Thursday, December 16, 2021

ひとり寿司第9章パート2




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


**********


遅れなければ、ロビンと話をすることができたのに……はいはい、いつものことだ。

グラスバレーボールのダブルスの試合は終わった。レックスは、ナルゲンボトル(プラスチックの容器)から水をがぶ飲みし、ロビンを探そうと周りを見た。さっきはいたのに……

「いい試合だったね、レックス」ダブルスのパートナーだったキンムンは、自分のウォーターボトルをレックスのボトルに合わせて乾杯し、顔を流れる汗を拭いた。

「あなたもね」このトーナメントへの出場は数週間前に決まっていたのだが、もう少しでデートをすることになるはずだった、あの出来事の後だったので、レックスは気まずくなるのではないかと心配していた。完全に打ちのめされた彼女の感情——それほどドラマチックなものでもないか——は、火鉢に水をかけるように、素早くきれいさっぱり消滅したのだが、キンムンがどう感じているのかは分からなかった。

が、神経細胞を無駄にする必要はなかったようだ。どうしてそうなったのかは分からないが、キンムンは何もなかったように振る舞うことに決めたようで、二人はいつものように滑らかなプレイをすることができた。競い合い、リラックスした、プラトニックな関係へと、信じられないほど簡単に戻ったようだ。それは良いことだと、レックスは思うことにした。キンムンはダブルスのパートナーとして最高の人なのだから。

「お前、調子いいね」キンムンがニヤッとした。

そうだ、寒くなったにもかかわらず、調子がいいので暑く感じる。バッグからタオルを探り、ナイアガラの滝のように額から落ちてくる汗を拭こうとした。「ロビンを見なかった?」

「さっき受付で会ったけど」

「遅れたから、始まる前に話せなかったの。どこにいるかなあ?」

キンムンは、数センチ高い身長を利用して、トーナメントが行われているグラウンドを見回した。「一番向こうのコートの近くだ、ジルと話してる」

レックスは、向こうのコートまで歩いていった。ロビンは、バレーボールをするほとんどの人と知り合いだ——だから、女子チームのスポンサーになってくれる人を探すには、誰にアプローチするべきかを知っているはずだ。レックスは、ロビンが一人で息抜きをしている時であれば、お金という繊細な話題をうまく持ちかけることができるだろうと期待していた。

ロビンは、レックスを見ると笑って手を振ったが、ジルとの会話をやめなかった。このグラスバレーボールを主催している日系バレーボールリーグのことを話しているようだ。レックスは片足に重心を移し、二人の会話が終わるのを待とうとした。

「レックス!」

その時、一番気に食わない人が近づいてきた。スタイリッシュなジーンズと、筋肉質に見えるようなデザイナーブランドのシャツのせいか、Tシャツを着た群衆の中でひと際目立っている。このパークのど真ん中でリチャードを投げ倒す——そのために十分な怒りと体力があると、レックスは思った。怒鳴りつけようと口を開いた時、生きた盾——ルックスはまあまあで、リチャードと同じぐらいの歳、そして、おそらく独身の男性を連れてきていることに気がついた。リチャードは父と話したのだろうか? 彼は、自分の面目が丸潰れだということに気がついているのか?

レックスはサディスティックな笑みを浮かべた。「リチャード、私が大好きなかわい~い、お兄ちゃん」

リチャードは固まり、それでも手を振った。「俺、何かした?」

「能無しのジョージよ」

リチャードは品よくたじろいだ。「バカなことはするな、って言っといたんだけどな」

「つまり、口を開けるとか?」

リチャードの笑顔が、苦痛を帯びてきた。「あのさ……レックス、友達のエイデンを紹介しようと思って来たんだ」後ろにいる平凡な男を身振りで指した。

エイデンは、その明るい目でレックスの顔をじっと見て、手を差し出した。「やあ」

レックスは、短くしっかりとした握手を返したが、震えが腕を伝い、足まで降りて来た。神経質になっているのに違いない。「こんにちは」

リチャードの別の友人に礼儀正しく振舞う心構えは、まだできていなかった。ロビンの方をチラッと見ると——まだジルと話しこんでいる。

「リチャード!」純情ぶった女の子らしい声に彼が振り向くと、その魅惑的な笑顔が光った。

「やあ、ダーリン」リチャードは去っていった。

(ダメ、ダメ、ダメ! この人と二人にしないで——!)

レックスはかすかな微笑みをエイデンに向けようとした。彼はとても退屈な人のように見えた。身体的な魅力もない——「エペソ」のリストと照らし合わせれば、すでに一点減点だ。しかし彼は、レックスの目をまっすぐに見た——リチャードと父が決してしないことだ。「それで、エイデンって、何をやってる人?」

「理学療法士。南サンノゼのゴールデンクリーク理学療法クリニックで働いてる」

「ああ」レックスは身震いを抑えた。負傷と関係している全てのことに恐怖を覚えるのはなぜだろうか? リストに入れることがもう一つ:(私が平常心を失わずに言える仕事を持っていること)

沈黙。

レックスはロビンをじっと見た。彼女がジルとの会話を終わらせて、レックスと話しに来てくれるように。二人の深刻な表情を見ると、何か重要なことなのかもしれない。

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

キャミーのニュースレター

私のEメールニュースレターにサインアップしてください。ウェルカムメールが2, 3回送られた後、1ヶ月に1回のペースでメールが届きます。時々日本語ではないメールが届くと思いますが、お許しください。

“配信を確認してください。” のメールを送ります。 メッセージの中にある確認リンクをクリックして、あなた本人であるかどうかを確かめて下さい。大変申し訳ありませんが、“配信の確認をしてください。” のメールは英語になります。

* が必要です。

メールの配信を中止されたい方は、メールの下にある「購読中止」リンクを使うか、camy@camytang.comまでメールをください。

個人情報保護方針: 私はあなたの個人情報を尊重しています。Eメールアドレスを含めた個人情報は、第三者に開示・提供しません。

マーケティングプラットフォームにメールチンプを使っています。下をクリックして購読することにより、あなたの情報がメールチンプに送られて処理されることを了承します。メールチンプによるプライバシー保護の実践についての詳細は、こちらです。

No comments :

Post a Comment