Skip to main content

ひとり寿司第7章パート2




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


**********


「ちょっと、それ、下げてよ!」レックスは椅子の背にもたれて、居間に続くキッチンのドアから叫んだ。テレビの音量は変わらない。

はっきりと言った。「お父さん! リチャード!」

「分かった、分かった」兄のリチャードはソファから滑り降り、コーヒーテーブルのリモコンをつかんだ。バスケットボールの試合の音量は、ほんのわずかだけ小さくなった。

レックスは自分の古いラップトップをにらんでいる。腕をキッチンテーブルにもたれさせようと椅子を後ろに押したら、金属製の脚が、割れ目のできたリノリウムの床の上でキーッと鳴った。

「学歴、サンノゼ州立大学……」

解説者の声で集中できない。「おおっ! コービー・ブライアントのショット。レイカーズ、三点リード……」

「専攻、電気工学……」

「熱気を感じないのか? サンズが同点……」

「職務経験……シティビーチ・バレーボールクラブ、受付……」二日で解雇されたことは書かなくてもいいだろう。

「あと四秒、あーっ! あのファウルは痛いよな……」

「ペア・テクノロジーで製造エンジニアを二年間……」

「またフリースローをミス! サンズはプレイオフのチャンスがあるぞ!」

「大変——」レックスは椅子から飛び上がり、居間へとダッシュした。これは見ないといけない。スティーブ・ナッシュの綺麗なショットが空中を飛び、カメラのフラッシュが光るのが見えた……

「入った! サンズが勝った!」

リチャードがブツブツ言いながら、たるんだソファに沈み込む一方、レックスと父親は勝利の拳を合わせた。

キッチンに戻る途中、レックスは何か柔らかいものを踏んだ。リチャードが夕方帰ってきた時に脱いだ、汚れた靴下だった。「リチャード、その隅にあと三足あるわよ」レックスは、ソファの隅に積み上がった灰色の靴下を指して首を振った。そして、自分の足元にある靴下をリチャードの方に蹴飛ばした。

「ああよかった、足りなくなってきたんだ」

「それに、ここでは洗濯しないで。洗濯機の調子が悪いの。自分のコンドミニアムでやってね」

「コインランドリーは二ドルもするんだぞ!」

「関係ない」レックスはキッチンに歩いていった。

キッチンに戻ると、流し台にお皿とコップが山積みになっているのが見えた。居間に引き返して叫んだ。「それから、今晩帰る前にお皿を洗ってね!」

「はいはい」

「絶対に!」

「親父もお皿を使ったんだけどな」

「いつもあなたのお皿を洗うのはお父さんよ! 今日こそ、自分のお皿だけは洗ってもらうわよ!」

「もしかして、月のもの?」

「日曜日にあなたのために料理するの、やめるわよ」

リチャードがうなったのは、お皿を洗います、という意味だ。一人暮らしの彼にとって、テークアウトのピザや中華料理は、すぐに古くなる。

レックスはまたテーブルに腰掛け、トラックパッドに触れた。

何も起こらない。マウスの矢印は動かなかった。

「ええっ、やだ、ちょっと待って!」

「何してんの?」リチャードがぶらぶらとキッチンに歩いてきて、隣の椅子に座った。彼の腕がレックスの腕に触れ、レックスは引きつった。

「履歴書。コンピュータがフリーズするまではね」キーを数回たたいてみた。

「とうとうペアを辞めたのか?」

「まだよ」レックスは、何も変わらない画面をにらみつけた。

「それは、なんて会社に出すんだよ?」

レックスは何度もキーをたたいた。「SPZ」

「わ、スゲーッ! どんな仕事? 俺、プログラマーなんだよね——こっちが応募したいよ」

レックスは意地悪な目つきで彼を見た。「へーえ、このポジション、あなただったら理想的ね」ラップトップを再起動した。

リチャードはレックスのことを知りすぎていた。彼の興奮した表情は、用心深く慎重な表情に変わっていった。「どんなポジション? 当ててみようか。清掃作業員」

「違う、もっとあなたが得意なことよ。だってあなた、とってもキュートだから」ちょっと頭がおかしい、彼の元カノのしぐさを真似て、レックスは存在もしないまつげをパチパチさせた。

リチャードは目を閉じ、低く息を吐いた。「もう諦めたよ。あいつは中国に帰ったんだ。で、どんなポジションなんだよ」

「受付」

リチャードは咳払いした。「は? 受付? 他人の問題に耳を貸さないお前が?」

「だって、SPZよ! それに、ペアにはもういられないの」

「ついに認めるのか? 二年も不屈の精神で、いいクリスチャンの女の子を演じてきたのに」

「一秒でも私の信仰をけなさないでくれる?」

「分かった、分かった。それで、なんで辞めたいんだよ」

「アドミ(事務員)の魔女。プリンセスのキャリー。ゴシップ・ツイン。ブタ野郎のエベレット。酔っ払いのジェリー」

「いつも文句を言ってることじゃないか。今回は、どこが違うっていうんだよ……」

レックスはホラーを再体験したくなかった。「あの人たちの知り合いには絶対に会いたくない、って分かったの」

「会うって、なんだよ、それ」リチャードの鮮やかな眉は、そのいかめしい鼻とよく合っている。

おっと、口が滑った。リチャードのことは大好きだが、祖母の最終通告のことは、絶対、彼に言えない。「あの会社の人から不動産屋を紹介してもらおうと思ったんだけど、救いようがない人たちだから、彼らに紹介してもらうべきじゃない、って気がついたの。そんでチェスターから電話をもらって、『もう辞めちゃって、本当に気に入ったところで働きたい』って思ったのよ」

「給料は減るんだろ?」

「だけど考えてみて。SPZよ。ネット上で唯一最大のスポーツ系。スポーツ業界のアイポッドみたいなものよ。それよりいいとこ、ある?」

「無給じゃなくて、受付じゃない仕事」

「何でそんなに後ろ向きなの? 毎日スポーツに囲まれていられるのよ。私にとっては涅槃(仏教で悟りの境地)にいるようなもんだわ」

「電話応対と、バカなやつらとの会話が涅槃?」リチャードはレックスのことをよく分かっていた。

「昇進や異動の可能性もある。あそこで働けるなんて、夢にも思わなかった。あそこは新人を滅多に雇わないし、私はスキルもない。これはチャンスなの」

リチャードは再起動したコンピュータを見ている。「不動産屋を紹介して欲しいんだったっけ? 最低賃金で働いてたら、出て行けないだろ。もっともこのベイエリアじゃあ無理なことだけど」

確かにそうだ……「少しは貯めたわ。あと一、二ヶ月お父さんのところにいれば、十分頭金になる。それに、ひと部屋誰かに貸そうと思ってる——そうしてる人は多いでしょ」

「不動産屋、知ってるよ」

「ほんと?」

リチャードは一瞬、いつものニヤッとした笑顔を見せた。猫がキハダマグロのステーキに飛びつくように、女の子達が彼に群がる時に見せる笑顔だ。「それに、そいつお前のタイプだよ」

「違う——」嫌悪に満ちた否定の言葉が自然に出たが、自分の忙しない生活の中で、何が変わったのかをレックスは思い出した。つまり、祖母の爪だ。「へえ……いいわね」

リチャードの眉は、整った四〇〇ドルのヘアスタイルの下に隠れた。「まじ?」急いで付け加えた。「そうだなあ、他に勧められる業者はいないな」彼の目が細くなり、作り笑いのためにエクボが光った。「不動産屋っていう意味だよ。もしかして、デート相手のオススメを期待してた?」

「うるさい」

リチャードは笑った。

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

What are you crafting today?

I always have multiple knitting projects, and over Christmas I started a new one. I’m working on developing a pattern for the arm-warmers (called muffatees or manchettes in Regency and Victorian England) that are mentioned a few times in Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer and Lady Wynwood’s Spies, volume 5: Prisoner . My character, Phoebe, has a rather deadly pointy thing hidden in hers. :) The pattern is based off of antique knitting books which are scanned by Archive.org. (You can download .pdfs of the books, which I think is really rather cool.) The book the pattern is from was published after the Regency era, but I’m reasonably sure the pattern was in use in the Regency, just passed down by word of mouth. Are you crafting anything today?

Tabi socks, part deux

Captain's Log, Stardate 07.25.2008 (If you're on Ravelry, friend me! I'm camytang.) I made tabi socks again! (At the bottom of the pattern is the calculation for the toe split if you're not using the same weight yarn that I did for this pattern (fingering). I also give an example from when I used worsted weight yarn with this pattern.) I used Opal yarn, Petticoat colorway. It’s a finer yarn than my last pair of tabi socks, so I altered the pattern a bit. Okay, so here’s my first foray into giving a knitting pattern. Camy’s top-down Tabi Socks I’m assuming you already know the basics of knitting socks. If you’re a beginner, here are some great tutorials: Socks 101 How to Knit Socks The Sock Knitter’s Companion A video of turning the heel Sock Knitting Tips Yarn: I have used both fingering weight and worsted weight yarn with this pattern. You just change the number of cast on stitches according to your gauge and the circumference of your ankle. Th

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Camille Elliot's January newsletter

My Camille Elliot (Christian Regency Romantic Suspense) newsletter went out last week, but in case you missed it, the link is below. In my newsletter this month, I posted a link to a special extra scene from Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer , information about an experiment with my current Facebook group, and the date for an upcoming sale on Lady Wynwood’s Spies, volume 2: Berserker . I also mentioned a sweet Traditional Regency Romance that I’m reading. Click here to read my Camille Elliot newsletter for January.

Lady Wynwood’s Spies, volume 2: Berserker is now on sale!

For seven days, from January 30th until February 5th, book 2 in the Lady Wynwood’s Spies series is only 99 cents. If you haven’t gotten it yet, be sure to snatch it up while it’s at this sale price. Here’s the back cover description: A Christian Historical Adventure set in Regency England with romance and a supernatural twist Part two in an epic-length serial novel A dire situation Mr. Solomon Drydale and his team are reeling. After only a single act of mayhem by underworld lord Apothecary Jack, one of their group is down and another is missing. An urgent plea Desperate, Sol acts on his forbidden knowledge of an agent for the Crown who is known only to the highest levels of government— le petit prince , master of disguises. He defies his superiors and asks the Prince for help. A hazardous hunt Now, the team must learn to work with a new member to save one of their own. But time is running out before Jack finds him and breaks him—and puts all of their lives at risk.

Lady Wynwood's Spies 4 vignette - Lady Stoude

This is a really random scene I wrote that occurs in Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer right after chapter 23, after Keriah returns home and before Phoebe comes to pick her up later that night. The team has finished making all preparations for the trade for Michael at Vauxhall Gardens. *** “Oh! I have no wish to go to the ball tonight!” Lady Stoude stood in the open doorway to the drawing room of her husband’s townhouse, hands on hips, with a disgruntled expression that looked faintly like a drowned cat. Her husband, Jeremy, Lord Stoude, glanced up at her from where he was leaning against the mantle of the fireplace, drinking something amber-colored and peaty-smelling. He merely gave her a mild, inquiring look. “Why not, my dear?” “I have just heard from my maid, who heard from Mrs. Butterworth’s maid, who heard from Miss Farrimond’s maid, that Miss Farrimond will not attend the ball tonight, because an unfortunate accident with hair dye caused her to now sport a gia

ひとり寿司第28章パート1

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** 28 「ねえビーナス、お願い」装具をもっとしっかり脚に巻きつけようともがきながら、レックスは肩で携帯を持とうとした。 「ごめん、すごく仕事が忙しいの。トリッシュに行ってもらうように電話したから」 「トリッシュ? いつから彼女が私のお気に入りになったの?」立ち上がり、段ボール箱の間を通って、トイレにたどり着いた。 「ジェン、今週末は出かけてるの——ほんと、都合がいいわよね。だから、トリッシュかマリコのどっちかなのよ」 (うわっ)「分かった。何時に来てくれるの?」 「あの子

Cleo’s Drawstring Purse knitting pattern w/ @KnitPicks CotLin

Kari Trumbo is one of the twelve authors participating with me in the Christian Contemporary Romance anthology, Save the Date , which releases September 15. Kari’s novella in the anthology is titled January Hope . In celebration, I wrote a knitting pattern for the lace drawstring purse used by Kari’s heroine, Cleo! (In case you missed it, here are the links for my interview with Kari part 1 and part 2 . Tomorrow I’ll post an excerpt of one of Kari’s other books, Better Than First .) This is a pretty and practical little bag used by the heroine Cleo in Kari Trumbo’s novella, January Hope . Knit in a cotton/linen blend yarn, it’s just large enough for a cell phone and a small wallet. In the book, Cleo’s bag was a coral shade, but the bag I knit here is a chocolate brown color. The lace pattern is the Double Rose Leaf stitch pattern originally published on page 195 in The Lady's Assistant, volume 2 by Mrs. Jane Gaugain, published in 1847. ( You can download a scanned .pdf

Grace Livingston Hill romances free to read online

I wanted to update my old post on Grace Livingston Hill romances because now there are tons more options for you to be able to read her books for free online! I’m a huge Grace Livingston Hill fan. Granted, not all her books resonate with me, but there are a few that I absolutely love, like The Enchanted Barn and Crimson Roses . And the best part is that she wrote over 100 books and I haven’t yet read them all! When I have time, I like to dive into a new GLH novel. I like the fact that most of them are romances, and I especially appreciate that they all have strong Christian themes. Occasionally the Christian content is a little heavy-handed for my taste, but it’s so interesting to see what the Christian faith was like in the early part of the 20th century. These books are often Cinderella-type stories or A Little Princess (Frances Hodgson Burnett) type stories, which I love. And the best part is that they’re all set in the early 1900s, so the time period is absolutely fasci

Happy Chinese New Year!

Happy Chinese New Year! This year is the Year of the Rabbit. The Chinese zodiac is split into 12 animals, and their years are 12 years apart. My mom was born in the Year of the Rabbit, so you could calculate her age if you wanted to. :) My humorous Christian romantic suspense serial novel, Year of the Dog , is a reference to the Chinese zodiac because the heroine is a dog trainer. It’s a prequel to my Warubozu Spa Chronicles series, which is set in my birth state of Hawaii. Here’s the book description: Year of the Dog serial novel by Camy Tang Marisol Mutou, a professional dog trainer, is having a bad year. While renovating her new dog kenneling and training facility, she needs to move in with her disapproving family, who have always made her feel inadequate—according to them, a job requiring her to be covered in dog hair and slobber is an embarrassment to the family. She convinces her ex-boyfriend to take her dog for a few months … but discovers that his brother is the irat