Thursday, December 23, 2021

ひとり寿司第9章パート3




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


眼差しをエイデンに戻した。「私はペア・テクノロジーの製造エンジニアよ」

エイデンはうなずいた。「リチャードから聞いたよ」

「どうやってリチャードと知り合いに?」こういうことは聞いておいた方がいい。リチャードは、野球のカードを集めるように友達を集めていた。

「彼の友達が僕の患者なんだ。先週、会ったばかりだよ」

「へえ」リチャードは、別に親しい友人でもないのに二人を引き合わせようとした、ということか。まあいい、早速リストと見比べることにしよう。「何かスポーツはする?」

「走るよ。今はマラソンに出るためにトレーニング中」楽しんでやっていることについて話す時でさえ、エイデンは中途半端に微笑む以外、その穏やかな表情を変えない。

やれやれ、なんてつまらない人だろう。

レックスはため息をついた。ロビンはまだジルと話している。レックスはもう礼儀正しくする気分ではなかった。「私は走るのは嫌い。トレーニングだと思って走るけどね」

エイデンは瞬きした。「そうなんだ」

レックスは、さらに突っ込んだ。「バレーボールはする?」

「いいや、でもしてみようかと思ってる」

エイデンはデート相手の候補から消そう。尊敬できるどころか——真剣にバレーボールをしたことがない人とデートなど——「レッスンを受ければいいわ。正しいフォームとスキルを教えてもらえるから」

「ああ……そうだね」クレイジーないとこの機嫌でも取るかのように、レックスを見た。

レックスは気にしなかった。だが、この話題は気に入らない。「フォームが悪い人とプレイするのは嫌いなの」

「へえ……そうなんだ」

「コートの中は危険なの。ニアミスのアクシデントをたくさん見てきたわ……」レックスは話すのをやめるべき——ただ怒鳴り散らしているだけだ。「あの……お会いできてよかったわ」レックスはロビンの横に立って、自分が話したがっていることを彼女に知らせようと思った。

「君はとてもトリッシュに似てるね——」言うつもりではなかったかのように、文の終わり方がぎこちなかった。

逃げようとしている途中でレックスは立ち止まった。「私のいとこよ」

「うん、リチャードに聞いた」

「どうしてトリッシュを?」

「ジムでね」彼の目が左にそれた。

「本当に似てると思う?」レックスは、その答えが聞きたくなかった。トリッシュは陽気な性格、ブラのサイズもまあまあ、お尻も曲線的だった。トリッシュは、ファイトナイト・ラスベガスに出るような男性を魅了することができた。

「そっくりだ」

エイデンは、レックスの顔を分析していたようだ。何て変わった人。「嘘よ、トリッシュの方が可愛いわ」

彼は頭を横に振った——賢い。「君たちって……同じ教会へ行ってるの?」

それは、レックスが気まずく感じるような言い方だった。「ええ、サンタクララ・アジア教会よ」でも考えてみると、先週の日曜日はトリッシュを見なかった。

エイデンは瞬きし、ガラスのシャッターが目の前に下りるように、心を閉ざしたように見えた。平凡で礼儀正しい笑顔だったが、一センチも動いていないのに、突然、遠くへ行ってしまったように思えた。「ああ、それはいいね」

「あなたは教会へ——」やっとロビンがジルと話し終わり、受付のテーブルまで歩いていくのが見えた。「ごめんなさい、エイデン。ちょっとロビンと話さないといけないの。じゃあ、また」レックスは、バレーボール選手の間を通り抜けていくロビンの姿を追った。

「レックス!」リチャードが前に立った。

レックスが横にズレようとすると、彼も一緒に動いた。非難の矛先を向けるように、彼の目と目の間に指を突き立てた。「一体なんだって言うのよ、偉そうに!」

リチャードは、目をくり抜かれる前に、後ろに飛び跳ねた。「あの……エイデンのこと、嫌いだった?」

「共通点がないの。あなた、∗ラヴ・コネクションの聴き過ぎなんじゃない?」

リチャードはたじろいた。「ジョージの埋め合わせをしたくてさ。悪かったと思ってるんだから」

レックスはロビンを探した。群衆の中に明るく黄色いTシャツが見えた気がした。威嚇するような目つきで、さっとリチャードの方を向いた。「私の恋愛生活に立ち入らないで」

「エイデン、トリッシュを知ってる、って言ってただろ?」

「うん、それが何なの?」

「トリッシュが肩のセラピーがあるって言ってたこと、覚えてる?」

「それって、あの職場での怪我? エイデンが彼女のセラピストなの?」

「最初はね。途中で別のクリニックに変えたんだ」

「それが私とどんな関係があるって言うの?」

レックスはリチャードの餌に引っかかった。

「トリッシュが、エイデンをそそのかしたんだけど、あいつは興味がなかったんだ。だから、トリッシュを別のセラピストに転院させたってわけ。それでトリッシュが不可知論者のエイデンに腹を立てて、ことを大げさにしたんだ。彼がクリスチャンじゃないから付き合わない、ってね」

(最高、トリッシュ。これだからクリスチャンの女の子はバカだって思われるのよ)レックスは、無神論者の兄に食ってかかった。「私もエイデンのことを見下すかどうか確かめるために彼を紹介したってこと? バカじゃない」レックスは確かに彼を見下したかもしれないが、それは、ロビンと話したかったからであって、彼がクリスチャンじゃないからではない。「彼と宗教のことは話してないし、関係ないわ」またリチャードの顔の前に指を突き出した。「もう一回言うわよ——私の恋愛生活に立ち入らないで。お兄ちゃんの友達とは、絶対付き合わない。どうせ、お兄ちゃんと同じような人ばかりでしょ」

リチャードが腕を広げて笑った。「俺のどこが悪いって言うんだよ。こんなにチャーミングなのに」

レックスはブツブツ言いながら、拳でリチャードの肩を叩いた。「続きはまた後にして」ロビンを追ってダッシュした。

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

キャミーのニュースレター

私のEメールニュースレターにサインアップしてください。ウェルカムメールが2, 3回送られた後、1ヶ月に1回のペースでメールが届きます。時々日本語ではないメールが届くと思いますが、お許しください。

“配信を確認してください。” のメールを送ります。 メッセージの中にある確認リンクをクリックして、あなた本人であるかどうかを確かめて下さい。大変申し訳ありませんが、“配信の確認をしてください。” のメールは英語になります。

* が必要です。

メールの配信を中止されたい方は、メールの下にある「購読中止」リンクを使うか、camy@camytang.comまでメールをください。

個人情報保護方針: 私はあなたの個人情報を尊重しています。Eメールアドレスを含めた個人情報は、第三者に開示・提供しません。

マーケティングプラットフォームにメールチンプを使っています。下をクリックして購読することにより、あなたの情報がメールチンプに送られて処理されることを了承します。メールチンプによるプライバシー保護の実践についての詳細は、こちらです。

No comments :

Post a Comment