Skip to main content

Sweet Romance Reads: How do you celebrate accomplishments?

I’m at the Sweet Romance Reads blog and Facebook group talking about finishing my book and posting a poll about how you usually celebrate accomplishments. Check out the blog or Facebook group to weigh in!

ひとり寿司第21章パート3




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


「で、レックス、どんな仕事してるの?」あまりに上辺だけの陽気さは、バーニーの映画のように聞こえる。

彼を正面からにらみつけて、ピシャリと言った。「やめてくれる? どうせ私の祖母があなたのお母さんに——」

「母じゃなくて、実は叔母」

レックスは肩をすくめ、ブラックビーンズ・ソース味の鶏肉まで戻った。

「じゃあ、隠しごとはもう何もないんだから……」ゲッコウの声はさらに強引、さらに不快になった。「正直に言うとさ。ゲームのチケットが欲しいんだよね」ゲッコウは、何か知的なことを言ったかのように微笑んだ。

「ないわ」あ、チャイニーズブロッコリーとちんげん菜は向こうだ。

「頼むよ」ネバネバした声だ。「お礼はするからさ」

「正直に言うけど、ゲッ、じゃなくて——ヘクター、あなたみたいにつまらない人とはデートしたくないわ」コーンをすくってお皿にのせた。

「誰がデートって言った? 他の方法でお礼をするから」

さりげなく言おうとしているようだ。やくざとしては、非常にお粗末だ。「お金っていう意味?」声の調子を上げた。

ゲッコウは頬をへこまし、彼女の前であわてて声を落とすよう、手を上下にパタパタさせた。「ちょっと静かに」

「お金ってことでしょ?」さらに大きな声で言った。

「はいはい、ちょっと黙って」

お皿の端から落ちそうになった一切れの魚を救助した。鍋に入れる食べ物を取り終わった。「答えは『ノー』よ」

「君が欲しいだけ払うよ——」

レックスはテーブルの方を向いたが、ゲッコウは邪魔をして、彼女の腕に手を置いた。レックスはガタガタ揺れて離れた。「あのさ、未成年者を誘惑して刑務所行きになるようなこと、させないでくれる?」

「誰にも言わなきゃ分からないよ」

「答えは『ノー』よ。分かった?」

「頼むよ——」

「ヘイ、レックス」

エイデンと会えるのは、すごく嬉しい。今回もまたそうだ。「何してるの?」

エイデンの眉毛が上がった。「何って、『エイデン、こんにちは。元気?』だろ?」

彼女は微笑んだ。「エイデン、こんにちは。元気?」

「まあね。友達のスペンサーと、そのガールフレンドと一緒なんだ」

「私は、ワサマタユのトライアウトがうまくいったお祝い」

「すごい! それで、どう——」

「ちょっとごめん、エイデンだっけ、僕たち話してる途中なんだ」ゲッコウが、二人の間に顔を突き出した。

エイデンの顔が石のようになった。「もう終わってるみたいだけど」

「全然終わってない」

「何て言った?」レックスはゲッコウの方を向き、その突き出た喉仏を凝視した。あそこにパンチを食らわせたら、彼はしゃべらなくなるだろうか。

「君のおばあさんが、僕にそのチケットを約束してくれたんだよ」

「ああ、それは残念だったわね」

「当てにしてたのに」

「へえー、それはすごいわね」

ゲッコウの血走った目は、頭蓋骨から飛び出しそうに見えた。「だってさ、君が——」

エイデンの引き締まった体が、彼らの間に入り込んできた。「こちらの女性は『ノー』って言ってるよ」

レックスは後退りした。周りの人が、彼らの口論に気づき始めた。

ゲッコウの顔は、狂ったウサギのようにひきつった。「君に話してるんじゃないよ」

「僕は君に話してるんだ」エイデンの鋭い声は、引き抜こうとする刀のような響きを持っていた。「彼女は『ノー』って言ってる。放っておいてくれるかな」

「どけよ」

「外で話そう」

「君とどこかに行く気はないよ」ゲッコウが、突然エイデンの肩を押したので、エイデンは後ろによろめいた。

レックスは、よけようとして向きを変えた。

エイデンは地面に倒れないように腕を伸ばした。彼の肩が、レックスの膝関節のど真ん中にぶつかった。

膝から(ポン)という嫌な音が聞こえ、それを感じた。

足の内側に沿う膝下の柔らかい部分の中で、捻挫のような痛みが膝蓋骨の周りで破裂した。レックスは地面に倒れた。生肉と野菜はお腹、足、髪の毛の上に落ちてきた。右膝をつかんだ。

(ウソだ、神様、そんな——)

焼けるような熱い川が流れるように、関節が腫れてきた。膝が強く脈打つ不快な音が聞こえ、鋭く刺されたような関節は皮膚から飛び出しそうだ。

(やめて、お願い、やめて)

足を持ち上げると、スネがぶらぶらし、太腿からの角度が少し変になっている。

(やめて、今だけは、お願い)

「シーッ、レックス。大丈夫だから」ビーナスの顔が目の前に現れた。

レックスは、知らない間に叫び声を上げていたのだった。

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

Bethany House Publishers Cover Survey Invitation

Captain's Log, Supplemental I just got this from Bethany House Publishers: Hello Reader, We at Bethany House Publishers appreciate our readers opinions about the books we publish. Occasionally, we seek your input about upcoming products. Currently, we are conducting a survey about the cover image for an upcoming novel. For your time, we are offering a giveaway in conjunction with this survey. You will be able to choose from ten recent Bethany House novels, and there will be ten winners. Winners will be notified within two weeks. Click here to take the survey, which should take about 10 minutes to complete. Thank you for your participation, and feel free to forward this email on to your friends or link the survey on your website. The survey will be available through Monday, September 17. Thanks for your time and your opinions. We value your feedback. Sincerely, Jim Hart Internet Marketing Manager Bethany House Publishers

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Save the Date - Camy's Patreon Launch

My Patreon will launch in 1 week! I took all the results of the poll and I have hopefully created fun and appealing tiers. About my Patreon: I'm trying something new for the next 6-7 months. If it works, I'll continue, but if I end up not liking it, I'll stop it in September or October. I will be starting a monthly subscription membership on a new Patreon account. I will be posting the chapters of my current book ( Lady Wynwood’s Spies, volume 7 ) so you can read ahead of when the ebook will be edited and published. My current plan is to post 1-2 chapters weekly. One reason I’m switching things up is that I want to get closer to my readers and build a tighter, more intimate community with you. You can comment on each chapter of my book, give a reaction, ask a question, or even correct mistakes. My books will become a dialogue with you. If you subscribe to my Patreon, you'll be charged monthly and have access to all the benefits for the tier you subscribe to. The

「戌年」連載小説 第8章

キャミー・タング著「戌年」連載小説 プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。 犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。 アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか? しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。 アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。 マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか? 過去に発表されたパートへのリンクはこちら。 *** 第8章 - 恐ろしくも真っ白な不動産書類 『みんな仲良くできないのかな?』 マリは無用に力を込めて箱に本を投げ入れた。最近、なぜ彼女は人生の中で全員と言い争いをしているのだろう?もしかすると、これは本当に悪いアイデア

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th

I GOT A 3-BOOK CONTRACT WITH ZONDERVAN!

Captain's Log, Supplemental My agent called me today with the great news! Zondervan has contracted me for another three books! Right now, they’re all stand alone books—not a series. The first book is slated to release May 2010 and is tentatively titled The Year of the Dog (they’ll probably change it). It’s a women’s contemporary novel. Here’s the back cover blurb from my proposal: Tessa Ota, a professional dog trainer, is having a bad year. While moving ahead with renovation plans for her new dog kenneling and training facility, Tessa needs to move in with her disapproving mother and her antagonist sister. She convinces her ex-boyfriend to take her dog for a few months … but discovers that his brother is the irate engineer whose car she rammed a few weeks earlier. Charles Bretton has enough problems. His mama has just shown up on his doorstep all the way from Louisiana, and his brother has to move in with him after being kicked out of his apartment—with a dog in tow. And guess who

Toilet seat cover

Captain’s Log, Supplemental Update August 2008: I wrote up the pattern for this with "improvements"! Here's the link to my No Cold Bums toilet seat cover ! Okay, remember a few days ago I was complaining about the cold toilet seat in my bathroom? Well, I decided to knit a seat cover. Not a lid cover, but a seat cover. I went online and couldn’t find anything for the seat, just one pattern for the lid by Feminitz.com . However, I took her pattern for the inside edge of the lid cover and modified it to make a seat cover. Here it is! It’s really ugly stitch-wise because originally I made it too small and had to extend it a couple inches on each side. I figured I’d be the one staring at it, so who cared if the extension wasn’t perfectly invisible? I used acrylic yarn since, well, that’s what I had, and also because it’s easy to wash. I’ll probably have to wash this cover every week or so, but it’s easy to take off—I made ties which you can see near the back of the seat. And

Chopsticks and knitting

Hahahahaha! My husband, Captain Caffeine sent me this cartoon. The Asian and the knitter in me loves this one: My parents taught me to use chopsticks at an early age so they’re pretty comfortable for me. Did you know there are differences between Japanese and Chinese chopsticks? The Chinese ones tend to be blunter and more slippery whereas the Japanese ones are pointier and sometimes have a textured tip to make it easier to grab food. My mom will eat salad with a chopstick, which I have to admit is a bit easier than a fork, for me. Any of you knit? Any of you use chopsticks?

ICRS, part 2

Captain’s Log, Stardate 07.14.2006 For all you writers —check out my Story Sensei critique service Summer Sale ! Ends tomorrow! Blog book giveaway: My Monday book giveaway is ARMS OF DELIVERANCE by Tricia Goyer. My Thursday book giveaway is TANGLED MEMORIES by Marta Perry . You can still enter both giveaways. Just post a comment on each of those blog posts. On Monday, I'll draw the winner for ARMS OF DELIVERANCE and post the title for another book I'm giving away ICRS, part 2 (continued from part 1 ): Sue Brower had invited me to the Christy awards that night and I was so thrilled to get to go. Everyone looked gorgeous. I’ve never seen Brandilyn Collins or Meredith Efken in anything besides jeans before. I hadn’t seen Sue Brower in two years and I was deathly afraid I wouldn’t recognize her, but Wendy introduced me and saved me from doing anything remotely stupid like, oh, walking past her. Sue immediately slammed me with the big dogs—she introduced me to the VPs of sales and

Sweet Romance Reads: How do you celebrate accomplishments?

I’m at the Sweet Romance Reads blog and Facebook group talking about finishing my book and posting a poll about how you usually celebrate accomplishments. Check out the blog or Facebook group to weigh in!