Thursday, August 05, 2021

ひとり寿司第2章パート2




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***


「あなたのお父さんも言ってたけど、毎晩、うちにいるそうね。どうしてデートに行かないの?」

最高。祖母はレックスの父すらも使ってコソコソ嗅ぎ回っている。もう少しでコンドミニアムの頭金を払えるぐらいのお金が貯まるから、そうしたらさっさと父の家を出る。「毎晩うちにいるわけじゃないわ。毎週、月水金は女子バレーの練習があるもの」その練習は午後の遅い時間に終わり、そのほかに週三日、夜に大人のリーグで練習しているということは、祖母に言わなくてもいい。

「その女子チームのために時間が取られ過ぎてるわ」

「デートに行きたくないだけよ。それのどこが悪いの?」

「あなた、レズなの?」

「おおおばあああちゃあああん!」トリッシュ、ビーナス、ジェニファーは声をそろえて悲鳴をあげた。合計十二音節。

「違うわ、おばあちゃん。私はクリスチャンなのよ」(私が仏教のお寺にいないって、十二回は文句を言ってるじゃない)

祖母は肩をすくめた。「何が悪いの? 私の友達の半分は、同性愛者の子供がいるのよ」

トリッシュは唇を噛んだ。「そうよレックス、ここはサンフランシスコ・ベイエリアだから……」

「でしょ?」祖母は背筋を伸ばした。「私のせいにしないで。それで、おっぱいを大きくすることのどこが悪いの?」

「私のブラサイズの話は終わったの、終わりよ、おばあちゃん!」

祖母は口をキュッと閉じ、鼻をふくらませた。その茶色い目は線のように細くなった。

「そうじゃない。あなたは家族の集まりに誰かを連れて来たことが一度もないって言ってるの」

「いいわ、次に家族の集まりがあるときには、男性を連れてきます」

祖母の目が細くなった。「ダメよ、それは簡単すぎるわ。どうせバレーボール友達に頼むんでしょ」

レックスは勝てない。「じゃあどうして欲しいの?」

その言葉が出た途端、レックスは間違ったことを言ってしまった、と思った。祖母は、招き猫がニヤッとするように笑った。

「マリコの結婚式までに、ボーイフレンドを作りなさい」

「六月? 四ヶ月しかないじゃない」

トリッシュが寄りかかるようにしてレックスの耳元で囁いた。「愛を急がせることはできないわ……」

レックスがトリッシュの柔らかい脇腹を肘でつつくと、小さく「キャッ」という声がした。

祖母はそれを聞いていた。「誰が急いでるの? あなたたちは四人とも、もう三十……」

「みんなじゃないわ」ビーナスの頬がハロー・キティのようにピンク色になった。

祖母は肩をすくめた。「あなたとジェニファーは、他の二人より数ヶ月遅いだけでしょ。ほとんど同じよ」

レックスは腕組みをした。「四ヶ月でボーイフレンドを作るなんて、無理よ」

祖母の表情が鋭くなった。「それができなければ、女子バレーボールチームへの資金は打ち切ります」

開いた口に掃除機が取り付けられたように、レックスの肺から空気が吸い取られていった。喉を刺すほど鋭く息を呑み込んだ。

「そんなことしないよね」

「私が真剣じゃないと思ってるの?」

「夏のプレイオフまでお金を出してくれるって約束だったじゃない」

「契約書にサインしてないわよ」

無慈悲だ。冷酷人間・坂井。「おばあちゃん、あの子たちはまだ中学生なのよ」

「だったら資金が打ち切られないように何とかしなさい」

「ボーイフレンド? ボーイフレンドのために資金を打ち切るっていうの?」レックスの声は金切り声に変わり始めた。

「そこまでしないと、あなたが私の言うことを聞かないっていうならね」祖母はレストランに戻ろうと歩き始めたが、イタリアンレザーの靴底の上でくるりと回転し、レックスの顔をのぞいた。片方の眉を上げて。「ちゃんとしたボーイフレンドじゃなきゃダメよ。ただの友達や、一回限りのデートの相手はだめ。あなたと仲がいいバレーボール友達もね」遠ざかりながら、シルクのスーツの背がシャンと伸びた。

レックスは車にもたれかかった。トリッシュはその隣でくずれ落ちた。ジェニファーは手をもんで立っていた。ビーナスは片方の足に体重をかけ、腰に手を押しつけた。

突然、ジェニファーのトヨタの隣に停まっていた車のドアが開いた。膝まで届くポニーテールを振って目を大きく開け、車の上から頭を出したのは、いとこのミミだった。

「うわ! 本気?」

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

キャミーのニュースレター

私のEメールニュースレターにサインアップしてください。ウェルカムメールが2, 3回送られた後、1ヶ月に1回のペースでメールが届きます。時々日本語ではないメールが届くと思いますが、お許しください。

“配信を確認してください。” のメールを送ります。 メッセージの中にある確認リンクをクリックして、あなた本人であるかどうかを確かめて下さい。大変申し訳ありませんが、“配信の確認をしてください。” のメールは英語になります。

* が必要です。

メールの配信を中止されたい方は、メールの下にある「購読中止」リンクを使うか、camy@camytang.comまでメールをください。

個人情報保護方針: 私はあなたの個人情報を尊重しています。Eメールアドレスを含めた個人情報は、第三者に開示・提供しません。

マーケティングプラットフォームにメールチンプを使っています。下をクリックして購読することにより、あなたの情報がメールチンプに送られて処理されることを了承します。メールチンプによるプライバシー保護の実践についての詳細は、こちらです。

No comments :

Post a Comment