Skip to main content

ひとり寿司第22章パート3




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


**********


父に白い封筒を渡される前から、レックスの心臓は張り裂けていた——冷たい日本海で真っ二つに分かれる氷河のように、耳をつんざくような鋭い音がする。

(あなたを、ワサマタユ・スポーツクラブの男女混合および女子バレーボールチームに受け入れます……)

その手紙にきちんと折り目をつけて、封筒の中に戻した。そして、膝を上げて横になっているソファの隣に置かれた、コーヒーテーブルに手紙を落とした。

彼女の入部を伝えるために、その日の午前中、ダレンから電話があった。

「ダレンさん……先週、ACLを切っちゃったんです」彼女の声は震えた。爪は電話に食い込み、甘皮が痛い。

「それは確かなの?」

「MRIを撮って、今日ドクターに会って来ました。二週間後に手術の予定です」

「レックス……」電話口で、ダレンの大きなため息が聞こえた。「故障者リストがあるけど、順番待ちリストと同じぐらい長いリストだ」

涙が頬をつたう。あごを引き締めて、舌を噛んだ。

「残念だよ、レックス。故障者リストに入れておく。もしかしたら二、三年後だね」

(カチャッ)

すべての希望の断絶。

封筒を見つめながら、唾を飲み込んだ。怪我のバカ。ACLのバカ。

封筒を取り上げて、きれいに二つに破った。そしてもう一度。さらにもう一度。小さい切れ端が、白い涙のように膝の上に降った。

**********


「もう出来ないわ、レックス」トリッシュの血走った目は、レックスの方に動いたが、その後、居間の窓の外へ流れた。震える手で、スウェットシャツの上の錠剤を取った。

「何がもう出来ないの? トリッシュ。ACLを切ったのは初めてなのよ」トリッシュが家まで来てくれたのは、レックスを職場まで乗せて行ってくれるためだと、レックスは期待していたのだが、トリッシュがこんな状態では、彼女の車には絶対乗りたくない。「会社には病欠だって電話したの? こんなひどい二日酔いは、大学以来見たことない」

「二日酔いじゃないわ」トリッシュの返事は早すぎ、キッパリし過ぎていた。頬をこすっても、青白く腫れた顔がピンクになるだけだった。

「そうじゃなくて、疲れてたから迎えに来てくれなかったんだよね。朝十一時のMRI」

「もう謝ったじゃない」悪いと思っているようには聞こえなかった。

「じゃあさ、この埋め合わせに手術の後二、三日、助けになってよ」

「それなのよ、レックス。もう出来ないの。前の時と同じじゃない」

「前の時って? 足首の捻挫の時?」

「分かってるでしょ……あのレイプの後」

北極の冬が、彼女の心を一瞬にして凍らせた。レックスはその言葉を口にしたことが一度もなかった。トリッシュもそうだった、この時までは。線路の上の汚れた雪のように、醜い音が部屋の中でよどんでいる。「どうして——」

「あの後、すごく鬱になってたよね」

レックスはあの襲撃後の日々を——数週間にもなるかもしれないが——はっきりと覚えていない。足と腕にかけられた重みのような感覚は覚えていた。口は開いていても、あの時のことを話すことができなかった。

トリッシュは話し続けた。「あなたが受けたトラウマみたいなものは分かるわ。だけどね、あなたと一緒にいるだけで、私は感情的に疲れ果てたの」

レックスは、その頃、トリッシュが一緒にいてくれたことを覚えていた——風が吹き荒れる夜、トリッシュだけが、彼女にとっていつも輝く星だった。あの頃、トリッシュの笑顔と、レックスの腕、肩、頭に触れる彼女の手だけは——耐えられた。父と兄は別として、トリッシュだけが彼女に何が起こったのかを知っていた。ビーナスやジェニファーには話していない。ましてや祖母は知る由もない。

レックスは唾を飲み込んだ。「手術の時、あなたが助けになってくれるのを期待してたのに」

トリッシュは頭を振り、その目は壁、天井、そして窓へと流れて行った。「和夫が言うのよ。要求が多くて、いつもくっついてるあなたのために時間を取られ過ぎてるって」

「ええっ?」

「二度はできないわ、レックス」

レックスは息を呑んで、そこに座っていた。なんと言っていいのか、分からない。(ああ、分かったわ。膝とワサマタユを同時に失った今、無能者にはならない、って約束する)

トリッシュは黙ってため息をつき、振り返って玄関まで歩いていった。ドアを出て、それをしっかりと閉めた。

レックスはそのドアを見つめた。もう一度ドアがあくのではないかと期待している自分に気づき、顔をそむけた。

その眼差しは、ベルクロとメタルの黒い装具に固定された、ゴワゴワした足まで降りていった。足の痛みより、それを見るたびに感じる心の痛みの方が格段に大きかった。初めて受ける大きな手術だ。

自分がこうなるなど、思いもしなかった。捻挫や肉離れは何度かあったが、深刻なものは何もなかった。

今回は……魂から命を吸い取られた。空虚ではかない気持ちになった。

空虚ではかない気持ちになったことなど、今まで一度もなかった。いつも強くて健康的だったのに……。

もしかしたら、もう二度と強くて健康的になれないかもしれない。

目を固く閉じると、涙がポロリと落ちた。舌を強く噛んだ。その痛みのために、集中することができ、一〇億の涙の粒が溢れ出るのが抑えられた。

誰が看病してくれるだろうか? 父は金曜日に引っ越してしまい、自分も今週末には出て行かなくてはならない。見つけたコンドミニアムの部屋は階段があるから無理。だから電話をかけて、南サンノゼにあるワンルームコンドミニアムの一階を押さえた。予算に合うコンドミニアムはここだけで、トリッシュに見に行ってもらおうと思っていたが、彼女と連絡が取れないので、実際に見に行ってもいない。確かに最近のレックスは、トリッシュに頼り過ぎていたのかもしれない。レックスは彼女を窒息させていたのだろうか?

本当に、そうだったのだろうか? トリッシュに会うのは週に一回か二回、教会かバイブルスタディだけなのに? しかし、ことあるごとにトリッシュに電話をしていたのは確かだ。もしかしたら、それが彼女を苦しめていたのかもしれない。

レックスのため息は、すすり泣きに変わった。まるで、人を窒息させる濡れた毛布だ。

誰が看病してくれるだろうか? 父親? だめだ——レックスの身の回りのことを手伝うのは、絶対に苦手だ。いつもそういうことからは逃げていて、子供の頃も、レックスの叔母に任せていた。

ジェニファーは? 思いやりがあり、母親らしいことはできるだろうが、彼女は仕事がある。ビーナス? トリッシュと違い、とげのあるビーナスと親しくなったことはなかった。

誰もいない……

電話が鳴った。レックスはソファーとコードレス電話との間の距離を測り、体を引きずって、四回鳴ったときに電話を取った。「ハロー?」

「レックス、ビーナスよ。変に思うかもしれないけど、突然、あなたに電話をかけなきゃいけない気がしたの。もしかしたら神様がそう言ってるのかなと思って」

レックスは泣き出した。

ビーナスはため息をついた。「やっぱり、神様は正しかったみたいね」

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

What are you crafting today?

I always have multiple knitting projects, and over Christmas I started a new one. I’m working on developing a pattern for the arm-warmers (called muffatees or manchettes in Regency and Victorian England) that are mentioned a few times in Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer and Lady Wynwood’s Spies, volume 5: Prisoner . My character, Phoebe, has a rather deadly pointy thing hidden in hers. :) The pattern is based off of antique knitting books which are scanned by Archive.org. (You can download .pdfs of the books, which I think is really rather cool.) The book the pattern is from was published after the Regency era, but I’m reasonably sure the pattern was in use in the Regency, just passed down by word of mouth. Are you crafting anything today?

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Lady Wynwood's Spies 4 vignette - Lady Stoude

This is a really random scene I wrote that occurs in Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer right after chapter 23, after Keriah returns home and before Phoebe comes to pick her up later that night. The team has finished making all preparations for the trade for Michael at Vauxhall Gardens. *** “Oh! I have no wish to go to the ball tonight!” Lady Stoude stood in the open doorway to the drawing room of her husband’s townhouse, hands on hips, with a disgruntled expression that looked faintly like a drowned cat. Her husband, Jeremy, Lord Stoude, glanced up at her from where he was leaning against the mantle of the fireplace, drinking something amber-colored and peaty-smelling. He merely gave her a mild, inquiring look. “Why not, my dear?” “I have just heard from my maid, who heard from Mrs. Butterworth’s maid, who heard from Miss Farrimond’s maid, that Miss Farrimond will not attend the ball tonight, because an unfortunate accident with hair dye caused her to now sport a gia

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th

Camille Elliot's January newsletter

My Camille Elliot (Christian Regency Romantic Suspense) newsletter went out last week, but in case you missed it, the link is below. In my newsletter this month, I posted a link to a special extra scene from Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer , information about an experiment with my current Facebook group, and the date for an upcoming sale on Lady Wynwood’s Spies, volume 2: Berserker . I also mentioned a sweet Traditional Regency Romance that I’m reading. Click here to read my Camille Elliot newsletter for January.

ひとり寿司第28章パート1

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** 28 「ねえビーナス、お願い」装具をもっとしっかり脚に巻きつけようともがきながら、レックスは肩で携帯を持とうとした。 「ごめん、すごく仕事が忙しいの。トリッシュに行ってもらうように電話したから」 「トリッシュ? いつから彼女が私のお気に入りになったの?」立ち上がり、段ボール箱の間を通って、トイレにたどり着いた。 「ジェン、今週末は出かけてるの——ほんと、都合がいいわよね。だから、トリッシュかマリコのどっちかなのよ」 (うわっ)「分かった。何時に来てくれるの?」 「あの子

Happy Chinese New Year!

Happy Chinese New Year! This year is the Year of the Rabbit. The Chinese zodiac is split into 12 animals, and their years are 12 years apart. My mom was born in the Year of the Rabbit, so you could calculate her age if you wanted to. :) My humorous Christian romantic suspense serial novel, Year of the Dog , is a reference to the Chinese zodiac because the heroine is a dog trainer. It’s a prequel to my Warubozu Spa Chronicles series, which is set in my birth state of Hawaii. Here’s the book description: Year of the Dog serial novel by Camy Tang Marisol Mutou, a professional dog trainer, is having a bad year. While renovating her new dog kenneling and training facility, she needs to move in with her disapproving family, who have always made her feel inadequate—according to them, a job requiring her to be covered in dog hair and slobber is an embarrassment to the family. She convinces her ex-boyfriend to take her dog for a few months … but discovers that his brother is the irat

Talk of the Town by Joan Smith

Talk of the Town by Joan Smith Daphne Ingleside’s visit to her Aunt Effie in London was meant to add a little spark to her placid country life. And it did—once the two women decided to write Effie’s memoirs. For Effie, a faded divorcée, had been the beauty of London in her day, and many of the ton feared their misbehavior would be disclosed. The Duke of St. Felix, misinterpreting their project as a means of blackmailing his family, antagonized the sharp-witted, beautiful Daphne to his peril. Regency Romance by Joan Smith; originally published by Fawcett *** I first read this Regency romance years ago in mass market paperback and remember liking it. But when I saw that the author released it on ebook, I found that I didn’t remember the story at all, so I decided to re-read it. It was just as enjoyable the second time around. This story is full of witty banter and is a light, cute comedy of manners. I like how forthright the heroine is, although her tongue is at times a trifle

Cleo’s Drawstring Purse knitting pattern w/ @KnitPicks CotLin

Kari Trumbo is one of the twelve authors participating with me in the Christian Contemporary Romance anthology, Save the Date , which releases September 15. Kari’s novella in the anthology is titled January Hope . In celebration, I wrote a knitting pattern for the lace drawstring purse used by Kari’s heroine, Cleo! (In case you missed it, here are the links for my interview with Kari part 1 and part 2 . Tomorrow I’ll post an excerpt of one of Kari’s other books, Better Than First .) This is a pretty and practical little bag used by the heroine Cleo in Kari Trumbo’s novella, January Hope . Knit in a cotton/linen blend yarn, it’s just large enough for a cell phone and a small wallet. In the book, Cleo’s bag was a coral shade, but the bag I knit here is a chocolate brown color. The lace pattern is the Double Rose Leaf stitch pattern originally published on page 195 in The Lady's Assistant, volume 2 by Mrs. Jane Gaugain, published in 1847. ( You can download a scanned .pdf

Camy's Blog Tour!

Thanks so much to everyone who participated in my blog tour for Sushi for One ! The full schedule (with links) is at the bottom of this post. Here are some highlights from a few interviews: From Julie Carobini's blog : Hey Camy, You often speak fondly of Captain Caffeine and his imported espresso maker. What's your favorite caffeinated beverage order? Honestly, tea. Strong English Breakfast or Irish Breakfast tea. I'll take Earl Grey if I'm feeling zesty, or Ginger Peach (Republic of Tea) if I'm feeling fruity. In the summer, it's iced. In the winter, it's scalding hot, sometimes with a little soymilk and honey. However, I won't turn my nose up at a latte, especially if it's from Captain Caffeine or our favorite coffeeshop, Barefoot Coffee in Santa Clara. From Sally Bradley's blog : SB: In the story, Lex mentions a girl named Camy who gets brained by volleyballs all the time. I have to ask — is that you making a cameo in your own bo