Skip to main content

ひとり寿司第22章パート1




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


22



レックスが片方の腕をビーナスの首に回して車に乗り込む間、エイデンは、前のドアを開けて押さえていた。かわいそうにビーナスは、身長の差があるために老女のようにかがまなくてはならない。

レックスは黙ったままだった。家に運び込まれ、たるんだソファに倒れ込んだ。呼吸は荒く、痛みのために顔が歪まないよう努力した。ジェニファーは、レックスの膝を楽にするためにベッドルームから枕を二つつかんで居間へと急いだ。

普段の二倍の大きさに腫れ上がった膝を見つめた。また涙が出てきた。

ジェニファーがエイデンに何か囁いている間、ビーナスはレックスを看ていた。彼が出ていく時、ビーナスは振り向いて彼に手を振った。「ありがとう、エイデン」

レックスはまだ黙っている。口を開けることができなかった。頭は何かを言うよう命令しているのだが——少なくともうちまで送ってくれたエイデンに感謝するぐらいは——アロンアルファで喉が固く閉じられたようだった。

ビーナスの顔は青白い能面のように、悲しげだが落ち着いていた。ソファーの反対側に座っているジェニファーの目は、涙でうるんでいた。ビーナスは、じょうぶなコーヒーテーブルの上に腰を下ろした。「お父さん、いつ帰ってくる?」

「コホッ」レックスは咳払いをした。「一〇時」その言葉を言うだけで疲れた。

三人は、古い鳩時計がいつものようにカチカチ音を立てるのを聞きながら、黙って座っていた。レックスの頭の中は、霧が充満していた。しかし、少しモヤがはれ始め、誰がいないのかに気がついた。

「トリッシュは?」その声は、柔らかく、悲しげな口調だったので、まるで自分の声ではないように聞こえた。

ビーナスは、唇を噛んでいるジェニファーを見て、レックスの肩に触れた。彼女は飛び上がった。

「トリッシュは……行くところがあって」

レックスはトリッシュに会ったかどうかを全く覚えていなかった——中でも外でも——あの後——唾を飲み込んだ。「いつ? どこに行かないといけなかったの?」

ビーナスは目をそらせた。ジェニファーは、ソファーのほつれた糸をいじっている。

「どっちでもいいから、言ってよ」その言葉は、すすり泣きで終わった。

ビーナスはため息をついた。苛立っているように聞こえた。「トリッシュはね——」ビーナスはその名前を噛み切るように言った。「——彼に会いに行くことにしたのよ」

その知らせを聞いて、レックスは頬をひっ叩かれたように思った。鋭く吐いた息を吸い込むことができない。唇をしっかり閉じて、震えを抑えようとした。

「あなたが悪いんじゃないの。悪いのはあの子」ビーナスの目は、黒ごまのように細くなり、無感覚で死んだような表情をしていた。その指は、トリッシュの首を締め付けるかのように丸くなっていった。

だからと言って、レックスの胸郭のすぐ下に感じる虚無感が埋められていく気がしなかった。

「あのさ……その……スポーツセンター見る?」ジェニファーはリモコンに手を伸ばした。

「見たくない!」レックスの手がパッと出て、彼女をつかんだ。ナイフで膝を切られたような痛み。顔をしかめ、用心深く膝蓋骨をさわった。

誰かがアスレチックなことをしているのは見られない。今はダメだ。こうやって自分の体に裏切られている時には。

ACL——脛骨を大腿骨につなぐ前十字靭帯が切れた人を、何人か見たことがあった。手術の前後には松葉杖を使い、回復期間も長い。中には、二度とバレーボールをすることができなくなった人もいた……

(そんな風に考えちゃダメよ!)ACL手術の後、以前と同じぐらい強くなって戻ってきた人もたくさんいるではないか。

しかし、ワサマタユのトライアウトをしとめ、タウンハウスの二階の部屋を見つけた直後にACLを切る人はまれだ。

レックスは、また泣き出さないように顔をクシャクシャにした。鼻水をすすった。ジェニファーがテーブルの端からティッシュの箱を取って渡した。

ビーナスもティッシュを取った。「一つだけ、いいことがあったわ」

「何よ、それ」レックスは鼻をかんだ。

「マリコが怒るわね」

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

キャミーのニュースレター

* が必要です。

私のEメールニュースレターにサインアップしてください。私からのウェルカムメールが数通届き、その後は月に1通程度のメールが届くことになります。申し訳ありませんが、時々ニュースレターが日本語になりません。私からのメールのフッターにある配信停止のリンクをクリックするか、camy@camytang.com。いつでも変更することができます。

“配信を確認してください。” のメールを送ります。 メッセージの中にある確認リンクをクリックして、あなた本人であるかどうかを確かめて下さい。大変申し訳ありませんが、“配信の確認をしてください。” のメールは英語になります。

個人情報保護方針: 私はあなたの個人情報を尊重しています。Eメールアドレスを含めた個人情報は、第三者に開示・提供しません。

当社では、マーケティングプラットフォームとしてMailchimpを使用しています。以下をクリックして購読することで、お客様の情報が処理のためにMailchimpに転送されることをご了承ください。Mailchimpのプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。

Comments

Popular Posts

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

How can I pray for you?

Photo credit: lalalime.blogspot.com 日本語訳は下をご覧ください。 Just when I was feeling better, I had another bad IBS flare up! I had a really wretched 2 weeks in September, but I’m finally starting to feel better. Despite the lost two weeks, I got right back to work and now I'm getting close to finishing book 5 in my Regency series. Please continue to pray that my health will be stable so that I can write without getting derailed by my IBS like I was last month. Lord, thank You for all You give to us. You remind us in little ways each day that You are watching over us and that You love us. Help us to have humble hearts that submit to Your will for us, because we know that You love us fiercely and only want what’s best for us. In Jesus’s name, Amen. How can I pray for you today? Please leave me your prayer requests! Prayer requests can sometimes be private things, so to keep your privacy, I’ve made a form you can fill out that will keep your requests just between you and me. Also

ひとり寿司第22章パート5

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** 「あなたのお父さん、いつボックススプリング(ベッドのばね)とマットレスを持ってくるの?」 「三時まで用事がある、って言ってたから、うちに帰って荷物を取って、四時ごろかな」 「用事って、どんなこと?」 レックスは肩をすくめた。「聞かなかった。話したくないみたいだったし」 ビーナスは腰に手をおいた。 「あなたたち親子って、コミュニケーション不足よね。今までどうやって物事をやり終えてきたんだか」 「ちょっと、ちょっと。兄一人とシングルファーザーの家で育ったのよ。朝起きた時におは