Skip to main content

Lady Wynwood #7 early release Kickstarter

I worked on my first Kickstarter and it got approved! It’s for the Special Edition Hardcover of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and the release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. I contacted my graphic designer about the Special Edition Hardcover of vol. 1: Archer—it’s going to be SO beautiful! The Kickstarter focuses on the Special Edition Hardcover, but it’ll also include vol. 7: Spinster so that it’ll sort of be like a launch day for vol. 7, too. A third special thing that’ll be in the Kickstarter is Special Edition Paperbacks of all the books in the series. They won’t be available in stores, just in the Kickstarter (and later, from my website, and also in my Patreon book box tiers if I decide to do them). The Kickstarter is not live yet, but you can follow it to be alerted when it has launched. (You may need to create a free Kickstarter account.) Follow Camy’s Kickstarter

ひとり寿司第20章パート3




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


**********


神様という方は実用的なジョークを使うものだろうかと、エイデンは思い始めていた。

勾配のある丘を走ろうと、わざわざ南サンノゼまで来たのに、何故この人にばったり会ってしまうのだろうか? 話すのが一番ためらわれる人。彼女は、彼に結婚を申し込んだことを覚えているのだろうか?

それに、レックスの家はこの近くではない。何故だろう?

レックスはまだエイデンを見つけていない——丘を登るのに苦戦している。少し足を引きずりながら。足首に何か問題があるようだ。

避けた方がいい。彼女は、彼のアラームシステムが警告を発する対象物そのものだった。きっぱり断ることを余儀なくされた、押しの強い女の子の友達で、その子の親戚でもあり、教会へ行くと言うだけではなく、実際、毎週、教会へ行くほど熱狂的なクリスチャン。常識的に考えて、彼女に近づくべきではない。

ただ彼女は、彼がその良識を失うほど魅力的でもあった。それに、同じバレーボールチームにいて、彼の携帯を盗み、結婚を申し込み、彼のマラソンのコースで待ち伏せしているという小さい事実もあった。

彼女に追いつこうと急いだ。

彼女は脇道にそれ、見えなくなった。

胃が、どさっと落ちて、そこに小さい空洞ができた。トレーニングコースからそれてしまえば、レースのために体調を整えられない。丘を登りながら、自分に蹴りを入れるものを失くした気がした。

一つ目の丘の頂上までダッシュしたら、肺が引き伸ばされた。降りてくる途中、彼は誰もいないスーパーの駐車場を突っ切って、ゴミ置き場の角を右に曲がった。

「ウップ!」

柔らかく軽い人とぶつかった。彼はよろめき、彼女は倒れた。

レックス。彼はレックスとぶつかったのだった。(嘘だ。神様、あんたって変なユーモアのセンスの持ち主だな)

絶対に、笑い声が聞こえたと思った。

「大丈夫? 君の足首——」彼女を助け起こそうと、手を差し出した。

レックスはそれを振り払った。「大丈夫よ」立ち上がって、数歩、歩いた。「でしょ?」

「足、引きずってるじゃないか」

「そんなことない」下唇を突き出した。

表情を抑える間もなく、眉毛が上がった。「分かった、分かった。引きずってない」

エイデンをにらんだ。「私をバカにしてる?」

「全然」

「ふん」振り向いて丘の上に向けた顔は、ガックリしているようだった。

「トレーニング中?」

「どうして分かるの?」

「トレーニングじゃなきゃ、走らないって言ってたよね」

「ああ」青白い頬が、朝日に当たって赤くなった。「あの……ごめんなさい。あの時は失礼なこと言って」

首が緩んだ。「別にいいよ」単純な謝罪なのに、彼は降参した。哀れなことだ。

「あなたもトレーニング中なの?」

「ああ」丘を見た。「もうすぐマラソンなんだ」

「そうなんだ、じゃあ、行ったら?」彼女は駐車場の方を向き、ポケットから車の鍵を引っ張った。

「トレーニング中じゃなかったの?」

顔をしかめた。「今日はあまりやる気がしなくて。最近……いろんなことがあってさ。あのブライダル・シャワーの他にもね」

「何言ってるんだよ、行くぞ」エイデンは丘を登り始めた。「早く」

レックスは混乱し、イライラした表情で彼をじっと見た。

彼は身振りで彼女に来いといった。「女々しいぞ」

この言葉で彼女が挑発されるのは分かっていた。もちろん、彼女は急に彼の後を走り始めた。

「女々しくないわ」彼を見る目は猛獣のようだった。

「もちろんさ」表情がなさすぎる顔を向けた。

レックスは眉をひそめた。

エイデンはニヤッと笑った。

**********


レックスは、エイデンが笑った顔をあまり見たことがない。彼はいつも控えめで、落ち着いていた。何てこと、オーランド・ブルームみたいだ。彼女の心臓は、一定のリズムに落ち着く前に、少し飛び跳ねた。

彼は、彼女よりずっと早く走った。驚くことではない。本物のランナーと一緒に走るのは初めてだった。いつもはバレーボール友達とペースを決めるのだが、今はついていくのも難しい。

「頑張れ、できるよ。もうちょっとだけ、このペースで」

(ゼーゼー)

「僕、理学療法士でトレーナーだから」

「つまり——(ゼーゼー)——いじめのプロね」

彼は笑った。「調子を整えたいんじゃなかった?」

「もちろん」(ゼーゼー、ハアハア)「死にたくないけど」

「オッケー、じゃあ膝を上げて」

レックスの足は、アリゾナの太陽より熱くなっていた。肺は今にも爆発しそうだ。

「何のためのトレーニング?」息を切らしてもいない。嫌なやつ。

彼女は空気を吸い込んだ。「ワサマタユよ」

「すごい、おめでとう。バレーボール?」

「そう」

「もっと膝上げて。で、いつなの? トライアウト」

「土曜日」

「一週間しかないのか。ほら、怠けるな。膝を上げるんだ。選ばれたいんだろ?」

決意に駆り立てられ、お尻を槍で突かれたように、レックスは丘のてっぺんまで行き、反対側へ降り、それをもう一度、繰り返した。エイデンが汗をかき始めたときには、彼女は逆に嬉しくなった。

ちょうど良い時間に、二人はスーパーの駐車場に戻ってきた。レックスは全身が痛かった。頭も痛い。

「ごめんね。私がいたから、あまり真剣に走れなかったでしょ」これが逆の立場だったら、彼女は怒りまくっていたかもしれないが、エイデンは肩をすくめただけだった。

「昨日はもっとタフなトレーニングをしたんだ。君が帰ってから、もうちょっとやってくよ」

(うそ)

レックスの様子を観察しながら、エイデンは頭を傾けた。「口、閉じた方がいいよ。周りに蜂がいるから」

彼女は、彼に向かって顔をシワクチャにした。

彼は微笑み、特徴のない顔から素敵な顔へと変わっていった。

何故、今までそのように見えなかったのだろうか?

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Interview with Fantasy author Willamette Sutta

Adamant in Dust by Willamette Sutta Stones of power and one princess to save them all. The Far Stone Endurant is broken, and a prophecy foretells doom… She should have been the chosen princess to deliver them. But Pergi can’t love Prince Teyrnon, and that's a deal-breaker. Pergi has prepared all her life to become the ruler that her father wants. Without sons, he knows she could only retain the throne if she marries the neighboring prince, combining their kingdoms. Yet the same prophecy that calls for the reunification also warns that they must join by love. Supplanted by her younger sister in this sentiment, Pergi waits with ill grace for Sadira to marry Teyrnon and steal her birthright. No one expects that Sadira would do a runner on her wedding day. What starts as an impromptu rescue of the wayward bride leads to a desperate struggle against a deadly foe. The dark lord Malchor ensnares Sadira in his opening bid to gain all the Far Stones of power. With them, he wi

Join Camy's brand-new Patreon!

My Patreon is now live! Thank you so much to those of you who have followed and subscribed to my Patreon! I hope you're enjoying Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster so far. For those who missed the announcement, I now have a subscription on Patreon where you can read chapters of my next book ahead of the ebook publication. You can subscribe to the tiers and receive more benefits in each higher tier. I put together a very PINK comparison chart so you can see the benefits available. Patreon is also a bit like a Facebook group in that you can comment on my chapters and my posts. Feel free to post reactions or ask questions, although I reserve the right to decline to answer if it would be a spoiler. :) To celebrate the launch, I’m offering something special. All patrons will receive “Bidding on Treason,” an exclusive, limited-availability short story starring Lena, whom you met in The Gentleman Thief , and who appears in Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster . However,

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th

Toilet seat cover

Captain’s Log, Supplemental Update August 2008: I wrote up the pattern for this with "improvements"! Here's the link to my No Cold Bums toilet seat cover ! Okay, remember a few days ago I was complaining about the cold toilet seat in my bathroom? Well, I decided to knit a seat cover. Not a lid cover, but a seat cover. I went online and couldn’t find anything for the seat, just one pattern for the lid by Feminitz.com . However, I took her pattern for the inside edge of the lid cover and modified it to make a seat cover. Here it is! It’s really ugly stitch-wise because originally I made it too small and had to extend it a couple inches on each side. I figured I’d be the one staring at it, so who cared if the extension wasn’t perfectly invisible? I used acrylic yarn since, well, that’s what I had, and also because it’s easy to wash. I’ll probably have to wash this cover every week or so, but it’s easy to take off—I made ties which you can see near the back of the seat. And

Mansfield Park on Masterpiece

Captain's Log, Supplemental Okay, I was going to hold this for next week but I can’t hold the frustration in any longer. I finally saw Mansfield Park on Masterpiece Classic and it’s horrid (to channel Jane Austen). The story moves WAY too fast. The different issues dealt with in the book speed by so fast, I wonder than anyone who hasn’t read Mansfield Park can even understand what’s going on. The characters themselves are completely changed. Fanny is lively and girlish instead of timid and demure. And I agree with Kaye and Ruth , what’s with the hair down on her shoulders? How could the hair and makeup department let her get away with looking like a hoyden? I also agree with Kaye about Fanny’s heaving bosoms throughout the movie—so out of character for a “poor relation” to have such low-cut gowns. I do have to say one thing—I really enjoyed the moment Edmund tells Fanny that Mary Crawford is the only woman he could want for a wife—Billie Piper’s look is so exactly what I’d expec

8 random things

Captain’s Log, Supplemental Missy Tippens , Nancy Brandt , AND Susan Meissner tagged me this week! Update: I also got tagged by Trish Perry and Rachelle Gardner ! That's FIVE! Heather and I are seeing who can get the most tags! LOL Update: Deborah Vogts just tagged me! That’s SIX! Update: Eileen tagged me! That’s SEVEN! Update: P.S. McManus and LaShaunda tagged me! That’s NINE! Update: Robin Lee Hatcher tagged me! That's TEN! Here are the rules: 1. Each player starts with eight random facts/habits about themselves. 2. People who are tagged need to write their own blog about their eight things and post these rules. 3. At the end of your blog, you need to choose eight people to get tagged and list their names. 4. Don't forget to leave them a comment telling them they're tagged, and to read your blog. 8 random facts/habits about me ... 1) I knit to write. My mom had taught me knitting when I was younger, but I picked it up again completely randomly one day. The

Frogs

I know I blogged about this on my Writing Diary Blog , but I don’t think I blogged about this here. I read a few writing and productivity books, and I’ve been trying to form better daily habits. The problem is that my self-discipline is very bad. As in, embarrassingly bad. One of my goals has been to form a better writing habit. Since I’m a full-time writer, I already write every day, but I think there are things I can do to tweak my schedule so that I can be able to focus better when I write. I tend to get distracted by the thought of things I need to do that day which I haven’t done yet. I don’t know why my brain is like this, but I haven’t been able to break this tendency. So for example, while I’m writing, I’ll suddenly think about the fact that today’s the day when I need to change the bathroom towels, or mop the kitchen floor, or change the bedsheets. It’ll distract me for a few moments before I tell myself I’ll do it later and I need to focus on writing now. Then a few

Lady Wynwood #7 early release Kickstarter

I worked on my first Kickstarter and it got approved! It’s for the Special Edition Hardcover of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and the release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. I contacted my graphic designer about the Special Edition Hardcover of vol. 1: Archer—it’s going to be SO beautiful! The Kickstarter focuses on the Special Edition Hardcover, but it’ll also include vol. 7: Spinster so that it’ll sort of be like a launch day for vol. 7, too. A third special thing that’ll be in the Kickstarter is Special Edition Paperbacks of all the books in the series. They won’t be available in stores, just in the Kickstarter (and later, from my website, and also in my Patreon book box tiers if I decide to do them). The Kickstarter is not live yet, but you can follow it to be alerted when it has launched. (You may need to create a free Kickstarter account.) Follow Camy’s Kickstarter

「戌年」連載小説 第10章

キャミー・タング著「戌年」連載小説 プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。 犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。 アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか? しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。 アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。 マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか? 過去に発表されたパートへのリンクはこちら。 *** 第10章 - 赤いブーゲンビリアの低木 「マリ、ごめんなさい。」 マリは、答え機でラナの後悔に満ちた声を聞いて、犬の餌の袋を落としそうになった。 「あなたのこの犬の施設の計画に、私が最も支援的ではなかったことを知っ