Skip to main content

Lady Wynwood #7 early release Kickstarter

I worked on my first Kickstarter and it got approved! It’s for the Special Edition Hardcover of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and the release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. I contacted my graphic designer about the Special Edition Hardcover of vol. 1: Archer—it’s going to be SO beautiful! The Kickstarter focuses on the Special Edition Hardcover, but it’ll also include vol. 7: Spinster so that it’ll sort of be like a launch day for vol. 7, too. A third special thing that’ll be in the Kickstarter is Special Edition Paperbacks of all the books in the series. They won’t be available in stores, just in the Kickstarter (and later, from my website, and also in my Patreon book box tiers if I decide to do them). The Kickstarter is not live yet, but you can follow it to be alerted when it has launched. (You may need to create a free Kickstarter account.) Follow Camy’s Kickstarter

ひとり寿司第12章パート2




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


**********


レックスは子供が嫌いではなかったのだが、その時ばかりは全員を黙らせたかった。

「おばあちゃん!」ロータス幼稚園の中では、耳障りな子供の声のためにレックスの叫び声が消されてしまう。祖母は遊戯室の向こう側に立ち、レックスのいとこの子供、エリックが自分のことを片言でしゃべっているのを聞いている。それと同じように、祖母が孫の言うことも聞いてくれたらどんなにいいか。

「こんにちは、エリック。おばあちゃん、話があるの」

「エリック、あなたのいとこのレックスにハーイは?」

「ハーイ、あなたのいとこのレックス」

「おばあちゃん……」

「エリックを母親のところへ届けてから話しましょう。ママに会いたくなーい?」

エリックは曽祖母に笑顔をふりまき、一点のシミもないクリーム色のシャツをベタベタした手でさわった。

「ダメ、今、話したい。ここにいるのを突き止めるまでに、時間がかかりすぎたわ」

「水曜日はいつもエリックのお迎えなのよ」祖母は、エリックがプラスチックの恐竜をおもちゃの箱から出すのを見ていた。何と思いやりと愛情に溢れた曽祖母だろう。冗談じゃない!

「おばあちゃん、自営業の人たちに働きかけるの、やめてくれない?」

「何のことかしら?」レックスではなくエリックに対し、歌うような調子で言った。

「何のことだか、分かってるんでしょ」突然レックスは、祖母に何かを要求するなんて、バカげていることに気づいた。祖母がトモヨシ氏やジムに圧力をかけたことを、レックスは証明することもできない。

「別のスポンサーが必要だからって、おばあちゃんには関係ないことよ。女子チームを切るって決めたのはおばあちゃんなんだからね」

「まだ切ってないわよ」砂糖のように甘い祖母の声は、明らかに刃のような鋭さを帯びている。「私たち、合意したんじゃなかったかしら?」

「誰かを好きになることを強制できないわ。私の友達だって、いくら頑張って恋人を探していても、うまくいかない人は山ほどいるの」

「あなたの問題はね、そういう人を全く探していない、ってことなのよ」

「お父さんは別に気にしてないじゃない!」レックスは両手を放り上げた——幸運なことに、身長六○センチ以上の人は周りに誰もいなかった。「どうしてそこまで問題を大きくするの?」

祖母が瞬きすると、一瞬、年老いてやつれているように見えた。そして、ぼんやりお尻の右側をさすった。レッドエッグアンドジンジャー・パーティの日にかばっていた側だ。そして次の瞬間、表情が消えていった。

レックスはこれを想像しただろうか? 祖母が年老いて見えたことは一度もなかった。いつも完璧な服装、完璧な振る舞い、完璧な健康状態だった。それとも、他の人にそう思われることを祖母が望んでいる、ということなのか? その他の人類と同じように、祖母も自分の歳を感じているのだろうか? もっと曽孫が欲しいと言う彼女のキャンペーンの裏にある事実は、これだったのか?

祖母の厳しい目が、新たな力を得てレックスに突き刺さった。「あなた自身のためなのよ」

レックスはあきれた表情をした。(悪気はないけど、威張って全てを仕切りたがる祖母から、私を救ってください)

祖母の目は、黒い爪楊枝のように細くなった。「やっぱり、私が真剣だと思ってないようね。別のスポンサーが見つからなければ、私が真剣だってことが分かるわ」

「どうして中学生の女の子達に罰を与えようとするの? あの子たちは何も関係ないのに」

「あなたにとって大事なことだからよ」その頑固な視線の中できらりと光る抜け目なさ——だから祖母は、祖父のいいビジネスパートナーだった。「レックス、これはゲームじゃないの。ボーイフレンド探しを始めなければ、あなたにとって大事な人がどうなるか——」

わずかな氷がシャツの中に落ちた気がした。「どういう意味? 何する気?」

「私の影響力が分かったでしょ? リチャードがコンドミニアムから追い出されたら、どうするつもり? あなたのお父さんの車が差し押さえられたら?」

祖母は、自分の息子に対して本当にそんなことをするのだろうか? 孫息子に対しても? 孫娘一人のために?

確かにレックスは祖母の言うことを聞かず、反抗した。タスマニアデビルのように、祖母は敵のうなり声を警告であると捉えず——それを侵略行為であると捉えた。そして祖母は、同じ手段で応酬したのであった。

祖母はかがんで、エリックを抱き上げた。「うちに帰る時間よ、スイーティ」

祖母に凝視されて、レックスは一歩下がった。「レックス、もっと努力してるところを見せなさい」祖母は幼稚園から歩いて出て行った。

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

Phoebe's Muffatees knitting pattern

In Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer , Phoebe wears a pair of lace muffatees, or gauntlets/arm-warmers that hide a rather deadly surprise. :) I actually got the idea of having her wear muffatees because I saw a lace manchette pattern in Miss Watts’ Ladies’ Knitting and Netting Book , published in 1840, page 20. However, after doing some research, I found that they were called muffatees in the Regency era, and the term manchette did not arise until a few years later. They were essentially arm-warmers worn under those long sleeves on day dresses, which were usually made of muslin too thin to be very warm. I decided to knit Phoebe’s muffatees using a Leaf Pattern originally suggested for a purse in Mrs. Gaugain’s book, The Lady’s Assistant, volume 1, 5th edition published in 1842, pages 234-237. I think there was an error and row 36 in the original pattern was duplicated erroneously, so I have adjusted the pattern. The original manchette pattern called for “fine” needles a

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

I GOT A CONTRACT!

Captain’s Log, Stardate 03.29.2006 I had a wonderfully funny blog post planned for today, but I got sidetracked by some news yesterday! Zondervan has offered me a three-book contract on my Asian chick-lit series ! I’m still stunned by everything that’s happened. The series is actually a 4-book projected Asian chick-lit series about four cousins who fall under the infamous family title "Oldest Single Female Cousin," and their ruthless, wealthy grandma applies pressure on each of them to improve their lack of love interests. I think the first book is tentatively scheduled to be released in August 2007. The blurb on the series is on my website here . Brandilyn Collins posted to the ACFW loop about my writing journey, and Tamara Cooper asked that I share it. And since you all know how much I like to talk , here it is. My writing journey: Like most writers, I have wanted to write since I was very young. (In high school, I wrote a fantasy novel that will never see the light of day

I’M ON AMAZON!!!

Captain’s Log, Supplemental Blog book giveaway: To enter, go to the blog links below and post a comment there. She’s Out of Control by Kristin Billerbeck Two books in the Black Or White series by John Aubrey Anderson Available for pre-order! Deborah found out I’m on Amazon.com ! This whole being-an-author thing is finally seeming more real to me now. I’m such a dork, I’m thinking about printing out the webpage and framing it. LOL Also today... I'm on Kaye Dacus's blog , talking to writers about voice.

Z Sales Meeting

Captain’s Log, Supplemental Blog book giveaway: To enter, go to the blog links below and post a comment there. Paper Moon by Linda Windsor The Reliance (Legacy of the King’s Pirates book 2) by M.L. Tyndall Bonus giveaway: The Friday Night Knitting Club by Kate Jacobs My trip to Grand Rapids: My trip went so great! I’m hoping I remembered people’s names correctly. I arrived in Grand Rapids around 3 in the afternoon, and Joyce Ondersma (Author Relations) picked me up at the airport. I’d met Joyce last year at ICRS and she’s a wonderful person. She has glorious red hair that I totally envy. We had dinner with Sue Brower (Senior Editor) and Sherry Guzy (Marketing Director). I also met Marla Bliss and Karwyn Bursma (Marketing Director for Fiction Inspiration) and Joe Questel, who’s part of the Sales department. We had these Bang-Bang shrimp appetizers that were a blast! (heheh) They were really spicy but really good. I fought Joe for them. The day at Zondervan was fabulous. First I was

Toilet seat cover

Captain’s Log, Supplemental Update August 2008: I wrote up the pattern for this with "improvements"! Here's the link to my No Cold Bums toilet seat cover ! Okay, remember a few days ago I was complaining about the cold toilet seat in my bathroom? Well, I decided to knit a seat cover. Not a lid cover, but a seat cover. I went online and couldn’t find anything for the seat, just one pattern for the lid by Feminitz.com . However, I took her pattern for the inside edge of the lid cover and modified it to make a seat cover. Here it is! It’s really ugly stitch-wise because originally I made it too small and had to extend it a couple inches on each side. I figured I’d be the one staring at it, so who cared if the extension wasn’t perfectly invisible? I used acrylic yarn since, well, that’s what I had, and also because it’s easy to wash. I’ll probably have to wash this cover every week or so, but it’s easy to take off—I made ties which you can see near the back of the seat. And

Brainstorm - character occupation

Captain's Log, Stardate 03.23.2009 Hey guys, I could use some help. In my current manuscript, The Year of the Dog , which is a humorous contemporary romance, I have a minor character, Eddie. He’s my heroine’s ex-boyfriend, and they’re on good terms with each other. He’s a bit irresponsible, but not so much so that he’s a complete loser. He’s got a very easy going attitude, he forgets to pay his bills sometimes, he’s friendly and charming. He’s adventurous and fun to be around, but he’s a little forgetful sometimes, and he tends to spend a little outside his income. I need an occupation for him. What would a charming, easy going, slightly irresponsible guy do for a living? He’s not too irresponsible, because otherwise readers will wonder what in the world my heroine saw in him to date him in the first place. She was attracted to his charm, his easy going attitude (her family’s uptight, and he was a nice contrast), and his adventurousness. But his forgetfulness and irresponsibility

Chinese Take-Out and Sushi for One

Captain’s Log, Supplemental My agent sent me an article from Publisher’s Weekly that discussed this incident: Chinese Take-Out Spawns Christian Controversy And here’s also a blog post that talks about it in more detail: The Fighting 44s This is Soong-Chan Rah’s blog: The PCS blog In sum: Apparently Zondervan (yes, my publisher), who has partnered with Youth Specialties, had put out a youth leaders skit that had stereotypical Asian dialogue, which offended many Christian Asian Americans. In response to the outcry, Zondervan/Youth Specialities put out a sincere apology and is not only freezing the remaining stock of the book, but also reprinting it and replacing the copies people have already bought. I am very proud of my publisher for how they have handled this situation. The skit writers have also issued a public apology . (I feel sorry for them, because they were only trying to write a funny skit, not stir up this maelstrom of internet controversy. I’ve been in youth work long enou

Off to the Z Sales Meeting

Captain’s Log, Supplemental Blog book giveaway: To enter, go to the blog links below and post a comment there. The Witness by Dee Henderson Paper Moon by Linda Windsor Bonus giveaway: The Friday Night Knitting Club by Kate Jacobs Off to the lion’s den… No, not really. I have the honor of being invited to the Sales Team Meeting at Zondervan—leaving in a few hours, actually—but I’m scared spitless. Why? Dunno. Maybe because it’s a bunch of sales team members and not friendly fuzzy writers. I can face 400 people at the ACFW Conference but not 50 at the Sales Team meeting. I’m such a basketcase. Anyway, I’m off to be videotaped ( now do you understand my terror?) and introduced to people who will hopefully like me enough to want to sell my book to places like Walmart and Costco, as well as indy Christian book stores and B&N and Borders. Oh, and I don’t fly well. Doping up with Dramamine now. Please pray! P.S.--> I probably won’t blog tomorrow since I’ll be returning late Tuesda

「戌年」連載小説 第11章

キャミー・タング著「戌年」連載小説 プロのドッグトレーナーであるマリ・ムトウは、厄年を迎えている。 犬小屋と訓練所の改築をしながら、いつも不服そうにしている家族と同居することになった。母と姉に言わせれば、犬の毛とよだれかけにまみれる仕事は、家族にとって恥ずべきものだという。彼女は元カレを説得し、数ヶ月間犬を預かってもらうことにした。しかし、彼の兄は、数週間前に彼女が誤って車に追突した、怒り狂ったセキュリティ専門家であることが判明する。 アシュウィン・ケイトウは十分な問題を抱えている。叔母が玄関先に現れ、同居を希望している。彼は彼女にすべてを借りているので、断ることができません。母親が家を出て行った後、ネルおばさんはアシュウィンと弟を引き取り、愛のあるキリスト教の家庭で育てた。しかも、弟のダスティもアパートを追い出され、居場所を求めている。しかし、彼は犬を飼っている。そして、その犬の飼い主は誰だと思いますか? しかし、旧友でオアフ島のノースショアでデイスパを経営する私立探偵のエディサ・ゲレロから依頼を受ける。マリの施設で奇妙な破壊行為があり、3年前に失踪したエディサの妹の財布を発見する。エディサはマリが危険な目に遭っているのではと心配する。警備の専門家であるアシュウィンがすでにマリを知っていることを知ったエディサは、忙しい若い女性を密かに監視することを彼に依頼する。 アシュウィンは、活発でのんびりとしたドッグトレーナーに不本意ながら惹かれていく。彼女は、幸せそうな母親を思い出させる。その母親の裏切りによって、彼は人と距離を置くようになったのだ。マリは、アシュウィンの冷たい外見を見抜き、彼が家族に忠実な男であることを認める。彼は、彼女のキャリア選択を批判するだけの母親や姉とは違う。 マリのバラバラな家庭とアシュウィンのバラバラな家庭の中で、過去を隠そうとする人たちから、彼らの周りに危険が迫ってくるようになる。彼らは、影で動く秘密に光を当てることができるのか? 過去に発表されたパートへのリンクはこちら。 *** 第11章 - タビー猫、黒猫、灰色と茶色の縞猫 彼女の母親は何かを摂取したに違いない。何を摂取したかはわからないが、代謝が急激に上がり、まるで神経質なリスのようになった。マリには、過去数日間に母親が家全体を掃除させた理由