Thursday, May 19, 2022

ひとり寿司第17章パート2




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


あーあ、お尻が濡れてる。スカートを拭いて、座る前に椅子にタオルを置いた。

彼らは、実はいい人たちだった。レックスの判断が間違っていた。それに、実は意外とハンサム。さらに言えば、彼女と同じぐらいスポーツのことが分かっていた。チコのスタッツや、ピストンズの最新スカウトレポートのことを聞いた時も、すぐにその情報をくれて、そのことについて知的に話すことすらできた。

もしかしたら、ここでボーイフレンドが見つかるかもしれない。自分の部署以外でも、ここにはスポーツを生き甲斐としている男性が山ほどいる。デート相手を探すためにワサマタユに入る必要はない。

ワサマタユに入るために、第一子を犠牲にするつもりもない。

電話が鳴った。すぐに受話器をつかみそうになって、自分の手を叩いた。(急ぎすぎちゃダメ)もう一度鳴るまで待った。「SPZ同窓会リエゾン、レックス・坂井です」

「レックス、ロジャーです。チケットの件、大丈夫だったよ」

「良かった! ありがとうございます、ロジャーさん。スカウトの件は、話しておきますね。いくつかの試合に何人か手配します」そうだ、頼めそうな人はいる。

「じゃあ、そういうことで、ありがとう」電話を切った。

レックスは数人のスカウトに電話をして、折り返し電話を頼む伝言を残した。

返事を待っている間にすることは他にもあったが、心は、今お気に入りのトピック——ワサマタユのトライアウトに戻っていった。テニスボールを空中に投げた。「私は順番待ちリストのどの辺にいるのかなあ?」

テニスボールが床に落ちた。

「誰に電話をすれば分かる?」

テニスボールは黙っていた。

「ワサマタユで働いてる人、誰か知らないかな?」

「ワサマタユ?」グレイがドアから頭を突っ込んで、彼女のナルゲンボトルを差し出していた。「はい、お水」

「ありがとう、そうなの。女子バレーに空きがあるのよ」

「ああ、いとこが男子サッカーのトライアウトに呼ばれたよ」

(すごいラッキー! )「入れた?」

「ダメ、ダメ」

「そうか」(なーんだ)

「空きが出たのはいつ?」

レックスは肩をすくめた。「私が聞いたのは一週間前」

「じゃあ、今頃は順番待ちリストの人たちをスカウト中じゃないかな」

「順番待ちなのにスカウトするの?」

「いとこがそう言ってた。プレイを見てない人は呼ばないって」

レックスは喉が硬くなった。心臓もドキドキしている。あの、二人の白人男性。日系ジムのトーナメントで。ああ良かった。殴って気絶させるようなことをしなくて。考えただけでも恐ろしく、デスクに寄り掛かりたくなった。

(だけど、そんなことしなかったんだから、それが大事なの)「情報をありがとう」しかし、先週の金曜日は試合に出なかった。そんな!

「どういたしまして、週末はどうだった?」

「ESPNを見まくったわ」テレビの前で、少し重量挙げもしたが、トライアウトに呼ばれなければ、何の意味もない。「あなたは?」

グレイは肩をすくめた。「別に。ソファーを飾ったぐらいかな。だけど今度の週末は、バークレーのいとこに会いに行くんだ」

「仲がいいの?」

「兄弟みたいなもんだ」グレイの目は、彼女のオフィスの小さい窓に流れて行った。「ひょっとして、バークレーのAAと最近話した?」

レックスは、このような含みのある言い方を理解するのが下手だったが、興味がなさそうなふりをして、落ち着きがなく彼女のデスクの上に何か模様を描く彼の様子を見ると、目が細くなっていった。「先週、話したわよ」

彼の目は金色の炎のように輝いていた。「今週末のバスケのチケット、余ってないかなあ?」

レックスは……作り物になった気がした。本物じゃない、偽物。グレイは動かなかったが、二人の間に突然、深い割れ目ができて、彼も本物ではなくなったように見えた。そして、気がついた。他人に利用されたくないことに。想像するのも嫌だ。

「出てってもらえる?」椅子にもたれて彼を睨み倒した。

「何か問題でも——」

「三秒以内に出ていかないと、ウォーターボトルを頭に投げつけるわよ、このスライム男」

グレイは小走りで出て行った。

電話が鳴った。外線だ。誰かと話したい気分ではなかった。取らずに交換手に回そうか。いや……誰かとスポーツのことを話したら元気が出るかもしれない。「SPZ同窓会——」

「レックス、ジェニファーよ」

レックスは椅子の中で背筋を伸ばした。「どうした?」

「近くに来てるの——ママが友達のうちで麻雀だっていうから、そこで降ろしたところ。ちょっと早いけど、ランチ行ける?」

なんていいタイミング。「じゃあユニオンで会おう」

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

キャミーのニュースレター

* が必要です。

私のEメールニュースレターにサインアップしてください。私からのウェルカムメールが数通届き、その後は月に1通程度のメールが届くことになります。申し訳ありませんが、時々ニュースレターが日本語になりません。私からのメールのフッターにある配信停止のリンクをクリックするか、camy@camytang.com。いつでも変更することができます。

“配信を確認してください。” のメールを送ります。 メッセージの中にある確認リンクをクリックして、あなた本人であるかどうかを確かめて下さい。大変申し訳ありませんが、“配信の確認をしてください。” のメールは英語になります。

個人情報保護方針: 私はあなたの個人情報を尊重しています。Eメールアドレスを含めた個人情報は、第三者に開示・提供しません。

当社では、マーケティングプラットフォームとしてMailchimpを使用しています。以下をクリックして購読することで、お客様の情報が処理のためにMailchimpに転送されることをご了承ください。Mailchimpのプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。

No comments :

Post a Comment