Skip to main content

Lady Wynwood #7 early release Kickstarter

I worked on my first Kickstarter and it got approved! It’s for the Special Edition Hardcover of Lady Wynwood’s Spies, volume 1: Archer and the release of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster. I contacted my graphic designer about the Special Edition Hardcover of vol. 1: Archer—it’s going to be SO beautiful! The Kickstarter focuses on the Special Edition Hardcover, but it’ll also include vol. 7: Spinster so that it’ll sort of be like a launch day for vol. 7, too. A third special thing that’ll be in the Kickstarter is Special Edition Paperbacks of all the books in the series. They won’t be available in stores, just in the Kickstarter (and later, from my website, and also in my Patreon book box tiers if I decide to do them). The Kickstarter is not live yet, but you can follow it to be alerted when it has launched. (You may need to create a free Kickstarter account.) Follow Camy’s Kickstarter

ひとり寿司第11章パート3




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


**********


ジムに入ったエイデンは、ウォームアップ中の選手が木の床に叩きつけるバレーボールの音が響くのに圧倒された。ジルを見つけた。アマチュアのバレーボールクラブへの入会について、彼女と話をしに来たのだった。

「おっ、エイデン。やる気になった?」その明るい笑顔が彼を安心させた。

アタックラインにいる選手をチラッと見た。飛び上がって、弧を描くボールを打つ彼らの優美さとリズムは、コミュニティカレッジで彼と同じバレーボールの授業を取っている人たちより格段に上だった。「チームの人は、僕がまだ習い始めたばかりだって知ってる?」

「もちろん——チームキャプテンは私。あなたは四ラウンドめの子の代わりね。心配しないで」ジルは中央のコートを身振りで指した。「向こうへ行きましょう」

エイデンは、斜めがけしたジムバッグを調節してコートに近づくと、四人のアジア系選手がウォームアップ中だった。

ジルは、後ろの壁にある折り畳んだ観客席を指さした。「靴を履いたら、チームに紹介するわ」

観客席近くの床にバッグを下ろし、バレーボールシューズに履き替えようと座った。少しストレッチをして、他の選手を見回した。

エイデンより経験がありそうな人ばかりだったが——そのうちの数人はかなり上手——中には、彼と同じようなレベルの男女がいた。肩がリラックスした。各チームに最低二人は上手な選手がいて、下手な選手も最低二人はいた。

聞いたことがある女性の声。「ジル。私とウォームアップして」スリムな姿が、中央のコートにさっと動いた。

(まさか)神のようなものを信じていないから、神は自分を罰したいのだろうか。そんな皮肉を考えながら、教会のことをレックスに聞いたからだろうか。だってレックスがそこに、エイデンが入るチームにいるとは。

彼女の優れたフォームは、コートにいる選手の中で一番よかった。ダンサーのように強く正確な、流れるような動きのトスだけではなく、次に飛んでくるボールに集中するときの顔に現れる穏やかな表情は、明らかに内なる自信に輝いている。

ジルが手招きするまでもなく、エイデンはレックスが自分のチームにいることを理解した。

「レックス、エイデンよ。ニールの後任。彼とウォームアップしてくれる?」

野火を消すことができそうな、湿った黒い瞳。

クールで無表情な顔を保っていたが、エイデンはイライラした。このエリート選手には威圧されないぞ。玄関マットのように踏みつけられるのは、ごめんだ。「参ったな、お手柔らかに」彼はボールをレックスにパスした。

レックスは驚くべき正確さでレシーブ。それをエイデンに戻しながら、びっくりしたような顔をした。彼のパスは悪くなかった——レックスほどではないが。

「まあまあなんじゃない」しぶしぶ認めるような口調だった。

「フォームをちゃんと習った方がいい、って誰かさんに言われたから、コミュニティカレッジでクラスを取ってるんだ」

レックスの顔はピンクのロリポップ(ペロペロキャンディー)のように赤くなり、それが首から始まって髪の毛の生え際まで這い上がってきたが、何も言わなかった。

数回レシーブした後、エイデンがアタックラインで数回ボールを打った。背が低いアジア系の女の子にトス——そして一回目のアプローチ。空中を飛び、胸を開いて、彼の前で浮いているように見えたボールに一撃を加えた。

(バン!)コートのかなり遠くまで飛んだので、向こう側の壁にある折り畳んだ観客席の足元にぶつかった。正面からボールを打ってしくじった訳じゃないから、まあいい。

アタックの練習中に甲高い笛の音が鳴った。「始めよう!」審判員は——と言っても、その晩中央のコートで練習していた三つめのチームの選手だが——首に巻いたコードからホイッスルを揺らし、ネットのポールにもたれていた。

レックスはネットまで歩いていって、相手チームにいる長身のアジア系男子に声をかけた。「ヘイ、キンムン、先週の筋肉痛、まだ治ってないでしょ?」

彼の微笑みは男性ホルモンを発散していた。「全然、平気。俺、肉体労働者だから。お前の相手なんて、お安い御用だ」

レックスは笑った。「あなたのだったらどんなボールでも取るわよ」

「ピザでも懸けるか?」

彼女が拳をあげると、キンムンは自分の拳でそれにタッチした。「じゃあ勝負。敗者は分かってるけどね」

チームの輪の中で、ジルは他の選手を紹介した。キャロルは体を傾けて、エイデンにつぶやいた。「気をつけて。このゲーム、レックスは本気よ。キンムンと賭けてるんだから」

「彼氏なの?」恋人が別のチームにいるという点で、エイデンはいい話を聞いたことがない。キンムンがレックスのボーイフレンドかどうかが気になる、というわけではない。むしろ、そんなことはどうでもよかった。

「まさか、長年の友達、ってだけよ。付き合うんだったら、もっと早くにそうなってたでしょうに」

「エイデン、男女合同ゲームのローテーション分かってる?」ジルが尋ねた。

みんなが彼を見つめた。息を止めているようだった。「ああ……大体」

「大体って?」レックスは険しい目で彼を見た。

「クラスの先生から聞いたことはあるけど、実際にやったことはない」

レックスはうめき声を上げて天井を見た。他の選手の反応はもっと控え目だったのだが。

ジルが笑った。「まあ、やってみよう。どっちへ動くかは私たちが言ってあげるから」

ポジションは、エイデンがバックセンター——男女合同ローテーションで一番簡単な男子のポジションだ——だから、複雑なパターンの中で他の男子の動きを見ることができる。ただ、彼が最も重要なパスゾーンに置かれることになる。

一回めのサーブ——エイデンのパスはそれた。しかし、前衛セッターのレックスは、彼の高くそれたパスを猛スピードで追い、強力なサイドアタッカーへ鮮やかなセット、ボールは三階分ぐらい高いキンムンのブロックを越えて、強く叩きつけられた。

「は!」レックスは、キンムンをネットの下に封じ込めた。彼はレックスに向かって滑稽な顔をした。

ゲームは互角に進み、それぞれ二点ずつ。レックスは飛び込み、転がった。それたパスを追い、アタックをさえぎりながら、マイボール! と叫んだ。コートの中で、燃え上がる火の玉のようになった。

(彼女を見るのをやめろ。見たくない、見たくない)

 エイデンは、レックスを見ているだけで、いいゲームができた。ボールに飛び込み、パスするときも縄張り意識が強くなった。彼のパスは少し良くなった。

「ゲームポイント!」審判がサーブの合図を出した。

レックスがサーブ。前衛のキンムンがボールをパスし、アタックのためにトス。エイデンはブロックしようと飛んだ……

ボールが手に当たり、高く飛んだ。

「俺!」

「マイン!」

エイデンとレックスは同時に叫んだ。彼の方がボールに近かった。エイデンは走った——

「ウップ!」エイデンとレックスは、手足がこんがらがりながら倒れ込んだ。鼻から先に落ちないように、彼は手で床を叩いた。レックスは彼の隣に倒れた。

もう一人、彼の腕につまずいて、上に倒れ込んできた。(痛い!)肘が彼の胸郭にぶつかった。

「ああ~!」レックスが彼の隣でうめいていると、また別の選手が誰かの足につまずき、レックスの頭の上に落ちてきた。

どこかでジルが笑っている。

レックスの顔から十五センチ離れたところにエイデンがいた。頭を上げ、彼をにらみつけた。

エイデンは、最期の祈りを捧げる時がきたと思った。レックスはエイデンを殺すだろう。ゆっくりと。

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

Interview with Fantasy author Willamette Sutta

Adamant in Dust by Willamette Sutta Stones of power and one princess to save them all. The Far Stone Endurant is broken, and a prophecy foretells doom… She should have been the chosen princess to deliver them. But Pergi can’t love Prince Teyrnon, and that's a deal-breaker. Pergi has prepared all her life to become the ruler that her father wants. Without sons, he knows she could only retain the throne if she marries the neighboring prince, combining their kingdoms. Yet the same prophecy that calls for the reunification also warns that they must join by love. Supplanted by her younger sister in this sentiment, Pergi waits with ill grace for Sadira to marry Teyrnon and steal her birthright. No one expects that Sadira would do a runner on her wedding day. What starts as an impromptu rescue of the wayward bride leads to a desperate struggle against a deadly foe. The dark lord Malchor ensnares Sadira in his opening bid to gain all the Far Stones of power. With them, he wi

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th

Last chance for Camy’s Patreon bonuses

Thank you to everyone who subscribed to my Patreon! I hope you enjoyed the chapters of Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster  that I posted the last few weeks. (For those who missed the announcement, I now have a subscription on Patreon where you can read the chapters of my next book ahead of the ebook publication. In order for you to get a taste of my Patreon, I’ve posted the Prologue and Chapter 1 of Lady Wynwood's Spies, volume 7: Spinster  for my newsletter subscribers to read for free.) Roundup of what happened on Patreon: Last week, I posted a bonus extras post about Easter Eggs from Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer  and volume 7: Spinster . Be sure to chime in if you watched Fullmetal Alchemist or any other anime! I also recorded a video —which was super scary, let me tell you, because I had NO clue what I was doing! Check it out, and at the very least, you'll have a good laugh. This week is your last chance to subscribe and receive “Bidding on Tr

Toilet seat cover

Captain’s Log, Supplemental Update August 2008: I wrote up the pattern for this with "improvements"! Here's the link to my No Cold Bums toilet seat cover ! Okay, remember a few days ago I was complaining about the cold toilet seat in my bathroom? Well, I decided to knit a seat cover. Not a lid cover, but a seat cover. I went online and couldn’t find anything for the seat, just one pattern for the lid by Feminitz.com . However, I took her pattern for the inside edge of the lid cover and modified it to make a seat cover. Here it is! It’s really ugly stitch-wise because originally I made it too small and had to extend it a couple inches on each side. I figured I’d be the one staring at it, so who cared if the extension wasn’t perfectly invisible? I used acrylic yarn since, well, that’s what I had, and also because it’s easy to wash. I’ll probably have to wash this cover every week or so, but it’s easy to take off—I made ties which you can see near the back of the seat. And

Frogs

I know I blogged about this on my Writing Diary Blog , but I don’t think I blogged about this here. I read a few writing and productivity books, and I’ve been trying to form better daily habits. The problem is that my self-discipline is very bad. As in, embarrassingly bad. One of my goals has been to form a better writing habit. Since I’m a full-time writer, I already write every day, but I think there are things I can do to tweak my schedule so that I can be able to focus better when I write. I tend to get distracted by the thought of things I need to do that day which I haven’t done yet. I don’t know why my brain is like this, but I haven’t been able to break this tendency. So for example, while I’m writing, I’ll suddenly think about the fact that today’s the day when I need to change the bathroom towels, or mop the kitchen floor, or change the bedsheets. It’ll distract me for a few moments before I tell myself I’ll do it later and I need to focus on writing now. Then a few

Join Camy's brand-new Patreon!

My Patreon is now live! Thank you so much to those of you who have followed and subscribed to my Patreon! I hope you're enjoying Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster so far. For those who missed the announcement, I now have a subscription on Patreon where you can read chapters of my next book ahead of the ebook publication. You can subscribe to the tiers and receive more benefits in each higher tier. I put together a very PINK comparison chart so you can see the benefits available. Patreon is also a bit like a Facebook group in that you can comment on my chapters and my posts. Feel free to post reactions or ask questions, although I reserve the right to decline to answer if it would be a spoiler. :) To celebrate the launch, I’m offering something special. All patrons will receive “Bidding on Treason,” an exclusive, limited-availability short story starring Lena, whom you met in The Gentleman Thief , and who appears in Lady Wynwood’s Spies, volume 7: Spinster . However,

Earthquake in San Jose

Captain's Log, Supplemental Some of you might have heard about the 5.2 earthquake in San Jose last night. Just to let you know, we’re okay. The house started shaking, and after 17 years in California, I know by now to run for a doorway. The shaking was over in a few seconds. No big deal. Not even a broken plate or glass. A couple CDs fell off my shelf, nothing else. Even before the shaking completely stopped, I’m standing in the doorway to my office like a good Californian, and I see Captain Caffeine walk into the foyer! “What are you doing? You’re supposed to be under a desk!” “Uh ... I was keeping the cabinets from falling.” (Translation: he was holding the cabinets closed so the glasses wouldn’t rain on the kitchen floor, which in hindsight was thoughtful of him, but I’d rather have glass over the floor instead of a ceiling tile falling on his head!) My friend Dineen lives closer to the epicenter, so I called to see how she was. Everything was fine at her house. “In fact,” she s

Lacy Red Bolero knit pattern

I’ve been trying to get rid of yarn in my stash this year. I came across these two red yarns that look similar but are slightly different. I didn’t have enough of one yarn for a scarf, and while I had enough of the second yarn for a scarf, I have TONS of scarves. So I decided to use both yarns to make a lacy bolero that I can wear over tank tops to make them into T-shirts (it’s still a little chilly here in California, not quite tank top weather). I wrote down the pattern here. I based it off of the Anthropologie-Inspired Capelet pattern by Julia Allen . This is a good pattern to use if you have between 250-300 yards of a worsted/Aran weight yarn, or between 150-200 yards of a worsted/Aran weight yarn and about 90-100 yards of another yarn to use for the ribbing and edging. I think this might look really good with a contrasting color for the ribbing. The yarns I used were a wool worsted/Aran weight (I’m not sure since I got it when my mom cleaned out a friend’s house for her, b

Irrational loves

Captain's Log, Stardate 10.09.2007 Today I went to lunch with my friend Dineen, and afterwards, we headed into Borders just to browse. Borders has this section full of cute little notebooks. Small ones, big ones, colored paper ones, you name it. They also have pens and wallets and zippered bags and iPod cases. I must have spent at least thirty minutes just going ga-ga over the stupid little notebooks! What is it with notebooks and me? I can count the number of them that I’ve actually filled on the fingers of one hand. I have them all over the house, most with only a page or two written on, and an entire BOX of new ones in my closet. And I keep coveting more! This thing with notebooks is completely irrational. I cannot understand it, and I cannot stop it. I also cannot seem to fill them with any speed. And considering how much I like to talk, that’s pathetic. I should at least be able to spout nothings enough to fill a few. But when I open it to write inside, a part of my brain sud