Thursday, November 11, 2021

ひとり寿司第7章パート3




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


**********


ジョージは、アジア版バックストリートボーイズのような顔をしていた——すっきりとした美形、言い表せないようなキラキラした魅力。ちょっとセクシー。

「こんにちは」レックスは熱いお茶が入ったコップから手を離すように、指を開いたり閉じたりしている。ビジネスの場ですら、初めての男性との接触にはまだ慣れることができない。

彼はそれに気がついていない。別の手をレックスの肩に置いた——安心させようとするジェスチャーなのだが、レックスは競走馬のように飛び跳ねたくなる。(手をどけて)

「いいコンドミニアムがいくつかある。気にいると思うよ」レックスが大きく一歩下がったので、ジョージはとうとう手をどかした。

「見に行きましょう」

「僕が運転するよ」自慢そうに、キラリと光るレクサスSUVを指さした。

「自分の車でついて行きます」

コンドミニアムを見ながら、レックスはゴルディロックスになった気がした。椅子を貸してくれる子熊はいないし、お粥もベッドもなかったが。

一つめの家は遠すぎる。今の職場からではなく、SPZで働くことになったら、軽く一時間以上のドライブだ。

二つめの家は、値段が桁外れに大きかった——今の給料だったら悪くないが、最低賃金の場合、さらに三割増しの支払いになる。それに、少なくともローン申請が通るまで転職の予定を隠しておくのは難しかった。

三つめの家は、「要修理」というラベルが貼られたボロ家だった——受付嬢の給料でも手の届く値段だが、二年間は毎日ラーメン暮らしになるだろう。それに、正式な所有者となって一息ついたとたんに崩れ落ちそうな、薄汚い空気が漂っていた。

「今日のところは、こんなもんだね」ジョージは、レックスのさびたバケツのような車まで一緒に歩いた。彼の巨大なレクサスの隣にあると、哀れに見える。

「ジョージさん、時間を取ってくださって、ありがとうございました」(辞めたらこういう家を買うお金はなくなるけど、辞めるつもりだと言えば、融資担当者は煙を吐きながら走るダットサンより早く、私を見捨てるわ)

「この後、家に帰る予定?」ジョージはレックスの車にもたれかかっている。彼女のホンダは、ため息をつくようにきしんだ。

業者にしては変な質問だ。「ええ……そうですけど」

「今晩、一緒に食事でもどうかな、と思って」

(ええっ!)ジョージは今、本当のデートに誘ったのだろうか? シリコンバレーのエンジニアがするような安全策を取って、「メルアド教えて」とは言わなかった。スタバでコーヒー、でもない。ちゃんとしたディナーだ。(お嬢さん、勝ち組ね)

彼の腕の中に飛び込むべきだったかな? レックスはためらった。暗い思い出が、心の隅々で巣を張っていた。お腹の中が一瞬、締め付けられ、緩んだ。

(大丈夫、できるわ)バレーボールの女の子達がレックスを必要としていた。祖母は勝てない。

「ディナーいいですね、ジョージさん。どこに行きましょうか?」

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

キャミーのニュースレター

私のEメールニュースレターにサインアップしてください。ウェルカムメールが2, 3回送られた後、1ヶ月に1回のペースでメールが届きます。時々日本語ではないメールが届くと思いますが、お許しください。

“配信を確認してください。” のメールを送ります。 メッセージの中にある確認リンクをクリックして、あなた本人であるかどうかを確かめて下さい。大変申し訳ありませんが、“配信の確認をしてください。” のメールは英語になります。

* が必要です。

メールの配信を中止されたい方は、メールの下にある「購読中止」リンクを使うか、camy@camytang.comまでメールをください。

個人情報保護方針: 私はあなたの個人情報を尊重しています。Eメールアドレスを含めた個人情報は、第三者に開示・提供しません。

マーケティングプラットフォームにメールチンプを使っています。下をクリックして購読することにより、あなたの情報がメールチンプに送られて処理されることを了承します。メールチンプによるプライバシー保護の実践についての詳細は、こちらです。

No comments :

Post a Comment