Skip to main content

Lady Wynwood #7 early release Kickstarter

I worked on my first Kickstarter and it got approved! It’s for the Special Edition Hardcover of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and the release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. I contacted my graphic designer about the Special Edition Hardcover of vol. 1: Archer—it’s going to be SO beautiful! The Kickstarter focuses on the Special Edition Hardcover, but it’ll also include vol. 7: Spinster so that it’ll sort of be like a launch day for vol. 7, too. A third special thing that’ll be in the Kickstarter is Special Edition Paperbacks of all the books in the series. They won’t be available in stores, just in the Kickstarter (and later, from my website, and also in my Patreon book box tiers if I decide to do them). The Kickstarter is not live yet, but you can follow it to be alerted when it has launched. (You may need to create a free Kickstarter account.) Follow Camy’s Kickstarter

ひとり寿司第23章パート1




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


23



祈ることができなかった。

レックスはベッドの中にうずくまり、時計をじっと見た。手術は明日——少し眠らなくては。そうすれば、手術室の看護師に言われた、「深夜以降に水を飲んではいけない」という決まりを守らずに、冷蔵庫のウォーターボトルを一気飲みしたいという誘惑からも解放される。

コンドミニアムに引っ越してから一週間が過ぎた今でも、レックスはネズミの音に耳をそばだてていた。その後、あのネズミは出てこなかったが、それでもベッドの周りにわなを仕掛けた。

静かなワンルームは、祈りが届かないほど壁が厚い鳥かごのようだ。神様は、レックスの祈りを聞いているのだろうか?

(本当に、あなたに怒ってるんですよ。もちろん、もうご存知ですよね)

聖書を読むべきなのかもしれない。だけど……まだ開けていない段ボール箱の中に入っている。それに、どこから読むべきなのか、見当もつかなかった。不運な自分のことだから、どうせ「ユダはアリストテレスをもうけ、とかなんとか」いう箇所を開くのがオチだろう。下手をすると、血にまみれた野蛮な戦争の箇所かもしれない。

母が亡くなった時と同じように、見捨てられた気分だった。化学療法のために具合が悪くなり、結局、効果は何もなかった。母はレックスの手を握りながら、自宅で亡くなったのだ。自分の最期のために着飾って。

レックスは身震いした。膝の手術を受ける前夜に母の死を思い出したのは、あまり賢明ではなかったかもしれない。

強くならなくては。自分が持っているもの——それを考えるべきだ。手術後は、ビーナスが面倒を見てくれる。最後の最後に一階のコンドミニアムの部屋を見つけ、ネズミは戻ってきていない。外科医の腕は素晴らしい——オークランド・レイダーズ(フットボールチーム)の顧問医だ。

(だから、早く寝て、明日手術を受けよう)

レックスは横になり、コンドミニアムの静けさに耳をすました。

眠れない。お水のことに取りつかれていた。

**********


「大丈夫だって」ビーナスは、また彼女を優しく説得した。「台の上で、死んだみたいに深い眠りに落ちるの」

「その『死ぬ』って言葉、使わないでくれる?」

レックスは、手術センターの待合室にある、座り心地の悪い椅子の上でモゾモゾした。それほど座り心地が悪い訳でもなかったのだが、ただそこに座っていたくなかった。特に、湖を飲み干して、馬を食べ尽くしたいと思っている時には。

待合室の反対側のドアが開き、カラフルなキャラクター入りのスクラブ(手術着)を着た看護師が彼女に笑いかけていた。「レックス・坂井さん?」

重い足取りで、手術センターの中央エリアに入るドアを通った。看護師はレックスをトイレまで案内した。そこには、ガウン、トレッドゴムがついた靴下、キャップ、洋服用のバッグ、そして椅子の上に採尿カップがあった。

レックスはそのカップを取り上げた。「昨日から何も飲んでません」少し不機嫌な言い方になってしまった。

看護師は、ベンティ・サイズ(スタバの最大サイズ)の忍耐を持ち合わせていた。「出なくてもいいですから、とにかくやってみてください。それから、下着以外はすべて着替えてくださいね」と言って、ドアを閉めた。

少なくともこのトイレには椅子があった。レックスは足の装具を外し、服を脱いだ。そして、冷たいタイルの部屋で身震いした。靴下は暖かいが、ガウンは前が開いてた(後ろが開いていないだけマシだ)。カップの中に、何とか数滴したたらせ、「採尿カップ」と書かれた巨大なサインが貼ってある棚にのせた。

ああ、喉が渇いた。冷たい水滴がしたたり、底に水たまりができるほど冷たい水が入った、大きいグラスで水を飲みたい。

彼女は泣き言を言っていた。

レックスがトイレを出ると、壁にもたれて待っていた看護師は、彼女の背中を軽くたたいた。看護師のしぐさは彼女を安心させるためだったのだが、レックスはピクッとして離れた。

看護師は、リクライニングチェアが二台置かれた小さい部屋へレックスを案内した。カーテンで仕切られていて、それぞれの側にテレビがある。ビーナスは中に入って立ったまま、浅黒いアジア系の男性と話していた。その男性は、変な装置の使い方を実演しているようだ。レックスを見て、自分のことをアランだと自己紹介した。

「これが連続受動運動(CPM)マシーンです。手術の後、これをベッドの上に置いて、足をクレードルに入れてください——」彼は、柔らかい人工羊革を敷いたメタルのクレードルを指さした。「——マシーンの電源を入れると、とてもゆっくりと足を曲げたり伸ばしたりしてくれます。最初は本当に少しずつ。二週間かけて、その角度を増やしていくんですよ」

「家に帰ってからどうやって設置するかは、アランが教えてくれたから」ビーナスは、アランに気のあるふりをするとか、彼と仲が良さそうに見えるとかいうことは全くなかったが、彼女がとてもリラックスして男性の近くにいるのを、レックスは何年も見ていなかった。きっと彼は、彼女のゴージャスな顔と、欲望をかき立てられるような姿を嫌らしい目つきで見ないという礼儀をわきまえた数少ない人のうちの一人なのだろう。

看護師がレックスをリクライニングチェアに座らせ、温めた毛布をかけてくれた。温かい。完璧な温度。肌もあらわなガウンなど、もうどうでもよくなった。

「このマーカーで、手術をする方の足に『イエス』、しない方の足に『ノー』と書いてもらえますか」

ちょっと待って、何か変じゃないか。「違う足を開いちゃうことがあるんですか?」レックスの声は、最後の方がかすれていた。

看護師は少し顔をしかめた。「いいえ、パニックにならないで。足は切り開きません。関節鏡視下手術ですから、膝に小さい穴を三つ開けるだけです」

「小さい穴を三つ開けるだけで、治してもらえるんですか?」まだ声がかすれている。

「そうです、最善の手術ですよ。安心してください」看護師はレックスの肩に手を置いた。レックスは飛び上がった。

別の看護師が加わり、点滴が始まった(わあっ、水だ!)。そして、ありとあらゆるバイ菌を殺しそうなネオンオレンジ色のソープで、怪我をしている方の足をゴシゴシこすった。

看護師たちは出ていき、ビーナスはレックスの隣の椅子に座った。

突然、ツーバイフォーの板で頭を叩かれたように、これから起ころうとしていることの重大さがレックスを襲った。意識がなくなる。そして、二度と起きないかもしれない。

胃の中で波が打ち始めた。温かい毛布に置いた手は震え始めた。乾いた唇をなめ、喉の奥につっかえている毛玉のようなものを呑み込んだ。

トイレに行きたい。毛布の温かさのために、さらにトイレが近くなった。

「ビーナス、看護師を呼んでくれる」

「どうしたの?」ビーナスはテレビから目を離した。

「トイレに行ってもいいか、聞きたいの」

「もちろんいいですよ」ビーナスが説明したら、看護師は甲高い声で言った。「点滴のバッグは、そのまま持っていってください。トイレの隣にフックがありますから」

レックスが松葉杖をつかんでトイレに飛び跳ねていく間、ビーナスは点滴のバッグを持ってあげないといけなかった。トイレに座っている間は、点滴のチューブが邪魔になった。

リクライニングチェアに戻ると、少し気分が良くなったが、お腹の中はまだ波打っていた。

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Toilet seat cover

Captain’s Log, Supplemental Update August 2008: I wrote up the pattern for this with "improvements"! Here's the link to my No Cold Bums toilet seat cover ! Okay, remember a few days ago I was complaining about the cold toilet seat in my bathroom? Well, I decided to knit a seat cover. Not a lid cover, but a seat cover. I went online and couldn’t find anything for the seat, just one pattern for the lid by Feminitz.com . However, I took her pattern for the inside edge of the lid cover and modified it to make a seat cover. Here it is! It’s really ugly stitch-wise because originally I made it too small and had to extend it a couple inches on each side. I figured I’d be the one staring at it, so who cared if the extension wasn’t perfectly invisible? I used acrylic yarn since, well, that’s what I had, and also because it’s easy to wash. I’ll probably have to wash this cover every week or so, but it’s easy to take off—I made ties which you can see near the back of the seat. And

Rules, rules, rules

Captain's Log, Stardate 09.09.2009 Well, I have discovered that I need to comply with California law in order to do my book giveaways. Who knew there were so many rules? It doesn’t really affect you guys much, except that I can no longer mail the books internationally . Sorry, guys, but I really don’t relish spending any time in prison. Here’s the new rules, effective for any give away on this blog, in my newsletter , or on my website after September 9th, 2009: Disclaimer: 1. No purchase necessary to enter any give aways given on this blog (http://camys-loft.blogspot.com/), in my newsletter (http://groups.yahoo.com/group/Camys_Loft), or on my website (http://www.camytang.com/). The give away will end on the date stated in the posting. The opportunity to play may be affected by local ability to access the Internet at any particular time. The odds of winning depend upon the number of participants. 2. Open to all readers, 18 years or older who are legally allowed to participate in su

Sneak peek: Camy’s Kickstarter rewards

This Kickstarter is going to be awesome! I’ve been planning rewards that’ll knock your socks off! Don’t know what Kickstarter is? Check out this blog post about my Kickstarter. I posted a description of the rewards (and pictures) on Patreon. Click here to check out the Kickstarter rewards! You can Follow my Kickstarter to be notified when it’s launched, and I’ll also announce in my newsletter when it’s live. Follow Camy’s Kickstarter here

Speed reading

Captain’s Log, Stardate 05.04.2007 I totally want to learn to speed read. My friend Georgiana found a website and posted a few tips on her blog: Speed Reading 101 If I could speed read, I could read so many more books than I do now! I think my biggest problem is sub-vocalizing my words. I don’t think I’ve EVER not done it. I don’t know if I’d be able to not do it. If that makes any sense whatsoever. Anybody have tips?

「戌年」連載小説 第11章

キャミー・タング著「戌年」連載小説 プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。 犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。 アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか? しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。 アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。 マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか? 過去に発表されたパートへのリンクはこちら。 *** 第11章 - タビー猫、黒猫、灰色と茶色の縞猫 彼女の母親は何かを摂取したに違いない。何を摂取したかはわからないが、代謝が急激に上がり、まるで神経質なリスのようになった。マリには、過去数日間に母親が家全体を掃除させた理由

Favorite chocolate?

Captain's Log, Stardate 04.22.2008 Lately I’ve been on this chocolate kick. Normally, I’m not a huge chocoholic like Captain Caffeine. I enjoy chocolate, but if given a choice, I’ll usually choose a fruit or custard/creamy dessert over a triple decadence chocolate layer cake or a chocolate-lovers’ downfall brownie. But lately, I’ve been eating dark chocolate squares. I think it started when I went into Joseph Schmidt gourmet chocolate shop in Santana Row. We’d gotten Joseph Schmidt truffles for Christmas, and they’d been fabulous—I can honestly say that they were as good as DeBrand truffles (author Colleen Coble’s favorite). So when I saw the brick and mortar shop in Santana Row, I went in immediately. Inside, this man was buying up stacks—and I kid you not, stacks —of the Joseph Schmidt Belgian Dark Chocolate bars. He raved about them, said they were terrific. A cashier was restocking the display case the man had cleaned out, and I snagged a bar. “I’ve got to try one, after watc

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th

Frogs

I know I blogged about this on my Writing Diary Blog , but I don’t think I blogged about this here. I read a few writing and productivity books, and I’ve been trying to form better daily habits. The problem is that my self-discipline is very bad. As in, embarrassingly bad. One of my goals has been to form a better writing habit. Since I’m a full-time writer, I already write every day, but I think there are things I can do to tweak my schedule so that I can be able to focus better when I write. I tend to get distracted by the thought of things I need to do that day which I haven’t done yet. I don’t know why my brain is like this, but I haven’t been able to break this tendency. So for example, while I’m writing, I’ll suddenly think about the fact that today’s the day when I need to change the bathroom towels, or mop the kitchen floor, or change the bedsheets. It’ll distract me for a few moments before I tell myself I’ll do it later and I need to focus on writing now. Then a few

Hello 2014!

I LOVE New Year’s Resolutions. I know lots of you hate them but I LOVE making them. I hardly ever fulfill them but it’s still fun making them because the whole year is new and filled with possibility. Last year, I was upset to get sidelined by plantar fasciitis so that I couldn’t run the Honolulu Marathon in December as I’d planned. My head and spirit weren’t in a good place for much of last year, which affected my work, and to cope, I slipped back into bad eating habits while I was under deadline for books. I gained 5-8 pounds over the year and felt like a gigantic blob sitting in my work chair. My New Year’s Resolution is to lose 30 pounds and train for the Honolulu Marathon in December 2014! I want to stop snacking while I work because I’ve gotten used to having something in my mouth as I’m typing, and I don’t think that’s a good thing. Instead, I’d like to get up from my work, have a snack at the table, and then return to my work. I actually started my resolution early and re