Thursday, September 23, 2021

ひとり寿司第4章パート3




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


「だって、無数にいるあなたのボーイフレンドの一人とデートした、ってだけでしょ。そんなこと忘れなさいよ」

「ボーイフレンドの一人だけじゃないわ。私のボーイフレンドを盗むのは、あの子の使命なの。家族の集まりに男の子を連れて行くと、必ずあの子が攻撃を仕掛けてくるのよ」

「やめて、必ずってことはないでしょ」

「あの子に会った途端に私を捨てて、別れてから二週間以内にあの子とデートした男を数えたら、最低六人はいるわ」トリッシュは挑戦的な目でレックスを釘付けにした。

数字を持ち出されると、レックスは反論できない。「もう一つ忘れてるんじゃない? その子達は、結局ミミも捨てたのよ。それでも気になるのはどうして?」

「それが道理ってものなのよ」

「あなたの膨れ上がったエゴでしょ。また別の男の子を誘惑して楽しんだ後は、次に進めばいいだけ、でしょ?」

「その感情移入のスキルには感動するわ」

「おっと、あのわがまま娘がまた来るわ」ミミは何故こちらに戻ってきたのだろうか? バカな子。今度は、レックスは猫のケンカに割って入るわけがない。彼女はトリッシュの味方なのだから。

ミミはガラスのテーブルの近くまでのんびり歩いてきて、二人の間にもたれかかった。「ねえレックス、あいつはどうしてあなたのことをじっと見てるの?」

「ええっ、何それ?」

ミミは、店の反対側を指して頭を振った。

「あの新聞を持ってる人のこと?」トリッシュはわざわざ小さい声で話そうともしない。「バカげてるわ」

「新聞が逆さまよ」キラキラ光るシャツを着たミミは、お尻の片側に重心を移し、グリッターのついたエクステを整えている。

レックスは目を細めた。「本当?」

トリッシュも目を細めた。「あなたの方がよく見えるじゃない」

ミミはイライラしてため息をついた。「信じて、上下逆よ」

「だけど、顔が見えないわ」レックスは左右に傾いてみたが、よく見えなかった。

「じっと見続けたら、新聞を落とすかもしれないわ」

三人は、新聞に穴があくほど、丸一分間じっと見た。さぞ間抜けに見えたに違いない。それか、新しいX-Menのブロードウェイショーでサイプロスの役に応募している役者のようだ。

「バカげてるわ」レックスが燃えるような目をパチパチさせた。

「本当にそう」トリッシュがくるりと回った。「ミミ、他に行くところがあったんじゃないの? ティンブクトゥとか?」

ミミの笑い声は鈴の音のようだ。「あなたって本当に独創的ね、トリッシュ。ところで、昨日、あなたのお母さんがおじいちゃんのお墓に花を供えてたわ。たった一人で、叔母さんもかわいそうに」子供としての義務を怠っていることに対するトリッシュへの非難とは裏腹に、シワがよって下に引っ張られたミミの口元は少し甘ったるく、かつ悲しそうに見えた。

トリッシュはイライラした。「仕事だったのよ。あんたみたいに学生じゃない人もいるの。それに、私たちは四年で卒業してるしね」

ミミはそのうっとうしいポニーテールを揺らした。「あ~あ、それは良かったわ。つまり、結局あなたたちと違って、私は時間に余裕があるから」

トリッシュの顔色が柿のようになった。

震える電子音が緊張を打ち破った。レックスは命綱のような携帯に飛びつき、発信者番号をチラッと見た。「ハロー、キンムン!」これを聞いていたトリッシュの顔が少し落ち着いてきたことに、レックスは気がついた。バカなミミは、一歩も動かなかったが。

「レックス、土曜日の夜のことだけど、キャンセルしてくれる? 別の用事ができたんだ」

一日経った後の寿司のにおいのように、何かくさい。「別の用事って?」

「仕事だよ」

「ああ」興奮から落胆へと、鼓動が落ち着いてきた。「じゃあ来週は——?」

「分かった、じゃあ」

「オッケー、じゃあ、またね」

「ちょっと待って、キンムンと話させてくれる?」ゆるく握っていた携帯をミミが取り上げた。

「ちょっと!」レックスは携帯を引っ張った。

ミミは飛び跳ねて、離れた。「ちょっと待って」

「キンムンのこと知りもしないくせに」

「もちろん知ってるわ。二週間前に会ったもの」ミミはレックスの携帯で話し始めた。「ハロー、キンムン?」

レックスは怒りの中でラテをすすった。手が塞がっていなければ、いとこの顔を引っ叩いていたかもしれない。

「ええ、ミミよ。土曜日の夜、まだ大丈夫?」

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

キャミーのニュースレター

私のEメールニュースレターにサインアップしてください。ウェルカムメールが2, 3回送られた後、1ヶ月に1回のペースでメールが届きます。時々日本語ではないメールが届くと思いますが、お許しください。

“配信を確認してください。” のメールを送ります。 メッセージの中にある確認リンクをクリックして、あなた本人であるかどうかを確かめて下さい。大変申し訳ありませんが、“配信の確認をしてください。” のメールは英語になります。

* が必要です。

メールの配信を中止されたい方は、メールの下にある「購読中止」リンクを使うか、camy@camytang.comまでメールをください。

個人情報保護方針: 私はあなたの個人情報を尊重しています。Eメールアドレスを含めた個人情報は、第三者に開示・提供しません。

マーケティングプラットフォームにメールチンプを使っています。下をクリックして購読することにより、あなたの情報がメールチンプに送られて処理されることを了承します。メールチンプによるプライバシー保護の実践についての詳細は、こちらです。

No comments :

Post a Comment