Thursday, June 02, 2022

ひとり寿司第17章パート4




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


**********


レックスはビーチが好きだったが、砂は嫌いだった。砂だらけになる。今もそうだ——靴の中や靴下の中、そしてショーツのウエストバンドとスポーツブラの中にまで入ってくる。

そして、なぜこれほどバカなのか、彼女はバレーボールのドリルをやり続けた。

いや、バカではない。熱心なだけだ。トライアウトに呼ばれると仮定して、ワサマタユに入るという目標に集中する必要があった。もっとシェイプアップしなくては。

昨日のランチに食べた香港スタイルのヌードルは、本当に無駄だった。

横方向のシャッフルを終えてストレッチ、息が切れる。近くのビジネスパークから吹いてくる風が涼しく、屋外のバレーボールネットが揺れていた。日光のために砂が温かくなり、トースターオーブンのように熱を発散させていた。

レックスは、ネットでブロッキングのドリルをしようと準備した。天候にさらされているこの古いネットは、そのビジネスパークにある会計事務所が提供してくれたもので、二つのポールの間で垂れ下がっていた。レックスにとっては十分だ。しゃがんで、ジャンプした。

ネットが肘にピシャッと当たった。(イタッ!)ズキズキする痛みが腕を伝って降りてくる間、彼女はじっとしていた。一時間前の護身術クラスの時に、もっと注意していれば——打撲が彼女のパスに影響しない限り、大丈夫だ。

声が聞こえてきたために、ためらった。背筋が硬くなった。

広い駐車場では、アジア人、インド人、白人が混じった三○代の男性のグループが、サンドバレーボールのコートに向かっていた。いや、近くのバスケットボールのコートの方だ。

そのほとんどが、ショートパンツとスニーカーという服装だったが、ビジネスカジュアルのスラックスとポロシャツの人が数人いた。夕方、その辺りにいる人を適当に集めてやる試合だから、多分会社の同僚だろう。気にすることはない。

レックスの方をチラチラ見ている人がいた。それは本当に何の意味もないことだろうか?

(やめよう)

(沢山いる。群集心理というものがあるのだろうか? ニューズウィークにも昔そんなことが書いてなかったか?)

(気にしすぎだわ)

レックスは一人だった。

(バカげてる)

車に乗って、そこを離れた方がいいのではないだろうか。

(トレーニングしなきゃ、何の害もない人たちなんだから)

レックスは深呼吸をして、灰色でボロボロのネットを見つめた。彼女はなんて無力なのだろう。

深くかがみ、三回続けてブロックの動きで飛び跳ねた。一歩横にダッシュし、また跳んでブロックを三回。それをネットの終わりまで続けた。

ポールのそばに立って息を吸った。ネットは金属のポールに当たってはためきながら、静かに響く音を立てている。その男性グループはバスケットボールのコートに着いて、ストレッチを始め、フリースローの練習をしている。しゃべる声はほとんど聞こえてこない。温厚そうな冗談や、やじぐらいだ。

だから、レックスはリラックスした。彼らは、彼女の兄、男性のいとこや友人のように見えたし、そのように聞こえた。昔はよく、男性のいとこたちがキャンベル公園で集まってゲームをしたものだった。レックスは自分も入れて欲しいとせがみ、彼らをやり込めたっけ。

駐車場での動きが目に留まった。

長身で髪の毛がぼさぼさの白人男性——木綿のボタンダウンシャツとスラックスは、一日の仕事の後でシワシワだ。レックスをじっと見ていた。

首から腰まで降りてきた乱暴な震えを隠そうと、目が固まった。

知り合いではなかった。細面の顔と不揃いの髭は、レコーディング・アーティストのデイビッド・クラウダーを思い出させたが、多分そのビジネスパークのテック会社で働いているのだろう。アインシュタインのようなIQと博士号を二つ持っていても驚くことではない。何故、レックスを見つめ続けているのだろうか。

レックスは、向こうまで歩いていって、面と向かって言おうかと考えた。勝手に女性をジロジロ見続けるなんて、許されるものではない。口を閉じ、砂のコートを出た。

車の警笛。SUVが視野に飛び込み、砂のコートの近くにとまった。心臓が一瞬ドキドキしたが、出てきたのはエイデンだった。何故だろう、早い心拍数はおさまらない。

ミスター・サンタクルーズとの喧嘩を始める必要はなさそうだ。「何してるの?」手で日の光をさえぎった。

「やっぱり、ここにいたんだね。スタンフォードのバレーボール・クリニックでさ、ここでドリルをやるのを勧められたんだ。日系リーグの選手もこのコートのことを言ってた」

「うん、タダで使える砂のコートってあんまりないからね」

「僕も入れてもらっていい?」

ダメな理由があるのだろうか? もっと長く、もっと激しいトレーニングができるかもしれない。そうすれば、最高のコンディションでトライアウトに臨めるだろう。「ウォームアップして始めるわよ」

砂の上でダッシュ、ブロック、アタック、飛び込みのドリルを一時間やった。エイデンは、スタンフォードのバレーボール・クリニックで覚えた新しいドリルを知っていたので、レックスもさらに頑張った。クタクタになったが、終わった後の気分は最高だった。

砂のコートとの境界になっている草の上に座り、水をがぶ飲みして、顔を流れる汗を拭いた。エイデンの優れた肺活量は尊敬に値するものだった——レックスの方が苦しそうに呼吸をしている時もあった。そういえば、走るのが趣味だと言ってたな——

「新しい仕事はどう?」エイデンは素足から砂を払い落とした。

首の付け根のコリコリが硬くなった。エイデンは、彼女がキンムンと話していたときに、彼女の仕事のことを聞いていた。「まあまあよ」いつ言われても不思議ではない……(チケット取ってくれない?)

「エンジニアリングとは違うだろうね、絶対」

「そうね」

エイデンは彼女の目を真っ直ぐに見た。「君や僕みたいにラッキーな人は少ないよ。大好きなことを仕事にしていて、それがうまくできる」

エイデンの眼差しは温かみがあり、理解力があるように見えた。レックスは元気が出て、同時にリラックスしてきた。首のコリコリはなくなってしまった。「そんなに理学療法(PT)が好きなの?」

彼はうなずいた。「忙しいよ。膝の手術をした患者がトレッドミルでジョギングするのを見て、手根管の患者がジムマシーンでウエイトを上げるのを見る」

レックスにとって、PTは癒しではなく、負傷を連想するものだった。「素敵ね」

「君は一日中、スポーツの話をしていられる。まるで、君のために作られた仕事だよね」

その通りだった。レックスは初めて、最近起こった人生の紆余曲折の中に、神の御手を垣間見た。神様と会話をする時間をあまり取っていなかったのだが、それでも神様は働いてくださっていた。不思議だ——その御手の中にあるという安心感と同時に、思っていたほど自分は自立していないし、主導権を握ってもいないという不安を感じた。

あっという間に三○分以上話していた。レックスは不承不承うちに帰ることにした。引越しの準備をしなくてはならない。色々と物が多すぎるので、早く始めるに越したことはないだろう。

エイデンに手を振って、車が動き出した後だった。彼がチケットのことを一言も持ち出さなかったことに気がついたのは。

携帯が鳴った。うちからだ。「お父さん?」

「ああよかった、つながって。レックス、不動産屋と話したところなんだ」

「もう売れたの?」

「それだけじゃない、指し値もすごくいいんだ」

「よかったわね、お父さん」もっと嬉しそうに思わせようと頑張った。

「なんだが、買い手はエスクローを早めることを要求してるんだ」

「どういうこと? 早めるって」

「申し訳ない、レックス。二週間で出ていかないといけない」

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

キャミーのニュースレター

* が必要です。

私のEメールニュースレターにサインアップしてください。私からのウェルカムメールが数通届き、その後は月に1通程度のメールが届くことになります。申し訳ありませんが、時々ニュースレターが日本語になりません。私からのメールのフッターにある配信停止のリンクをクリックするか、camy@camytang.com。いつでも変更することができます。

“配信を確認してください。” のメールを送ります。 メッセージの中にある確認リンクをクリックして、あなた本人であるかどうかを確かめて下さい。大変申し訳ありませんが、“配信の確認をしてください。” のメールは英語になります。

個人情報保護方針: 私はあなたの個人情報を尊重しています。Eメールアドレスを含めた個人情報は、第三者に開示・提供しません。

当社では、マーケティングプラットフォームとしてMailchimpを使用しています。以下をクリックして購読することで、お客様の情報が処理のためにMailchimpに転送されることをご了承ください。Mailchimpのプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。

No comments :

Post a Comment