Thursday, September 30, 2021

ひとり寿司第5章パート1




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***




 痩せた女の子がトリッシュの全身にコーヒーを噴き出しているところを、エイデン・ヤングは新聞の端からチラッと見た。

「ああっ!」トリッシュは飛び上がって手を上下にバタバタさせた。「これ、新しいのよ! それで、このコーヒー! レックスどうして——」

エイデンは新聞紙の陰にまた隠れた。トリッシュはメロドラマのヒロインだ。

「トリッシュ、あなた、ちょっと大げさ過ぎない?」長身で痩せた女の子——レックス?—— はトリッシュより声が低かったが、さっきは聞こえなかった不安定で震えるような声が聞こえた。新聞の端からのぞいてみた。

レックスが中学生の女の子に手を突き出していた。「電話」

「だけど私まだ——」

「今すぐ」

レックスが叫んだので、その若い娘は飛び上がったが、携帯電話での会話が終わる頃、目をぐるっと回した。「ごめんなさい、キンムン——」

レックスは携帯電話をひったくり、パチンと閉じた。その顔は雷雲のように暗い。別の手で、トリッシュを反対側のトイレの方へと促した。

今がチャンスだ。エイデンは新聞をたたみ、コーヒーを持って、急いでドアの外に出た。

車にアラームをかけたスペンサーが、駐車場から手を振った。「遅くなってごめん」

運が悪いとは、このことだ。エイデンは、駐車スペースの真ん中でスペンサーを引き止めた。「やっぱ、ピーツ・コーヒーへ行かないか」

「嫌だよ。キャラメル・モカ・フリーズが飲みたいから、今日は特別がんばって運動したんだ」エイデンの横を通り過ぎ、ガラスのドアをぐいっと開けながら、スペンサーは少年のように溢れる笑顔を見せた。

スペンサーが注文している間、トリッシュはあの女の子とトイレに入ったままかもしれない。

お店に戻る途中、エイデンは長いポニーテールの中学生の少女とすれ違った。その目は曇り、まぶたは半分閉じているようだ。近くで見ると、思ったほど若くないようだ——大学生ぐらいかもしれない。その大人びた目線は品定めでもしているように見え、立ち止まって彼に話しかけに来るようにも感じられた。すれ違いざまに彼は顔がほてり、スペンサーの後をついてカウンターへ向かった。

「キャラメル・モカ・フリーズ、ホイップクリーム追加で」スペンサーのしゃべり方は、音節が転がって行くように流暢だ。

エイデンはトイレに背を向け、飲み物の受け取り用カウンターにもたれていた。すぐには出てこないだろう。もし出てきたら、トリッシュが自分に気がつかないことを願おう。

お札を財布に押し込みながら、スペンサーが受け取り用カウンターの方へ来た。「最近どうしてる?」

「元気だよ」あまりに動揺していて、白状することができなかった——トリッシュの肩の理学療法が終わって数ヶ月経った後、あのわがままで浮気者の彼女を見かけたこと、そして彼女と一緒にいるゴージャスな女の子に、一瞬のうちに圧倒されてしまったことを。

エイデンの心の目には、まだレックスが見えていた——トリッシュの妹? いとこ?——そのアスリートのように滑らかな身のこなし。その美しい顔。しかし、彼女もトリッシュのように善人ぶったクリスチャンなのだろうか?

スペンサーが鋭い顔つきで見た。「本当に大丈夫か?」

「もちろん。君の息子はどうしてる?」

スペンサーはため息をついた。「今週末は、母親の家さ」受け取り用カウンターをリズミカルに叩いた。「メールした記事、読んだ?」

「読んだよ」

「面白いだろ?」

「ああ、面白かった」エイデンは振り返って女性用トイレのドアを見た。まだいない。それにしても、このバリスタは何でこんなに遅いのか?

スペンサーは横を向いた。「話したくないんだったら、話さなくていいよ」

「いや、話すよ」でも今、この瞬間は、神様のことについて話し合う気分ではなかった。クリスチャンと不可知論者——興味がないからではない——だが、気が散っていた。

トイレのドアが開いた。エイデンは全身が固まったが、振り向かなかった。

インド人の男性が通り過ぎ、窓際に座っているガールフレンドの方に戻っていった。

「ちょっとピリピリしてない?」スペンサーが横目で見た。

間抜けだと思われずに、どうすれば窮地にいることを説明することができるのか? 直感的反応は、トリッシュを避けることだった。結局、トリッシュがあからさまに色目を使ってエイデンを口説こうとした時に、彼がきっぱりと断り、別の理学療法士に転院させたことを彼女はよく思っていなかった。

しかしトリッシュのいとこを見たとたん、お店を出たいという最初の願望は忘れてしまい、そこに座ったままレックスを眺めていたのだ。そして何と愚かなことに、トリッシュが飲み物を持ってテーブルに戻ってきてしまったというわけだった。

白状するべきだろうか。スペンサーほど人を裁かない人はいない——少しからかうことはあっても。「実はさ——」

「ごめん、って言ったじゃない」レックスの声が、トイレのドアがシュッと開く音と同時に聞こえた。

スペンサーのモカ・フリーズはまだか?

「あ、ここもまだ汚れてるわ」ドアがまた閉まったので、トリッシュの不機嫌な声が消された。足音はしない。またトイレに戻ったのに違いない。

「キャラメル・モカ・フリーズ、ホイップクリーム追加のお客様——」バリスタはカウンター越しにドリンクを滑らせたので、スペンサーがそれを手に取る前に、床に落ちそうになった。

エイデンは深く息を吸った。「他のところへ行こう」

「いいよ」スペンサーは出口に向かいながら、ストローで飲み物をすすった。



 痩せた女の子がトリッシュの全身にコーヒーを噴き出しているところを、エイデン・ヤングは新聞の端からチラッと見た。

「ああっ!」トリッシュは飛び上がって手を上下にバタバタさせた。「これ、新しいのよ! それで、このコーヒー! レックスどうして——」

エイデンは新聞紙の陰にまた隠れた。トリッシュはメロドラマのヒロインだ。

「トリッシュ、あなた、ちょっと大げさ過ぎない?」長身で痩せた女の子——レックス?—— はトリッシュより声が低かったが、さっきは聞こえなかった不安定で震えるような声が聞こえた。新聞の端からのぞいてみた。

レックスが中学生の女の子に手を突き出していた。「電話」

「だけど私まだ——」

「今すぐ」

レックスが叫んだので、その若い娘は飛び上がったが、携帯電話での会話が終わる頃、目をぐるっと回した。「ごめんなさい、キンムン——」

レックスは携帯電話をひったくり、パチンと閉じた。その顔は雷雲のように暗い。別の手で、トリッシュを反対側のトイレの方へと促した。

今がチャンスだ。エイデンは新聞をたたみ、コーヒーを持って、急いでドアの外に出た。

車にアラームをかけたスペンサーが、駐車場から手を振った。「遅くなってごめん」

運が悪いとは、このことだ。エイデンは、駐車スペースの真ん中でスペンサーを引き止めた。「やっぱ、ピーツ・コーヒーへ行かないか」

「嫌だよ。キャラメル・モカ・フリーズが飲みたいから、今日は特別がんばって運動したんだ」エイデンの横を通り過ぎ、ガラスのドアをぐいっと開けながら、スペンサーは少年のように溢れる笑顔を見せた。

スペンサーが注文している間、トリッシュはあの女の子とトイレに入ったままかもしれない。

お店に戻る途中、エイデンは長いポニーテールの中学生の少女とすれ違った。その目は曇り、まぶたは半分閉じているようだ。近くで見ると、思ったほど若くないようだ——大学生ぐらいかもしれない。その大人びた目線は品定めでもしているように見え、立ち止まって彼に話しかけに来るようにも感じられた。すれ違いざまに彼は顔がほてり、スペンサーの後をついてカウンターへ向かった。

「キャラメル・モカ・フリーズ、ホイップクリーム追加で」スペンサーのしゃべり方は、音節が転がって行くように流暢だ。

エイデンはトイレに背を向け、飲み物の受け取り用カウンターにもたれていた。すぐには出てこないだろう。もし出てきたら、トリッシュが自分に気がつかないことを願おう。

お札を財布に押し込みながら、スペンサーが受け取り用カウンターの方へ来た。「最近どうしてる?」

「元気だよ」あまりに動揺していて、白状することができなかった——トリッシュの肩の理学療法が終わって数ヶ月経った後、あのわがままで浮気者の彼女を見かけたこと、そして彼女と一緒にいるゴージャスな女の子に、一瞬のうちに圧倒されてしまったことを。

エイデンの心の目には、まだレックスが見えていた——トリッシュの妹? いとこ?——そのアスリートのように滑らかな身のこなし。その美しい顔。しかし、彼女もトリッシュのように善人ぶったクリスチャンなのだろうか?

スペンサーが鋭い顔つきで見た。「本当に大丈夫か?」

「もちろん。君の息子はどうしてる?」

スペンサーはため息をついた。「今週末は、母親の家さ」受け取り用カウンターをリズミカルに叩いた。「メールした記事、読んだ?」

「読んだよ」

「面白いだろ?」

「ああ、面白かった」エイデンは振り返って女性用トイレのドアを見た。まだいない。それにしても、このバリスタは何でこんなに遅いのか?

スペンサーは横を向いた。「話したくないんだったら、話さなくていいよ」

「いや、話すよ」でも今、この瞬間は、神様のことについて話し合う気分ではなかった。クリスチャンと不可知論者——興味がないからではない——だが、気が散っていた。

トイレのドアが開いた。エイデンは全身が固まったが、振り向かなかった。

インド人の男性が通り過ぎ、窓際に座っているガールフレンドの方に戻っていった。

「ちょっとピリピリしてない?」スペンサーが横目で見た。

間抜けだと思われずに、どうすれば窮地にいることを説明することができるのか? 直感的反応は、トリッシュを避けることだった。結局、トリッシュがあからさまに色目を使ってエイデンを口説こうとした時に、彼がきっぱりと断り、別の理学療法士に転院させたことを彼女はよく思っていなかった。

しかしトリッシュのいとこを見たとたん、お店を出たいという最初の願望は忘れてしまい、そこに座ったままレックスを眺めていたのだ。そして何と愚かなことに、トリッシュが飲み物を持ってテーブルに戻ってきてしまったというわけだった。

白状するべきだろうか。スペンサーほど人を裁かない人はいない——少しからかうことはあっても。「実はさ——」

「ごめん、って言ったじゃない」レックスの声が、トイレのドアがシュッと開く音と同時に聞こえた。

スペンサーのモカ・フリーズはまだか?

「あ、ここもまだ汚れてるわ」ドアがまた閉まったので、トリッシュの不機嫌な声が消された。足音はしない。またトイレに戻ったのに違いない。

「キャラメル・モカ・フリーズ、ホイップクリーム追加のお客様——」バリスタはカウンター越しにドリンクを滑らせたので、スペンサーがそれを手に取る前に、床に落ちそうになった。

エイデンは深く息を吸った。「他のところへ行こう」

「いいよ」スペンサーは出口に向かいながら、ストローで飲み物をすすった。

何とかトリッシュとレックスを避けることができた。不思議なことだが、トリッシュよりレックスの方にギクリとしたのは、何故だろう。まあどうでもいい。もう二度と会わないのだから。

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

キャミーのニュースレター

私のEメールニュースレターにサインアップしてください。ウェルカムメールが2, 3回送られた後、1ヶ月に1回のペースでメールが届きます。時々日本語ではないメールが届くと思いますが、お許しください。

“配信を確認してください。” のメールを送ります。 メッセージの中にある確認リンクをクリックして、あなた本人であるかどうかを確かめて下さい。大変申し訳ありませんが、“配信の確認をしてください。” のメールは英語になります。

* が必要です。

メールの配信を中止されたい方は、メールの下にある「購読中止」リンクを使うか、camy@camytang.comまでメールをください。

個人情報保護方針: 私はあなたの個人情報を尊重しています。Eメールアドレスを含めた個人情報は、第三者に開示・提供しません。

マーケティングプラットフォームにメールチンプを使っています。下をクリックして購読することにより、あなたの情報がメールチンプに送られて処理されることを了承します。メールチンプによるプライバシー保護の実践についての詳細は、こちらです。

No comments :

Post a Comment