Skip to main content

ひとり寿司第20章パート2




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


**********


「ウエーッ。見られない。吐きそう……」

ビーナスの苛立った鼻息。「見なくていいの。目を閉じてて」

「だけど開けたら、見えるのは茶色いベタベタだけ。ウグッ……」レックスの胃は、吐くべきかどうかが分からないように迷っていた。

目をかたく閉じ、泥風呂に深く沈んだ。確かに熱がとても気持ちよかった。昔の腰の負傷——会社の椅子のせいだ——は、背骨の底に押し込まれた岩のような感じがしていたが、泥の中で体を伸ばすと、その圧迫感がゆっくりと退いていった。

ビーナスが自分の泥風呂の中で位置を変えている、べちゃべちゃした音が聞こえた。「気持ちいいでしょ?」

このベタベタしたものに浸かっていると、心が行きたくないところへふらりと行ってしまう。トリッシュは何故逃げたのか。駐車場に取り残されたときの苦痛。

(もうやめよう。楽しいことを考えなきゃ)脳みそはその願いに応じず、マリコのブライダル・シャワーに戻っていった。そういえば、この泥は少し——

「リラックス!」ビーナスは叫んだ。

「そんな声の調子じゃ、リラックスできないわ」

「そんな顔してたら、あんたが何か心配してるのが見え見えよ」

ビーナスの方を向いた。「お父さんが家を売った、って聞いた?」

「聞いてない。いつ?」

「水曜日。二週間後には出ないといけないの」

「どこに?」

「今探してるとこ……」レックスはもっと真剣に住む場所を探さないといけない。多分、コンドミニアム全部ではなく、一軒家のひと部屋を借りられるだろうか。「ワサマタユのトライアウトに呼ばれたことは言ったっけ?」

「すごいじゃない! いつ?」

「二週間後。問題は、高い前金」

「トライアウトのためにお金取るの?」

「選ばれなかったら戻ってくるの。入れたときにちゃんと払えるかを確認したいんだと思う」

ビーナスが泥の中に深く沈んだ。「私が払ってあげる」

「ダメよ!」

ビーナスはのんびりと横目を流した。「大丈夫よ」

ゲーム開発の会社でトップから二、三レベル下という、高いポジションにいるのは知っているが、ビーナスに借りを負いたくはない。「ダメよ。お金を貯めたから」

「それはコンドミニアムの頭金にするんでしょ? そのために、我慢してお父さんと一緒に住んできたんじゃなかったの?」

「五%の頭金には足りないし。夏の女子チームのプレイオフのためにも十分じゃないの」レックスがモゾモゾ動くと、泥が磁器製の風呂桶の脇に飛んだ。「だから、ワサマタユのために使おうかな、って思い始めてる」

「プレイオフのために使って、少し足りない分を集めた方がいいんじゃない?」ビーナスが厳しい目つきを投げた。

レックスにとってワサマタユは、バレーボール選手としてのキャリアの頂点にあるものだが、高級ジム会員のビーナスには決して理解することができないだろう。「ワサマタユの会費は私だけのためじゃないの。このクラブはお金持ちでスポーツ志向のヤッピーが集まってるわ。チームのスポンサーを見つけるには完璧な場所なの。女子チームのプレイオフの費用なんて、彼らが銀行に持ってるお金と比べたら些細な額なのよ。税金控除にもなるし」

「確実に誰かに頼める、ってわけね。だけど、ちょっと賭けじゃない?」ビーナスの声は冷静だ。

「彼らはアスリートだから、話が通じるの。私のジレンマも分かってくれるだろうし、喜んでチームのスポンサーになってくれると思うわ」

「あなたがそう言うんだったら、そうなのかもね」

ビーナスの懐疑的な態度がレックスに決意させた。「いい考えだと思う。ワサマタユのためにお金を使うわ」

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

キャミーのニュースレター

* が必要です。

私のEメールニュースレターにサインアップしてください。私からのウェルカムメールが数通届き、その後は月に1通程度のメールが届くことになります。申し訳ありませんが、時々ニュースレターが日本語になりません。私からのメールのフッターにある配信停止のリンクをクリックするか、camy@camytang.com。いつでも変更することができます。

“配信を確認してください。” のメールを送ります。 メッセージの中にある確認リンクをクリックして、あなた本人であるかどうかを確かめて下さい。大変申し訳ありませんが、“配信の確認をしてください。” のメールは英語になります。

個人情報保護方針: 私はあなたの個人情報を尊重しています。Eメールアドレスを含めた個人情報は、第三者に開示・提供しません。

当社では、マーケティングプラットフォームとしてMailchimpを使用しています。以下をクリックして購読することで、お客様の情報が処理のためにMailchimpに転送されることをご了承ください。Mailchimpのプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。

Comments

Popular Posts

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Ghetto Gongfu @mastersteas #mastersteas

Last year, I really got into brewing oolong teas, black teas, and Chinese green teas gongfu style. It’s a method where you use a little more tea leaves but steep for a very short time (usually only 15-25 seconds), and then each steeping after that is a few seconds longer. When doing such a short steep, the tea is not bitter at all. I like how each steeping of tea tastes just a little different, because the tea leaves will release certain compounds first and other compounds later. Also, you can usually steep it anywhere from 5 to 9 times, depending on the tea. You can use a tiny gaiwan teacup to brew tea just for yourself, or you can use a teapot. There are some teapots made specifically for gongfu brewing, although they tend to be very small, ranging from 200 mL to 300 mL (although there are some that are larger and smaller, of course). There are a few teas at MastersTeas.com that I really love, but which are very expensive since they’re very high quality. However, some of them

Regency titles in Lady Wynwood's Spies

I happened to read a review of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer , and the reader mentioned being confused because characters switched between using first names and last names. I didn’t comment on the review (it’s my policy never to do so), but I thought it might be useful for my readers for me to mention why I have some characters referring to certain others by their first names or last names or titles. When I was researching British titles, many published historical authors recommended this article , which is one of a series of very informative articles on how the British refer to those with titles. The article writer mentions that especially in the Georgian/Regency/Victorian time period in England, people did not refer to each other by their first names unless they were childhood friends or close family, and even close family would often refer to a peer by his title name (or a nickname of his title name) rather than his first name (i.e., “Hart” for Lord Hartley). It struc