Thursday, October 07, 2021

ひとり寿司第5章パート2




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


**********


「だけど、ミミの言うことも、もっともだわ」

 レックスは、トリッシュのシャツをゴシゴシこすった。「あの子が一回ぐらい知的な考え方をしたからって、どうでもいいんだけどね」

「ちょっと、お願いだからもっと優しくしてくれない? これ、いくらだったと思うのよ」

「そんなこと私が気にすると思う?」

「私じゃなくて、ミミを狙えばよかったじゃない」

「ごめんね、今度、三秒以内に嘘をつかれたり、捨てられたり、ショックを受けることがあったら、もっと都合のいい方向にコーヒーを噴き出すわ」

「でも、あの子の言うことは正しかったわ」

レックスは、トリッシュが怒りを爆発させていないことを確認しようと目を上げた。「何それ。ミミを褒めるなんて、信じられない」

「ミミへのお世辞じゃなくて、あなたを侮辱してるだけよ」

「ああ、それの方がずっといいわね」

「考えてみてよ。あなたとキンムンはずっと友達だったの。ミミがさっき言った通りよ——あなたたち二人の間に何かあったとしたら、もっと早くそうなってるはずだと思わない?」

「言ったでしょ、キンムンは私のことをそんな風に見たことがなかっただけで——」

「何寝ぼけたこと言ってるの? ミミはキンムンをデートに誘う権利があるのよ。あなたが突然、彼にアタックし始めたことを、あの子が知る訳ないわ」

「そんな意味深な言葉があなたの口から出るとはね。ミミにボーイフレンドを取られた、って文句を言ってたばかりじゃない」

「違う、それとこれとは違うわ。あの子達は私が鎖でつないでた——っていうか私のものだったの……ミミはそれを知ってたのよ」

「キンムンが私のものだ、ってことも知ってたわ。おばあちゃんの最終通告のこともね。私が誰か相手を探してることを、あの子は知ってたの」

「あなたと違って、ミミは男の子とただの友達にはなれないのね。大好きになるか、捨てるかのどっちかなのよ。あなたとキンムンは恋人じゃなかったから、これからも恋人にはならない、って思ったのね」

レックスは、しわくちゃにしたペーパータオルをゴミ箱に投げた。「何であの子の味方をする? 傷ついてるのはこっちなのよ」

「あなたがバカなだけ。キンムンのことになると、私の言うことを聞かないじゃない」

「彼が私とのデートに興味がないって、どうして分かるの? 私には何も悪いところはないわ」

タイル張りのトイレの中で、沈黙が大きくこだました。

「ねえ、あなた」トリッシュは優しく甘い声で言った。「あなたに悪いところは何もない。キンムンがあなたに合わないだけ」

「私に悪いところはないわ、トリッシュ。今の自分に満足してる。誰かのために変わる必要なんて、もちろんないわ」

「違ったように見せる必要もない」

「そう、全然ない」

「今の私で十分」

「だけど、もっと合った人を目標にするべきね」

レックスは、トリッシュのひまわり柄のシルク製シャツについたモカのしみを見た。「ドライクリーニング代は私が払うわ」

「無理よ、取れないわ。あなたが今日、買ったピンクのシャツが欲しいな。もう要らないでしょ?」

「そんなに私の心臓を切り裂きたいの? 大包丁で」

「お願い! あなたのことは分かり過ぎるほど分かってる。一時間もすれば、そのかわいそうな私、っていうセリフから立ち直れるわ。そうしたら、どうなると思う?」

「言ってよ」

「キンムンに死ぬほど腹を立てるわ」

「死ぬほど腹を立てる? 何それ——彼の家に車をぶつけるってこと?」

「違う、カンカンになり過ぎて、あのピンクのブラウスを着てキンムンとデートすることは絶対しないってこと。彼に土下座で頼み込まれたとしてもね」トリッシュは、芸者のように世間をよく知った風な言い方をして笑った。「あの汚らわしいピンクの服が、あなたの手を離れて見えなくなるようにしてあげる」

「考えとく」

「考え過ぎないでね。デートは明日の夜だから」

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

キャミーのニュースレター

私のEメールニュースレターにサインアップしてください。ウェルカムメールが2, 3回送られた後、1ヶ月に1回のペースでメールが届きます。時々日本語ではないメールが届くと思いますが、お許しください。

“配信を確認してください。” のメールを送ります。 メッセージの中にある確認リンクをクリックして、あなた本人であるかどうかを確かめて下さい。大変申し訳ありませんが、“配信の確認をしてください。” のメールは英語になります。

* が必要です。

メールの配信を中止されたい方は、メールの下にある「購読中止」リンクを使うか、camy@camytang.comまでメールをください。

個人情報保護方針: 私はあなたの個人情報を尊重しています。Eメールアドレスを含めた個人情報は、第三者に開示・提供しません。

マーケティングプラットフォームにメールチンプを使っています。下をクリックして購読することにより、あなたの情報がメールチンプに送られて処理されることを了承します。メールチンプによるプライバシー保護の実践についての詳細は、こちらです。

No comments :

Post a Comment