Skip to main content

ひとり寿司第12章パート3




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


**********


祖母がガミガミ言うという理由だけで死んだふりをするのはやめた。だがレックスはバカでもない。デート相手のみならず、スポンサーを探すという二つの目的を持って、木曜夜の独身者グループに駆け込んだ。そこは、祖母が侵入することのできない唯一の場所——教会だ。

祖母は、レックスとその三人のいとこの信仰を理解していなかったが、祖母ですら神様に歯向かうことはできない。

先週の日曜日、レックスは教会の年配の人たちに話してみた。彼らはみんな親切だったが、少しよそよそしいところがあった。自分たちと同じ年代で、日本語や中国語や韓国語など、自分の言葉を話す人と一緒にいることを好む傾向があり、言葉のバリア自体のために、レックスを遠ざけているところがあった。スポンサーになって欲しいと頼むこと自体が失礼なようで、気まずく感じた。

それに、結婚していて子供がいる人たちとはほとんど話したことがなかったので、どうやってアプローチしたらいいのかも分からない。レックスの名前も思い出せない人たちにスポンサーになることを頼むのも、少し失礼なように思える。

だから、自分が知っている教会の人たち——独身者をターゲットにした。

それなのに、独身者グループが始まる前の貴重なおしゃべりの時間に間に合わなかった。レックスを迎えに来るはずだったトリッシュが二○分過ぎても現れず——そう言うレックスも六時半までに出かける準備はできていなかったのだが、六時四○分には準備ができていた ——レックスは自分のホンダに飛び乗って、教会へ向かったのであった。

ワーシップリーダーがギターをチューニングしていた——レックスに残されたのは五分間だけ。友情以外のことには興味がないと、男子全員に対し明言していたことを、今頃になって後悔した。みんなレックスのことを怖がっているのだろう。

しかし、クリスチャンの慈善に対する感性に訴えることができるかもしれない。「ヘイ、アルビン」

「やあ、レックス」捕獲された動物のように、用心深い顔つきをしている。

レックスは心の中で、「エペソ」のリストを思い出していた。アルビンはクリスチャン(誠実な出席者)で、いい仕事(エンジニア)を持っているが、身体的な魅力がなく(目が丸くて口が大きいため、ヒキガエルのように見えた)、面白いスポーツもせず(釣りが好きだなんて、レックスには一ミリの忍耐も持てないスポーツだ)、フケがひどかった(もう十分)。

「アルビン、中学生のバレーボールチームに寄付するのってどう思う?」

アルビンの目が明るくなり、目が電気で光っているカエルのように、実に薄気味悪い顔になった。「ああ、中学生ミニストリー? すごくいいね」

「あの、ミニストリーってほどじゃなくて……」

その光が消えた。「違うの?」

確かにミニストリーみたいなことはしている。「私のことを信頼してくれてるから、時々男の子の問題なんかを聞かされると、神様のことを話すように努力してるわ」

「それって伝道?」

「ええっと……」

「その子たちが死に到るほど罪深いことや、個人的な救い主が必要なことに対して、目と心を開かせるの?」

レックスは瞬きして彼をじっと見た。

アルビンは、それを励ましと捉えたようだ。「告白の祈りをして、キリストに明け渡すように導いて、イエス様が心の中に住んでくださるよう招くの?」

「ちょっと……違うかな。私はバレーボールのコーチだから」

「そのアウトリーチ(奉仕活動)は、未信者が、『神様の子供としての愛』を経験するように招くためのもの?」

「そうね……誰でも参加できるの。クラブチームだから」

「試合の前後に祈って、礼拝する?」

「それは、しないわ」

「じゃあ、その子たちと何をするの?」

「神様が愛していて、その子たちの問題を気にかけてくれてる、って言うわ。友達のことを赦して、男の子たちが気に留めてくれることを祈ってる、って言うの」

ショックを受けたアルビンは、一歩ひいた。「それはミニストリーじゃない。娯楽だね」

「娯楽のどこが悪いのよ?」

口がとても小さく閉じられたので、ほとんどあごの中に消えてしまった。「悪いけど、神様に全ての名誉と栄光を捧げるものじゃなければ、神様のお金を捧げることはできないよ」

レックスは彼をにらんだ。「結構よ」

次の獲物。

注意深く選ばなくては。アルビンみたいなのはいらない——

「みんな、座って」ワーシップリーダーは、十二弦のアコースティックギターでコードをかき鳴らした。

チッ、アルビンのために時間を無駄にし過ぎた。

席に座り、「言い尽くせない」という歌が始まると、レックスは自分自身の中に引き込まれていった。歌いながら、その歌詞がいかに自分を居心地悪くさせているかを無視しようとした。何故、神様を言葉で言い尽くすことができないのだろう? 神様は、人の語彙を増やすよう努力したほうがいいのではないだろうか? この、神様が無限であるということ自体が気に入らなかった。

次は、「なんと素晴らしい神」という歌——この歌は我慢できた。神様は素晴らしい。歌いながら、初めて信じた時に感じた偉大なものに引っ張れられる感じ——信じる以外に選択肢はないほどレックスを圧倒する力を感じた。

独身者と青年グループの世話をしている副牧師は、神様を信頼することについて話している。スポンサーやボーイフレンドを見つけることについて神様を信頼しているのだから、これはとても納得できる。そう、神様が助け舟を出してくれる。やれるはずだ。

会の終わりに牧師が祈り終わるとすぐ、レックスは次の標的を見つけた。急に席から立って、ランディの隣にドスン、と座った。

「ヘイ、ランディ。中学生のバレーボールチームをサポートする気ある? とてもいい機会なん——」

「ごめん、レックス。海外宣教しかサポートしない主義なんだ」

レックスは二、三回瞬きした。「どうして?」

「イエス様はすべての国で弟子を作りなさい、って言ってるよね」

「アメリカは国よ」

ランディは手を横に振った。「僕らは自由に教会へ行けるけど、ほかの国では、福音を聞く機会すらないところもある」

首が痒くなった。つまり胸から上が火照ってきて、つまり癇癪を我慢できなくなってきた。「アメリカでもインドでも、貧困で死ぬ人はいるじゃない」

「だけど、インドの人は、キリストのことを聞いたことがないから、もっと大事なんだ」

ほっぺたの内側にレモンが入っているような気がしてきた。「私は家族にクリスチャンになって欲しい、って思ってる。ほとんどの親戚は仏教徒だからね。彼らはアメリカに住んでるわ」

ランディは肩をすくめた。「僕の家族は、もうクリスチャンだよ」

(鼻から息を吸って、鼻から息を吐いて)わざわざランディとあのリストを比較するのはやめた。リストに入れることがもう一つ:(神学上の考え方が、キリストを知らないアメリカ人を除外するものではないこと)

レックスは、少人数だった、その夜の独身者グループを見回した。ゼロ勝二敗、だけどもしかしたら——

携帯電話が鳴り出した。「ハロー?」

「レーックス?」

「トリッシュ? 何かあった?」

「レーックス」(息を吐く音)「迎えに来てくれる?」

「酔ってる?」

「ちょーっとね」

ランディがびっくりした目でレックスを見つめている。おっと、声が大きすぎたようだ。聞こえないふりをしている人も数人いた。

投げるようにバッグを肩にかけ、立ち上がってドアの方へ向かった。「どこ?」

「ええっと……イエローフィーバー・クラブ」

ナビで調べた。「そこから動かないでね。それで、着いたらどこに行けばいい?」

「車……開かないの」(クスクス笑い)「ハンドルがなくなっちゃった」

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

Lady Wynwood's Spies 4 vignette - Lady Stoude

This is a really random scene I wrote that occurs in Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer right after chapter 23, after Keriah returns home and before Phoebe comes to pick her up later that night. The team has finished making all preparations for the trade for Michael at Vauxhall Gardens. *** “Oh! I have no wish to go to the ball tonight!” Lady Stoude stood in the open doorway to the drawing room of her husband’s townhouse, hands on hips, with a disgruntled expression that looked faintly like a drowned cat. Her husband, Jeremy, Lord Stoude, glanced up at her from where he was leaning against the mantle of the fireplace, drinking something amber-colored and peaty-smelling. He merely gave her a mild, inquiring look. “Why not, my dear?” “I have just heard from my maid, who heard from Mrs. Butterworth’s maid, who heard from Miss Farrimond’s maid, that Miss Farrimond will not attend the ball tonight, because an unfortunate accident with hair dye caused her to now sport a gia

What are you crafting today?

I always have multiple knitting projects, and over Christmas I started a new one. I’m working on developing a pattern for the arm-warmers (called muffatees or manchettes in Regency and Victorian England) that are mentioned a few times in Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer and Lady Wynwood’s Spies, volume 5: Prisoner . My character, Phoebe, has a rather deadly pointy thing hidden in hers. :) The pattern is based off of antique knitting books which are scanned by Archive.org. (You can download .pdfs of the books, which I think is really rather cool.) The book the pattern is from was published after the Regency era, but I’m reasonably sure the pattern was in use in the Regency, just passed down by word of mouth. Are you crafting anything today?

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Happy Chinese New Year!

Happy Chinese New Year! This year is the Year of the Rabbit. The Chinese zodiac is split into 12 animals, and their years are 12 years apart. My mom was born in the Year of the Rabbit, so you could calculate her age if you wanted to. :) My humorous Christian romantic suspense serial novel, Year of the Dog , is a reference to the Chinese zodiac because the heroine is a dog trainer. It’s a prequel to my Warubozu Spa Chronicles series, which is set in my birth state of Hawaii. Here’s the book description: Year of the Dog serial novel by Camy Tang Marisol Mutou, a professional dog trainer, is having a bad year. While renovating her new dog kenneling and training facility, she needs to move in with her disapproving family, who have always made her feel inadequate—according to them, a job requiring her to be covered in dog hair and slobber is an embarrassment to the family. She convinces her ex-boyfriend to take her dog for a few months … but discovers that his brother is the irat

Talk of the Town by Joan Smith

Talk of the Town by Joan Smith Daphne Ingleside’s visit to her Aunt Effie in London was meant to add a little spark to her placid country life. And it did—once the two women decided to write Effie’s memoirs. For Effie, a faded divorcée, had been the beauty of London in her day, and many of the ton feared their misbehavior would be disclosed. The Duke of St. Felix, misinterpreting their project as a means of blackmailing his family, antagonized the sharp-witted, beautiful Daphne to his peril. Regency Romance by Joan Smith; originally published by Fawcett *** I first read this Regency romance years ago in mass market paperback and remember liking it. But when I saw that the author released it on ebook, I found that I didn’t remember the story at all, so I decided to re-read it. It was just as enjoyable the second time around. This story is full of witty banter and is a light, cute comedy of manners. I like how forthright the heroine is, although her tongue is at times a trifle

ひとり寿司第28章パート1

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** 28 「ねえビーナス、お願い」装具をもっとしっかり脚に巻きつけようともがきながら、レックスは肩で携帯を持とうとした。 「ごめん、すごく仕事が忙しいの。トリッシュに行ってもらうように電話したから」 「トリッシュ? いつから彼女が私のお気に入りになったの?」立ち上がり、段ボール箱の間を通って、トイレにたどり着いた。 「ジェン、今週末は出かけてるの——ほんと、都合がいいわよね。だから、トリッシュかマリコのどっちかなのよ」 (うわっ)「分かった。何時に来てくれるの?」 「あの子

Happy Martin Luther King, Jr. Day

Happy Martin Luther King, Jr. Day! Did you do anything special to honor today?

Camille Elliot's January newsletter

My Camille Elliot (Christian Regency Romantic Suspense) newsletter went out last week, but in case you missed it, the link is below. In my newsletter this month, I posted a link to a special extra scene from Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer , information about an experiment with my current Facebook group, and the date for an upcoming sale on Lady Wynwood’s Spies, volume 2: Berserker . I also mentioned a sweet Traditional Regency Romance that I’m reading. Click here to read my Camille Elliot newsletter for January.

Year of the Dog serial novel

About Year of the Dog : A month or two ago, I remembered an old manuscript I had completed but which hadn’t sold. It was a contemporary romance meant for Zondervan, titled Year of the Dog . The book had gone into the pipeline and I even got another title ( Bad Dog ) and a cover for it, but eventually my editor at the time decided she didn’t want to publish it, for various reasons. She instead requested a romantic suspense, and so I cannibalized some of the characters from Year of the Dog and thrust them into the next book I wrote, which was Protection for Hire . Honestly, I didn’t take a lot from Year of the Dog to put in Protection for Hire , aside from character names and a few relationship ties. I was originally thinking I’d post Year of the Dog as-is on my blog as a free read, but then it occurred to me that I could revamp it into a romantic suspense and change the setting to Hawaii. It would work out perfectly as (yet another) prequel to the Warubozu series and introduce

Merry Christmas! Enjoy The Spinster's Christmas

As a Merry Christmas gift to all my blog readers, I’m going to be posting my Christian Regency romantic suspense, The Spinster’s Christmas , for free on my blog! I’ll be posting the book in 1000-1500 word segments every Tuesday and Friday. (When I do the calculations, it’ll finish around the end of May.) Why am I posting a Christmas story when it won’t be Christmas in a week? Because I can! :) The Spinster’s Christmas is the prequel volume to my Lady Wynwood’s Spies series . Right now I’m editing volume 1 of Lady Wynwood’s Spies, and it’s on track to release in 2020. (If you’re on my Camille Elliot newsletter , you’ll be sure to hear when it’s available for preorder.) I anticipate that the Lady Wynwood’s Spies series to be about ten volumes. I think the series story will be a lot of fun to tell, and I’m looking forward to writing up a storm! Below, I’ll be listing the links to the parts of The Spinster’s Christmas as I post them. (I created the html links by hand so please l