことができることを心から感謝します。私たちのすることがすべてあなたのためになるように、あなたから学ぶことができるようにしてください。私たちの重荷を助けてくださりありがとうございます。あなたのおかげで、私たちは悩みや心配の中にあっても、心から安らぎを見出すことができるのです。 アーメン

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th