Skip to main content

ひとり寿司第2章パート1




「ひとり寿司」をブログに連載します!


ひとり寿司



寿司シリーズの第一作

キャミー・タング

西島美幸 訳

スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。

ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。

そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。

エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。

レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり ——

過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。

***




祖母は、レッドエッグアンドジンジャー・パーティの最中に「豊胸手術」と大声で言っただけではなかった。

長く苦しい一瞬だった。レックスの鼓動は止まり、その後、ナスカー・レースのようなスピードで再び打ち始めた。振動するハンドルにしがみついているように、手が震え、こわばった。だが、祖母を操縦するのはどうしても無理。情けない。

レックスは深く息を吸い、戦闘のために身を固めた。「おばあちゃん、そのことは、また今度話そう」

祖母の目が鋭くキラッと光った。「どうして? そんな塩のシェーカーみたいなんじゃ、男の子が寄りつかないのは当然よ」

塩のシェーカー???

祖母は、「レックスのおばあちゃんが何でも直してあげる」という表情をしていた。その眼差しが下の方で止まった。「サイズは? Aカップかしら? 大丈夫よ、友達のミセス・チャングを知ってる? あの人の二回目のご主人は……」

(おばあちゃん、外に出ましょう。今すぐ)レックスは、祖母の体を取り押さえて運び出し、そこで絞め殺すという素敵な白昼夢をもてあそんだ。

現実に戻り——祖母を乱暴に扱うなんて不可能だ。一見、デリケートに見える老婦人なのだから。

応援が要る。祖母が怒鳴っているので、レックスのいとこ達が寄ってくるはず。騎兵隊はどこにいるのか?

いたいた、いくつかテーブルをはさんだところでしゃべっている。レックスが瀕死の危機にさらされているというのに。トリッシュの体はレックスの方を向いていたが、隣のテーブルにいる男の子に気のある素ぶりで横目を流している。レックスは手をあげて振った。

「手を振り回すのをやめて、レックス。ちゃんと聞きなさい。ミセス・チャングがご主人を連れて来てるはずだから」

「だけど私のドレスが……」かたまりかけているソースが胸骨の上で不気味な弧を描いていた。

「今ここで診察するわけじゃないのよ」祖母の理性的な口調は、コールでアイラインを描いた頑固な目つきに隠された、残忍で精神異常者のような心と正反対だ。

レックスはやけくそになって、トリッシュの方を見ながら両腕を高く上げて振った瞬間——少なくとも、このタイトなワンピースを着ながらできる限り高く——椅子から立ち上がろうとした中年男性のあごを引っぱたいてしまった。「きゃっ、ごめんなさい」

ついに、トリッシュがこっちを見た。

やっと! レックスは目を大きく開き、祖母の方に頭を振りながら、「助けて!」とメッセージを送った。

トリッシュの表情は数ミリ秒のうちに好奇心から恐怖へと変わっていった。ビーナスとジェニファーを軽くつつき、ぎゅうぎゅう詰めの椅子に体当たりしそうになりながら、必死でいとこの方へ行こうとした。ビーナスはもっと上品についていった。ジェニファーは叉焼包のように目を大きくして、影のようにビーナスの後を追った。

「おばあちゃん!」トリッシュは高い声で嬉しそうなふりをした。

祖母はトリッシュをにらんだ。「何よ?」

言葉に詰まり、元気一杯のトリッシュは一瞬にして凍りついた。「あの……」

まずい。先月、いとこのベビーシャワーにパンクロックのミュージシャンを連れてきて、そのへそピアスで二歳児を遊ばせたトリッシュのことを、明らかに祖母はまだ赦していないようだった。

「こんにちは、おばあちゃん」イライラしてにらむ祖母とトリッシュの間に、ビーナスが割って入った。「ちょっとレックスに話があるんだけど」

「ダメよ、私が今、話してるの。何でそんなにせっかちなの? 来なさい、レックス。ミスター・チャングのところへ行くわよ」

「おばあちゃん、豊胸手術なんてしたくないの」歯を食いしばりながらささやくのはむずかしい。

心配そうなトリッシュの目は、デフコン5の防衛準備状態に入ったかのような恐れに変わっていった。ビーナスは目をグルッと回している。ジェニファーの顔は青白くなった。

祖母の目は、中国の大包丁のように冷たくなった。「話にならないわね。アイロン台みたいに平らな女と誰が付き合いたい、って言うのかしら」

「おばあちゃん!」トリッシュの高い声が、食事の騒音を突き刺した。

「おばあちゃん、お願いがあるの」ジェニファーの柔らかな声が防火用毛布のように緊張をほぐした。

「車の中に色見本があるんだけど、お母さんがキッチンのカーテンを何色にするか決められないのね」

祖母のブルドッグのような表情は、ミス・マープルのスイートなうわべのように溶けていった。「もちろんいいわよ、喜んで」

レックスは信じられないというように、混雑を通り抜けてドアの方へ祖母を連れて行くジェニファーを見た。祖母は少し足を引きずっている——そうだった、さっきもお尻の右側をかばっていた。

「何も言わないで」ビーナスはジェニファーを追おうと振り返りながら、レックスの肩を軽く突いた。「駐車場に行ったら、おばあちゃんとの対決から逃げるんじゃないわよ」

「そうよ、おばあちゃんは忘れてないわ」トリッシュは手錠をかけるようにレックスの腕をつかんで引っ張り、ビーナスの後を追った。

レックスは、ジロジロ見ている親類や家族ぐるみの友人を通り過ぎて、テーブルの間をくねりながら、マリー・アントワネットになったような気がしていた。ギロチンと、完璧に筋が通らない祖母とは、類似点があり過ぎた。

ジェニファーの車の前で、いとこ達に合流した。

「ごめんなさい、おばあちゃん」ジェニファーは、トランク中を探し回るのをやめ、背筋を伸ばした。

「会社に色見本を忘れたみたい。パーティに間に合うように急いでたから」

おっと、ジェニファーはそんなことを言うべきではなかった。目を細め、レックスに鋭い表情を向けた祖母は、ジェニファーの手を軽く叩いた。「一応あなたは時間通りに来たものね」

もうやめて。「ごめんね、おばあちゃん。さっきも言ったけど、バレーボールをしてたのよ——」

「あなたはバレーボールに使う時間が多すぎるわ。メイ叔母さんが言ってたわよ。バレーボールで頭を打たれ過ぎたからボーイフレンドができないんだって」

(自分へのリマインダー:メイ叔母さんに口輪をはめること)

***

電子書籍
アメリカKindle
日本Kindle
Apple Books
Kobo/Rakuten
Google Play
印刷本
アメリカAmazon
日本Amazon

Comments

Popular Posts

Camille Elliot's March newsletter

My Camille Elliot (Christian Regency Romantic Suspense) newsletter went out last week, but in case you missed it, the link is below. In my newsletter this month, I posted a link to a knitting pattern for the muffatees/arm warmers worn by my character Phoebe in Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer as well as a blog post for the cover character for Lady Wynwood’s Spies, volume 2: Berserker . I also posted an update on my health and my next upcoming release. Click here to read my Camille Elliot newsletter for March.

Camy's Blog Tour!

Thanks so much to everyone who participated in my blog tour for Sushi for One ! The full schedule (with links) is at the bottom of this post. Here are some highlights from a few interviews: From Julie Carobini's blog : Hey Camy, You often speak fondly of Captain Caffeine and his imported espresso maker. What's your favorite caffeinated beverage order? Honestly, tea. Strong English Breakfast or Irish Breakfast tea. I'll take Earl Grey if I'm feeling zesty, or Ginger Peach (Republic of Tea) if I'm feeling fruity. In the summer, it's iced. In the winter, it's scalding hot, sometimes with a little soymilk and honey. However, I won't turn my nose up at a latte, especially if it's from Captain Caffeine or our favorite coffeeshop, Barefoot Coffee in Santa Clara. From Sally Bradley's blog : SB: In the story, Lex mentions a girl named Camy who gets brained by volleyballs all the time. I have to ask — is that you making a cameo in your own bo

ひとり寿司第31章パート3

「ひとり寿司」をブログに連載します! ひとり寿司 寿司シリーズの第一作 キャミー・タング 西島美幸 訳 スポーツ狂のレックス・坂井 —— いとこのマリコが数ヶ月後に結婚することにより、「いとこの中で一番年上の独身女性」という内輪の肩書を「勝ち取る」ことについては、あまり気にしていない。コントロールフリークの祖母を無視するのは容易だ —— しかし、祖母は最終通告を出した —— マリコの結婚式までにデート相手を見つけなければ、無慈悲な祖母は、レックスがコーチをしている女子バレーボールチームへの資金供給を切ると言う。 ダグアウトにいる選手全員とデートに出かけるほど絶望的なわけではない。レックスは、バイブルスタディで読んだ「エペソの手紙」をもとに「最高の男性」の条件の厳しいリストを作った。バレーボールではいつも勝つ —— ゲームを有利に進めれば、必ず成功するはずだ。 そのとき兄は、クリスチャンではなく、アスリートでもなく、一見何の魅力もないエイデンを彼女に引き合わせる。 エイデンは、クリスチャンではないという理由で離れていったトリッシュという女の子から受けた痛手から立ち直ろうとしている。そして、レックスが(1)彼に全く興味がないこと、(2)クリスチャンであること、(3)トリッシュのいとこであることを知る。あの狂った家族とまた付き合うのはごめんだ。まして、偽善的なクリスチャンの女の子など、お断り。彼はマゾヒストじゃない。 レックスは時間がなくなってきた。いくら頑張っても、いい人は現れない。それに、どこへ行ってもエイデンに遭遇する。あのリストはどんどん長くなっていくばかり —— 過去に掲載済みのストーリーのリンクはこちらです。 *** ********** 「ダメだ、早すぎる」エイデンは別のエクササイズボールをつかんで彼女の横に寝転がり、ボールの上に足を置いた。「僕の真似して」 ブリッジのエクササイズ——肩を床につけたまま、床から体を持ち上げた。彼女は彼の真似をした。できる限りゆっくり降りてくる。ハムストリング筋が燃えている。 「いいよ」十五回の一セット目、彼がペースを決めた。それが終わると、彼女は息苦しいのに、彼は汗もかいていない。 すぐに彼はまた位置についた。「行くよ?」 彼女は位置について、うなずいた

One-Skein Pyrenees Scarf knitting pattern

I got into using antique patterns when I was making the scarf my hero wears in my Regency romance, The Spinster’s Christmas . I wanted to do another pattern which I think was in use in the Regency period, the Pyrenees Knit Scarf on pages 36-38 of The Lady's Assistant for Executing Useful and Fancy Designs in Knitting, Netting, and Crochet Work, volume 1, by Jane Gaugain, published in 1840. She is thought to be the first person to use knitting abbreviations, at least in a published book, although they are not the same abbreviations used today (our modern abbreviations were standardized by Weldon’s Practical Needlework in 1906). Since the book is out of copyright, you can download a free PDF copy of the book at Archive.org. I found this to be a fascinating look at knitting around the time of Jane Austen’s later years. Although the book was published in 1840, many of the patterns were in use and passed down by word of mouth many years before that, so it’s possible these are

What are you reading today?

What are you reading today? I’m reading the latest volume in the Japanese light novel series (translated into English), Infinite Dendrogram by Sakon Kaidou . It’s a LitRPG or Gamelit series, and if you enjoyed Sword Art Online, you might like this series. The story is about a college student in a full-dive virtual reality role-playing game, and there’s nothing deadly about the game itself, but it soon becomes obvious that the game world is not what it seems. The hero is just an overall nice guy, which makes me root for him. What are you reading?

No Cold Bums toilet seat cover

Captain's Log, Stardate 08.22.2008 I actually wrote out my pattern! I was getting a lot of hits on my infamous toilet seat cover , and I wanted to make a new one with “improvements,” so I paid attention and wrote things down as I made the new one. This was originally based off the Potty Mouth toilet cover , but I altered it to fit over the seat instead of the lid. Yarn: any worsted weight yarn, about 120 yards (this is a really tight number, I used exactly 118 yards. My suggestion is to make sure you have about 130 yards.) I suggest using acrylic yarn because you’re going to be washing this often. Needle: I used US 8, but you can use whatever needle size is recommended by the yarn you’re using. Gauge: Not that important. Mine was 4 sts/1 inch in garter stitch. 6 buttons (I used some leftover shell buttons I had in my stash) tapestry needle Crochet hook (optional) Cover: Using a provisional cast on, cast on 12 stitches. Work in garter st until liner measures

What I’m writing in The Year of the Dog

This month, I have decided to focus more on my Christian Contemporary Romantic Suspense novel, Year of the Dog , so I’ve been spending more time working on it. It’s actually an old manuscript that I submitted to Zondervan but it was never bought, and I’m rewriting/revising it as a (second) prequel novel to my Warubozu Spa Chronicles series set in Hawaii. Here’s a little bit of what I just rewrote/edited. This morning, her mom was about to tackle the attic when Marisol put her foot down. “Mom, I have to go to work. I can’t spend the whole day helping you clean the house.” “You have plenty of time. What can you possibly do all day now that you quit your job?” “Oh, I dunno. Renovate my new facility?” “You’re only going to have dogs there. How much renovation do you really need?” “It would be nice if the roof didn’t leak and the windows opened and shut. Oh, and I kind of need a floor.”  I guess Marisol’s relationship with her mother isn’t getting better anytime soon …

Follow Camy on Amazon

Follow my Camille Elliot author page on Amazon! You’ll get an email from Amazon whenever I have a new ebook release and occasionally when Amazon decides to run a special on one of them. Click here to go to my Camille Elliot page on Amazon.

A List of my Free Blog Reads

Curious about what my writing is like? Here’s a list of all my free books and the free short stories, novellas, and novels that you can read here on my blog. I’ll update this post as I add more free reads. Christian Humorous Romantic Suspense: Year of the Dog (Warubozu Spa Chronicles series, Prequel novel) (Currently being posted monthly on my blog as a serial novel) Marisol Mutou, a professional dog trainer, finally has a chance to buy a facility for her business, but her world is upended when she must move in with her disapproving family, who have always made her feel inadequate. When she stumbles upon a three-year-old missing persons case, security expert Ashwin Keitou, whose car she accidentally rear-ended a few weeks earlier, is tasked with protecting her. However, danger begins to circle around them from people who want the past to remain there. Can they shed light on the secrets moving in the shadows? Christian Romantic Suspense: Necessary Proof (Sonoma series #4.1, n

Phoebe’s Muffatees knitting pattern

In Lady Wynwood’s Spies, volume 4: Betrayer , Phoebe wears a pair of lace muffatees, or gauntlets/arm-warmers that hide a rather deadly surprise. :) I actually got the idea of having her wear muffatees because I saw a lace manchette pattern in Miss Watts’ Ladies’ Knitting and Netting Book , published in 1840, page 20. However, after doing some research, I found that they were called muffatees in the Regency era, and the term manchette did not arise until a few years later. They were essentially arm-warmers worn under those long sleeves on day dresses, which were usually made of muslin too thin to be very warm. I decided to knit Phoebe’s muffatees using a Leaf Pattern originally suggested for a purse in Mrs. Gaugain’s book, The Lady’s Assistant, volume 1, 5th edition published in 1842, pages 234-237. I think there was an error and row 36 in the original pattern was duplicated erroneously, so I have adjusted the pattern. The original manchette pattern called for “fine” needles a