Skip to main content

ひとり寿司第11章パート1




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


11



哀れなほど短い面接だった。彼らは、企業で受付嬢としての経験がないのに受付の職に応募したレックスは完璧な能なしであることを確認するような質問を二つか三つ尋ねた後、彼女がドアを出るときには、そのドアが背中に当たりそうなスピードで、彼女をドアの外に追い出した。

彼らが立ち上がって手も握らず、挨拶もしなかったことは、唯一の救いだった。だから、右手で問題なくできそうな握手を、わざわざ左手でする必要もなかった。ロビーに出ると、反対側に女性用トイレがすぐに見つかった。開いたままになっているドアの前に、(床の清掃中)とスペイン語で書かれた黄色いサインがあった。

中をのぞくと、無愛想に見えるヒスパニック系の清掃業者の男性が見えた。「ちょっと手だけ洗わせてもらえますか?」

「ダメダメ、危ないよ(スペイン語で)」

「手を洗うだけなんですけど」

「ノー、滑るよ(スペイン語で)」

「お願いですから使わせてください」

「オーマイゴッド! サインを見れば分かるだろ! (スペイン語で)」

ダメということだろう。男性用トイレに向かうと、ちょうど誰かが出てくるところで、別の男性が中にいるのが目に入った。ダメだ、こっそり入って洗面台を使うことはできない。

トイレから反対側の壁に、大きいソファが二つ並んでいる。レックスはそこまで歩いて、座り込んだ。

「待って!」男性の声がどこからともなく聞こえた。

(——グシャッ)

ふわふわで心地よい椅子——特に、モダンで活気のある色の布張り——グシャッ、となるはずではなかった。皮膚の温度より冷たいものがスカートの中にしみこんできた。

レックスは肘掛けを手で押して体を持ち上げた。手のひらがベタベタだったのを思い出したが、もう遅い。布張りの毛玉が、ネバネバする手のひらの残留物にくっついた。

スカートがお尻にくっつき、不快でぬれた感じがした。

ポロシャツとスラックス姿の四○代ぐらいの男性が近づいてきた。「大丈夫? ついさっき、清掃業者が椅子のクッションのしみ抜きをしているのを見たんだよね」

トイレよりここの方が産業用クリーナーのにおいが強いことに、レックスはやっと気づいた。振り向いてクッションを見ると、サイケデリックな色調。レックスはとたんに頭痛がしてきた。「水の跡が見えなくなる布地なんですね」見たくもなかったが、体をひねってチラリと見た。

「そんなにひどくないよ」彼は顔を赤くして横を向いた。彼女のお尻をじろじろ眺めるべきではないことに、やっと気がついたのだろうか。もともとそんなに見応えのあるお尻でもないが。

指輪をはめた左手に——(なんだ、既婚者か)——擦り切れた革のブリーフケースを持っている。ラベンジャー・ドット・コムで見るようなバッグで、折り返しのところに色あせたインディアンのバッジが付いていた。スタンフォードの古いマスコットだ。「すごい、それ、どうやって手に入れたんですか?」

彼はブリーフケースを前に出した。「すごい? 引退したフットボールのコーチからもらったんだ。同僚はみんな羨ましがってるよ」

「私も羨ましいです。スタンフォードがそのマスコットを引退させたときは、まだ産まれてませんでしたけどね」

彼の目が好奇心で光ったように見えた。「スタンフォードへ行ったの?」

「いえ——そこまで頭が良くないので。私はサンノゼ州立大学です。いとこはみんなバークレーなんですけどね」

彼は頭を傾けた。額に少しシワがよった。「バークレーファンにしては、スタンフォードのこと、よく知ってるんだね」

レックスは肩をすくめて、決まり悪さを隠そうとした。いとこの男の子たちが、レックスのスポーツ狂をからかうときのことを彼の口調から思い出したのだ。

そして、なぜそこにいるのかを思い出した。ここはSPZ。シリコンバレーのスポーツメッカだ。ネット上で最大のスポーツ系存在。そしてレックスも、誰にも負けないぐらいのスポーツバカだった。(そうだ!)「どこの学校に行かれたんですか?」

「僕はサクラメント州立」

「ああ、じゃあ昨日のゲーム見ました? ロイドが五○点に届くかと思いましたよ」

「あのファウルはひどかったよね」

「ソーントンはステュワートを休ませるべきでした。足首の怪我の後は、あまりいいシュートをしてません」

「彼にコステロをつけたジェーミソンは賢かったね」

「そうそう、あれは見事でした。スチュアートはチャンスを失くしましたから」

彼の率直で真剣な目から、エイデンを思い出した。だがこの人の方が厳しく、洞察力がある。「UCデイビスの野球は今年どうだったと思う?」

「がっかりでした。主要選手は、去年みんな卒業して、新しいコーチは新人を育てていません。だけど、レスリングチームは調子がいいですよ。全国大会へ行くと思います」

「君、大学のスポーツのこと、よく知ってるね」彼の穏やかな口調は、その洞察力のある目とは対照的で、レックスが言うことを聞くだけではなく、彼女の答えを求めて表情をうかがっているように見えた。

「スポーツが好きなんです。兄と父だけの家庭で育ったので」

「失礼だと思わないで欲しいんだけど、ちょっと驚いたよ」

レックスは少し浮かない顔になった。

「そうですよね、アジア人なら医者か弁護士、それか、エンジニアになることを期待しますよね」レックスのいとこ達のように。彼らは学業に秀でることを強要され、固定観念をあおっている。

「面接でここに来たの?」

汚れたブラウスを見下ろして、レックスは顔をしかめた。冷たい手のような疾風がスカートの中に入ってきたような気がした。「あの……受付の面接です。本当は製造エンジニアなんですけど、SPZで働きたいといつも思ってて、足掛かりになると思ったので」

「そうか」彼が微笑むと、広い口の周りにシワができた。「僕はラッセル・デイビス」手を差し出した。

「レックス・坂井です。正直に言いますけど、私と握手しない方がいいですよ」

「レックス、名刺ある?」

フォリオをめくった——兄が自分の余った名刺を一枚、彼女にくれていた。手が汚れていたからって、別にいい。ラッセルに名刺を渡した。

「ありがとう。話せてよかったよ」

「私もです」レックスはラッセルが去っていくのを見送った。何というプロフェッショナルな態度。彼女の見かけやにおいとは対照的だ。肩のにおいを嗅いでみた。もちろん、まだゴムタイヤと車のオイルのにおいがする。

すごくいい人だったな。彼が採用担当だったらよかったのに。

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

Lady Wynwood's Spies 4 vignette - Lady Stoude

This is a really random scene I wrote that occurs in Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer right after chapter 23, after Keriah returns home and before Phoebe comes to pick her up later that night. The team has finished making all preparations for the trade for Michael at Vauxhall Gardens. *** “Oh! I have no wish to go to the ball tonight!” Lady Stoude stood in the open doorway to the drawing room of her husband’s townhouse, hands on hips, with a disgruntled expression that looked faintly like a drowned cat. Her husband, Jeremy, Lord Stoude, glanced up at her from where he was leaning against the mantle of the fireplace, drinking something amber-colored and peaty-smelling. He merely gave her a mild, inquiring look. “Why not, my dear?” “I have just heard from my maid, who heard from Mrs. Butterworth’s maid, who heard from Miss Farrimond’s maid, that Miss Farrimond will not attend the ball tonight, because an unfortunate accident with hair dye caused her to now sport a gia

What are you crafting today?

I always have multiple knitting projects, and over Christmas I started a new one. I’m working on developing a pattern for the arm-warmers (called muffatees or manchettes in Regency and Victorian England) that are mentioned a few times in Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer and Lady Wynwood’s Spies, volume 5: Prisoner . My character, Phoebe, has a rather deadly pointy thing hidden in hers. :) The pattern is based off of antique knitting books which are scanned by Archive.org. (You can download .pdfs of the books, which I think is really rather cool.) The book the pattern is from was published after the Regency era, but I’m reasonably sure the pattern was in use in the Regency, just passed down by word of mouth. Are you crafting anything today?

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Happy Chinese New Year!

Happy Chinese New Year! This year is the Year of the Rabbit. The Chinese zodiac is split into 12 animals, and their years are 12 years apart. My mom was born in the Year of the Rabbit, so you could calculate her age if you wanted to. :) My humorous Christian romantic suspense serial novel, Year of the Dog , is a reference to the Chinese zodiac because the heroine is a dog trainer. It’s a prequel to my Warubozu Spa Chronicles series, which is set in my birth state of Hawaii. Here’s the book description: Year of the Dog serial novel by Camy Tang Marisol Mutou, a professional dog trainer, is having a bad year. While renovating her new dog kenneling and training facility, she needs to move in with her disapproving family, who have always made her feel inadequate—according to them, a job requiring her to be covered in dog hair and slobber is an embarrassment to the family. She convinces her ex-boyfriend to take her dog for a few months … but discovers that his brother is the irat

Talk of the Town by Joan Smith

Talk of the Town by Joan Smith Daphne Ingleside’s visit to her Aunt Effie in London was meant to add a little spark to her placid country life. And it did—once the two women decided to write Effie’s memoirs. For Effie, a faded divorcée, had been the beauty of London in her day, and many of the ton feared their misbehavior would be disclosed. The Duke of St. Felix, misinterpreting their project as a means of blackmailing his family, antagonized the sharp-witted, beautiful Daphne to his peril. Regency Romance by Joan Smith; originally published by Fawcett *** I first read this Regency romance years ago in mass market paperback and remember liking it. But when I saw that the author released it on ebook, I found that I didn’t remember the story at all, so I decided to re-read it. It was just as enjoyable the second time around. This story is full of witty banter and is a light, cute comedy of manners. I like how forthright the heroine is, although her tongue is at times a trifle

ひとり寿司第28章パート1

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** 28 「ねえビーナス、お願い」装具をもっとしっかり脚に巻きつけようともがきながら、レックスは肩で携帯を持とうとした。 「ごめん、すごく仕事が忙しいの。トリッシュに行ってもらうように電話したから」 「トリッシュ? いつから彼女が私のお気に入りになったの?」立ち上がり、段ボール箱の間を通って、トイレにたどり着いた。 「ジェン、今週末は出かけてるの——ほんと、都合がいいわよね。だから、トリッシュかマリコのどっちかなのよ」 (うわっ)「分かった。何時に来てくれるの?」 「あの子

Happy Martin Luther King, Jr. Day

Happy Martin Luther King, Jr. Day! Did you do anything special to honor today?

Merry Christmas! Enjoy The Spinster's Christmas

As a Merry Christmas gift to all my blog readers, I’m going to be posting my Christian Regency romantic suspense, The Spinster’s Christmas , for free on my blog! I’ll be posting the book in 1000-1500 word segments every Tuesday and Friday. (When I do the calculations, it’ll finish around the end of May.) Why am I posting a Christmas story when it won’t be Christmas in a week? Because I can! :) The Spinster’s Christmas is the prequel volume to my Lady Wynwood’s Spies series . Right now I’m editing volume 1 of Lady Wynwood’s Spies, and it’s on track to release in 2020. (If you’re on my Camille Elliot newsletter , you’ll be sure to hear when it’s available for preorder.) I anticipate that the Lady Wynwood’s Spies series to be about ten volumes. I think the series story will be a lot of fun to tell, and I’m looking forward to writing up a storm! Below, I’ll be listing the links to the parts of The Spinster’s Christmas as I post them. (I created the html links by hand so please l

Camille Elliot's January newsletter

My Camille Elliot (Christian Regency Romantic Suspense) newsletter went out last week, but in case you missed it, the link is below. In my newsletter this month, I posted a link to a special extra scene from Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer , information about an experiment with my current Facebook group, and the date for an upcoming sale on Lady Wynwood’s Spies, volume 2: Berserker . I also mentioned a sweet Traditional Regency Romance that I’m reading. Click here to read my Camille Elliot newsletter for January.

Year of the Dog serial novel

About Year of the Dog : A month or two ago, I remembered an old manuscript I had completed but which hadn’t sold. It was a contemporary romance meant for Zondervan, titled Year of the Dog . The book had gone into the pipeline and I even got another title ( Bad Dog ) and a cover for it, but eventually my editor at the time decided she didn’t want to publish it, for various reasons. She instead requested a romantic suspense, and so I cannibalized some of the characters from Year of the Dog and thrust them into the next book I wrote, which was Protection for Hire . Honestly, I didn’t take a lot from Year of the Dog to put in Protection for Hire , aside from character names and a few relationship ties. I was originally thinking I’d post Year of the Dog as-is on my blog as a free read, but then it occurred to me that I could revamp it into a romantic suspense and change the setting to Hawaii. It would work out perfectly as (yet another) prequel to the Warubozu series and introduce