Skip to main content

ひとり寿司第4章パート3




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


「だって、無数にいるあなたのボーイフレンドの一人とデートした、ってだけでしょ。そんなこと忘れなさいよ」

「ボーイフレンドの一人だけじゃないわ。私のボーイフレンドを盗むのは、あの子の使命なの。家族の集まりに男の子を連れて行くと、必ずあの子が攻撃を仕掛けてくるのよ」

「やめて、必ずってことはないでしょ」

「あの子に会った途端に私を捨てて、別れてから二週間以内にあの子とデートした男を数えたら、最低六人はいるわ」トリッシュは挑戦的な目でレックスを釘付けにした。

数字を持ち出されると、レックスは反論できない。「もう一つ忘れてるんじゃない? その子達は、結局ミミも捨てたのよ。それでも気になるのはどうして?」

「それが道理ってものなのよ」

「あなたの膨れ上がったエゴでしょ。また別の男の子を誘惑して楽しんだ後は、次に進めばいいだけ、でしょ?」

「その感情移入のスキルには感動するわ」

「おっと、あのわがまま娘がまた来るわ」ミミは何故こちらに戻ってきたのだろうか? バカな子。今度は、レックスは猫のケンカに割って入るわけがない。彼女はトリッシュの味方なのだから。

ミミはガラスのテーブルの近くまでのんびり歩いてきて、二人の間にもたれかかった。「ねえレックス、あいつはどうしてあなたのことをじっと見てるの?」

「ええっ、何それ?」

ミミは、店の反対側を指して頭を振った。

「あの新聞を持ってる人のこと?」トリッシュはわざわざ小さい声で話そうともしない。「バカげてるわ」

「新聞が逆さまよ」キラキラ光るシャツを着たミミは、お尻の片側に重心を移し、グリッターのついたエクステを整えている。

レックスは目を細めた。「本当?」

トリッシュも目を細めた。「あなたの方がよく見えるじゃない」

ミミはイライラしてため息をついた。「信じて、上下逆よ」

「だけど、顔が見えないわ」レックスは左右に傾いてみたが、よく見えなかった。

「じっと見続けたら、新聞を落とすかもしれないわ」

三人は、新聞に穴があくほど、丸一分間じっと見た。さぞ間抜けに見えたに違いない。それか、新しいX-Menのブロードウェイショーでサイプロスの役に応募している役者のようだ。

「バカげてるわ」レックスが燃えるような目をパチパチさせた。

「本当にそう」トリッシュがくるりと回った。「ミミ、他に行くところがあったんじゃないの? ティンブクトゥとか?」

ミミの笑い声は鈴の音のようだ。「あなたって本当に独創的ね、トリッシュ。ところで、昨日、あなたのお母さんがおじいちゃんのお墓に花を供えてたわ。たった一人で、叔母さんもかわいそうに」子供としての義務を怠っていることに対するトリッシュへの非難とは裏腹に、シワがよって下に引っ張られたミミの口元は少し甘ったるく、かつ悲しそうに見えた。

トリッシュはイライラした。「仕事だったのよ。あんたみたいに学生じゃない人もいるの。それに、私たちは四年で卒業してるしね」

ミミはそのうっとうしいポニーテールを揺らした。「あ~あ、それは良かったわ。つまり、結局あなたたちと違って、私は時間に余裕があるから」

トリッシュの顔色が柿のようになった。

震える電子音が緊張を打ち破った。レックスは命綱のような携帯に飛びつき、発信者番号をチラッと見た。「ハロー、キンムン!」これを聞いていたトリッシュの顔が少し落ち着いてきたことに、レックスは気がついた。バカなミミは、一歩も動かなかったが。

「レックス、土曜日の夜のことだけど、キャンセルしてくれる? 別の用事ができたんだ」

一日経った後の寿司のにおいのように、何かくさい。「別の用事って?」

「仕事だよ」

「ああ」興奮から落胆へと、鼓動が落ち着いてきた。「じゃあ来週は——?」

「分かった、じゃあ」

「オッケー、じゃあ、またね」

「ちょっと待って、キンムンと話させてくれる?」ゆるく握っていた携帯をミミが取り上げた。

「ちょっと!」レックスは携帯を引っ張った。

ミミは飛び跳ねて、離れた。「ちょっと待って」

「キンムンのこと知りもしないくせに」

「もちろん知ってるわ。二週間前に会ったもの」ミミはレックスの携帯で話し始めた。「ハロー、キンムン?」

レックスは怒りの中でラテをすすった。手が塞がっていなければ、いとこの顔を引っ叩いていたかもしれない。

「ええ、ミミよ。土曜日の夜、まだ大丈夫?」

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

Lady Wynwood's Spies 4 vignette - Lady Stoude

This is a really random scene I wrote that occurs in Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer right after chapter 23, after Keriah returns home and before Phoebe comes to pick her up later that night. The team has finished making all preparations for the trade for Michael at Vauxhall Gardens. *** “Oh! I have no wish to go to the ball tonight!” Lady Stoude stood in the open doorway to the drawing room of her husband’s townhouse, hands on hips, with a disgruntled expression that looked faintly like a drowned cat. Her husband, Jeremy, Lord Stoude, glanced up at her from where he was leaning against the mantle of the fireplace, drinking something amber-colored and peaty-smelling. He merely gave her a mild, inquiring look. “Why not, my dear?” “I have just heard from my maid, who heard from Mrs. Butterworth’s maid, who heard from Miss Farrimond’s maid, that Miss Farrimond will not attend the ball tonight, because an unfortunate accident with hair dye caused her to now sport a gia

What are you crafting today?

I always have multiple knitting projects, and over Christmas I started a new one. I’m working on developing a pattern for the arm-warmers (called muffatees or manchettes in Regency and Victorian England) that are mentioned a few times in Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer and Lady Wynwood’s Spies, volume 5: Prisoner . My character, Phoebe, has a rather deadly pointy thing hidden in hers. :) The pattern is based off of antique knitting books which are scanned by Archive.org. (You can download .pdfs of the books, which I think is really rather cool.) The book the pattern is from was published after the Regency era, but I’m reasonably sure the pattern was in use in the Regency, just passed down by word of mouth. Are you crafting anything today?

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

Happy Chinese New Year!

Happy Chinese New Year! This year is the Year of the Rabbit. The Chinese zodiac is split into 12 animals, and their years are 12 years apart. My mom was born in the Year of the Rabbit, so you could calculate her age if you wanted to. :) My humorous Christian romantic suspense serial novel, Year of the Dog , is a reference to the Chinese zodiac because the heroine is a dog trainer. It’s a prequel to my Warubozu Spa Chronicles series, which is set in my birth state of Hawaii. Here’s the book description: Year of the Dog serial novel by Camy Tang Marisol Mutou, a professional dog trainer, is having a bad year. While renovating her new dog kenneling and training facility, she needs to move in with her disapproving family, who have always made her feel inadequate—according to them, a job requiring her to be covered in dog hair and slobber is an embarrassment to the family. She convinces her ex-boyfriend to take her dog for a few months … but discovers that his brother is the irat

Camille Elliot's January newsletter

My Camille Elliot (Christian Regency Romantic Suspense) newsletter went out last week, but in case you missed it, the link is below. In my newsletter this month, I posted a link to a special extra scene from Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer , information about an experiment with my current Facebook group, and the date for an upcoming sale on Lady Wynwood’s Spies, volume 2: Berserker . I also mentioned a sweet Traditional Regency Romance that I’m reading. Click here to read my Camille Elliot newsletter for January.

Talk of the Town by Joan Smith

Talk of the Town by Joan Smith Daphne Ingleside’s visit to her Aunt Effie in London was meant to add a little spark to her placid country life. And it did—once the two women decided to write Effie’s memoirs. For Effie, a faded divorcée, had been the beauty of London in her day, and many of the ton feared their misbehavior would be disclosed. The Duke of St. Felix, misinterpreting their project as a means of blackmailing his family, antagonized the sharp-witted, beautiful Daphne to his peril. Regency Romance by Joan Smith; originally published by Fawcett *** I first read this Regency romance years ago in mass market paperback and remember liking it. But when I saw that the author released it on ebook, I found that I didn’t remember the story at all, so I decided to re-read it. It was just as enjoyable the second time around. This story is full of witty banter and is a light, cute comedy of manners. I like how forthright the heroine is, although her tongue is at times a trifle

ひとり寿司第28章パート1

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** 28 「ねえビーナス、お願い」装具をもっとしっかり脚に巻きつけようともがきながら、レックスは肩で携帯を持とうとした。 「ごめん、すごく仕事が忙しいの。トリッシュに行ってもらうように電話したから」 「トリッシュ? いつから彼女が私のお気に入りになったの?」立ち上がり、段ボール箱の間を通って、トイレにたどり着いた。 「ジェン、今週末は出かけてるの——ほんと、都合がいいわよね。だから、トリッシュかマリコのどっちかなのよ」 (うわっ)「分かった。何時に来てくれるの?」 「あの子

Happy Martin Luther King, Jr. Day

Happy Martin Luther King, Jr. Day! Did you do anything special to honor today?

A List of my Free Blog Reads

Curious about what my writing is like? Here’s a list of all my free books and the free short stories, novellas, and novels that you can read here on my blog. I’ll update this post as I add more free reads. Christian Humorous Romantic Suspense: Year of the Dog (Warubozu Spa Chronicles series, Prequel novel) (Currently being posted monthly on my blog as a serial novel) Marisol Mutou, a professional dog trainer, finally has a chance to buy a facility for her business, but her world is upended when she must move in with her disapproving family, who have always made her feel inadequate. When she stumbles upon a three-year-old missing persons case, security expert Ashwin Keitou, whose car she accidentally rear-ended a few weeks earlier, is tasked with protecting her. However, danger begins to circle around them from people who want the past to remain there. Can they shed light on the secrets moving in the shadows? Christian Romantic Suspense: Necessary Proof (Sonoma series #4.1, n

Year of the Dog serial novel

About Year of the Dog : A month or two ago, I remembered an old manuscript I had completed but which hadn’t sold. It was a contemporary romance meant for Zondervan, titled Year of the Dog . The book had gone into the pipeline and I even got another title ( Bad Dog ) and a cover for it, but eventually my editor at the time decided she didn’t want to publish it, for various reasons. She instead requested a romantic suspense, and so I cannibalized some of the characters from Year of the Dog and thrust them into the next book I wrote, which was Protection for Hire . Honestly, I didn’t take a lot from Year of the Dog to put in Protection for Hire , aside from character names and a few relationship ties. I was originally thinking I’d post Year of the Dog as-is on my blog as a free read, but then it occurred to me that I could revamp it into a romantic suspense and change the setting to Hawaii. It would work out perfectly as (yet another) prequel to the Warubozu series and introduce